新着情報

童貞だった中2の時、高2の姉ちゃんに襲われた

この体験談は約 3 分で読めます。

僕は夏、部活から帰ってシャワーを浴びたらスッポンポンで部屋にいきます。
その日もシャワーから出たら姉ちゃんが学校から帰ってて、洗面台で顔を洗ってました。
いつもなら、「パンツくらい穿きや!」「いいやん別に」で終わるんだけど、その日の姉ちゃんは違ってて、じーっと僕のぶらぶらしてるチンチンを見てました。

「何見てるん。すけべやなあ」と言うと、姉ちゃんは僕のを触ってきました。

「なにすんねん」と言うと、「いいやん。うちの触っていいし」と僕の手を胸に当てました。

姉ちゃんのDカップの胸は大きくて柔らかいので、思わず揉んでしまいました。
姉ちゃんは、「揉んだら感じるー」と言ってたけど、かまわずに揉んでやりました。

姉ちゃんも、「あんたのオチンチン、おっきいなぁ」とチンチンを揉むので、僕は思いきり立ってしまいました。

「すごい。こんな硬いんや」

そう言って、ぎゅうぎゅう揉むので、僕は堪えられなくなって、洗面台にビュービューーと思いきり出しました。

姉ちゃんは「うわ!!」と見てたけど、また揉んできました。
姉ちゃんは揉んで離さないので、僕はもう2回、出しまくりました。
でもまだ立ってしょうがなくて、姉ちゃんは「あんた元気やなあ」と笑って、「なんかうちも変な気分や?シャワーしよ。もう一回入らへん?」と素っ裸になりました。

一緒に入るのは久しぶりで、「姉ちゃん胸デカいなあ」と言うと、「Dあるで。なあ、吸ってくれん?」と言うので乳首を吸ってやったら感じて、「こっちもー!」と僕の口に代わりばんこに左右のオッパイを押し付けてきました。

姉ちゃんは、「ここも吸って」とあそこを突き出してきたのであそこも舐めてやったら、「あんた初めてやろ、上手やな!あー立ってられへん」と言ってしゃがんで、今度は僕のを握ってしゃぶってきました。
お互いに気持ちよすぎて、「姉ちゃん、もう我慢できへん」と言うと・・・。

「しちゃおか。姉弟でしたらあかんかなあ?」

「いいやん」

「うん。うちもしたい。やろ!」

素っ裸のまま二人で部屋に上がってベッドに転がると、どちらからともなくディープキスをしながら抱き合って、姉ちゃんは僕のをあそこをに入れました。
姉ちゃんは中3の時に何回かしたことがあって久しぶりだったみたいです。

キツイのでなかなか入らなかったけど、全部入れたら気持ちよくて、お互い夢中でお尻を振りました。
僕と姉ちゃんのあそこの相性は抜群で、姉ちゃんも「気持ちいいー!!」と大きな声を出して僕の腰に足を巻きつけました。
抱き合ってディープキスを何回もしながら、僕と姉ちゃんは2時間くらい激しいセックスをして、姉ちゃんの中に4回か5回出しました。

その後も体位を変えながら、本やAVの知識でバックや騎乗位、女性上位など試しました。
終わってからも二人とも素っ裸が気持ち良くて、抱き合ってディープキスを何回もしてたらお母さんが帰ってきたので、慌てて服を着て自分の部屋に戻りました。

夜中、僕が自分の部屋で寝ていると姉ちゃんが素っ裸で僕の布団に潜り込んできました。
ビックリして、「姉ちゃん、どうしたの?」と聞くと、「また、したいんや」と言って、今度は69の格好であそこを舐め合いました。
そして、またまたセックス。

その日だけで何回射精したか判りませんでした。
たぶん10回以上射精しました。
全部中出しだったので心配すると、「安全日やで大丈夫や!明日も学校から帰ったらしよ」と嬉しい言葉でした。

次の日は授業の上の空でした。
童貞を脱した喜びと、今日はどんな体位でやろうかとそんなことばかり考えていました。

授業が終わったので、まっすぐ家に帰ると、姉ちゃんはすでに家に帰っていて、同じような感じでした。
一緒にシャワー浴びて、その場でディープキスしてたらまた立ってきて、「昨日あんなにしたのに、元気やね」と笑いながら、そのままバックで挿入。
Dカップの胸を後ろから揉みしだきながら、そのまま中で発射しちゃいました。

姉ちゃんはお風呂場でも、「あー、気持ちいい!」と大きな声を出して感じていました。
シャワーで綺麗に流したら、すぐにベッドに行き、ディープキスしながらまたセックスしちゃいました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即愛KING

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン