新着情報

自称『カメラマン』にヌードモデルを頼まれた妻

この体験談は約 5 分で読めます。

私達は30前の夫婦です。
まだ子供は無く、この間の休日、妻と久々に電車に2時間弱乗って、郊外の我が家から賑やかな繁華街にデートをしました。
結婚していてデートというのは変なのですが、まぁ二人しかいないのでご勘弁を。

ここのところ、初夏を思わせる様な陽気で暑かったですよね。

「今日は暑くなりそうだし」

そう言って、妻には私の好みで薄手のブラウスとミニのちょっと露出度の高い格好をさせていました。
まだ、20代前半で通じそうな感じで、一緒に歩いていても他の男の視線を妻に感じ、ちょっとドキドキしていました。

昼前に着いて、ちょっと早い昼食を摂った後、妻のウィンドーショッピングに付き合っていたんですが、やっぱり慣れないもので、そのうち自分が飽きてきてしまいました。
デパートの中で、自分に興味の有りそうなコーナーがあったので、「2~3時間後で別の所で落ち合おう」と打ち合わせて、妻とはそこで別れました。
そして時間が経ち、待ち合わせの場所に行き、待っていると妻が程なくやって来ました。
しかし、その妻から驚きの事を聞かされました。

私と別れ、別のデパートに行こうと歩いていると、男の人に声を掛けられたと言うのです。
本人は満更悪い気もしなかったとの事(そういう自分もまだまたいける妻を見て自慢でした)ですが、いわゆるナンパかなと思っているとカメラマンだと言うのです。
結構口が上手く、その男のことが面白かったので、ついつい話をしてしまったらしく、その男は「写真を撮らせてくれ」と言い、「謝礼も出す」とか言っていたそうです。

妻は結婚指輪を見せて、人妻と言ったのですが、たじろぐ様子もなくトーク連発をしていたらしく、そのうち妻はのせられてしまい、小1時間ほど話を聞いていたのですが、結局、私との待ち合わせがあるので、そいつとは別れたのですが、男から気が変わったら連絡をしてくれと、連絡先の電話番号を教えられたそうです。

私は、妻に内緒でH雑誌を買ったりするのですが、その手の雑誌によくある『素人をナンパしてハメ撮り写真を撮らせる』タイプのものではと思いました。
しかし妻は、その男の話を信じているのか、普通の雑誌のモデルと思っていて、「やってみてもいいかな」という様なことを言います。

「ヌードも撮るのか」と聞くと、場合によってはあるらしく、最初からそういった事もちゃんと説明をしてくれたし、変な物ではなさそうだと言い、「普通の雑誌の撮影じゃないの」などと言います。

私は、「そういうのって、ナンパハメ撮りで・・・SEXもあるかも」なんて、自分の買っているH雑誌のことを引き合いに出して言う勇気が無く、妻には「大丈夫なのかなぁー、心配なんだよ」と言いました。
でも妻は、「若いうちに撮ってもらいたい」など言い、ついに私も変に断れなくなり、「ちゃんとしているなと良いけど、変なのだったらやめてくれよ」と言って許可してしまいました。
妻は、「わかった」と言い、後日連絡を取っていました。

その後、スケジュールが決まったらしく、「今日は、撮影に行ってくるね」と私に言い、妻は出掛けて行きました。
私はその日は平日だったので仕事があり、仕事に行くため妻より先に家を出たのですが、玄関で見送ってくれた妻は心なしか嬉しそうな感じがしました。
その日1日仕事が手につかず、かといって妻の携帯に電話するのも心の狭い男に思われそうで、やきもきしながら終業時間になるのを待っていました。

帰宅して、家に入ると妻はまだ帰って来ていませんでした。
しかし、程なく、「ただいま」と妻の声が玄関から聞こえ帰って来ました。
私は、はやる気持ちを抑えつつ妻を玄関に迎えに行くと、この間と同じようなミニスカートでいました。

リビングに入り、私が「どうだったの」と聞くと、「うん」と言葉少なに答えます。

「撮影はうまくいったの」と自分自身を落ち着かせる様に質問をすると、「ええ、うまくいったわ」と言います。

そして、ちょっとシャワーを浴びたいと言い、シャワーを浴びに行きました。
直感で何かあったなと思い、シャワーから出てきてバスタオルの体に巻いたままの妻を捕まえてベッドに運びました。

ベッドで妻のバスタオルを脱がし、乳房を揉みながら、今日あった事を白状させました。
それによると、そのカメラマンに会い、最初は屋外で撮影を始めたそうです。
そのうちにカメラマンの「綺麗だ」とかいった言葉にのせられ、ヌード撮影をOKしたんだそうです。
しかし、その撮影はスタジオのような所ではなく、普通のラブホテルに案内されたそうです。

妻が、「ここで撮るんですか」と言うと、そいつは「貧乏カメラマンなので、スタジオを借りれなくてよく利用するんですよ」と言っていたそうです。

ホテルに入って、最初は着衣で撮影し、そのうちに下着になり、最後にヌードで撮られたんだそうで、そこのところは詳しく話してもらえませんでした。
妻を責めながらもっと聞き出そうとし、「怒っていないから何があったの、話してごらん」と大きくなった私の物を握らせました。

すると、「いつもより凄い・・・ほんと怒らない?」と言います。

私が、「大丈夫だよ、たぶんSEXしたんじゃない?」と言うと、コクリと頷きます。

あぁーやっぱりと思いつつ、妻に「で、どうしたの」と聞き、ぽつりぽつりと言う妻の話を要約すると、ヌードになってから撮影しているその間、妻はカメラマンからの褒め言葉に酔い、ポーズ付けるために足や胸を触られているうちに、変な気持ちになってきたそうです。
カメラマンも暑いと言いながら衣服を脱いできたそうです。

「奥さんと同じに僕も裸にならないと不公平だし」と言い、トランクスまで脱ぐと、そこには勃起したカメラマンの物が目に映ったそうです。

最初はその状態で撮影をしていましたが、カメラマンの勃起した物が気になってしょうがなくなり、妻が「私のでそんなになるんですか」と聞くと、「奥さんみたいな綺麗な人の裸を見てこうならないのは、男として変ですよ」と言いつつ、ぐっと差し出してきたそうです。

妻はあっと思いつつ、思わず差し出された物を握ってしまい、そうなるともう後はカメラマンのペースにはまり、SEXしてしまったそうです。
カメラマンの物をフェラしながら感じ、更にそれを挿入されつつ、カメラのフラッシュを浴びているとイッしまったそうです。
そんな妻の話を聞き自分も一段と勃起し、妻に挿入しつつ腰を激しく振りました。

「中に出されたのか?」と心配だったので聞きましたが、バックでやられた後、体位を変える時にゴムを付けてもらい、正常位でゴムに出させたと言い、出た後のゴムを妻に持たせて撮影していたそうです。

(えっなんだ、最初はナマでやられていたんじゃないのか?)と思いつつ、今入れている妻のあそこには、数時間前には他人のチンコが入っていて、同じように妻のラブジュースでテラテラしている私の物を、カメラマンの物に見立てているとたまらなくなって、妻の膣の奥深く射精してしまいました。
妻も同じくイッてしまったようで、口からよだれが出ています。

そのあと、2回してしまいました。
妻は、私に申し訳ないと泣いていましたが、許してやりました。
だって、こんなに感じる事があったなんて・・・。

妻は「もうしません」と言い、私も「そうしてくれよ」と答えてしまいましたが、自分としては、またやらされてもいいかなと思っています。
そして、その時に撮影した写真を見たいのです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

SECRET

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン