新着情報

彼女の初他人棒フェラ

この体験談は約 6 分で読めます。

元彼女とのプレイ書くわ。
きっかけは変態サイトで、『カップルで混浴に行こう』って内容で会ったんだ。
もちろん相手もカップルだったけど、後で聞いたらただのセフレだった。
そんときに元彼女を見て、たまらなくやりたいと思ったらしい。

元彼女は167cm、50kg、胸はそんなにないけどスラリとしたモデル体型。
なのに足はムチムチしててショートパンツとかミニスカート穿かせたらたまらなく、勃起するくらい絵になる。

んで混浴後、相手の男性から色々メールがきて、今度三人で遊びましょうとか、まあ簡単に言えば元彼女と遊ばせてくれ的なメールがあった。
んでまあ一年くらいたまに三人でご飯食べたり、たまに露出撮影したりとかして遊んでた。

やっぱり寝とられマゾな俺は、元彼女が他人に抱かれるのをたまらなく興奮してたから、元彼女に「今度K君と遊んでみないか?」って言ってみた。
変態サイトとかで探せば分かると思うけど、なかなか外見、性格とかが自分たちにぴったりな相手ってなかなか見つからないんだよね。
自分たちの場合はK君と一年くらい人間関係あったから半分友達みたいな感じだったし、元彼女もそんなに拒否することなく、俺が喜ぶなら・・・っていう感じでとりあえず二人だけでデートさせることにしたんだ。

それである日の休日、K君にこっちまで来てもらって、車が無いK君に自分の車を貸してあげた。
元彼女には、「自分の判断で楽しんできていいよ」とは伝えた。
ミニスカが好きなK君なので、その日の服装はミニスカワンピに膝まである黒ブーツでデートさせた。

俺は自宅で待機。
送り出した後はとにかくそわそわしてた。
ゲームとかやる気にならないし、とりあえずネットのエロ動画をみながら寸止め射精を繰り返してたww
内容はナンパものとかカーセックス物。

K君にはアクションを起こすたびに連絡入れるように伝えていたので、『今からドライブします』『今レストランに入りましたよ~』的なメールが、動画と奮闘中の自分に送られてきた。
それを見るたびにドキドキしてたけど、彼女にもK君にも“嘘”をついていたことがあって、それがあったから内心余裕があった。

嘘って言うのは、元彼女には今日はどんなに迫られても、Bまで(フェラ含む)と約束させ、K君には元彼女はフェラまでしかしてくれないだろうから、嫌がらない程度にセックスまでもちこんでくれと伝えていた。
元彼女の淫乱ぶりを試したかったのもあった。

そうこうしてるうちに二人が出てから四時間くらい経った頃にK君から連絡がきた。

K君『今、地下駐車場でいい雰囲気ですよ。なかなかいい雰囲気なんでラブホかカーセックスに持ち込んでみます』

心臓バクバク。
断って欲しいけどやられて欲しい。
そんな複雑な気持ちのまま、俺はまた動画を見ながら寸止めしてたんだ。

俺はとりあえず元彼女にメールした。

俺『今どんな感じ?』

しばらく返信がないまま待っていると・・・。

元カノ『遅くなってごめん、K君にエッチしょうって言われてる。俺君との約束あるから断ってたんだけど、なかなか引いてくれないよ』

俺『お前的にはどうなの?興奮してる?』

元カノ『キスとか首筋舐められてムラムラした。あんまりメールしてたら怪しいから後でね』

俺鬱勃起状態。
咄嗟に『Kすまない。今日はセックス無しで。それ以外ならいいから』とメールしてしまった。

すぐに返事が来た。

K君『わかりました。けどむっちゃ俺ムラムラしてますよ。たぶん今から口でしてもらいますよ』

俺はそこである妙案が浮かんだ。

俺『K待って。今から俺たちの部屋に来て、そこで元彼女とやってくれ』

計画を伝えた。
俺はネカフェで待機してると元彼女に伝えて、実はクローゼットに隠れているから、口説かれてフェラする元彼女が見たい、みたいな内容を送ったと思う。

K君『俺さん変態ですねwwいいですよ、わかりました』

彼女には『俺はネカフェにいるから、ゆっくり楽しみたいなら部屋に帰ってきたら?Kにも伝えて』と送った。

元カノ『分かった』

俺『事が終わったらすぐシャワー浴びさせてKを帰らせてくれ、すぐ戻るから』

すぐさま部屋を片付けて、シャワーを浴びて部屋のセッティングをした。
クローゼットの微妙な隙間から見えるように、中に入っては布団の調整を繰り返して、ようやくベストなポジションを確保できた。
それからKに連絡。

俺『セッティング完了。クローゼットから見えるように足をクローゼットに向けて楽しんでくれ。終わったら元彼女とシャワーを浴びてくれ。その隙に部屋から出る。30分くらいで戻るからK君もそれで終わり』

K君『了解です。今運転しながらしごいてもらってますよ』

はやる気持ちを抑えてクローゼットで待機。
入ってみるとわかるが暑い、とにかく暑い。
冷蔵庫からお茶を持ちこんだwww

元彼女からメール。

元彼女『もうすぐ部屋に着くよ』

しばらく携帯を弄りながら待っていると玄関の開く音が聞こえた。
二人が帰ってきた。
ガサガサと袋の音がした。
缶酎ハイを買ってきたみたいだ。
俺は息を殺して様子を見ていた。
とりあえず二人で机に座り、乾杯と言った後、会話を楽しんでいた。
残念ながらクローゼットからは見えない。

K君「元彼女(以降ゆり)さん、マジでスタイルいいよね。ミニスカの似合う女の人無茶苦茶タイプなんだよね」

ゆり「誰にでも言ってるんでしょ?」

K君「そんなことないですって、ゆりさんマジで素敵ですもん。さっきの手コキ思い出したらまた立ってきたしww」

ゆり「あんなとこでフェラとか無理だよ」

K君「なんで?見られるの好きやろ?じゃなきゃそんな短いスカート穿けないやろ?」

ゆり「俺君の趣味だからね、大学の時はこんな服装絶対しなかったんだよ」

K君「つまり俺君に調教されたんだww」

ゆり「そんなんじゃないしwww」

K君「ゆりさん、もうたまらないよ。フェラしてよ」

最初は恥ずかしがってたゆりも次第に雰囲気とお酒に飲まれて、K君の誘導で私がセッティングした布団の上に。
私から見たら、大の字で足を開いてパンツ姿のK君の足の間にゆりがいました。
もちろんミニスカートだから、四つん這いになれば私からゆりのお尻は丸見えです。
その日は確かお洒落な大人っぽい下着だったと思います。

私はもう右手がスタンバイ状態。

ゆり「電気消して」

K君「二人だから大丈夫だよ。それにせっかくゆりさんにフェラしてもらうんだから、ゆりさんのエロいミニスカート眺めながらやりたいし」

ゆり「じゃあ音楽かけて」

たまたま入っていた洋楽の再生ボタンを押します。
曲名は分からないけど、今でもその曲が流れる度にゆりの他人棒初フェラが思い出されます。
確か女性のグループの歌だった。
なんかエロいというかクラブとかでかかってそうな曲。

K君は下半身裸になり、ゆりに勃起したチンポを握らせます。
ゆりは微妙に動かします。
その目はK君のチンポをじっと見ています。

K君「ゆりさん他人棒初フェラやね。きっと俺さんも喜ぶと思うよ。見てばかりでないで舐めて」

ゆりは躊躇しています。
まだ踏ん切りがつかない感じ。
しかし少し眺めた後、意を決してK君のを咥えます。
なんかゆっくりというか、パクって感じだったな。

K君「あ~、ゆりさん最高だよ。そのまま俺さんにしてるようにやってみて」

俺はチンポビンビン。
鼻息荒くして食い入るように隙間から見てる。
ゆりは知らない。
俺が見ているの。
四つん這いのお尻が揺れながらゆりの頭が上下に動く。

ジュパッジュパッ。

やばいもうイキそう(笑)
射精を必死に我慢しながら寸止めオナニーを繰り返していると・・・。

K君「ゆりさん、俺と俺さんのチンポどちらがデカい?」

ゆり「え~、言わなきゃダメ?」

K君「試しに奥まで咥えてみて。俺さん言ってたけど、ゆりさんは俺さんのを奥まで咥えれるらしいやん。俺のもやってみてよ」

ちなみに私は小さくはないが14cmくらい。
K君のは17cmで太く、しかも血管出るくらい硬そうなチンポ。

ゆりは奥まで咥えた、瞬間・・・。

ゆり「ゲホッ」

そう、奥まで咥えれないのだ、デカ過ぎて。
何回かチャレンジするが、やはり咳き込むゆり。

K君「あれ?どうしたの?やっば俺のがデカい?」

ゆり「ゴメン、大きすぎて無理・・・」

聞きたくないような聞きたかったような台詞(笑)
その光景を見ながら俺のチンポはもう爆発寸前だった。
ゆりは手と口を使って射精させるためだけに必死に頭を動かしてる。

K君「ああ・・・ゆりさんそろそろイキそうです。口に出していいよね?」

いつも口内射精をしているゆりにとって、フェラ後の射精は口の中だと決まっている。
K君のチンポがデカくなる。
俺は今か今かと射精のタイミングを必死に調整していた。
次の瞬間・・・。

K君「ああイクよ、イクっ」

ビクンとゆりの体が跳ねる。
ゆりの口内に初他人棒の精液が吐き出された瞬間だった。
俺は不思議な感覚だった。
K君が射精しながら自分も射精しているような感覚。

たぶんあの感覚は二度と味わえない感覚だと思う。
愛する者を初めて汚されて興奮してする射精。
手を使わなくてもチンポが跳ねるように脈打っていた。
今までで一番興奮した射精だった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

PLATINA SEX

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン