新着情報

いつもカーテン越しに性処理をしてくれた姉[前編]

この体験談は約 4 分で読めます。

1歳上の姉との事を書きます。

実家は貧乏で狭い家でしたが、1つ年上の姉とは小さい頃から仲が良かったです。
姉は貧しい家庭で育っているとは思えないくらい美人で頭も良く、学校で知らない人は居ないくらい有名でした。
芸能人で誰に似ているとかは無いのですが、よくネットで見る台湾の美少女みたいな、黒髪で清楚な人でした。

姉が小学6年、僕が小学5年生の時のことです。
夜、僕は寝ている時に当時好きだった女の子の夢を見て、勃起が止まらなくなってしまいました。
オナニーなんて知らなかった僕は、20~30分くらい布団の上でモゾモゾと硬く勃起したあそこを布団に押し付けたりしていました。
すると隣で寝ていた姉がそれに気付いて、「どうしたの?寝れないの?」と聞いてきました。

「なんか、わからんけど、あそこが大きくなって寝れん。どうしたらいいかわからん」

そう言いながら、僕は布団にあそこを押し付けて腰を動かしました。

「大丈夫?おちんちん大きくなったの?」

姉はそう言いながら僕の腰に手を当てて、動きに合わせて擦ってくれました。

「うん、そうやって押さえてくれると、なんか良いみたい」

僕がそう言うと、姉は僕の横に座って何分か一緒に腰を動かしてくれました。
数分後に、僕はパンツを汚しました。

「なんか出ちゃった」

僕の言葉に姉は驚いて、パンツを脱ぐ様に言いました。
姉はパンツが濡れている事を確認し、そのパンツを洗面所に持って行って洗ってくれました。

戻ってくると姉は、「学校で習ったけど、たぶん射精だと思う。初めての時は男の子はショックを受けるみたいだけど、汚いものじゃないから、大丈夫だよ。今度また同じ様になったらお姉ちゃんに言いなさい。パパとママにバレないように上手くするから」と言ってくれました。

次の日、姉は100円ショップで何枚かハンカチを買ってきました。
数週間後、再び僕は勃起が止まらなくなって、夜に姉を起こしました。
すると、姉はそのハンカチを取り出して、布団の上に引きました。

「毎回パンツだけ洗うのは変に思われるから、今度からこれを使おう」

そう言って、僕にパンツを脱いでハンカチの上にあそこを押し付けてうつ伏せになるよう指示しました。
僕がその通りにすると、姉は僕の腰やお尻を押して手伝ってくれました。
そして僕が射精をすると、そのハンカチを洗いに洗面所に行きました。
しばらくはこのやり方で処理を手伝ってくれてました。

僕にはとても優しい姉でしたが、勉強する事に関してはとても厳しかったです。
勉強中でも僕はたまに勃起する事がありました。
それでモジモジするのを姉は快く思ってなかったらしく、一回本気で怒られました。
怒られたものの、「だって、これどうやって治るかわからんもん」と言うと、姉はそれ以上何も言いませんでした。

しばらくして僕がまた勉強中に勃起してモジモジしだすと、「調べたんだけど、手で射精するようにしたら良いみたいだよ」と姉は言いました。

「私は向こうを向くから、やってみて」と姉は言いました。

僕はパンツを脱いで勃起したあそこを握りましたが、それの何が良いのかわかりませんでした。

「全然良くないよ」と僕が言うと、「そんなはずはない」と姉は言いました。

「だって良くないもん」

「わかった、じゃあちょっとそっち向くね」

姉は立っている僕の前に膝をついて座りました。

「ちょっと見るよ」と言い、姉は顔を上げて僕のモノを見ると、「え・・・」と少し固まりました。

勃起した状態がこんなに大きくなると思ってなかったんだと思います。

仕切り直して、姉は僕のあそこを握ると、それを上下に動かしだしました。
僕はそれが気持ちよく感じ、「わぁ」と声を出しました。

「自分でやると良くないのに、お姉ちゃんがやるとすごい気持ち良い」

そう言うと、姉は少し喜んだ表情をしましたが、その瞬間の顔に僕は精子を飛ばしてしまいました。
外に出たのを初めて見ましたが、すごい量で、少し黄色っぽかったです。
姉は慌てて、顔に精子を大量に付けたまま、いつものハンカチを探し回りました。

処理が済んでから、「今度から出そうになったら、合図してね」と姉は言いました。

それから、僕らの間で出そうになったら咳払いをするルールが出来ました。
しばらくは、姉が僕のモノを手でしごいて出してくれる日々が続きました。

しかし僕が小6になると、「おちんちんを女性に舐められると男はすぐイクらしい」という話を友達から聞きました。

その事を家に帰ってから姉に伝えると、どうやら姉も聞いたことがあるらしく、一回試してみることになりました。
座っている姉の顔の前に僕があそこを突きつけると、姉はあそこの皮をペロッと舐めました。

「なんか皮を舐められてるだけで、くすぐったい」と僕が言うと、「あれ、これ皮を剥かなきゃいけないのかな」と姉が言いました。

僕は何回か剥いたことはあったので、自分で剥きました。
すると、白いカスがたくさん亀頭にくっついていました。
その白いカスを見て、姉は眉間にシワを寄せ、「この白いのってなんだろう?」と僕に聞きました。

「わからんけど、剥くといつも付いてる。汚いのかな?」

「ううん、汚くない汚くない」

姉はその白いカスを取るように亀頭を舐めだしました。
でも、やっぱり眉間にはシワが寄っていました。

最初のフェラは、ただ舐めるだけで、気持ち良い感覚はあるものの射精には到底辿り着けませんでした。

続き、要望あればまた書きますが、文章下手な為イライラさせてしまいましたら申し訳ありません。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

近所で探すセフレ募集掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン