新着情報

熟女モノのAVに出演してた母

この体験談は約 5 分で読めます。

俺の母は、かつてAVに出ていた。
いわゆる熟女モノである。
母は43歳だが、35歳の人妻として出演した。
母は35歳でも十分通じる若さで、裸になった姿も実際の年齢を想像できないほど綺麗だった。

その母と、俺はAVの中で関係を持った。
母の出演しているビデオを初めて観たとき、俺は母とも気付かずに自分で抜いてしまったほどだった。

母のビデオを観たのは、偶然だった。
友人がレンタルしていたのを、代わりに返しに行くことになり、返す前に観てみようと思ったのが、きっかけだった。
それまであまり熟女に興味がなかった俺は、初めのインタビューのシーンでは、顔のモザイクもあり、本当に35歳の人妻だと思って観ていた。
インタビューが終わって、人妻の服が脱がされ始め、下着も脱いで、一回目の絡みのシーンが始まった。
人妻は男優に濃厚なキスをされながら、胸を揉まれたり、アソコを弄られたりしていた。
その後、普通にセックスが始まり、やがて人妻のお腹に男優の精液が出されて、終了。
その間、何度も人妻はイカされたようだった。

しかし、二回目の絡みは人妻に目隠しをして始まった。
目隠しをすると、顔にはモザイクが入らないため、顔の輪郭はハッキリわかり、やがて母の髪型や顔の輪郭にそっくりであることに気付いた。
それまで反応しなかった俺のオチンチンは、人妻が母かもしれないと思った時から急に元気になり、すぐにビンビンになっていた。

母は目隠しをされたまま、男優のオチンチンをしゃぶり始めた。
その舌使いのいやらしさは、普段の母からは想像もできず、俺はさらに興奮した。
男優も母のアソコを舐めて、シックスナインが始まると、母は体を仰け反らせて感じていた。
さらに、男優に「早く入れて」とおねだりまでし始めた。
男優はベッドに横になり、目隠しした母を自分の上に跨がらせて、手で入れさせた。
母は、オチンチンが入ると自分から前後に激しく腰を振り始め、胸をブルンブルンと揺らせながら、男優のオチンチンを味わっていた。
その後も色々な体位で母は感じ、何度もイッてしまった。

最後まで見終わると、巻き戻して、インタビューをもう一度、見直した。
インタビューの声や話し方は、紛れもなく、母だった。

その日から俺は熟女モノのAVを借りまくり、母と思われるAVを2本見つけた。
1本は違うメーカーだったが、2本は同じレーベルで、俺はなぜかそのメーカーに連絡を取っていた。
そして、母のAVを撮った監督に会えることになった。
ビデオに出ている女性が母かどうか確かめたくなったのだ。

監督はまだ30前ぐらいの若い男だった。
しかも彼は、母と絡んで母を狂わせた男優でもあった。
この時、俺は彼に嫉妬と憤りを感じた。
母を何度もイカせた嫉妬と、母を辱しめた憤りと・・・。

俺は彼に「約束のものを持って来たか」と聞かれた。

それは俺と母が母子だと証明するもの。
一緒に写っている写真だった。

写真を彼に見せると、とりあえず納得した。
彼は母がAVに出演したきっかけを話してくれて、母の処女作も見せてくれた。
母は自分で出演を願ったのではなく、スカウトだったらしい。
街を歩いていて、AV専門のスカウトに話し掛けられ、その日のうちに撮られたそうだ。

車の中に、カメラが待ち構えていて、普通の話から夫婦生活の話になり、そのうち男優が母の体を触り始め、母の服を脱がせようとした。
母は抵抗をしたが、車は走っており、逃げ場のない母は、男優に強引にキスされ、あっさりと服も脱がされ始めた。
母は、少しずつ感じ始め、車の中で男優のオチンチンを咥えさせられ、ぎこちなくフェラチオをした。
やがて、母は全部脱がされ、挿れられてしまった。
もう母は完全に女になっていた。

そのあと、ホテルで2人の男優に抱かれていた。
モザイクもボカシも無いビデオを観て、俺は衝撃的だったが、彼はさらに驚くことを言った。

近く、また母がAVを撮ると言うのだ。

俺は反射的に、撮影の現場を見せて欲しいと頼んでいた。
彼は少し悩んでいたが、俺が息子であることを隠して、現場のスタッフとして参加するようにと言った。
彼の言うことは当然だった。
撮影現場に俺がいることを知れば、母は撮影を拒否するに違いなかった。
撮影当日、俺は変装をして、現場に行った。

撮影が始まり、まず母が監督とインタビューを受けるシーンから始まった。
これといった内容もない話が続き、やがて監督が母とキスを始めた。
母は舌を絡め、激しいキスをしていた。
徐々に母の息が荒くなり、監督は母の服を脱がせ始めた。
母は黒の下着を着け、ガーターベルトまで着けていた。
もちろん、用意された下着である。
母は下着も脱がされ、アソコを指で刺激されて、声を上げていた。

そこで監督は母に目隠しをし、黙って俺を手招きした。
俺が近づくと、監督は、母には聞こえないように「相手をしろ」と告げた。
俺は首を横に振ったが、監督は俺を引っ張り、母の上に覆い被らせた。
いきなりのことで、母も少し驚いていたが、監督は「男優を交代するから」と言って、母から離れた。

母は俺を引き寄せ、いきなりキスをしてきた。
俺が呆然としていると、なおも母はキスを続け、舌まで入れてきた。
俺のアソコはすでにカチカチで、頭が真っ白になり、母の唇を吸った。
母を押し倒すと、俺は母の体を舐め回した。
母の体は最高に綺麗で、胸はフワフワと柔らかく、少し強めに掴むと母は感じているようだった。
母は目隠ししたまま、俺の服を脱がせ、俺のオチンチンを握り締めた。

そして、ついに母は俺のオチンチンを口に含んだ。

母の口の中は、温かく気持ちよかった。
母の舌使いは最高で、俺は呆気なく母の口に一発目を注ぎ込んだ。
母は少し驚いていたが、すぐに喉の奥に流し込み、さらにしゃぶり続けた。
俺はすぐに回復し、今度は母のアソコを舐めてあげた。
母のアソコは白い液が溢れ出し、舌を使うと、母は体をよじらせて感じていた。

監督からスキンを手渡され、それを着けると、俺は一気に母の中に入っていった。
母は下からも腰を使ってきて、俺も母を突きまくった。
しばらくして、母は俺の上に跨がり、自分で握って導き入れた。
奥まで入ると、母は激しく腰を振り始めた。
前後に動かしたり、のの字に動いたり、上下にも動かした。
とにかく、母は狂っていた。

母の声がどんどん大きくなり、母の絶頂が近いことが誰にも予測できた。
母がイキそうな声を上げると、監督は母に近づいて、母の目隠しを外してしまった。
母は急に明るくなって焦点が合わないないのか、俺の方を見ても気付く様子もなく、どんどん昂ぶっていって、その激しい腰使いに俺も2度目の射精が近づいてきた。

母は「イクーッ」と言って、大きく体を仰け反らすと同時に、俺の名前を呟いた。

母は俺に覆い被さりながら、体をビクンビクンと震わせていた。
俺も母の中に出していた。
俺の射精が終わっても、母は俺にしがみついたまま、体を起こそうとしなかった。
あとで母に聞いてみると、イク瞬間、俺だと初めて気付いたが、そのままイッてしまったそうだ。

母はしばらくは気が動転していたが、少しずつ、とんでもない事をしたという後ろめたさと、死にたいくらいの恥ずかしさがこみ上げてきて、しばらく俺の顔を見れずに、しがみついていたそうだ。

撮影の日、俺と母は真っ直ぐ家に帰らず、ホテルに向かっていた。
部屋に入ると、どちらからともなく唇を求め合い、シャワーも浴びずにベッドで愛し合った。
母は俺のオチンチンを咥えながら、「もうビデオには出ない。だって、これで十分だもん」と言って、いやらしくオチンチンをしゃぶってくれた。

母はその日から、俺の女になってくれ、今も恋人のように愛し合っている。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即愛KING

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン