新着情報

姉の部屋でエッチな漫画本を見つけてしまい・・・

この体験談は約 3 分で読めます。

俺には二つ上の姉がいます。
俺から見て全く性の対象にもならないんですが・・・。
周りからはよく「あんな綺麗な姉がいていいな」って言われますけど、俺から見ると・・・全くと言っていいほどそうは思いません。

高校一年生の時にクラブの先輩から呼び出されて、「お前の姉ちゃんのパンツ3000円で買うから盗んで来い」と言われました。

盗むのは容易いけど・・・噂になったり、誰かにバレたりしたらとそっちの方が気になって断ったんですが、結構気にかけてもらってる先輩だし、一回だけという約束で了解したんです。

姉が休日で部活に行ってる時を見計らって姉の部屋に忍びこんで、姉のクローゼットの中からパンツを一つ盗みだして・・・。

(ん・・・なぜこんな所に漫画本が?)

気になって手にとってパラパラと捲ると、かなり如何わしい漫画本ではないか・・・。

「俺と一緒じゃんか」と思ったんですけど・・・。

(待てよ・・・姉もオナニーしてるのかな?)と疑問を持ったんです。

今まで考えた事もない事でした・・・。
優等生で通ってる姉も・・・と考えだすと気になって仕方がなかったんです。
後日、パンツは約束通り先輩に3000円で渡したんですが、そんな事より俺の頭の中は、姉のオナニーの事で一杯でした。

俺の部屋と姉の部屋はベランダで繋がっているんですが、姉の部屋は常にカーテンが閉められてて覗く事ができないので、姉がお風呂に入ったら、姉の部屋に入り、解からない程度にカーテンを開けて覗けるようにセッティングしました。

覗き始めて3~4日経った頃でした。
チャンス到来です。

(あの如何わしい漫画を読んでる・・・)

姉の手が下半身に伸び・・・オナニーをし始めた。
その内姉は全裸になり、エビ反りになりながら果ててました・・・。
もちろん俺もですけど・・・。

一度みたら癖になってしまい・・・何度も何度も覗き、すっかり俺のおかずと化してしまったんです。
パターンは2~3日に1度オナニーしているようで、いつも全裸になっていました。
何度も何度も覗いているうちに満足できなくなってきて、もっと間近で見たいという願望が出てきて、いつものように全裸になってエビ反りになるのを見計らって姉の部屋のドアをゆっくり開けたんです。
姉は気付かず、いつものように仰け反って昇天し、俺の存在に気付くと、慌ててベッドに潜り込んだんです。

姉「いつからそこにいたん・・・?」

俺「ずっと見てた」

姉は顔を真っ赤にしながら・・・。

姉「誰にも言わんといて・・・」

俺「誰にもいわないよ。誰にも言わないからもう一回裸見せてよ」

姉「いや・・・無理」

俺「◯◯先輩に教えちゃお」

俺がそう言ったら、「わかった・・・なら電気消して」と覚悟を決めて、しぶしぶOKしてくれました。

電気は俺が消したんですけど、布団の中から一向に出てこないので、俺が布団に入り、姉の両手を押さえて間近で姉の胸を見ました。
二人とも両手が塞がっているので条件反射なのか・・・思わず姉の乳首を舐めてしまいました。
すると姉が小さな声で・・・。

「あん・・・」

調子に乗って乳首を舐めていると姉の腕の力が抜けたので、Dカップと本人が言う胸をしこたま触りました。

下半身を触るとさすがに姉は抵抗しました。
しかし俺は布団に潜り込、姉のあそこを舐めまくるると姉がまた感じ始め・・・。

「いく・・・」と言いながら仰け反りました。

俺は姉がイッても攻撃は止めず、ひたすら姉をイカせ続け、69の体勢になって姉の口へと俺のものを持って行き、姉の口の中で俺が果てるまで、姉をイカせ続けました。

姉は彼氏とたまにセックスするそうなんですが、性欲が強いらしく、満足できなくてと・・・という事らしいんですが、姉と俺としばらくそのような関係が続き、セックスしちゃいました。
今では、すっかり立場が逆で、姉が俺を求めてきます・・・。

姉はフェラが大好きみたいで、毎日姉に抜かれてる毎日を送っています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

おねだりワイフ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン