新着情報

うっかり勃起したのを女友達に見られた

この体験談は約 5 分で読めます。

去年の夏休みに大学の友達と熱海に旅行に行きました。
もともと友人の親戚が経営してた民宿で、辞めちゃってからは親戚内での別荘状態になってるらしい。

夜、ひとしきり飲んで騒いで、風呂入るかってことになった。
民宿にしては広い風呂で、男4人(E、F、G、H(俺)の計4人)でも余裕で入れた。
普通に入ってると、なんだか脱衣所のほうから音がする。
んーっ?と思ってると、入り口の扉が開いて、一緒に行った女の子たちが入ってきた。

女の子たち(Aちゃん、Bちゃん、Cちゃん、Dちゃんの計4人)は当然服を着たままで、手にデジカメを持っていて「記念写真撮ったげるよ」と言って笑ってた。
湯船に浸かっていた僕たちはポカーンとしちゃったんだけど、Aちゃんはかまわず「ほら、カメラ目線ねー」とカメラを構えた。
Bちゃんは「立ち上がっちゃだめだよー」とか言って女の子たちでワーワー盛り上がってた。

僕は彼女もいなかったし、女の子に裸を見られるのが恥ずかしいと思うほうなので、どぎまぎしてたら、友人Eが「このエロ女どもめ!」とか言って急に立ち上がった。
一応手で股間は隠してたんだけど、女の子たちはキャーキャー言って大騒ぎになった。

「変態!!」
「立ち上がらないでって言ったでしょー」
「ネットにばら撒くぞー」

・・・なんて言葉が返ってきた。

まあ、それからちょっと落ち着いて、じゃあ撮ってもらうかってことになり、湯船に浸かったまま何枚か撮ってもらった。

もうそれで終わりだと思ったのに、Bちゃんが「普通すぎてつまんない」と言い出した。
そしたらCちゃんが「みんなでお尻向けてよ」と提案。
いいねいいねーってことで、そういうことになってしまった。

僕はゲッ!って思ったけど、EやFは「どっちが変態だよ」と言いつつも立ち上がって尻を彼女たちに向けた。

女の子たちは今度はあんまりキャーキャー言わず、「へー、結構いいお尻」とか「白っ!」とか言ってた。
あいつら勇気あるなーと思ってると急にドキドキしてきて、早く撮って出て行ってくれーって気持ちだった。
しかし、女の子たちは「ほら、GもHも早く!」と僕たちに矛先を向けてきた。

僕はGもこういうのはだめなほうだと思っていたのだが、意外にもあっさり「はいはい、見せりゃいいんでしょ」と言って立ち上がった。
Gはスポーツマンでイケメンなので女の子たちもちょっと嬉しそうに見えた。
Aちゃんは「あ、結構好みかも」とかって言って笑ってた。

そしてついに僕一人取り残された。
もじもじしているとBちゃんに「ほら、H、あんた一人だよ。早く」と催促され、嫌だーと思って「もう3人でいいじゃん」と言ってみたら、「4人揃ってないと面白くないでしょ」と言い返され、ついにはEとFに「早くしろー」と抱きかかえられる形で女の子たちにお尻を見せることになってしまった。
女の子たちの笑い声や「可愛いお尻」とかって言葉が聞こえて、猛烈に恥ずかしかった。

撮影が終わり、湯船に浸かったらCちゃんに「H、恥ずかしかった?」と聞かれ、「うん」と頷くと大笑いされた。
大人しいDちゃんにまで笑われてもっと恥ずかしくなった。

もうこれで終わりだと思って安心していたら、Fが「お前らも一緒に入ろーぜ」と言い出した。
僕は女の子の裸は好きなので、おおーっと期待したんだけど、女の子からの返事は「はぁ?バッカじゃないの?」だった。

それからEとFが粘って交渉してたんだけど全然女の子はノリ気じゃなくて、諦めかけたときにGが「じゃあさ、水着で!」と言うと、Aが「水着かぁ。あ、それならいいかも」ってことで女の子たちも水着で入ることになった。

「じゃあ部屋で着替えてくるよ」と女の子たちは出て行き、待ってる間、みんなに「お前のために、やつらにも裸で入らせようと頑張ったんだけどなー」と言われた。

しばらくすると女の子たちが水着に着替えて戻ってきた。
水着姿は昼間に海で見ていたので慣れていたが、一緒にお風呂に入るということで、すごいドキドキしてきた。
女の子たちは「おじゃましまーす」と言って湯船の中にも入ってきて、バシャバシャ遊んだりしてた。

それからしばらく話をしたりしてたんだけど、Eが「A、背中流してよ」とお願い。
初めはAちゃんも「やだよ」って言ってたけど、誰かが「女子はひとりずつ誰かの背中を流すってのは?」と提案して、面白そうってことでそれに決まった。
またしてもドキドキ。

ゲームで組み合わせを決めようってことになって、その結果、僕の相手はCちゃん。
最初にGがBちゃんに洗ってもらって、次にFがAちゃんに。
今度はDちゃんがEを洗ったんだけどDちゃんの照れた表情が可愛かった。

そしていよいよ僕の番。
Cちゃんに「はい、いくよ」と言われて立ち上がると、お尻をみんなにまた見られた。
だけどもうあまり恥ずかしくなくなってた。

Cちゃんに背中を洗ってもらって、初めての体験にいい気持ちになっていると「ほら、立って」と言われた。

みんなは腰掛けに座ったまま洗ってもらうだけだったからびっくりして、「立つの?」と聞いたら、「嫌なの?」と逆にCちゃんに機嫌悪そうに聞き返されたので、またびっくりして急いで立ち上がった。
そしたらCちゃんはお尻を洗ってくれた。
そこにいたみんなは僕が童貞だって事を知ってたので、「H、よかったねー。女の子にお尻洗ってもらえて」とか「早く彼女作れよー」とか言われた。

僕はタオル越しだったけど、Cちゃんの手が僕のお尻に触れていると思うと興奮してきて、ちょっと大きくなってしまった。
股間を隠している手がもぞもぞ動いてしまったのか知らないけど、Eに「お前、勃ってるだろ」と言われて、大騒ぎになった。

またしてもEとFが駆け寄ってきて、僕の股間のタオルを奪おうとする。
さすがにアレを見られるのは恥ずかしかったんで必死に抵抗してたんだけど、Gまで加わったのでついにタオルを奪われてしまった。
今考えるとバカだなーと思うんだけど、そのとき僕はタオルを取り返そうとしてしまって、2秒間くらいチンポ丸出しの状態に。
しかもちょっとおっきくなってる・・・。

女の子たちから「キャー!」という悲鳴があがり、「H、見えてる見えてる!」「ちょっとー!」と声があがって、やっと我に返った僕はハッ!と思って手で股間を掴むようにして隠しました。

一瞬の静寂のあと、笑い声が起こって、「H、見ちゃったよー」と言われた。
恥ずかしかった。
恥ずかしかったけど、なんか体がふわっと浮くような感覚があって快感でもあった。
Dちゃんはやっぱり恥ずかしそうに笑ってた。

Aちゃんには「ごめんね、彼女より先に見ちゃったね」と言われ、Bちゃんには「足が邪魔でよく見えなかったー」と言われ、Cちゃんはひたすら笑ってた。

女の子たちは「あとは男同士でごゆっくり」と言って出て行ってしまった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

お隣さん

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン