新着情報

彼女の目の前で、彼女の妹に手こきでいかされた

この体験談は約 6 分で読めます。

僕が高校一年生の時、初めて彼女が出来た時の話です。

彼女の名前は久美子、背が小さく可愛い感じの子でした。
僕も身長が低く(155cm位)、周りからはお似合いだと言われていました。

付き合って半年になる頃、僕はまだ一度も彼女とセックスをしたことがありませんでした。
エッチに興味はあったのですが、元々奥手なのでどうしても切り出せなかったのです。

ある日、彼女の両親が仕事で2人とも留守にすることになり、僕は彼女の家に泊まることになりました。
僕は今日こそ!という思いで彼女の家に行きました。

その日、彼女と他愛もない話をして、過ごしておりました。

(はあ・・・今日も無理かな・・・)

密かにそんなことを考えながら、ゲームなどをしながら、彼女と過ごしていたのです。
しばらくすると、1階のリビングが騒がしくなりました。

「誰かいるの?」

「・・・妹」

彼女は少し怯えているようでした。
彼女の話によると、1学年下の妹は、中学でも有名な不良で、手に負えないとのことでした。
僕は少し不安になりました。
はっきり言って力には全然自信がなくビビリだったので・・・。

(男が居たらどうしよう・・・)

僕は内心びくびくしながら、聞き耳を立てていたのですが、どうやら女の子しか居ないようで少し安心しました。

僕は久美子と2人で部屋でゲームをしていたら、しばらくして階段を駆け上がる足音がしました。

ガラッ!

いきなり部屋の扉が開かれました。

「あ?お姉ちゃん彼氏連れ込んでるんだけど!」

彼女の妹がでかい声で叫んだ。

「はぁ?マジで?」

妹の後ろから2人の女の子が部屋に乱入してきた。

僕は久美子の妹を見て少し驚いた。
妹は顔は久美子にそっくりだったが、身体は久美子の二回りは大きかった。
そして、2人の女の子も久美子はもとより、僕よりも身体が大きかった。
1人は180cm近くあるように見えた。

「へえ?由美の姉ちゃんって小さいんだね!?」

「っていうか、彼氏も小さくね?」

「ほんとだ?」

どうやら彼女達は酒を飲んでいるようだった。

「ねえ、彼氏?背比べしようよ?」

「え・・・」

僕はなんか面倒くさいことになりそうだなと思った。
元々人見知りなので、早く部屋から出ていてくれないかなと思っていました。

「ねえ、やめてよ由美」

久美子は妹にびくびくした様子で言った。
端から見たら姉妹が逆に見えるだろう。

「お姉ちゃんは黙ってて!」

久美子はビクッと身体を震わせ黙ってしまった。

「ほら!」

僕は一番大きい女の子に強引に立たされた。
僕が立った時、顔の正面にちょうど彼女の胸がきた。

「ははは、ほらもっと近づかないと分からないでしょ!?」

「あっ!」

僕は由美に押され、大きい女の子と密着状態になった。

「きゃははは、超小さくね!?」

「あははは、香織がデカすぎるんじゃないの!?」

「今度はあたしね」

由美は僕の腕をひっぱり、自分の方へ引き寄せた。
香織ほどの身長はないが、久美子の妹も170cm近く身長がある。
当然僕より10cm以上高い。

「きゃははははほんとだー、超ちいせえ!」

僕は不機嫌になり、少しむっとした。

「・・・は?何その顔。文句あんの?」

一番でかい香織の表情が一変した。
僕は情けないことに、香織の迫力に一瞬たじろぎ、ビクッと身体を震わした。

「きゃははは、彼氏ビビってんだけど!」

由美ともう一人の女の子が笑っている。

「ねえ、なんか文句あるのかって言ってんの!」

バシッ!

「っ!!」

あまりの衝撃に、初め何をされたか分からなかったが、僕は香織に頬を叩かれたようだ。

「!!」

僕はかっとなり、香織が中学生でしかも女の子ということを忘れて、飛びかかった。

「やめてよ!」

久美子が叫んでいるのが分かった。
しかし、僕は簡単に香織に受け止められてしまい。
逆に強烈なビンタをもう一発喰らった。

パン!

きれいな音が部屋に響いた。
僕は一瞬また動きが止まってしまった。

パン!パン!パン!

休む間もなく香織のビンタが僕を襲った。
僕はたまらず、うめき声を上げ床に伏せた。
由美ともう一人の女の子の笑い声と、久美子の叫び声が聞こえた。
香織はうつ伏せに倒れた僕の髪の毛を乱暴に引っ張り上げ、上にのしかかってきた。
僕は身動き一つとれない。
香織の太ももが僕の両腕を完全にロックして、格闘技のマウントポジションのような形で僕は動けなくなった。

ググッ!

香織は片手で僕の鼻を摘み、もう一つの手で口を塞いだ。

「ふぅ?!!ふぅ?!!」

僕はあまりの苦しさに足をばたつかせたが、まったく香織の身体は動かなかった。
手は完全にロックされている。
僕の顔面は紅潮して、意識が遠のいた。

その瞬間、香織が手を離した。

「ぶっはぁーー!はあはあはあ!」

「きゃはははははは」

女の子の笑い声と、恐らく久美子の泣き声が聞こえる。
僕はあまりの苦しさのため、涙目になっていた。

ググっ!

香織はもう一度同じことを繰り返した。
そして、また意識が遠のく瞬間に手を離す。

「ぶっっはぁぁぁーーー!!・・・わ、わーーわーん!!」

どうすることもできない僕は恐怖のあまり、泣いてしまった。

「きゃははは!彼氏泣いちゃったんだけど!?お姉ちゃん?彼氏中学生に泣かされてるよ?」

久美子はもう一人の女の子に押さえつけられて、泣いていた。

「なに泣いてんだよ!文句あるツラしてたでしょ!?」

パン!パン!パン!

まったく動くことの出来ない僕に、香織は容赦なく平手を浴びせた。

「ぎゃあ!わー!わーん!や、やめてー!わーー!!」

動けない僕は泣き叫ぶことしかできなかった。

「きゃはははは!!オラ!泣け!泣け泣けぇ!!」

パンパン!パンパン!パン!パン!パン!

「わわわ!!わーーーーん!ゆるしてぇ?!」

香織はいっそう激しく僕にビンタを浴びせた。

「ねえ、彼氏?アンタ情けなくないの?自分の彼女の前で中学生に泣かされてさ?オラ!泣け!泣き叫べ!きゃはははは」

パン!パン!パン!パン!

「ぎゃああー!うわぁぁん!!」

「きゃははは、お姉ちゃん?彼氏超かっこわるいよ?」

由美は楽しそうに姉に話し掛けている。
久美子は泣きながらずっと俯いている。

グッ!

香織は僕の髪の毛を引っ張り上げて、立たせた。

「ねえ、なんなの?さっきのあの反抗的な目は?」

「ううう、ごめんなさい・・・許してくださいぃぃ」

「ぷっ、きゃははは、なにこいつ!?」

そう言うと、由美と香織は僕の服を脱がせてきた。

「や、やめてよーー!!」

僕は本気で抵抗したが、なす術もなく裸にひん剥かれてしまった。
こともあろうに、僕のチンポは真上にそり立っていた。

「きゃはははは!ちっちゃいチンポ!お姉ちゃんこんなチンポで感じるの!?」

「ほらぁ、彼氏、恥ずかしい格好で彼女の前で精子ぶちまけなよ」

そう言うと香織は僕の両足を持ち上げた。
僕はちょうど小さい子供が、おしっこをするときのような恰好で香織に持ち上げられた。

「ううう」

僕は恥ずかしくて前を見れなかった。

「きゃはははは、ほら!彼女の方見なさいよ!」

由美は僕の顔を手で久美子の方へ向けた。
久美子もまたもう一人の女の子に、顔を押さえつけられ、僕の方を見ている。

「きゃははははは!!ほらほらほらぁ?!」

シュシュシュシュシュ!

由美は物凄い勢いで、僕のペニスをしごいた。

「あああーーああぁぁぁあぁ???!!」

僕は情けない声で喘ぎ声を出した。
由美のもう一つの手が僕の顔を押さえ、久美子の方を向かせている。

「ううう、やめて、やめてよぉ」

久美子は泣いていた。

シュシュシュシュシュ!

由美はさらに激しく僕のペニスをしごいている。

「ああ!!い、いく!い、いっちゃうぅ!い、い、いく!!」

僕のペニスは早くも我慢の限界だった。

「はあ!?もう!?お前高校生だろ!?きゃははは!」

「きゃはははは!うっそぉ?!自分の彼女の前で、彼女の妹に手コキでいかされちゃうの!?」

僕と久美子は目が合った。

シュシュシュシュシュ!

「あぁぁぁぁーー!!!いくぅ!いくぅぅぅぅーーーー!!!」

ドピュドピュ!!ピュピュ!!

「あぁぁぁぁ」

僕がいく瞬間、久美子は哀しみの表情で僕を見ていた。

「あああーーーーー!!!きゃははははは!!!はっや!!ちょうウケる!」

「きゃはははは!こいつ自分の彼女の目の前で、彼女の妹に犯されてんだけど!?」

「きゃはははははははは!!」

「おい!早漏彼氏!生意気な顔すんなよ!きゃはははは!」

笑いながら彼女達は部屋から去っていった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

お隣さん

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン