新着情報

俺から彼女を寝取ったオヤジたちの自慢話

この体験談は約 5 分で読めます。

彼女は高校を卒業してすぐ入社してきて、半年も経たないうちに付き合い始めた。
彼女はお酒が入るとエロくなる性格で、キス魔になることもあったようだ。
俺も彼女を酔わせてその気にさせ、そのままホテルに行ったのが付き合うきっかけだった。

顔もスタイルも片瀬那奈似。
というかそれ以上。
スレンダーなのにFカップの巨乳。
ただ背が高いからそんなに巨乳に見えない。

彼女が入社2年目に行った社員旅行での出来事。
宴会になると、コンパニオンが何人も来て、スケベオヤジ達の餌食になっていた。
まあ俺も人のことは言えず、コンパニオンとよろしくやっていた。
酒に酔っていたし、上司、先輩達もやっていたので、俺もコンパニオンとキスまでしてしまった。
場の雰囲気がそうだったし、相手は商売女なんだから、彼女もわかってくれると思って遠慮なく遊んでいた。

ふと彼女を見てみると、浴衣が乱れていて美脚が大胆に露出して下着が見えそうになっていた。
生脚をいやらしく触られながら、わけのわからんオヤジとキスをしていた・・・。
がっつり舌も入ってて、終わると今度は反対側に座ってるオヤジとキスし始めた。
相手は2人とも関連会社のおっさん(佐藤と池田)で、見たことない奴らだった。

俺「やめろ!何してんだ!」

やめさせようとしたが、彼女に怒った顔で、「あんた誰?あんたにそんなこと言われる筋合いはない」と言われ、佐藤とまたキスし始めた。
彼女の太ももに吸い付いて舐め回している池田にも、「この子から誘ってきたんだし、邪魔しないでくれ」と言われた。

先に他の女とキスしたのは自分。
怒るのは当然。
でも彼女がセクハラされているのを見て性的興奮を覚えてしまったのも事実・・・。
なんだこの感覚は?
しばらく倦怠期で、彼女に興奮できなかったのに。

俺は何も言い返せずコンパニオンのところに戻った。
コンパニオンがフェラしてくれるっていうから、自分の部屋に行くことになって席を立つと、彼女はまだ同じように2人のおっさんとワイセツな行為をしていた。
コンパニオンの前にモノを出すと、すでにMAXになっていた。

「もうこんなに?」と驚かれたけど、彼女が汚いオヤジどもに乱暴される妄想が原因だった。

実際見たのはキスとセクハラだけなのに妄想は尽きなかった。
ゴムの上からのフェラだったけど、あっという間に射精。
そのまま寝てしまった。

朝になると彼女のことが気になり、電話もメールもしたが応答なし。
宿の中を探したけど見つからず、喫煙コーナーに5人くらい人がいて、その中に彼女と一緒にいた2人を見つけた。
気付かれないよう近づいて、携帯を弄る振りをしながら話を聞いた。
初めはコンパニオンの話で、何人かフェラしてもらったらしい。

そして自慢気にあの2人が話し始めた。
聞いたことを全て携帯にメモしておいた。
だいたいこんな会話だった。

池田「ゴム付きフェラ?俺らなんかもっと可愛い子に生フェラしてもらったぞ。いや、もっともっといいことしちゃったよな」

佐藤「あの子19歳だっけ?名前は・・・覚えてないな。とにかく娘より若い子に俺らおっさん2人が誘われちゃってさ。妻子がいるからって断ったけど、どうしてもって言うから、女に恥かかせちゃいけないだろ?3人で朝方まで狂ったようにやっちゃったよな」

池田「よく行ってる駅裏のおっパブにいる子なんかよりずっと巨乳だった。ほんと綺麗なおっぱいだから、優しく揉んでたんだけど『もっと強く揉んで!』って言われちゃった」

佐藤「そうそう!あんまり綺麗なおっぱいだから優しく吸ってたんだけど、『もっと強く吸って!』って言われたな」

池田「あの子モデルみたいに脚が綺麗で、もうずっと舐めていたかった」

佐藤「そんなこと言って、ずっと舐めてたじゃん。俺もあんな美脚見たことなくて、ほんと舐めたかったのに、池田さんが両脚舐めちゃうから」

池田「悪かった。あの子すごく脚長いから、つま先から舐めてると時間かかるよな。あの子も舐めて欲しいところがあるみたいで、内ももと脚の付け根だったかな。俺も好きなところだったから気が済むまで舐めさせてもらった。仁王立ちしてる佐藤さんの前にあの子が跪いて、洗ってないブツをしゃぶる姿はほんと絵になってた。まさに奉仕だね。俺もしてもらったけど。どっちのブツが美味しいか聞いたら、『残尿出した佐藤さんの方が美味しい』って言われるし」

佐藤「でも池田さんは口内射精させてもらって、精液飲んでもらったじゃん。前やった子もそうだったじゃない?」

池田「俺はそんな趣味ないけど、最近の若い子はなんの躊躇いもなく飲むよな」

(やっぱりやられてたか・・・)

聞いているとこの二人は酔わせてお持ち帰りする常習犯のようだった。
彼女を盗られた屈辱感と脱力感。
それ以上聞くのも辛いはずが、もう彼女じゃないと思うと性的な興味で聞くことを選んだ。
どうせもうフラれたんだし。

池田「あの子に、『コンドーム無いけどどうする?』って聞いたら、『無しでもいい』ってまさかの許可が出たから、もう大喜びで生挿入したわけよ」

佐藤「10代で締め付けが良すぎて、ほんと気持ちよかったなあ。あの子、騎乗位でおっぱい振り乱して『もっと!もっと!』って言いながら激しく腰振ってたし。おじさん体力ないけど必死で下から突いたよ」

池田「中に出してる間はほんと天国に来たみたいだった。あの子も『気持ちいい!』連呼してたよな」

佐藤「中出しなんて嫁と子供作るときにしかできないと思ってたけど、最近の若い子はほんと過激だね。初めて会った人と平気で生でするんだから。まあさすがにピルとか飲んでるだろうね」

池田「あの子は酔ったら変わるタイプでしょ?朝起きたら、『酔ってこんなことしちゃってすみません』って謝ってきたし、ほんと礼儀正しい子だよな」

佐藤「あの子の性欲と体力には負けたね。おじさん2人でも敵わなかった」

池田「びっくりしたのが射精した後、ティッシュで拭こうとしたら、しゃぶってきてさあ。風俗とかAVとかみたいだよね」

佐藤「そんなことするんだ?それいいね、奥さんにしてもらおうかな」

池田「奥さん50代だろ?やめとけよ」

翌日、朝食のとき、彼女は体調が悪いと先に帰ったって聞いた。
心配になって電話やメールしたけど反応なし。
別れたんだからもういいか。
逆にストーカーとか言われるかもしれないし。
こちらから連絡するのはやめにした。

彼女はしばらく会社を休んだ後、出勤してきたけど、元気そうで安心した。
相手は彼女の名前を憶えてなかったし、ほとんど業務で接点のない会社の人間ということもあり、乱交の話が広がることはなかった。

それから1年。
音信不通だった彼女から突然デートの誘いが!
彼女はあの日のことを謝ってきた。
宴会で俺をコンパニオンにとられて、彼女は悔しさのあまりヤケ酒。
泥酔して理性を失ったところを言い寄ってきた両隣のオヤジにお持ち帰りされたと言った。
早く忘れて欲しいことだから、それ以上聞かなかった。
もちろん悪いのは彼女じゃない。

「俺が悪かった」と言って復縁した。

ただ、あの日のことを思い出すと興奮して彼女を求めてしまう。
このまま結婚するんだろうなあ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

奴隷の巣

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン