新着情報

弟の嫁さんに逆レイプされた

この体験談は約 5 分で読めます。

<スペック>
俺:26歳、童貞、フリーター。
嫁:22歳、ちびむっちり体型、専業主婦。
弟:24歳、リア充、会社員、優秀。

弟は高卒で今の会社に入って、今は大卒とは比べ物にならないほど使えるらしい。
給料もそれなりに貰っている。
元々嫁さんに働かせないために今の給料を貰えるまで頑張ってたらしい。
弟は処女厨だったけど、今の嫁と結婚すれば、毎日退屈せずに済みそうだとかそんな理由で結婚。
嫁に退屈させないためにゲームもたくさん買ってあげたりもしてた。

俗にいう嫁ニートだけど、弟曰く、「共働きで嫁が職場で寝取られるのが怖いので、それだけは絶対に嫌だ」というわけでニートにさせてる。

(でも暇だったら普通に不倫するんじゃね?俺と、とか)

弟は朝10時から午後5時まで仕事で、土日祝日休み。
自分はフリーターなので基本休もうと思えばいつでも休める。
自分はほとんどぼっちなので休みの日になると暇になるし、友達も居ないから結局弟の家に行って、弟の嫁さんと遊ぶのが普通の休日になってた。
たまにとーちゃんとかーちゃんも一緒に、弟の家で4人でwiiしたり、家族でカラオケなんかも行ってる。

弟の嫁さんは自分がコミュ障だという事も知りながらも普通に接してくれるいい子。
たまに嫁さんのほうから実家に遊びに来ることや、弟が泊まりの出張の時も実家に泊まりに来たりして、UNOとかトランプで遊んだりもしてた。
寝る時、遊びで一緒に寝よう的な事を言われたが、その時はまだ何もしなかった。
寝ようと思ったけど、『二人で朝まで燃えろ!ジャスティス学園』のすごろくに夢中になってた。

弟の家で二人でのんびりしていて、嫁さんが『ワンドオブフォーチュン』という乙女ゲーをやりながら僕の恋愛経験を聞いてきた。
自分は童貞だし、素直に“彼女いない暦=年齢”な事を告げたらバカにされた。
別に気にしてないけど。

嫁「お兄さんはアニメやゲームの女の子は好きなのに、現実の女の子には興味ないの?テレビもアニメしか見てないし」

俺「ご覧のとおり僕は見た目は気持ち悪いし、喋り方も気持ち悪いし、コミュ障で人と上手く喋れないからね」

嫁「それは自分に対する思いでしょ?そうじゃなくて、じゃあ可愛いなって思う女の子とか、ほらAKBとか声優とか」

俺「あー、じゃあ小倉結衣と小倉唯」

嫁「なんで二回言ったの?」

俺「声優のおぐらゆいと・・・えと・・・声優のおぐらゆい」

嫁「え?だからなんで2回wwwんと・・・とりあえず声優が好きなのはよく分かったよ」

俺「ね、気持ち悪いでしょ?」

嫁「え?なんで?」

俺「いや、だって声優だよ?」

嫁「普通に可愛いじゃん、私だって悠木碧ちゃんや、みもりんやキタエリとか見た目大好きだし、碧ちゃんのイノセの服を着たときにはブヒったしww」

俺「あー・・・でも嫁さんはそうかもしれないけど、世間から見たらやっぱキモいと思うよ」

弟の嫁さんは結婚するまで隠れオタクみたいな感じだった。
今だと、“にわか”って呼ばれるだろうけど、弟の彼女だった頃、わざわざ僕の部屋まで挨拶しに来て、オタ部屋見て、「うわぁ・・・」とか言われた。
だけどそれ以来家族ともやたら仲良くなったし、オープンでゲームとかのお話をするようになった。
あと、霜月はるかが好きだけあって、エロゲ知識も正直自分よりあってびっくりした。
自分は歌は知ってるけど、どんなゲームに使われてるかまでは知らない。
説明でエロゲの主題歌ぐらいのことしか知らない。

でも自分は彼女いなくても好きな女の子がいるんだ。
その内容を嫁に話したらバカにされてすごく笑われた。
自分の“恋愛感(笑)”と言うのは、『一人だけをずっと愛し続ける(笑)』か、『一人を愛さずにたくさんの人を好きでいる』か、という選択で後者を選んだということ。
過去に仕事を辞めるという女の子に告白して、気持ち悪くさせて傷つけてしまったことがトラウマになって、それ以来好きな女の子には関わらないように努力して、永遠の片想い(笑)的な存在でいること。

弟の嫁さんには風俗に行けとか言われたけど、正直自分が童貞って事なんて気にしてないし、それをコンプレックスだと思ってもいない。
そして何より、好きでもない女の子とのセックスなんて考えられないし、さらにお金で体を繋ぎたくなんてなかった。

弟の嫁さんにそんな話をしたら変に哀れまれて、そのときに俗に言う逆レイプにあってセックスをしました。
逆レイプっていっても、ゆるゆりのあっかりんとちなつみたいな感じで、家中飛び回って捕まって、後ろから抱きつかれて力が抜けました。
力任せに逃げようと思ったけど、痣や怪我をさせたらどうしようとか、体の感触に驚いた自分は女の子と手も繋いだ事ないし、おっぱいなんて赤ちゃんの頃かーちゃんの飲んだとき以来触ってないし、想像以上に柔らかくていい匂いがして、自分の理性やら童貞論が一気に飛びそうになった。

後ろから抱きつかれた時にベルトはずされて、匂いと体の感触に力が抜けて、床に座りこんでしまったら、おっぱいを見せながら四つん這いで近づいてきた。
おっぱいを見せながらかどうかは分からないけど、はっきり見えてた。
ガン見してたと思う。

それでそのまま近づいてきて、ズボンを押さえ込まれてそのまま脱がされて、なんか色々弄られてフル勃起になったところで合体させられてしまった。
フル勃起してるのを見た嫁さんに、「口ではあー言ってるけど体は正直ね」みたいな感じの事を言われた。
後はそのまま馬乗りになられて、されるがままといった感じに、腰とかお尻を前後に揺さぶられてしまった。

自分の中ではレイプされたって認識になってて、家に帰って泣いた。
後、自分は絶対こんなに辛いセックスは二度としないようにすると決めた。
たぶん最近流行の“レイプ目”みたく、輝きを失ったような目をしてた思う・・・。

ちなみに弟にはこのことはバレてない(はず)。
弟の嫁さんにも、「なんだか感情的になってごめんね(テヘペロ)」みたいに謝られたというわけでもないけど謝られた。

「ハローグッバイ」という事だけ伝えられて、それだけで意味が分かった。
たぶん音楽の趣味が合うから通じたのだと思うけど、やっぱ微妙に意味が違う気がした。

なんだか弟の嫁さん曰く、「その時のセックスはノーカン」って言われた。
僕が腰を振ったりしないで、ただただ一方的に抜かれてるような感じだったし、「風俗と似たり寄ったりな感じじゃないかな?」みたいな事を言われました。
その場だけの問題なら嬉しいけど、やはり童貞を失ったというのが怖い。

それと、中出しした不安が残ります。
イク前にせめて中に出すまいと抵抗したけど、そのまま上から抱きつかれて口にベロを入れられて力が抜けてしまい、そのまま精子まで抜けてしまいました。

後日談ってほどでもないけど、今でも弟の家に遊びに行って、いつも通り二人でゲームしたり、だらだらしながらアニメを見たりもしてます。
弟も二人の関係に嫉妬ぐらいするかなーって思ったら、「見ず知らずの男に不倫される心配するよりは、兄さんに退屈しのぎをしてもらってた方が安心だし」とか、皮肉(?)を言われたりしてますが、たまに、「いつもありがと」ってお菓子なんかを差し入れされたりもします。

ブラコンって言われるかもしれないけど、本当にいい弟なんだ。
でもそんな弟だから本当の事を伝えたいか、このまま隠し続けるか悩んでたりもする。
精神が持たない・・・。

妊娠して子供が生まれて、育って、どんな顔になるまでか考えてると罪悪感がヤバい。
小説で読んだけど、犯罪者の主人公の心理に近いものを感じる。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

大人の逆援コミュニティSEXY

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン