新着情報

露天風呂と見せたがりの夫婦

この体験談は約 5 分で読めます。

一人で行ったツーリング先の温泉での出来事なんだけど・・・。

平日の昼間、混浴と知ってて温泉に入ったら俺一人だった。
貸し切りだなーと喜んでたら、30代前半位の夫婦がバスタオルを巻いて入ってきた。
ドキッとして、あんまり見ちゃダメだなと思って俺は離れて露天風呂の方に行ったんだけど、数分後その夫婦も露天風呂に来た。
俺はまた内風呂の方に移動しようとしたら旦那と思われる男に話し掛けられた。

「お一人ですか?」

「はい、そうです。すみません、移動しますね」

照れ笑いしながら離れようと思ったら、女の方がいきなりバスタオルを取って全裸に。
もうビックリしたね。
えーーっ!?って。

男は「ちょっとお話しましょうよ」とか和やかに言ってくるし。

女は恥ずかしそうにしながらも大股開いてワザと見せてくるし、もう俺はパニックになっちゃってさ。

俺も「すみません、見てしまって」って謝ってるし。

男は「全然OK、混浴なんだから」なんて言うし・・・。

そうは言ってもこっちはもうワケわかんない状態だったよ。

どこから来たとか、年齢、彼女いるいない、経験人数とか色々聞かれてさ・・・。
その間も女はずっと真っ裸。
見ないようにはしてたけど、どうしてもチラチラ見てしまいますよね?
そしたら、女が俺の右隣に移動してきて座るの。
その夫婦に挟まれる格好になったんだ。

男「嫁は君の事、好みらしいよ~」

俺「はぁ・・・どうもです」

こっちはもうずっとパニックだからね。
で、女が色々話し掛けてくるんだけど、頭回んないから会話が出来なくて。
女は俺の腕に自分の腕を引っ付けてくるんだよね。
だから余計にパニくっちゃってさ。
で、男がいきなりニコニコしながら言うの。

男「嫁にフェラさせてやってよ」

こっちは「はぁ!?」だよ。
もうホントにワケわかんなくなって、怖くて、断って逃げるように脱衣所まで行ったの。
身体拭くのもそこそこにトランクスを急いで穿いた頃に男が追いかけてきてさ。

「逃げないでよ~w」って笑顔で言って・・・。

誰でも逃げるわw
怖いから逃げました、後から何かあるんじゃないかと思って・・・。

すると男は「あー、ゴメンそういうのじゃないんだよ。説明するから機嫌直してよ」みたいな事言ってさ。

別に機嫌を悪くした訳じゃないんだけどな・・・。

で、また露天風呂に戻って色々教えてくれた。
自分の嫁を見せて興奮するとか、嫁も見られてるのが好きとか。
優しい単独さんを探してるとか。

その時は「“単独さん”て何?」だったけど、今は理解してる・・・。

それを知ってますます理解できなかったよ。
自分の奥さんを知らない人間と関係させて興奮するなんて。
そういう性癖がこの夫婦にはあるのがわかって、安心したとかじゃないけど裏は無いんだと思った。

男「フェラは無しにするから嫁の裸をいっぱい見てやって下さい」

男がそう言ったら、女の方はいきなりM字して、指で“くぱぁ”し出した。
もう丸見え。
数分ほど凝視してたら女が、「もっと近くで見て」とか言い出して、俺はお湯に浸かりながら近くまで行った。
もう鼻が当たるんじゃないかと思う位の距離だったよ。

そしたら数人の話し声が聞こえて、内風呂の方を見たらオッサン3人が入ってきた。
俺は慌てて離れて、逃げたw
脱衣所まで一直線。
ずぶ濡れのまま服をきてさ・・・w
そのまま、風呂から出た。
とりあえず脱衣所から出て、でも、13時にその宿のお昼ご飯を頼んでたので帰る訳にはいかなくて・・・。
広いロビーの隅っこの方で隠れるように座ってたんです。

10分程したら、さっきの夫婦が浴衣を着て脱衣所から出て来たの。
こっちには気づく様子もなく二人で外に出ていき一安心。
で、お昼ご飯を食べて俺は帰る為に駐輪場に行ったら「あ、やっぱりいたいた」とさっきの男の声。

「バイクで来てるって言ってたからさー」みたいな事言われて、「ホントに何も怪しい事とか無いから、嫁が相当気に入ったみたい」とか言われてさ。

何が気に入ったのか、こんなビビリの根性無しのツラしてるのにw

また性懲りもなく、誘われるがままにその夫婦の部屋に行った。
部屋に露天風呂がある高そうな部屋で、さっきの女が座ってビール飲んでた。
女はニコニコ笑って、「どーぞどーぞ座って、さっきはいきなり逃げたからビックリした」みたいなこと言ってた。
ビックリしたのはこっちだw

んで、普通の世間話をしてたんだけど、段々・・・やっぱりエロトークに変わっていってさ。
こっちも意識しだして、さっきこの女の人の裸見てたんだ、とか思い始めたらドキドキしてきて、夫婦もこっちの態度に気づいたのかわからないけど、女がガバっと足を広げたらノーパンだった。
そこから何かなし崩し的に見て触ってってなって、ちょっと触らせてもらった。
こんな変態、ホントにいるんだなぁと今も不思議に思う。
ていうかAVみたいな経験でした。

そうこうしてたら女が全部脱いで、俺の手を舐めだしてさ。
なんで手をってw
後から聞いたら、手が好きらしい。
ますますわかんなかった。

そのまま、やっぱりというかズボン脱がされて、「フェラしていいですか?」って女に聞かれてさ。

そしたら男の方が「いっちゃえいっちゃえ!」みたいなこと言ったらパクッと。

実はセックスの経験はあるけど、フェラはなかったんだよね・・・恥ずかしながら。
気持ちいいんだけど、緊張もあるのかフェラではイカなかった。
気がついたら男の方はオナニー始めてるしさ・・・。

そのまま、部屋の露天風呂に移動しようってなって、また女が俺の手を舐めたり触ったりしだして、「キスしていいかな?」って聞かれて何でか断ったw
こういう事されて嬉しい反面、やっぱり何か怖かった。
男の人は、何か凄く小さいビデオカメラで撮影してるし・・・。

男「大丈夫、顔は映してないから!」

そうは言うけど、怖さ倍増。
勃ってはいるけど、緊張と怖さで俺は完全にマグロ状態。
壁にもたれるように座らされて、「入れますね?」って女に言われたんだけど・・・。

俺「あの、それはマズイんじゃないですか?」

女「あ、ゴム欲しい?」

そうじゃなくてさ・・・w

女の人は俺に跨がるように乗っかってきて、そのままにゅるんと入った。
男はビデオ撮りながら器用にオナニーしてました。
で、まあ結局やる事はやっちゃったんだけど、楽しかったとかそんなのは全然なくて、ただ不安と怖さだけでした。
ヘラヘラと笑ってはいましたが・・・。

本当にこんな性癖の人がいるんだなぁと、エロは深いなと思いましたねw
この経験のせいでソロツーリングの一人風呂はこの一件以来してません。
ひとつ気になるのが、あの時撮っていたビデオが・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

乳もみま専科

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン