新着情報

白衣の天使だと思ってたら白い悪魔だった

この体験談は約 8 分で読めます。

高校のときの話なんだが投下してOK?長くなりそうなんだがw

あ、話の前に自分のスペック。
歳:17歳、高校生。
顔:女顔ってよく言われるがフツメンと思う。
身長:160cm後半。

真面目に地方の男子校に通って普通に部活に出てて、県高総体目前の出来事。
突然の入院を医者から言い渡されて、目の前と頭の中が一気に真っ白になったことを覚えてる。
その日から入院生活が始まって、右腕にはいつも点滴の針が入ってる状態で、毎日5~6本は点滴打って、窓際のベッドで寝たきりだった。
窓を覗くと同じ位の歳の奴らが朝は登校、帰りは下校で、そのときの自分とのギャップが辛かった。

あぁ、部活、県大会出たかったなぁ・・・。
高校も皆勤賞狙ってたのになぁ・・・。

そんな残念な感情しか生まれてこなかった。
おまけに検査の結果が出たときに医者から、「移植」だの「透析」だの「死ぬ」だの、今まで考えたことがないような、現実からぶっ飛んだ話が出てきたときは、俺の青春なんぞ?とか思ってた気がする。

その病院って、案外若い人が多かったと思うんだけど、綺麗な人とかカワイイ人とかそこまで気が回らなくて、ボーっとしてたんだ。
なにせ、童貞だったしさw
経験済みなら、看護婦wwwwうはwwwwだったと思うんだがねw

あ、さっきも書いたけど、右手に針入ったままで、ずっと動いちゃダメだったんだよ。
トイレくらいかな、動けたのは。
それ以外はベッド。
夜になると、宿直の看護婦が見回りに来て、夜遅くまでTV観てる俺に注意したり、声掛けたりして戻ってって・・・そんな感じだった。
よくあるような、「若いのに溜まらないの?」とかいうエッチな話はなくて、「若いのにこんな病気大変ね」とか、そんな心配ばっかだった。

でも、宿直でもないのによく心配して病室に来る看護婦がいた。
名前は確か『宮内』。
スラッとしてて、歩くとき背筋伸びてて、仕事できそうな感じ。
菅野美穂みたいな綺麗な顔だった。
胸のポケットに鈴か何かが入ってて、近くに来ると分かるんだよね。
チリンチリンって。
で、宮内さんはよく病室に来て心配してくれたり、見舞いに来る友達とも仲良くしてくれたりして、一番話しやすかった。

んで、入院してから少しした頃、再検査の結果が出て回復が思わしくなく、入院が延ばされたんだ。
下手したら大きい病院で検査して、ダメなら移植とか言われた。
あぁ終わった、と思った。
どうでもよくなって、その日は不貞腐れて飯食べないでずっとTVつけてた。
隣の患者の、足が無くて目が見えないおじいちゃんも迷惑だったと思う(この人、夜唸るから恐かったw)。

夜中の1時過ぎ。
さすがにうるさかったのか、シャッてカーテンが開けられた。

「うるさいわよ!おじいちゃん迷惑でしょ!!」

静かに怒る宮内さんだった。
宿直のようだ。
シカトしてるとスイッチ切られて、「はぁ・・・」と呆れられた感じだった。
だって、何か言うと、情けないことに自分が泣きそうだったんだもんw

そんな俺に宮内さんは、「あっちに大きいTVあるから、眠くなるまで観てていいよ。どうせ眠れないんでしょ?」と言ったんだ。

(え?いいの?大丈夫なの?)

トイレ以外は動いちゃダメなのにだ。
きっと検査結果で落ち込んでる俺に気を遣ってくれてるんだなって思った。
少しでも歩きたかった自分は、点滴の掛けてある鉄製のアレをカラカラ引いて、宮内さんと一緒に暗い廊下に出た。

先導する宮内さん、暗い廊下で鈴が鳴るのがちょっと恐かった。
そのTVがある部屋に向かってるが、なかなか着かない。

「こっち、もうちょっと・・・」

宮内さんはそう言うけど着かない。
自分が知ってる部屋じゃないのかな?とか思い始めた。

「ここよ」

着いた部屋は最初に検査した部屋だった。

(ここじゃなくね?)

そう思ってると、ドアを開けて部屋に入ってく宮内さん。
そっとついてく自分に、「心配しないでね、検査室だけど平気だから」と、的外れなことを言う。
なんか、暗がりで見えない顔が恐い。
周りを見渡してTVを探してると、カチャッと聞こえた。
鍵を開けたような音だった。

「俺君、こっちこっち、先に入ってて」

「あ、はい・・・」

そう言って入った部屋も真っ暗で、目は慣れなくて、明かりの場所を聞こうとした。

「あの、電気はどこ・・・」

ガチャ・・・ガンッ。

(・・・痛てぇ・・・え?なにこれ??)

空白の何秒かでドアの鍵は閉まり、小さい赤っぽい薄暗いライトが点き、鍵が掛けられ、宮内さんが馬乗りになってる。
その場所って、『部屋』っていうほどの部屋じゃなく、なんかの物置的な1.5畳位のスペースで、突然の出来事に頭はパニックだった。

「み、宮内さん、て、テレビは?」

確か、初めて名前で呼んだ。
ほんとにパクパク口が動いてたと思う。

「え?ないない、テレビはないよ(笑)」

何か吐息混じった言葉の後に顔をサワサワ触る手が少し冷たかった。
針が外れた左腕が痛い。

「や・・・や、やめてくださぃ・・・」

俺、まじビビりwww
混乱してたし、本気で恐かったwwww
人間、しばらく寝たきりだと、マジで力が入んないことに気付いたw
大声も出せなかったよww

見たことない顔でニヤッてする宮内さんは、本当に恐くて何も出来なかった。

「やっと二人きり・・・」

そう言って、ちんこ揉まれた。

(あ、俺、襲われてるんだ)

そう思うと更に落ち着けなくて、何か吐き気がしてきたんだよね。
俺、当時童貞だし、SEXってもっと綺麗なもんだと思ってた。
好きな人同士で愛を育くむ為に身体重ねて、子供が出来て・・・。
けど、そんなんじゃないのねw
苦しさでいっぱいだった。

「やめろよ!」

拒絶の意思表示はさっきよりも強く出来た。
けれど、白衣の悪魔は言ったんだ。

「口ではやめろって言うけど、身体は正直なのね」

ええ、フル勃起してました、本当にありがとうご(ry

「お願いです、もうやめてくださ・・・、ん」

口を塞がれた。
ファーストキスだった。
顔中舐められて、恐くて悔しくてくすぐったくて、震えてたよ。

「ねぇ、舌出してよ」

そんな要求をされ、顔を逸らし、頑なに拒んでると、恐怖心に追い討ちをかける一言を囁かれた。

「そんな態度でいいんだ?明日から、点滴に何が入るか想像してみて?・・・そんな姿、あたし、見たくないなぁ・・・フフ」

・・・とか、なんかそんなこと言われて、身体から一気に力が抜けました。
そこからは宮内無双って感じで、いやらしい行為をされ続けた。
気持ちとは正反対の反応の肉体が本当にイヤだった。
いや、気持ちはいいんだけどねw

「あぁ、とっても硬い・・・ねぇ、ひとりでヤッたの?我慢したの?・・・答えなさいよ!?」

「し、していません・・・」

「ハァ・・・んッ・・・」

じゅぽじゅぽ卑猥な音が、狭い空間に響くのが聞こえる。
上下に口と舌を使ってるのが垂れた髪の間から見える。
目が合うのが恐くて目をまた逸らす、それの繰り返し。
下手に動けないし、黙ってもいけない。
きっと目は虚ろだったと思う。
身体がピク付くのが我慢出来ない。
不覚にも、「んッ」って声が漏れてしまった。

「気持ちいいの?こんなに気持ちいいの初めて?」

無言でいると、チンコ持っていない手であご掴まれた。

「あは、童貞でしょ?可愛いわね、素敵よ」

笑われて、今度は軽いキスされて、宮内さんが立ち上がった。
逃げ出そうかと思ったが、動けない俺、弱すw

「あたしも気持ちよくしてよ」

そう言って、いつ脱いだのか分からなのだが、スカートを捲し上げるとノーパンのようで、俺の顔にしゃがみ込みケツを押し付けてきた。
お漏らししたみたいに濡れてて、あったかかった・・・いや熱かったかな?
ぬらぬらしてた。
とてもじゃないが舐める気にはなれず(そんな知識なかったw)、そんな気持ちとは逆に宮内さんは押し付けてきた。
グネグネ動く腰、唇や鼻に擦り付くマンコ。
びちゃびちゃ音がする。
顔を背けたくても動けない。
次第に激しくなる宮内さんの腰。

「あぁっ・・・いいッ!もっと!そこがいい、アッ・・・」

何か喘いでる。
フェラもやめない。
こみ上げる射精感。

「あん、ねぇイッて!はやく!あたしもイキそうなの、ねぇ、ねぇ!!」

俺、苦しくて窒息しそうだったんだよw
けど、チンコも限界だったw
尿道からビュルッって何かが出たのが分かった。

「んんっ・・・あぁ、あっ、あっ、はぁ」

射精したチンコ咥えながらマンコ押し付けっぱなしでピクピクする宮内さん。
余韻に浸ってるようだった。
俺、顔ぐっちょぐちょ。
出るもん出たし、早く帰せよとか思った。

けど俺、甘かった。

「あぁ・・・いっぱぁい。ねぇ、もっとちょうだい、いっぱい出るよね、まだ出るよね?ねぇ?」

「・・・やだ、もうやだ」

ええ、泣いていましたね、俺。
白衣の悪魔は聞く耳持つワケなく、射精したばかりのぐちょぐちょのチンコをマンコに擦り付け始める。

「あはぁ、まだ硬いわぁ、キモチイイ・・・」

ぐりゅぐりゅ。

身体の中に響くような音は卑猥以外のなんでもなかった。
それにしても宮内さん、ノリノリ過ぎるだろ。
狂ってる。
心なしか、目もイッてるようだった。
変な薬でもやってるんじゃないか?

「俺君の初めて、あたしになるんだね、フフ、それだけで・・・ボソボソ」

他にも、「いただきます」とか言ってた。

最高にどうでもよくなった。
SEXって、汚いな、うん、と。

そして、ニチャっていう音と同時に俺の童貞は奪われた。
初めての感触だった。
肉体的快感は十分で、宮内さんの中はドロドロだった。
AVで観るような上下の動きじゃなく、前後にグイグイ動いてて、チンコが膣の中でブンブン振られて摺れる感じだった。

「あっ・・・あぅ、あっあっいい、いいよ、凄く気持ちいいあはぁ・・・」

いやらしい音が響いて、目の前ではいつも心配してくれてると思っていた宮内さんが乱れてる。
そんな状況でどんな顔すれば良いか分かるはずもなく、押し寄せる射精感にまた適当に身を委ねようとした。

「んぐ・・・(確かこんな声出た)」

やっぱりこの人、甘くない。
口元だけ笑って宮内さんは首絞めてきたんだ。
このとき最大の恐怖を感じた。
殺意感じた。
殺されるんじゃないかなって。
声なんて出ないよ。
けどね、不思議とチンコはとっても元気w

「ねぇ、もっと感じてよ」

腰振りながら、首絞めながらそう言う宮内さんはやけに色っぽいってか、魔女みたいって言うか、妖艶ってのかな?

「苦しい?苦しい?」

いや、苦しいに決まってんだろ。

ピストン運動される反動で手がクビに食い込む。
たぶん、絶望的な表情に宮内さん感じてたんだと思う。
ドSだ。
呼吸は出来なくて、肺に余った酸素がひゅーひゅー出てる。

「んッあっあっ、ダメ、気持ちいいっ、イキそう?イクの?死ぬ?しぬしぬ、あっ、死んじゃう、あっ」

宮内さんはそんなこと言ってた気がする。
死にそうなの俺だよw
ボーっとしてきて、あ、イキそうって思った。
中出し云々とかどうでもいいやって。
卑猥な音が、更に大きくなって、ぐちゃぐちゃにちゃにちゃ激しさ増した。
宮内さん、イキそうなのかなって、妙に冷静に考えてた。

「あぁ、あっ、イック・・・ゥ」

動きが止んで痙攣してる時に自分も射精した。
どれくらい出たか分かんないけど、イッた瞬間から記憶なくなった。

目が覚めると、ぴちゃぴちゃ音が聞こえた。
宮内さん、フェラしてる。
この人、おかしい。
そんなにチンコ好きなのか?
俺が気付いたことには気付いていないようで、このまま逃げようと思ったけど、身体は動かない。
落ち着いてたし、勇気を出して言ってみた。

「あの・・・」

「あ、気が付いた?」

「もう眠いです」

「そ・・・」

チンコ萎えてたし、何も出来ないのを察してか、素直に開放に応じてくれた宮内さん。
服を整え、手を差し伸べてくれるいつもの感じだった。

「立てる?」

初めてがこんなで、やられた相手に手を差し伸べられる自分が悔しくて、情けなくて、涙いっぱいで喋りたくなかった。

「怒った?」

(当たり前じゃ!)

それから病室に戻り、針が抜けた左腕を消毒、残りの点滴は少しだったし、「問題ないから大丈夫よ」みたいな看護婦らしいこと言って、部屋を出ようとした宮内さん。
振り返って・・・。

「ごめんね」

そう言ってナースステーションに戻っていった。

病院内であったことは以上です。
読んでいただいた方ありがとうございました。

今だからこうして普通に話し出来ますけど、当時はかなり痛手で、女性不信でしたね。
それとは関係なく、何日か空けて宮内さんは夜這いにやってきました。
退院する日まで逆肉便器扱いで、恐らくそれが無かったらもっと退院早かったんじゃないかと。

結局退院してからも宮内さんしか女の身体知らないし、いいように呼ばれてはヤッてを繰り返しました。
SEXしてるときの宮内さんは、やっぱりいつもと違って、どこか恐怖を感じさせるんですが、引き込まれてる自分もいました。
おかげで、自分は今でもドMですw

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セーフセックス学習会

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン