新着情報

同僚の女の子に自分のハメ撮りビデオを観せていた彼女

この体験談は約 7 分で読めます。

当時付き合っていた優子は幼稚園の先生で、寮に入ってました。
寮と言っても園長の持ち家で一軒家。
そこに同僚の純ちゃんと二人で住んでたんです。
2人は短大時代からの付き合いで仲が良かったんで、結構上手くやってるみたいでした。
俺は純ちゃんとも仲が良かったので、結構三人で遊びに行ったりしてましたし、当然ながら男子禁制の寮にこっそり泊まったりしてました。
優子と純ちゃんは普段から手を繋いだりしてたし、膝枕でテレビを見たりしてましたが、俺は特に不審には思いませんでした。
高校生の頃とかそんな女の子結構居ましたから。

当時、俺は大学出たばっかりで、優子と純ちゃんは短大出て2年目でした。
優子は小柄で色白の華奢な女の子で、純ちゃんはボーイッシュで背の高いスリムな子で、細身のジーンズがよく似合ってました。
ちょっとSっ気がある俺は、華奢な優子をいじめるのが好きでした。
本格的なSMってわけじゃないけど、恥ずかしがる優子にエッチな言葉を言わせたり、車の中で下半身素っ裸にしてみたり。
そんな時、優子は白い首筋まで真っ赤になって恥ずかしがりながらも、素直に俺の言う事を聞いてました。
男性経験はほとんどなかったみたいですが、エッチは好きでしたし、Mっ気もあったんでしょう。

そういうちょっとアブノーマルなエッチって言うのは、段々エスカレートしていきますよね?

俺はなけなしの給料をはたいて、ビデオカメラを買いました。
もちろんエッチを撮るためです。
実際エッチをビデオで撮るのは結構大変でした。
フェラ顔なんかはまだいいんですが、挿入中なんて集中できなくて、とてもじゃないけどAVみたいに上手くは撮れません。
それでも、撮ったビデオを優子と一緒に見るのが目的だったんで、高い金払った価値はありました。
優子は恥ずかしがってビデオを再生すると目を伏せてしまいます。

「ちゃんと目を開けてまっすぐ見ろよ」
「だって恥ずかしいよぉ・・・たかちゃん(俺)の変態!」

「とか言ってお前濡れてんだろ?」
「バッカじゃないの?一緒にしないでよ」

「じゃあ濡れてたら俺の言う事なんでも聞くか?」
「・・・」

「触らせろよ」
「いやっ!ちょっと止めてよバカ!」

無理矢理押さえつけてパンツの中に手を入れると優子はいつもびしょ濡れで、結局いつも俺の言う事を聞かされるハメになるのでした。

そんなある日の事、仕事が早く終わった俺はいつものように優子と純ちゃんの寮に向かいました。
その日は二人は研修会とかに出掛けていて、帰ってくるのは20時くらいになるという事でした。
17時には寮に着いていた俺は、隠し場所からカギを出し、勝手に上がり込んでテレビを観ていました。
とはいえ、そんな時間帯のテレビ番組は面白くなく、退屈した俺は撮り貯めていた優子とのエッチビデオを見ようと思いました。
その時までに撮ったビデオテープは三本ありました。

ところが、なぜか優子のビデオラックの中には無印のビデオテープが二本しかありません。
あとのテープには全部インデックスが貼ってあります。

気になった俺はあちこち探しましたが、大して家具もない部屋の中でビデオテープはどうしても見つかりません。
探しあぐねた俺は、まさかと思いながらも純ちゃんの部屋を覗いてみる事にしました。
前にも純ちゃんの部屋に入った事はあります。
三人でレンタルビデオを見たり、酒を飲んだりしてたので、ビデオテープの置き場所も知ってます。
ちょっと罪悪感も感じましたが、うっかり間違って純ちゃんのビデオテープに紛れ込んでたりしたら大変だ、と思ったのです。
純ちゃんのビデオテープは数が少なく、全てマジックでタイトルが書いてあります。
無印のテープは新品しかありません。

俺はやっぱりと思いながら純ちゃんの部屋を出ようとして・・・。
ふと思いついて、純ちゃんのビデオデッキの電源を入れてみました。
そこにはテープが一本入れっぱなしになっていました。
テープを取り出してみると、俺が買ってきたテープと同じメーカーで、再生が終わった状態になっています。
慌てて巻き戻して再生してみると、そこには俺と優子が映ってました。
ちょっとパニックになった俺は、とりあえずビデオを早送りして元の状態にしてデッキに戻しました。
二人が帰って来るにはまだ時間があります。
優子の部屋に戻った俺は冷静になって考えました。

(なぜ純ちゃんの部屋にテープが?)

純ちゃんがあのビデオを見た事には間違いない。

考えられるのは・・・。

1.他のテープと間違って優子が純ちゃんに貸した。
2.純ちゃんが優子の部屋から勝手に持っていった。
3.優子が純ちゃんに見せるつもりで貸した。

状況から考えて『3』が一番自然なような気がしました。
その場合、二人は異常に仲が良い友達なのか?それともレズなのか?

俺は今まで何とも思ってなかった優子と純ちゃんの仲の良さが、急に不自然に思えてきました。
とりあえず優子が帰ってきたら上手く問い詰めてみよう、と俺は思いました。
俺は純ちゃんが俺と優子のセックスしてるビデオを見てる事を想像しただけで息苦しくなるほど興奮しました。
その上、二人がレズだったら、と考えるともうそれだけで射精寸前でした。
嫉妬心は全くと言っていいほどなかったです。
俺はとりあえずオナニーして落ち着くと、二人の帰りを待ちました。

しばらくすると二人が帰ってきました。

「ごめん遅くなった!待ってた?お弁当買ってきたから三人で食べようよ!」

二人は相変わらず仲良く喋りながら入ってくると、そのまま優子の部屋で一緒に弁当を食べ始めました。
俺は純ちゃんを目の前にすると、さっきの興奮が蘇ってきて、喉がカラカラになって飯が喉を通りにくくて大変でした。
飯を食ってしばらく喋った後、純ちゃんは自分の部屋に戻りました。

俺は早速、優子を問い詰める事にしました。

「なぁ、優子、俺が撮ったビデオ確か三本あったよなぁ?」
「・・・そうだっけ?」

「さっき気づいたんだけど一本足りないみたいだよ」
「え~?どっかに紛れ込んでるんだよ」

「他のビデオと間違って純ちゃんに貸したりしてないか?」
「貸してないよ・・・」

優子の口調が不自然で、目が泳いでいます。
優子が嘘をつくのが下手な事を知ってる俺はこの時点で確信しました。
優子は純ちゃんに解っていて貸したのです。
あとは二人の関係がレズかどうか、という事を聞き出さねばなりません。

「実はさ、さっき俺純ちゃんのデッキに入ってんの見ちゃったんだよ。悪いと思ったんだけど、お前がうっかり他のと間違えて貸しちゃったりしたらいけないと思ったからさぁ」

「・・・」

「でもお前、なんにも貸してないんだったら純ちゃん勝手に持っていったんだよ。いくら友達って言ってもそりゃやりすぎだろ。俺、純ちゃんに文句言ってやるよ」

優子はこの時点で唇から血の気が引いて涙目になってました。
俺はそんな優子の様子にSっ気が出てきて、さらに興奮してきました。

「何黙ってんだよ。お前、まさか分かってて貸したんじゃないだろうな?」

「ちがうよ・・・」

「こっち向いて俺の目を見てもう一回言ってみろよ」

優子は俺の目を見ようとして一度目を合わせましたが、目が合った途端泣き出しました。

「なんだよ。泣いてちゃわかんないじゃないか」
「・・・ごめんなさい」

「何がだよ」
「私が貸したの」

「何でだよ」
「純ちゃんが観たいっていったから・・・」

「何で純ちゃんがビデオがあるの知ってんだよ!大体何で観たいんだよ!」
「・・・」

「お前らレズなのか?」
「・・・」

こんな感じで俺は小一時間優子を問い詰めました。
優子は泣きながら俺の質問に全て答えました。
元々嘘が苦手な子ですし、俺の様子にビビっていましたから。

大体以下のような事を優子は自白しました。

・学生の頃から純ちゃんとはエッチな事をしていた。
・きっかけは純ちゃんに酔った時にキスされてから。
・俺に対して正直、罪悪感はあまり感じなかった。
・純ちゃんの方が長い付き合いだからというより純ちゃんが女だから。
・俺の事は愛してる。
・純ちゃんは友達。
・純ちゃんとはもう何にもしないから捨てないで欲しい。
・純ちゃんはエッチの時は男役だ。
・俺とのビデオを見ながら純ちゃんに責められた。
・正直、二人ともすごく気持ちよかった。
・自分は真性レズではないが、女の子には男とまた違った良さがある。
・純ちゃんも真性レズではない。
・純ちゃんにはバイブをいつも突っ込まれる。

こんな感じです。

聞けば聞くほど興奮した俺は、我慢できなくなって途中から優子に命令してお尻を出させ、平手打ちしながら問い詰めました。
(何でもするって優子も言ったし・・・)

真っ白なお尻に手の跡がつくのを見て、俺はさらに興奮してました。
それまでは痛い系のSMはやった事がなかったのです。
優子も内腿に愛液が流れるほど濡れてました。
その時ほど興奮してセックスした事は後にも先にもありません。
結局その日は5回ほど射精しました。

俺は優子に遠慮なく何でも好きな事が言えましたし、優子もどんな事をやらされても素直に従いながら、今までにないほど感じているのが解りました。
俺にとって普段出来ない事をやる為に良い口実が出来ましたし、優子も俺の言う事を聞かなければいけない、という事を言い訳にするとなんでも出来たのでしょう。
洗面器を持ってこさせて部屋のテーブルの上でおしっこをさせたり、洗濯ばさみで乳首を挟んでみたり、部屋のドアを開けて純ちゃんに聞こえるようにしてみたり、テレクラのティッシュの番号に電話してテレフォンセックスさせたり、それまで俺がやってみたいけど躊躇していた事を全てやりました。
極めつけは、純ちゃんと優子のエッチをビデオに撮るように命令した事です。

一週間ほどして優子は約束通りビデオを撮ってきました。
優子が純ちゃんに撮影を持ちかけたら、純ちゃんはノリノリだったようです。
カメラは固定されてたので細かい部分は見えなかった所もありましたが、雰囲気は十分伝わってきました。
そのビデオの中で純ちゃんは俺と優子のビデオを観ながら、優子をいじめていました。

「あたしとタカちゃんとどっちが気持ちいいの?」
「どっちも気持ちいい・・・」

「タカちゃんのちんちんよりこのバイブの方がおっきいじゃん」
「でも本物の方がいいもん」

「じゃあ抜くよ!」
「あっ!だめぇ抜かないで!」

こんな感じで延々と続きます。
普段よく知ってる純ちゃんが別人に見えました。

そのビデオを観ながらまた俺は優子を責めました。
今思えばなんだか異常にセックスばかりしてました。
純ちゃんとはその後も普通に付き合いましたし、三人でよく遊びました。
優子も俺公認で純ちゃんとエッチしてました。
でも不思議と純ちゃんと俺はお互いエッチな話をする事もありませんでした。
今思えば3Pくらい簡単に出来ていたような気がして残念です。

それから一年ほどで優子と別れてしまいましたので、今は純ちゃんと優子がどうしてるか分かりません。
些細な事で別れたので勿体無かったような気がしますが、当時は色んな事をやりすぎて飽きてしまってたんでしょう。
別れる頃は優子にセックスを求められるのが鬱陶しくなってました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレデリ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン