新着情報

女子寮の2段ベッドで静かにイッてます

この体験談は約 3 分で読めます。

私はこの春、首都圏の女子大に入りました。
出身は東北なので、女子寮に入ることになりました。
この学校は、自宅通学生以外は寮に入るのが普通で、4大生は1、2年生の間、短大生は2年間、寮生活を送らないといけません。
すぐに友達もでき、寮生活はにぎやかなので寂しくないのが良いところです。

集団生活は最初は戸惑うこともありました。
みんなで入るお風呂でムダ毛を剃ったり、オマンコを丹念に洗ったりすることです。
なんだか恥ずかしいなぁと思ったものですが、先輩は堂々と平気で脇を剃っていて、これも慣れなんだなと思いました。
中にはスネや腕など、全身を剃りまくっている人もいました。
また、かなり丁寧に時間をかけて、オマンコをコネコネと洗っている人を見ると、明日はデートなんだなとピンと来るようにもなりました。
同性ですから、けっしてジロジロ見たりはしませんが、どうしても視野に入ってくるんです。

そんな寮生活ですが、私にとっては(他の人もそうかもしれませんが)一つ、困った問題がありました。
それは、オナニーが自由に出来なくなってしまったことです。

この寮は4人一部屋で、部屋の両サイドに2段ベッドがあって4人が寝るのですが、ベッドに付いているちっちゃなカーテンを閉めて、初めてプライベートタイムになります。
最初は実家を離れた寂しさもあって、学校や友達に慣れるまではあまり考えなかったのですが、慣れてくると、やはりムクムクとあの欲望が沸き起こってきました。
高校までは田舎の実家で自分一人の部屋でしたから、いつも好きな時にオナニーに耽っていたものです。
だいたい週に4、5回はしていたと思います。

今の私の位置は2段ベッドの上段なので、激しくすると振動が下で寝ている子にも伝わりそうですし、声も出せません。
こっそりしても雰囲気でバレそうな気がして・・・。
どうしようと思ったものですが、やはり、どうしても我慢できず、入寮3週間目ぐらいからオナニーをするようになってしまいました。
本当は大胆にしたいので、下半身だけでも裸で大きく股を広げてしたいところですが、さすがにそれはできなくて、寝巻き代わりに穿いているスウェットとパンツの中に指を入れて、ゆっくり触っています。

欲望のかなり強い日なんか、パンツの中はあの液でもう溢れそうになっています。
ゆっくりゆっくり割れ目に指を宛てがい、寝返りを打ちながら横向きになったり仰向けになったり。
あまり腕を動かすと激しくなってしまうので、掛布団を脚に挟んで、指先だけの動きで刺激するようにしています。
思わず「あぁっ!」と声が出そうになりますが、それもなんとか堪え、どうしても声が出そうな時はハンカチを咥えています。

私の真下の子は寝つきがいい方で、スヤスヤと寝息も聞こえてきたりするのでバレてはないと思いますが、最後は指先の動きを速め、クリトリスを擦ります。
やがて絶頂感がやってきますが、この時も静かにイクようにしています。
でも、イク瞬間はやはり体がエビ反ってしまいます。

ティッシュの箱からティッシュを抜く時、シュッシュッと音がしてしまうので、こっそりと抜き、濡れた指先と股間を拭きます。
今は学習して、先にティッシュを出して用意しておくようになりました。
少し息も乱れてしまいますが、どんな環境にいても、やっぱりこれだけはやめられません。
というか、自然と指がオマンコに吸い寄せられてしまうんです。

考えてみれば、オナニーだけでなく、思いきり音を出して放屁できない不自由さもあります。
こんなのは私だけなのかな、それとも他の子も同じなのかな?

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

新妻・熟女の不倫掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン