新着情報

ヤンキー女子高生4人に女子更衣室に連れ込まれて

この体験談は約 9 分で読めます。

高一の時、同じクラスに4人組のヤンキー娘がいた。
顔は綺麗な感じが2人、可愛い感じ1人、まぁまぁの1人。
4人とも見るからにSのオーラ満載。

ある日の放課後、俺は友達と学食で他愛もない話をしていた。
その頃の俺は女子と話す事が苦手で、挨拶を交わす程度。
顔もイケメンじゃないし、女子とは縁がないと思っていた。

ちょうど話が一区切りした時、4人組が学食に来た。
俺はなるべく関わりたくないと思っていたので、友達にそろそろ帰ろうと言って席を立とうとした。

その時、4人組がこっちに近づいて来て、「◯◯(俺の名前)。ちょっとあたしらに付き合えよ」と言ってきた。

友達は足早にその場を離れ、俺は4人に囲まれる形となった。
いつも先生達に目を付けられている4人だから、ろくでもない事になると思った。
でも拒否したら、どんな事をされるか分からないとも思った。
あまり良い気はしなかったが、仕方なく4人について行くことに。

連れて来られた場所は人気の無い駐輪場の裏。
逃げられないように、YとTが両腕をそれぞれ押さえつけた。
その時は焦って頭の中が混乱していたが、今よく考えると制服越しに女子の胸を感じられたと思う。
特にYは結構巨乳で、制服の上からでも分かるくらいだった。
そんな状態で、なぜここに連れて来られたのか理由が分からなかった。

両腕を押さえているTとYは含み笑いをして、前を歩いていたIとNが耳打ちしていた。
そしてNが、「なんで私らに呼び出されたか、理由分かる?」と聞いてきた。

俺は思い当たる節が無いので、「ゴメン、ちょっと分からないよ」と言った。
あまり4人と話したことが無いので、緊張で声が上擦っていたと思う。
その時、腕が急に重くなり、両腕を押さえていたYとTが、「これでも何も無いって言うの」「そういうこと言っていいの?」とそれぞれ言ってきた。

よく見ると、2人が押さえていた俺の手をスカートの中と上着の中に潜り込ませていた。
さらにパニック状態の中、Nが笑いながら写メで俺を撮った。

N「あー、◯◯がエッチなことしてる」

I「うわぁ、2人を襲ってる」

そんな事を言いながら笑っていた。

TとYも、「◯◯に襲われた」「痴漢された」と言いながら笑っていた。
俺が、「何もしてないよ。そんな言いがかりやめてくれよ」と言うと、その写メを見せながらNが、「これを見たやつは、そんな言い訳を聞くと思うの?」と脅してきた。

N「これをバラ撒いてみようかな」

T「◯◯がこんな事する人間だったなんて」

Y「誰もお前の言い訳なんか聞かないから」

そんな事を言う始末。

I「この写真をバラされたくないなら、今から私らの言うことをよく聞けよ。退学になりたくないだろ?」

退学という言葉を聞いて俺は青ざめた。
こんな形で退学になったら笑われるどころの話じゃない。
俺は仕方なく「分かったよ」と言うと、4人はさらに人気の無い女子更衣室に俺を連れ込んだ。
そこはほとんど使われる事が無い場所で、放課後は人が立ち寄らない所だった。

4人はそこで俺を椅子に座らせると、鍵を掛けて俺を見下ろす。
今から何が起こるのか分からない俺は言いようのない不安に駆られた。
するとおもむろに4人が何やら屈みだした。
何が始まったのか分からずにいると、4人は計ったかのように今まで穿いていたパンティーを脱ぎだした。

驚いた俺にYが、「声を出すな。出せば分かってるよな?」と言う。
今まで女子のパンティーは、パンチラ(しかも白)でしか見たことがない俺はドキドキしながら頷いた。

4人がパンティーを脱ぎ終わると、それを俺の顔の前で見せつけた。
Iはピンク、Nは黒、Tは紫、Yは青だった。
しかも全員Tバック。
不謹慎だと思うが、それぞれから女子特有の良い香りがしていた。
4人ともそれぞれ顔立ちやスタイルは良かったので、その4人が穿いていたパンティーというだけで勃起していたと思う。
たぶん4人とも俺が勃起していたのを気付いていたと思う。
4人とも意味深な笑みを浮かべて、パンティーを目の前にちらつかせて楽しんでいた。

するとIが、「そろそろしめに入ろうか」と3人に対して言った。

他の3人もそれに呼応し、ちらつかせていたパンティーをいきなり俺の顔に被せてきた。
最初は何が起こったのか分からなかったが、Tが写メで俺を撮ってそれを見せつけてきた。
恐らく脅すネタにするのだろう。

T「うわー、◯◯って変態!」

3人「キャハハハ」

こんな感じで弄ばれていたので、怖いという感情。
早く解放されたい、帰りたい。
そう思っている時、不意に椅子から蹴り落とされた。
そして床に尻餅をついた時、笑みを浮かべていたNが近寄ってきて、「しめに入るから覚悟しろ」みたいな事を言ってきた。
俺は恐ろしかったが、写真をバラされる事の方が怖かったので動けなかった。

近寄ってきたNが何をするのか分からなかったので、思わず目を閉じてしまった。
そしたら何か股間に当たる感覚がある。
恐る恐る目を開けると、Nがチャックを下ろしていた。
目の前の光景に驚きながらも何もできない自分に情けなさを感じていると、Nがズボンを一気に脱がせた。
よく見るとズボンだけでなく、トランスまで脱がせていた。
4人の前には興奮状態のペニスが勢いよく立っており、4人ともまじまじと見ている。
こんな屈辱的なことをされても、その場を立ち去る勇気が無かった。

すると髪を掻き揚げたNがいきなり俺のモノをしゃぶり始めた。
エロ本なんかで予備知識はあったが、実際には初めての体験。
勿論、その時童貞だった。
言いようもないむず痒さが全身を襲い、恐怖感よりも興奮が少し勝った感覚にドキドキしていた。

N以外の3人は、その光景を見ながらにやついていた。
Nも上目遣いで見ている。
そのNの姿を見ながらイッてしまった。
その時間が凄く長く感じられたが、恐らく秒殺だったと思う。
Nがモノから精液を絞り出すかのように吸い上げた後、俺のカバンからポケットティッシュを引っ張り出してそこに吐き出した。

初めてイカされた事に興奮していたのと、まだ10代だったので体力が有り余っていたのだろう。
一度萎えたが、すぐに復活してしまった。
正直、興奮が勝っていた。
余韻が覚めやらぬうちに今度はTが俺の顔に跨がってきた。

T「今度はあたしの番だね。お前、69って知ってるよな?知らねえなんて事ねぇよな?」

そんな事を言うとスカートを捲りあげて69の体勢になった。
情けないが、初めて女の部分を見てさらに興奮してしまった。
Tは処女ではないと思うが、その部分は淡いピンクだった。
頭が回らず訳が分からなくなり、欲望のままに俺はTのマンコを舐めまくった。
Tもそんな状態で俺を弄ぶかのようにフェラを開始。
竿、玉、カリ首と舌先で遊ぶ。
ピチャピチャ、クチュクチュといういやらしい音が部屋中混じっていた。

(もうおかしくなってもいい、どんな仕打ちが待っていてもいい)という感覚になっていた。

必死になってTのマンコを舐め、アナルが鼻先にあったのに気づいて、その中に指を出し入れした。
Tはそれに感じたのかは分からないが、呻き声を微かにあげながら今まで以上に激しくしゃぶりだした。
気付けばNとYが俺の顔を覗き込んでいる。
しかし意識はTのマンコに夢中だった。
夢中になってTと69をしていると、生温かい感覚が玉に感じられた。
後から分かったことだが、Tとの69を見たIが玉を頬張っていた。
執拗に2人に責められ、思わず「ウゥッ」と声を出してしまった。

その時2人がそれぞれの責めを止め、それと同時にカリ首を2人で責めだした。
最初のNが全体をくまなく責めていたのも効果的だったが、2人の責めはそれ以上に凄かった。
呆気なく出してしまったのだが、先程のNの様な吸い取られる感覚が無い。
どうなったのか気になって顔をずらして足元を見ると、2人の顔に出していた。
さすがにこれはヤバいと思って謝ろうと体を動かすと、YとNが体を押さえつけた。

N「お前だけイッてどうすんだ?」

Y「Tがまだイッてねぇだろ」

するとTも、「ケツに指入れられた時はヤバかったけど、まだまだこんなんじゃイカないね。余裕余裕~」と言ってきた。

仕切り直しとばかりにTは股間に跨がると、またもやスカートを捲り上げた。

T「お前がいい具合に舐めてくれたんで、ちょうど良くなったよ」

そう笑いながら言うと、入れるところを見せつけながら腰を落とした。
エロ本でズブズブという効果音が描かれているのを見て嘘っぽいなぁと思っていたが、いざ自分の場合になると、まさそういう感覚だった。
さっきまで舐めていたその部分に包まれると、とろけるような感覚に全身が身震いした。
Tの膣内は温かく、そこだけ別世界の感覚だった。

その感覚に浸る暇もなく、Tが腰を振り始めた。
Tが動く度に膣内からなんとも言えない締めつけられる感覚に陥る。
さすがに2回も出しているので、ある程度は保った。
しかしTが激しく腰を振り続けたので、俺も限界が近づいてきた。

その時、Tが突然腰を止めた。
それに俺はびっくりして、Tの膣内に出してしまった。
膣が精液を搾り取る感じというか、別の生物に何かされている感じだった。
Tがイッたのかは分からなかったが、何か征服感に満ちた顔で繋がったまま俺を見下ろしていた。

続けざまに3回も搾り出された俺は正直疲れていた。
ここで寝たいというのが本音だったが、ここで力尽きるとこれ以上のことをされると思った。
Tがモノを抜くとドロッと精液が流れ出た。

Tは、「やらせてあげたんだから感謝してもらいたいくらい」と言いながら、自分の股間から流れ出る精液を拭いていた。

気怠さが残る体を起こそうとすると、額の辺りを足の裏で蹴られた。
体重をかけて押されたと言った方が適切かも知れない。
蹴ったのはY。

Y「3人が面白い事させてやったんだ。あと1人くらいどうってこと無いよな?」

俺「もう許してよ。何か俺迷惑かけた?気に障ることがあった?」

Y「何にも無いね。暇潰しとストレス解消。それとイジメ甲斐がありそうなんだよね~、お前って」

これが暇潰しと聞いて驚いていると、起き上がりかけていた俺をIとNが上半身に乗ってきた。
馬乗りの状態だった。
勢いで頭を床に打って痛がっていると、YとTに強制的に股を広げられた。
足を閉じようとするとYが股の間に入ってきた。
無理やり割り込まれた感じだ。

Yはそのまま俺の腰を引き上げるように胸の近くまで抱き寄せた。
抵抗するとまた蹴られるかも知れないので、Yの方向に腰を動かす。
モノはすっかり萎えていた。
笑みを浮かべながらYが口一杯にモノを含むと、さっきの蹴りとは全く別人かのように優しくフェラを始めた。
Tの愛液と精液がたっぷり付いたモノを優しくフェラをするYの表情に、同い年とは思えない魅力を感じた。
Yの淫乱な目つきや仕草に、半勃起の状態まで回復させられた。

モノがある程度まで回復した事を確認したYは、モノを離すと、制服の上着を脱ぎ捨てた。
すると、パンティーと同じ色の妖艶なブラに包まれたY自慢の巨乳が現れた。
色白のその胸に俺は生唾を飲み込んだ。
俺が胸フェチということもあったが、血の繋がりがない人間の胸を生で、こんな状況で見れることが単純に嬉しかった。
しかも、かなりの重量感がある。
Yが後ろ手でホックを外すと、少し大きめの乳輪と共にその胸全体が露わになった。
色は少しピンクが残っている感じだが、ほとんど茶色がかっていた。
窮屈なブラから開放されたその胸を寄せてくると、Yは半勃起だったモノに押し付けてきた。
乳首で亀頭をこね回し、尿道を責め立てる。
最初はくすぐったかったが、次第にYも興奮してきたのか乳首が硬くなってきた。
硬くなった乳首に亀頭やカリ首をこれでもかと責められる。
執拗に責められ続け、半勃起だったモノがまた硬く勃起した。
それを見たYは自分の唾をモノに垂らすと、その豊かな胸で挟みしごき始めた。
人生初のパイズリだった。

Y「コイツ、あたしの胸でまた硬くなってる~。興奮してんのか◯◯?」

そんなことを聞いてくるYに思わず頷くと・・・。

Y「ハハハッ、お前の今の心なんてこの胸で十分に感じるよ。お前おっぱい星人だろ?いつもあたしの胸見てるよな~?」

N「Yみたいに胸が大きい娘が好きなんだ?お前、真面目そうな顔して結構エロいな」

T・N「エロい~(笑)」

Yは強弱をつけながらしごいていると、もう飽きたのか胸からモノを離した。
ギンギンの状態のモノを見てYが、「さっきTの膣内でイッたのを見たら、あたしも興奮しちゃった」と言いながら、Tの時と同じく結合部を見せながらゆっくりと腰を下ろした。
クチュという音と共に、先程のTの時と同じ快感に襲われる。

さっきと違うのは、Yの膣内が熱く感じられたことと、腰を動かす度にいやらしく揺れるその胸だった。
最初の方こそYの腰や尻を支える形で手を添えていたが、いやらしく揺れる胸を見るともう堪らなくなり胸を揉みしだいた。
堪らなく柔らかいその感覚を楽しむ余裕は無かったが、胸を揉まれてからのYの表情が明らかに変わった事だけは覚えている。
Yにお願いして胸を舐めさせて欲しいと頼むと・・・。

Y「ダメ。それなりにあたしを満足させたら考えてもいい」

その言葉を聞いた俺は、馬乗りのYを満足させたい一心で下から腰を突き上げた。
それをYも分かったみたいで、俺が腰を突き上げる度に妖艶な笑みを見せる。
しかしだんだんと自分の方が限界を感じ始め、下半身に再び集中した。
下から腰を突き上げるのにもキツくなり、俺はYの膣内に思いっきり射精した。
俺のイッた顔がYのS心をくすぐったのか分からないが、Yの表情が穏やかな感じになった。
それと同時に繋がったままYが倒れ込んできた。
Yが終始主導権を握っていたので、身を預けたというのはおこがましい。

Y「まぁ、今日は初めてにしては頑張った方かな?次も頼むよ~、変態クン(笑)」

そう言うと、その胸を俺の顔に押しつけてきた。
頭の中が真っ白だった俺はYの乳首を交互に舐めたり吸い付いたりしながらYと抱き合った。
Yとの行為の後、最後にIがお掃除フェラをしてくれた。

行為が終わって落ち着くと・・・。

N「今日のことは絶対に誰にもチクるなよ。あたしらにはコレ(写真)があるのを忘れんな」

I「まぁ今日は面白いモンが見れたな」

T「真面目ぶっていても所詮は男なんだな。明日からあたしの奴隷で決定~(笑)」

Y「これだけで終わりじゃないからな。とりあえず同じクラスの間は利用させてもらうよ」

4人はそう言うと身支度を始め、俺にも早く着替えろと言う。
着替え終わるとIがおもむろに、「下、どーする?」と3人に聞いた。
最初の方で俺に被せた4人のパンティーは、俺のカバンの上に置かれたままだった。

Y「コイツに洗わせる?」

T「いや。なんかコイツの場合、逆に汚しそう」

N「あたしは、コイツに上下セットでプレゼントしてやる。夜中にコイツ使いそうだし(笑)」

Nの言葉に反応した3人はNと共にブラとパンティーを俺のカバンに詰め込んで、「プレゼントしてやる」と言った。

プレゼントされた下着を見て、(コレどうしようかな?)と考えた。
しかし同じクラスの女子(それもキレイどころ)の下着。
女子特有の良い香りに負け、持って帰ることにした。
幸い親にバレる事は無かったが、4人との強烈な出来事を思うとなかなか隠している場所から出す気にはなれなかった。

それから4人とは卒業まで何回か関係を持った。
修学旅行や文化祭、体育祭。
放課後の教室もあった。
結局4人とも脅迫の写真をバラす事は無かった。
4人は彼氏を作らずにいつも連んでいた。
なぜ4人がそうしていたのか、未だに分からない。

こんな駄文に長々と付き合ってもらって感謝します。
ちなみにYは恐らく学年一の巨乳だったと思います。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

おねだりワイフ

スポンサードリンク

最強媚薬エロティカセブン