新着情報

親友の由美と初めてのレズ体験[前編]

この体験談は約 10 分で読めます。

私は真衣と言います。
現在は大学3年生です。

私には高校で知り合った由美という友達がいました。
知り合った頃から意気投合して友達になり、毎日のように一緒に遊んだり、勉強したりする仲になりました。
お互い対等の立場で言いたい事が何でも言える仲になり、彼氏についての相談や性の悩みまで何でも話せる唯一の友達でした。
長期に渡ってこのような関係を維持できたのは、対等であるということが大きな要因だと思います。

由美とは大学は別になりましたが、週末になると毎週のように一緒に遊んだり、飲みに行ったりしていました。
大学生になってから由美は一人暮らしをするようになったので、由美の家に泊まりに行く事もしばしばありました。
そのうち大学の友達もできたり、彼氏もできたりで由美と遊ぶ回数も減ってきました。
もちろん由美との交友関係はずっと続けていきたいし、お互い結婚しても家族ぐるみでの付き合いができればと思っていたので、できる限りは会うようにしていました。

しかし、その頃から由美が私を見る目が変わってきたのを強く感じていました。
何と言いますか、寂しさから来る妬みや嫉妬といった感じでしょうか。
口には出しませんでしたが、メールや態度からあからさまに感じることができました。
私は今まで築き上げた関係を壊さないようにメールの回数を増やしたりして、由美との交友関係を維持するように努力はしてきました。

そんな関係が続く中、大学2年の夏に事は起きました。
その日は金曜日で、夜から由美の家に泊まって、土曜日に一緒に買い物に行く計画でした。
夜は居酒屋でご飯を食べ、かなり酔いが回ってきましたが、由美の家で飲み直すことにしました。
その日は由美がやたらお酒を勧めてくることと、話が弾んでついつい飲みすぎてしまって、そのまま眠りに落ちてしまいました。

何時かわかりませんが、私はものすごくエッチな夢を見ていました。
由美とエッチなことをしているありえない夢でしたが、夢の中の快感が現実のように感じて、眠りながら喘ぎ声を出していました。
自分の喘ぎ声で目が覚めてしまい、段々と現実に戻ってきました。
酔いと眠りから覚めたてで、意識が朦朧とする中、何か奇妙に感じたのです。
意識は戻ってきましたが、快感だけが続いているのです。

(まだ夢なのかな?)と思い、手の指を動かしましたが、自分の意思通りに指が動きます。

(あれ?何かおかしい・・・)

そう思いながらその快感に浸っていると、はっ!?と思って一気に現実に戻されました。
明らかに誰かの手がパンツの中に入り込んで私の性器を弄っているのです。

(・・・あれ?私って由美の家で寝たんじゃ・・・)

記憶を呼び戻しましたが、確かに由美の家で寝たはずだと思い、そう考えるとますます訳がわからなくなりました。
その間も私の性器は弄られ続け、いつから弄られていたのかわかりませんが、私の身体は完全に感じていて物凄く敏感になっていました。

(誰かわからない人の手で感じてしまうなんて・・・)

彼氏の為に貞操を守らなければ・・・。
彼氏以外の人に感じてはいけない・・・。

色々な思いがよぎりながらも、次々と快感の波が押し寄せてきました。
そこで更に現実に戻りました。

(・・・っていうか、一体誰が???)

そう、感じている場合じゃないのです。
一体誰がこんなことをしているのか、現実を知ることが先だと思いました。
由美がそんなことするはずがないので、一体誰が?と考えると、怖いところに辿り着きました。
そう、強盗です。
夏なので由美が窓を開けたままにしていて、そこから入り込んだと考えるのが妥当でした。
そう考えると強盗の手で感じてしまっている自分に腹が立ち、屈辱的でした。

そう考えている間も強盗の手は私の性器を弄り続け、次々と快感を送り込んでくるのです。
その手は優しく、女性の身体を知り尽くしている感じで、私の性感帯を次々と刺激し続けてくるのです。
悔しいけど気持ちいいのです。

本当ならここで助けを求めるべきですが、強盗であるとすると必ず凶器を持っているはずだと考え、下手に動くと私どころか由美にまで危害が加えられると考え、眠ったフリをすることが妥当だと思いました。
その手は巧妙に私の性器を刺激し続け、時折私の身体がピクンと反応し、声も出そうになっていました。

(・・・早く出て行って・・・)

そう思っても強盗は出て行く気配がありません。
とりあえず顔を確かめることは出来ないかと、薄っすらと目を開けてみました。
部屋の電気は豆電球が点いているだけで薄暗く、はっきりと顔が見えません。
ちょうどその強盗は横を向いていたので薄目でその犯人の顔を見続けていました。
見ているうちに目が慣れてきました。

(えっ!!!!????)

・・・そこには信じられない光景が飛び込んできたのです。

思わず目を見開いて見てしまったのですが、私の性器を弄り続けている犯人は由美だったのです。

(・・・なんで!???ありえない!!!・・・)

頭の中が真っ白になりました。
由美がそんなことをするはずがない。
でも自分の目で見たのは確かに由美だったのです。

(・・・なんで?どうして?どうしたらいいの?・・・)

混乱しているうちに、なんと由美がこちらを見ていて目が合っていたのです。
やばい!!と思い、すぐに目を瞑り、寝たフリをしました。

(起きているのがバレたかも・・・)

心臓の鼓動が激しくなり、(お願いだから気付かないで・・・)と祈っていました。

由美の手は止まり、こちらの様子を探っているようです。
ここで起きているのがバレたらこの先どうすればいいのかわからないし、今まで築き上げた関係も壊れてしまう。
やはり知らないフリをすることにするべきだと思いました。
すると再び由美の手が動き始めたので、気付いてないのだとほっとしました。

しかし、ここからの由美の愛撫が激しいものに変わっていったのです。
私の脚を大きく押し広げて、激しく割れ目を擦ってきたのです。
脚を閉じれば起きていることがバレてしまうと思い、そのままにしていたのですが、脚を大きく開いた状態で性器を激しく責められると、いつもの数倍にも及ぶ快感が押し寄せてきました。
声を出してはいけないと思っていましたが、布団を握り締めて唇を噛み締めて堪えても断続的に、「んんっ!」と声が漏れてしまうのです。

(・・・だめ・・声が・・・)

そして激しく性器を擦られる度にあそこから、クチュクチュという音が響き渡り、恥ずかしさと屈辱感でいっぱいでした。

(由美の手で感じてしまっている・・・)

ハッキリ言って悔しかったです。
しかしここで起きてしまうとこれが二人の仲で現実となり、上下関係が出来てしまう気がしました。
だからこれは寝ている間の出来事として現実として認めてしまってはいけないのです。

しかし、由美の責めはそれだけでは終わりませんでした。
由美の指が私のあそこに入ってきたのです。

私「あぁんっ!!!」

大きな声が漏れてしまい、とっさに手で口を覆いました。
でも由美の指が私のあそこを激しく責め立てるので、「あんっ!あんっ!!」と声が手で塞いだ口から漏れ続けてしまったのです。

(・・・だめ・・声が・・・バレちゃう・・・)

そんな私の思いを叩き潰すように由美は激しく責め立ててきました。
すると突然由美の手が止まりました。

何故か、(助かった・・・)という気持ちでいっぱいでした。
由美の指があそこから抜かれたので私も力が抜けて大きく呼吸を整え始めました。
しかし次の瞬間、由美が私のクリトリスをぎゅっと摘んできたのです。

私「ああっ!!だめっ!!!」

叫んでしまいました。

(しまった!!)

そう思ってすぐに手で口を塞ぎましたが、由美は私のクリトリスを激しく擦ってきます。
必死に声を殺そうと堪えましたが、「んん~~!!」という喘ぎ声が漏れ続けました。
私はクリトリスが物凄く敏感で、おそらく人一倍感じやすいのだといます。
そのクリトリスを激しく擦られ、急激に絶頂に向かっていることに気付きました。

(・・・うそ・・いやだ・・・お願いやめて!!)

祈りましたがその心の声は由美には届かず、由美は激しくクリトリスを擦り続けてきました。
全身に力が入り、腰が浮いてきます。
でもどうすることも出来ずに、「んんーーーーー!!!」という声を出しながらついに・・・。
由美の手でイッてしまったのです。
親友である由美の手でイッてしまったのです。
全身がビクンビクンと痙攣し、誰が見てもイッている光景だったと思います。
イッた後もクリトリスを擦られ続け、身体が痙攣し続けました。

それからはゆっくりとクリトリスを擦り続けているのですが、何かおかしいのです。
とっくに収まった頃だというのにクリトリスへの愛撫が続いているのです。
イッたら終わるものだと思っていましたが、由美の愛撫が終わる気配がありません。
イッた後は全身が敏感になっていてゆっくりとした愛撫だけでもかなり敏感に反応してしまいます。
それどころか由美は私のクリトリスを弄りながら私の唇に唇を重ねてきました。
とっさのことで、「んんっ!!」と声を出してしまいましたが、その声も由美の唇によって閉じ込められてしまいました。

由美は舌を私の口の中に侵入させ、私の舌や口の中を舐め回しています。
由美は私の唇を奪いながらクリトリスを責め続けてきます。
普通、寝込みを襲うならバレないようにゆっくりと責めるイメージがありますが、由美は起きろと言わんばかりに激しく責め立ててきます。
そして再び激しくクリトリスを擦り始めてきました。
すると再び絶頂感が!!!

(・・・だめだめだめ・・・またイッちゃう・・・)

さっきイッたばかりだというのに、またイキそうになって、怖くなって由美の手を掴んでしまいました。
手を掴まれた由美は動きを止め、唇から離れました。

そして私に向かって、「真衣、起きているの?」と聞いてきました。

私はドキッとして寝たフリを続けました。
今更起きているなんて言えないし、起きていることがわかったらこの後どうしていいかわからないし、このまま寝たフリをするしかなかったのです。
由美は私の手を掴むとゆっくりと床に置いて、閉じかけた脚を大きく広げ、再びクリトリスを擦り始めました。

もう絶望的でした。
私の顔のすぐ正面に由美の顔の気配を感じています。
この距離では手で口を塞ぐこともできません。
歯を食いしばって声が出ないように堪えるしかありません。
しかもその表情も見られるのです。
でも、そうするしかなかったのです。

由美はここぞとばかりに激しくクリトリスを擦り始めました。
私のクリトリスを擦りながら、私の快感を堪える顔を見て楽しんでいるのでしょうか?
口を手で塞ぐことができないのならと、無意識のうちに布団を手で鷲掴みにして快感に堪えていました。
呼吸によって開いた口は再び閉じることもできずに、「あっ、あっ、あっ・・」と喘ぎ声が出続けていました。
由美は私を絶頂に追い込まんとばかりに更に強くクリトリスを擦ってきました。
自分のクリトリスの敏感さが悔やまれました。

事もあろうかすぐさま絶頂に近づき、「イクッ・・イクッ・・」という言葉が出てしまっていたのです。

そして私は再び由美の手によってイッてしまったのです。
親友の手によって二度もイカされ、なんという屈辱感でしょう・・・。

由美の手が私のパンツから出て行き、ほっとしたのも束の間、由美の責めはまだ終わっていませんでした。
私のお腹に馬乗りになると私のシャツのボタンを外し始めたのです。

(・・・そんな・・・お願いだからもう許して・・・)

その思いも虚しくシャツのボタンは全て外され、シャツが肌蹴させられました。
そしてすかさず私の背中に手を潜り込ませるとブラのホックを外され、ブラをたくし上げられました。
私の胸と上半身が晒されました。

由美は動きを止めて私の身体を凝視しているようでした。
そして私のお腹に手を置くと徐々に胸に近づけてきました。
胸に近づいた時、ふと手が離れたと思ったらいきなり乳首を摘んできたのです。

私は思わず、「ああんっ!!!」と大きな声を出してしまいました。

由美はそんなことお構いなしに私の乳首を弄り続けます。
乳首がそんなに感じるなんて、自分の身体じゃないようでした。
物凄く敏感になってしまっていたのです。
由美は私のお腹に馬乗りになって、両手の指でそれぞれ両方の乳首を小刻みに弾きながら刺激を加えてきます。

もう駄目でした。
完全に身体の力が抜け、感じてしまっていたのです。
由美の乳首への愛撫は10分以上に渡って続けられたと思います。
由美は私の乳首を口に含み、舐め続けていました。
私も無意識に、「あん、あん・・」と喘ぎ声を出し続けていました。
思考回路もまともではなくなっていて、まだ起きていることに気付かれていないと信じていました。

由美は乳首への愛撫が終わると私の下半身に移動しました。
私のスカートを捲り上げてパンツに手をかけ・・・。

(・・・ああ・・脱がされる・・・)

由美は私のパンツをしっかりと握ると脱がしてきました。
そのとき、私は無意識に腰を浮かせてしまったのです。

(・・・え・・・なんで・・・???・・・)

もう訳がわかりませんでした。
私のパンツはあっさりと脱がされ、足から抜き取られてしまいました。
そして両脚を大きく押し広げてきたのです。
由美の指が私の割れ目に触れ、割れ目を指で押し広げてきました。
もうこんな屈辱で恥辱的なことはありません。
由美が私の割れ目の中を見ているのです。
私も見たことがないところを見ているのです。

そして由美の舌が・・・、私のあそこを舐めてきたのです。
由美にあそこを舐められている・・・、あり得ないです。
そしてもっとありえないのが感じてしまっているところです。
2回もイカされた私には手で口を覆う力も思考力もなく、ただひたすらされるがままになって快感を送り込まれることしか出来ませんでした。
もう記憶も薄いですが、普通に喘いでいたと思います。
それでも寝たフリは続けて目を瞑っていました。
長時間あそこを舐められ続け、もういっそのこと起きて思いっきり喘いで感じさせて欲しいとさえ思っていました。
でもそうするには抵抗があり、寝たフリを崩すことができませんでした。

そして由美がいきなりクリトリスに吸い付くと同時に舌で激しく舐めてきたのです。
こんな快感味わったことがありません。

私は、「だめだめ~~、イクイクーーーー!!」と喘ぎながら果ててしまいました。

由美は私がイッた後もそのまま激しく責めてくるので、さすがにイッた直後にあれだけ激しく舐められ続けるのは耐えられなくて、由美の頭を掴んで引き離そうとしていました。
すると由美は私の手を握ったまま抵抗できないようにして舐め続けてきたのです。
もう気が狂いそうでした。

私は、「無理無理!お願い!もう無理、駄目~~!!」と言いながら藻掻きましたが、手を離してくれず、そのまま舐められ続け、「あぁ~~!!イッちゃう!イッちゃう!イッちゃう~!!」と言いながら大きく身体を痙攣させ、再びイッてしまいました。

この日、親友である由美に4回もイカされてしまったのです。
私がイッた後、由美は満足したのか私に服を着せてくれました。
それで安心したのとイキ疲れたので、私はそのまま眠りに落ちてしまいました。
正直言って彼氏とのエッチよりも気持ち良かったです。
でもこの事実は認めてはいけないことだと思いました。

“私は寝ていた、寝ているときに由美が勝手にやったことで私は知らない”

これでいいのだと思いました。

そして朝、というか昼前頃でした。
私は眠りから覚めて意識が戻ってきたのですが、何か変なのです。
そう、由美が指でパンツの上から私の割れ目を上下に擦っているのです。

(・・・なんで?・・・昨日で終わったと思っていたのに何で・・・?)

さすがにこんな長時間は寝たフリなんて出来るはずがありません。
しかも明るいしすぐにバレるに決まっています。
でも、動くに動けないのです。
優しく擦り続けられていて気持ち良くて抵抗する気力も無いのです。

(この快感を味わっていたい・・・)

そう思いながら快感に浸っていました。
もうパンツが濡れているのもわかりました。
10分くらいパンツの上から擦られ続け、私は快感に耐えながら、「はぁ・・・はぁ・・・」と息が荒くなってきていました。
そして徐々に指の動きが速くなってきたのです。

(・・・そんなに速くされたら・・・)

私はこのままイカされるんじゃないかと思って怖くなってきました。

(・・・そんなのだめ・・・絶対だめ・・・どうすれば・・・)

そう考えているとき、由美の手が一旦離れてパンツの中に入り込もうとしてきたのです。

(・・・それ以上はだめーー!!!)

今だ!と言わんばかりに寝返りを打ちました。
由美の手が離れたのですぐさま起き上がりました。
私はあたかも今起きたような素振りを見せると、由美は笑顔で「おはよ。よく寝れた?」と言ってきました。
助かったと思い、「おはよ~」と返事を返したのですが、由美の顔をまともに見ることが出来ませんでした。
昨日の夜4回もイカされたことと、今されていたことを思い出して恥ずかしくなってきたのです。
でも由美は何事もなかったように振舞っています。

私も何も無かったんだと言い聞かせてはみたものの、やはり由美の顔を見ることができませんでした。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ご近所無料出会い掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン