新着情報

妻が穿いていたストッキングの行方

この体験談は約 7 分で読めます。

私の妻は香織(37歳)で、結婚7年目の夫婦です。

その日は子供が幼稚園のお泊り会の為、香織は仲の良いママさん連中と飲む事になり、私は妻に「会社帰りに寄りなよ」と言われました。
その時は遠慮しておきましたが、いざ夕方になると一人の家が寂しくなり、妻たちが女子会をしている居酒屋に行ってみました。

座敷席に妻たちが居ました。
しばらく香織の行動をウォッチしようと思い、香織たちが見やすい位置のカウンターに座りました。
しばらくして、香織がトイレに行く為に歩き出しました。
白のミニを穿いており、ベージュのストッキングに包まれた脚を男性客3~4人がチラチラ見ていました。
妻の脚を見られるのは嬉しいやら悔しいやら複雑な気持ちでした。

その20分後位に現場作業員タイプの男3人が香織たちに声を掛け、一緒に飲み始めました。
ナンパを受け入れた香織に腹が立ちましたが、自分以外の男とどの様に接するか見てみたくなり様子を窺ってました。
男達の作戦でしょうが、香織たちはかなり飲まされてました。

そのうち、香織の隣に座った男が香織の肩に手をまわしたり、太ももを触ったりしてきました。
香織は怒る事もなく、「ダメよ~」みたいな感じで手を退けてました。
胸はタッチされ、ミニを捲られて、一瞬パンティを見られてました。
私は場違いの勃起をしてしまいました。
それでも香織は怒らず楽しんでいる様子でした。

トイレで用を足してると、香織たちと飲んでいた男2人が入ってきて話し出しました。

「あの、女たちヤレるぜ!」

「そうだな、俺は香織さんをヤルよ。さっきパンティ見たけど白だよ。早くパンティの中を見たいよ」

・・・などと言ってました。

普通は妻を触られ、パンティを見られ、怒る場面なのですが、なぜか異常に興奮してしまいました。
この男に香織がキスをされ、服を脱がされ、ブラを取られ、ストッキングとパンティを脱がされ、私が独占している妻の肉体を自由に弄ぶ光景を想像して興奮してしまいました。
このとき私は自分のNTR属性に気づいたのです。

香織たちは、その後30分位飲み続けてました。
香織は酒が強い方でないので、かなり眠そうでした。
香織を狙ってる男は香織が酔ってるのを良いことに、ミニで正座している為にかなり露出されてる香織のストッキングに包まれた太ももを触りまくっていました。
他の2人のママさんも男といい雰囲気で飲んでいます。
香織を触ってる男は香織の肉体を確実に狙っています。

どのように香織を救うか迷っている時、飲み会が終了したみたいで、みんなが席を立ち始めました。
私も急いで会計を済ませ、あとを追いました。
他の4人は2階にある店を出て1階に下りて行ってましたが、香織と香織を狙ってる男が階段の踊り場で止まっていました。
私は反射的に身を隠してしまいました。

男は最初、酔った香織を介抱している様子でしたが、いきなりキスをしてきました。
キスをされた瞬間香織は抵抗していましたが、やがて力が抜けて男のキスを受け入れてました。
妻が他の男とキス。
私は顔面真っ青状態です。
悔しいことにアソコもビンビンでした。

香織が私以外の男とキスをしている現実に膝が震えてきました。
10秒位のキスでしたが、私には1時間位に感じました。

「あなた・・・強引過ぎるわよ」

香織が男に言いました。

「香織さん・・・好きになってしまいました。香織さんの全てが欲しいです」

男が必死に口説いています。

「私、結婚してるのよ。子供もいるし夫を裏切れないわ。だから、これ以上はダメよ・・」

「一晩だけ、俺に夢を見せてください。香織さんの全てを見たい!」

「ダメよ、30代過ぎた私の裸を見てもがっかりするだけよ。みんなが下で待ってるから行くわよ」

香織は逃げる様に階段を下りて行きました。
私も少し時間を置いて階段を下りて行きました。
香織たちは隣のビルのカラオケボックスに入って行きました。
完全に顔を出すタイミングを失った私は、出口の見えるコーヒーショップで香織の帰りを待つ事にしました。

待ってる間、色々な事を考えました。
香織は性に対しては控えめな方で浮気など絶対しないタイプです。
その香織が脚や胸を触られても怒らず、キスをされて、少しの時間とはいえ他の男の唇を受け入れた事実に、ショックと説明の出来ない興奮が頭の中を征服していました。
確かに結婚7年目で子供中心の生活ですから、男女間の色気みたいものは薄れてきてました。
何か刺激が欲しくなり、香織が他の男とセックスをする光景を想像した事もありました。
しかし現実には絶対無い事と思っていたので、香織の裸を、肉体を狙ってる男が現れた事実に私の思考は乱れまくってました。
それにしても2人のママさん達もオープン過ぎて、ダンナさんのことを思うと辛くなってきました。

カラオケボックスの中でどういう行動をしているのか?
香織を狙ってる男はたぶん口説き続けているだろう。
ミニから伸びたストッキングに包まれた脚を触り続けているだろう。

不安に駆られながら2時間ほど過ぎた頃、香織たちが出てきました。
香織以外の5人は次の店に行く様子でした。
香織に手を振っていたので香織は帰るんだなと思い、ホッとしました。
あの男も遂に諦めたかなと思った瞬間、男が走って戻ってきました。
強引に香織の手を引っ張り、タクシーを停めました。
香織は乗車を拒否していましたが、根負けしたのか男と一緒にタクシーに乗って行ってしまいました。
まさか香織がタクシーに乗るとは全く思わなかったので血の気が引いて来ました。

このままいくと香織は必ず寝取られる。
あの香織が俺以外の男に肌を晒すのか?

私はしばらく立ち尽くしてました。

私は家に戻り、香織の帰りを待っていました。
携帯は繋がらない状態です。
2人きりになった香織と男の事を色々想像しながら、不安と興奮の中で時間が過ぎて行きました。
午前1時頃、香織が戻ってきました。

「あなた、まだ起きてたの?遅くなってゴメンね、久しぶりに飲んだから盛り上がって」

「盛り上がった?男とか?」

私の問いかけに香織の表情は曇り出しました。

「ママさん友達と飲んでたのよ」

「俺には男が3人いた様に見えたけどな」

「あなたお店に来てたの?私を監視してたの?」

「監視?ふざけるな!俺が行った時、お前らイチャイチャしながら楽しんでたんだよ」

私は咄嗟にウソをつきました。

「男に脚を何度も触らせてたな?どうして怒らないんだ?」

「久しぶりの飲み会だから、一緒に行った2人も楽しそうだったし、私が怒って雰囲気を壊したくなかったから我慢してたのよ」

想定内の答えが返って来ました。

「キスまでしてたよな?」

キスという言葉に香織の表情は引き攣りました。

「見てたの?あれは無理矢理されたのよ」

「無理矢理?途中でお前も力抜いてたぜ!」

私は嫉妬で大声を出しました。

「抵抗すると余計に強引になるから、でもどうして助けてくれなかったのよ?」

「ふざけるな!男とタクシーに乗ってどこに行った?ホテルか?あいつと寝たのか?」

全ての行動を知られてるショックで香織は顔面蒼白です。

「寝てません!あの人カメラに興味があって、今日出会えた思い出に私を写したいと熱心に言うから・・・」

「だから、あいつの家に行ったのか?夜中に撮影だけですなんて言い訳通用しないよ」

「本当です。あの人の部屋で10枚位写真を撮っただけよ。お願い、信じて」

「ヌードを撮らせたのか?あいつに裸を見せたのか?」

「普通の写真です!裸を見せるわけないじゃない!」

必死の香織を見ていると、ストッキングを穿いておらず素足なのに気がつきました。
香織は脚が綺麗で、たぶん自分でも自信があるのでしょう。
外出の時はミニを多用します。
より綺麗に見せる為に必ずストッキングを穿きます。

「ストッキングはどうした?あいつの家で脱いだのか?」

「伝線したから・・・」

「捨てたのか?どこに?タクシー乗るときは穿いてたぞ!」

私は、カマをかけてみました。
香織は30秒位黙って口を開きました。

「ゴメンなさい、あの人が・・・私の脚がとても綺麗だ、ミニが似合う・・・私の脚を包んでるストッキングが欲しいと何度も頼むから」

香織の穿いていたストッキングが他の男に奪われた。
少なからず、つま先部分と股間部分には匂いが付いてるはずです。
あの男に香織の匂いを知られるショックで言葉を失いました。

香織がどの様な状態でストッキングを脱いだのか?男の目の前で脱いだのか?

色々想像している内に勃起をしてしまいました。

「これ以上は何もありません。ナンパされた男について行ったのは酔ってたとはいえ私の過ちです。ゴメンなさい」

香織は泣きそうな顔で訴えてきました。

「分かった、信用するよ、だけど・・・」

そう言って香織に抱きつき、押し倒しました。

「だけど・・・念の為、確かめさせてもらうよ」

香織のミニを捲り、純白のパンティに手を入れていきました。

「もし、あいつと寝たならまだ濡れていると思うから・・・」

その言葉で香織は必死に抵抗を始めました。

「絶対いや!お願い!触ってはいや!!」

私の指先がヘアーまで届きました。
もう少しで局部に届きます。

「お願い、あなたやめて。信用して!絶対いや!」

香織は泣き出しました。
激しい抵抗に香織のアソコがどういう状態か想像出来ました。
しかし実際に私が触って濡れている事実を知るのが怖くなり、手が動かなくなりました。
私の手は香織の純白のパンティの中です。
もう少しで局部に届く位置です。

「なぜ嫌がるんだ?あいつとセックスをしてなかったら問題ないだろう?それともあいつと寝たから濡れてるのか?」

「濡れてないわ!でも絶対ダメ!触ってはイヤ!」

香織の必死の哀願に、香織のアソコが濡れているのを確信しました。
しかし、濡れていて欲しくないと思う気持ちが私の手をストップさせました。
もし触って濡れていたら香織があの男とセックスしたという事実を知る事になります。
それが怖かったのでしょう。
悔しいですけど香織のことを愛していますし、育児や家庭の事をしっかりやってくれる女性です。
限りなく黒に近い灰色ですが、もしかしたら香織は体を許してないと自分で思いたかったのでしょう。
私はパンティから手を出しました。

「難しいけど・・・信用するよ」と香織に言いました。

「ありがとう・・・もう絶対、今日のような事はしないわ」と泣きながら抱き付いてきました。

それから3ヶ月が過ぎました。
私の性生活に変化が起きてきました。
セックスの最中も香織を抱きながら、(あの男は香織の裸を見たのか?この肉体を舐め回したのか?)と思うと異様に燃え上がります。
ある夜には、香織がナンパされた日の格好をさせてみました。
ピンクのシャツ、白のミニ、ベージュのストッキング、白のブラとパンティです。
あの男がこれを全部脱がして香織を抱いたと思うと興奮して激しく香織を求めました。
それからは必ずセックスの時はその格好をさせています。
香織は最初嫌がってましたが、私に大きな借りを作っているので、文句を言わず従ってましたが、セックスの回数が格段に増えたので今は納得しています。

それにしても、妻が他の男の性欲の対象になるのはこんなに興奮するとは思いませんでした。
抱かれるのはやっぱり抵抗がありますので、混浴に挑戦しようと思います。

小さいタオルで裸を隠す香織。
見えそうで見えない香織の半裸姿を見つめる男達。

想像するだけで、今晩も妻と激しくセックスしたくなってきます。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

逆援痴女の森

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン