新着情報

夫と勘違いして知らない男と電話エッチ

この体験談は約 3 分で読めます。

ある日の夜中に出張中の主人から電話がかかってきました。
電話に出るとトーンが低い声だったので体調でも崩したのかと心配でしたが、振り込め詐欺と同じで、声が少し違っても本人だと思い込んだら最後でした。

パチンコが大好きな主人なので・・・。

私「パチンコで負けたんでしょ」

男「バレたか」

私「パチンコよりもっと他のことで楽しんだら?」

男「じゃあ電話でエッチなことしよう」

(今までそんなこと言ったことないのに?)

そう思いながらも、結婚する前に付き合っていた彼氏としたテレフォンセックスが忘れられなかったので、少しだけならと主人の言う通りに股間に手を這わせてオナニーを始めました。
1階の両親に聞こえないように声を押し殺していると「もっと大きな声で喘ぎなよ」言われ、布団をかぶって本格的にエッチな世界に入っていきました。
主人のリードで止め処なく溢れる汁を股間に擦り付けて喘いでいると、やがて終点を迎え腰を突き上げてイッてしまいました。

SEXに淡白な主人は家では前戯もなく、入れて出して終わりのパターンでしたから、私はいつも中途半端で蛇の生殺し状態!
電話でする方が自分が好きなように出来るしちゃんとイケるわと思いました。

催促するように「明日は?」と言うと、「いつでもいいよ」と言われ嬉しくなりました。

そして次の日もその次の日も、夜の11時頃になると電話。

男「今夜はどのパンティー?」

私「水色のストライプの」

男「そっかぁ、脱いじゃいな」

私「うん、脱いだわよ」

男「割れ目広げて」

私「はい」

男「指入れるよ!」

私「あん~すごいわ」

昔覚えたテレエッチが病みつきになりました。
4日ぶりに帰ってきた主人にそれとなく・・・。

私「電話どこでかけてるの?」

主人「夜はビジネスホテルの部屋から」

私「主張旅費で?」

主人「そうだよ」

主人は晩酌をしながら夕飯を食べて、暫くTV見た後に私を残したまま2階の寝室に行っていびきをかいて爆睡!

生のが欲しかったのに・・・。
エッチは次の出張の電話までお預けかぁ・・・。

そう思っていると電話が鳴ったので時計を見ると11時8分。
その瞬間、あの電話の相手は主人じゃなかったと気付き、どうしよう~と思いながら受話器を耳に当てると、「さあ始めるよ・・・」と聞きなれた声。

男「もうヌルヌル?」

私「うん、濡れてる」

私は電話の主が誰ともわからないまま、両親に気付かれないように子機を掴んで風呂場に行きました。

私「今、お風呂」

男「すっぽんぽんか?」

私「そうよ」

男「おまんこ綺麗に洗ったか?」

私「もう洗いました」

男「じゃあ足の先からおっぱいまで舐めてあげるから足広げて立ちな」

私「はい・・・」

指示されるままテレフォンSEXを楽しんでイッちゃいました!

思い切って「あなた誰?」と言うと、悪びれた様子もなく「お互いどこの誰だかわからなくても相性ぴったりだと思わない?」と言われ、思わず「まぁそうだけど」と言ってしまいました。

男「明日も大丈夫?」

私「明日は主人いますから」

男「だけど今頃なら寝てるだろ?」

私「たぶん」

男「奥さんが都合のいい時間は?」

私「いつもみたいに11時過ぎなら」

男「昼間は駄目か?」

私「親がいますから」

男「親に声聞かれない場所は?」

私「2階なら」

男「じゃあそのへんはちゃんと打ち合わせしよう」

私「あ、はい」

今では週2回くらいに減りましたが、昼間でも2階の寝室で楽しんでいます。
耳元でいやらしいこと囁かれると鳥肌が立っちゃうんです。

私みたいな電話エッチが好きな主婦っていますか?

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

逆援ネットナンパ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン