新着情報

不良女子の逆レイプを目撃した結果、僕も犯された

この体験談は約 4 分で読めます。

高校時代、僕の学校は荒れてました。
もう相当昔のことですが。
不良たちがガラスを割ったり、女子は化粧したりパーマあてたり・・・。
女子でも不良に逆らったりすると、仲間の上級生が呼び出しをするというシステム(?)でした。

ハッキリ言って僕もそれほどマジメではなかったので、よく旧体育館の用具室で授業をサボっては寝てたりしました。
3年の体育大会の日でしたが、案の定かったるくて僕は“指定席”にやってきたのですが、すでに不良の女子たちの溜まり場として占拠されていて、クソッと思いながら運動場へ戻ろうとしました。

そのとき、僕に気づいた女子たち2人が、「先輩、ちょっと待ちなよ。何か用?」と聞いてきたので、寝ようと思ったことを話すと、「私たちがここに居ること、先公にチクられたら困るんだよね」とワケのわからんことを言って近づいてきました。
不良さんらしく、ブルマが隠れるほどのダラーンとした体操服が印象的でしたが・・・。

異様な雰囲気を感じて速攻で逃げましたが、ちょっと気になって準備室の入り口から入り、用具室の中を覗いてみようと思いました。
ガラス越しに、中では先ほど恐いと思ったオネエサマたちが、10人ほど居たのですが、マットの上で同じクラスのKが、大の字に仰向けにされて、下半身を素っ裸にされたままチンチンを触っていたのでした。
先ほどの2人の子は入り口の監視役だったらしいことも判り、僕は助けに行くのも少々怖かったため、とりあえず見ていました。

Kは大声で泣きながら、「ゴメンナサイ。わざとじゃないんです」なんて情けなく謝っていましたが、女子たちは「今さら遅いんだよ。テメェ、ミサト先輩のジャージをみんなの前で下ろしたらしいじゃん。間違えたで済むワケねーだろ」と言うと、囲んでいた女子が代わる代わるチンチンをシゴき始め、Kのソレがムクムクと大きくなると女子たちはキャッキャッとエスカレートしていきました。

僕はいつの間にか見入っていましたが、そのうち当の“ミサトオネーサマ(別のクラスの方でしたが)”が、「私もお前にブルマ見られたんだから、アンタも恥ずかしい思いしてよね」と言うと、ビニールの包みを取り出して、中から紺色の布切れらしきものを取り出しました。
それは3年生の女子の学年カラーのラインが横に入ったブルマであることが、僕の目から見てもハッキリとわかりました。

Kは大暴れしましたが、数人に押さえつけられていてはどうにもならず、足をばたつかせながらもみるみる両足にブルマを通されていき、完全に同学年の女子と同じ姿にされていきました。
抵抗虚しくブルマを穿かせられると再び女子たちが騒ぎ出し、「エローい」「ヘンタイ」などと言ってKをイジメていました。
後輩の不良女子たち(体操服とブルマのラインが青でしたから、明らかに年下でした)が、さらにブルマの上からチンチンを擦り始めたみたいで、僕の股間も完全に勃ってしまっていました。

Kはもう抵抗する気も失くしていたようで、さらにどこから持ってきてたのか、女子のテニススカートを穿かされて、四つん這いにさせられて、「はい、先輩男子のブルチラ完成!!」などとみんなに笑われたり、セーラー服を着させられて、スカートを捲られて顔だけ出させられて、女子同士でよくやるイタズラの“ブルマ茶巾”をされていました。

ここまでかれこれ1時間以上経っていて、もう終わるだろうと思いきや、「そろそろフィニッシュといくか」とミサトさま。

冷静になって僕は女子たちをしっかり見たのですが、僕やKと同じオレンジラインの体操服の女子が2人、2年の青ラインが5人、1年の緑ラインが2人でした。
同学年のミサトさまともう1人がブルマ茶巾を解き、スカートを捲ったままKのブルマの裾からチンチンを取り出し、猛烈な勢いでシゴき始めました。
シゴいては舐めて、さらにシゴき続け、ビンビンになったところで、「下級生にヤラれちゃいな」と言われると、再びマットの上に押さえつけられて、ブルマを脱いでいた2年生たちにウンコ座りのようにチンチンを跨がれて、犯され続けていました。
2人目で発射してしまったために、再びフェラされて大きくさせられて、再び入れられて・・・。

僕は1人目の女子のセックスを見ただけで暴発していましたが、Kは発射しては勃たされて・・・。
繰り返し後輩たちにヤラれていました。
グッタリしたKに彼女らはブルマを穿かせたまま(短パンとブリーフは取り上げられていました)、上からジャージを穿かせて外へ放り出しました。
競技も終焉なので別にいいかなと僕も安心していましたが、閉会式の整理体操で、教頭先生が「男女ともジャージを応援席に置いて集合しなさい」とアナウンスしたので、ハッとしてKを見ると、やはり青ざめていて、どうしようといった感じでした。

僕はKのところに行き、「気分悪いの?」としらじらしく聞き、近くの先生に「朝から調子悪かったみたいだから教室で休ませます」と言い、そのまま理由をつけてKを帰らせました。

彼女らがここまで考えてKにブルマを穿かせたかどうかは、2日後の文化祭ではっきりとしました。
Kを庇ったということで僕は目を付けられたらしく、同じく目を付けられて連れて来られていた下級生の子とみんなの前でセックスさせられましたから・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ご近所無料出会い掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン