新着情報

浮気した妻に逆に主導権を握られた

この体験談は約 9 分で読めます。

悪友のDが妻(27歳)を狙っていたのは前から知っていました。
お盆休みに私が郷里に帰省している時、妻から電話があり、「昨日ね、Dさんが訪ねて来たのよ。あの人態度は悪いし、あなたが留守だっていうのに家に上がろうとするのよ、感じ悪い。あんな強引でデリカシーのない人大嫌い!」と言っていました。

帰省から戻り、盆休み最後の日、久しぶりに友人が集まったので遅くまで飲みました。
その時に友人のKが「ちょっと話があるんだけど」と言うので、店の外で話を聞きました。

K「お前には言いにくい話なんだけど、昨日Dに誘われて一杯飲んだんだよ。そしたらさ、あいつ、お前の奥さんとやったって話してたんだよ。事実がどうかは知らないけど、『最初は嫌がっていたのに最後は好き者でヒーヒー言わしてやった』とか言ってんだぜ、気をつけろよ。Dに食われた奥さん結構多いらしいぜ。相当デカいモノ持ってるらしくて、『人妻は俺のちんぽ一度入れられたら離れられなくなる』って自慢してるんだぜ」

その話を聞いて、思い当たる節があったのでドキドキしました。

その翌日、私は妻にどう切り出していいかわからず迷っていました。
いい加減なDの話を真に受けて妻を疑うと傷つけてしまうし、かと言って何食わぬ顔で私と接している妻が、もしもDに抱かれていたと考えると心はボロボロになりそうでした。
私は妻に何気なく、「そう言えばあれからDが来なかったか?」と聞きました。

妻「うん、あの翌日来たわよ。昨日は夜遅くにすみませんでしたってケーキを持ってきてくれたのよ。あの人、最初は感じ悪いと思ってたけど、話してみるとすごく面白い人で、私笑っちゃった」

そんなことを言い出したのです。
私はびっくりしましたが、それ以上妻を追及することはできませんでした。

次の日、Dを呼び出しました。
Dは最初から何を言われるのかわかっていた様子でした。

私「お前、俺にどうして呼ばれたかわかってるだろ?」

私は半信半疑のまま、Dにこう訊きました。

D「悪かったよ、悪気はなかったんだけどさぁー、話が弾んでるうちに夜遅くなって、奥さんが『電車がないなら泊まってもいい』って言うから・・・」

私「電車が無くなってダチの家に泊まったら、人の女房食っても構わないのかよ!」

D「だから悪かったって言ってるだろ。でもよー、セックスは同意の上に成り立ってるんだぜ、でないと朝まで3回も4回もできるわけねーだろ。唯ちゃんだって『中に出してもいいよ』って許してくれたんだぜ。これって同意してるってことだろ?」

私はDを一発殴りました。
そして、「やったもんは返すことできねーけどよ。ぺらぺらぺらぺら他人に言いふらしてんじゃねーよ!ぶっ殺すぞ!」と言ってやりました。

家に帰って妻と会いましたが、妻は何も無かった様子でいつも通りでした。

その日の夜、妻を抱きました。
その日の私は気がおかしくなりそうなくらい嫉妬の塊でした。
何度射精してもまた立ってきました。

妻「あなた今日はすごいわね。昨日の焼肉が効いたのかしら?絶倫って感じよね」

妻は素知らぬ顔で喜んでいるのです。
『お前、Dとやっただろ?』と、喉元まで出かかった言葉を飲み込んで我慢しました。
悔しくて悔しくてしょうがない気持ちでしたが、悶え仰け反る妻を見ながら下半身は鋼鉄のようになっている自分がそこにいました。
これだけの勢いで妻を抱いておいて、もう浮気の追求はできません。
密かに興奮している私に、『私が浮気するとおちんちんが元気になるの?』と言われそうで怖かったのです。

妻「イクイクイクぅぅーっ」

妻がイッた瞬間、私のモノをキュッキュッと締め付けてきました。
Dのモノもこうして締め付けたのでしょう。
Dの背中にも爪を立ててイッたのか?
シーツを掻き毟りながらイッたのか?
この妻のイク姿を見ながらDは妻の中に・・・。
終わった後、妻はDのモノを舐めて綺麗にしたのだろうか?
どんな気持ちでDの精液を受け止めたのだろうか?
Dのセックスが気に入ったから、妻はDの事を面白くていい人だと言い出したのだろう。
と言うことは、またDとやりたいと思っているのだろうか・・・。
妻の中に二度目の射精をしました。

(あの日の夜も、このシーツはDの精液と妻の愛液でベトベトになり、それを思い出しながら妻は洗濯したのだろうか?)

私は洗い立てのシーツを見ながらそんな切ない思いに耽り、タバコの煙を天井に向かって噴き上げました。
そして、とうとう妻を問い詰めました。
妻は半分開き直って言います。

妻「許すの?許さないの?」

私「お前、開き直るのかよ?」

妻「だって行き着くところ、その問題でしょ?」

私「許せなかったらこうして話もしてないよ。それより俺に対する裏切りなのかよ?それとも遊びなのかよ?」

妻「本気だったらこうしてここに居る訳ないし、裏切りって言われたら返す言葉ないし・・・」

しばらく沈黙の後・・・妻は私に抱きついてきました。

妻「ごめん、私の言い方生意気だったでしょ?別れる気もないし、あなたのことは大好きよ」

私「じゃあどうしてDとやったんだよ?」

妻「魔が差したの、この人、私とやりたいんだって感じたら、なんか変な気分になって」

私「俺のことは考えなかったのかよ?」

妻「だからごめんない、許してください」

私は狂ったように妻を抱きました。
少年のように硬く勃起したモノで妻を貫き、悶え仰け反る妻の姿を見ながら、(この姿をDが見たんだ、この姿を見ながら妻の中にDの精液が注ぎ込まれたんだ)と、考えながら妻を抱きました。
終わった後、妻が話し始めました。

妻「私、あなたがインターネットで、自分の奥さんが他の人に抱かれるホームページ見てるの知ってたのよ。最初は愛されてないと思った。でも私も時々見ているうちに、そういう愛の形なんだってわかった。女だって色々な願望があるのよ。他の人に抱かれるって思ったら最初は気持ち悪かった。でもあなたがそれを想像しておちんちんを立ててオナニーしてると思ったらすごく変な気分になった」

私「他の男としてみたいって思ったのか?」

妻「正直言うとそうね。若い時は、この人私を狙ってるって思ったら拒否反応とか、危ないって気持ちが起きてたけど、結婚して、もう他の人とすることはないって思って何年も経ったら、迫ってくる男に対して、この人、私の中におちんちんを入れたいって思ってる。この人にやられておちんちんからアレを出されたらどうしようって想像したら悶々とするようになったの」

私「何度かやったことあるのか?」

妻「前に一度した」

私「いつ?誰と?」

妻「K子のところに遊びに行った時。本当はK子のとこじゃなくてホテルに泊まってたの」

私「誰と?」

妻「元カレ、っていうか、前は何もない人だったけど、K子達と飲んだ夜、来ていたの。それで解散した後二人で飲みに行って・・・」

私「前からやりたかったんだろ?」

妻「付き合うはずだったの、でもあなたと付き合い始めたから・・・」

私「浮気者だな、お前って」

妻「あなたにそういう願望や妄想があるって知ったからよ。こういう話を聞くと興奮するんでしょ?」

私「妄想と現実は違うだろ」

妻「だって・・・」

私「一つ教えてくれよ。最初からやる気満々で行ったのか?」

妻「そんなはずないでしょ、相手がその気もないのにできるわけないでしょ」

私「願望はあったんだろ?」

妻「その人が来る事だって知らなかったのよ」

私「可能性はあるって思ってたんだろ?」

妻「そりゃぁーなくはなかったけど・・・」

私「だから一人でホテルとったんだろ?」

妻「うーん、少し違う。アバンチュールの期待って感じかな。でもそんなのあてにならないし、あなたと付き合い始めた時なんて、何回期待を裏切られたか知らないでしょ!」

私「そうなんだ」

妻「そうよ」

私「で、何回したんだよ」

妻「あらあら、本題に入ってきたわね」

私「飲みながら、今日はやろうって話したのかよ?」

妻「あのねぇーそれじゃホテトルでしょ、ムードよムード」

私「ロマンチックにエッチしたのか?明かりは真っ暗にしてとか、優しく抱いてとか?」

妻「絶対教えない!」

私「言えよ」

妻「じゃあ、話聞きながらオナニーして」

私「馬鹿言うなよ」

妻「嫌、して」

私「お前がしてくれよ」

妻「いいわよ・・・でもおちんちんベタベタしてるよ、シャワー行かない?」

私「ああ」

二人でシャワーを浴びました。
妻は私のモノを丁寧に洗いながら・・・。

妻「T君ね、こうして洗ってあげたら二分くらいでイッちゃったのよ」

私「一緒に風呂に入ったのか?」

妻「私が入ってたら乱入してきたのよ」

私「Dとも入ったのか?」

妻「Dさんとは一回終わった後よ、あの人は女を落とすプロね。私はお風呂から出てパジャマでいたの。そしたら『いい匂いがする』とか、『肌が綺麗で吸い付かれそう』だとか褒めながらエッチな話をするのよ。私がテレビのリモコンを取ろうとお尻を向けてたら、いきなりあそこを手で撫でられて、キャァーって叫んだ途端キスされて・・・。やめてって言ったら、すぐにやめてくれたの。でもその後、『好きだ』とか『したい』とか連発で、私もその気にさせられちゃって・・・」

私「されてもいいって思ったのか?」

妻「おちんちんがビンビン立ってて、これがまた大きいのよ。ああ、やられちゃうって思って」

私「そのままそこで抱かれたのか?」

妻「膝の上に座らされて、しばらくお話してた」

私「どんな?」

妻「エッチな話」

私「どんな?」

妻「今まで何人とエッチしたとか、自分のおちんちんのどこが感じるとか、私の性感帯はどこかとか」

私「それでそのまましたのか?」

妻「ううん、おちんちん触ってあげてたらガマン汁がいっぱい出てきて、私もすごいことになってきて、お布団出してあげて・・・」

私「自分が抱かれるために布団出してやったのか?」

妻「ゾクゾクしてきた?おちんちん立ってるよ」

私「それで?」

妻「これがまた、なかなか入れてくれないの、私を裸にしてあそこに少しだけおちんちん当てて、『旦那以外のおちんちんが欲しいって言え』って言うのよ」

私「言ったのか?」

妻「言わなきゃ生殺しよ」

私「それで?」

妻「いやらしいことばかり言うの」

私「どんな?」

妻「『今から旦那以外のチンポが入る』とか、『俺のチンポの先から奥さんの中に精液をいっぱい出す』とか・・・」

私「いやらしい気持ちになったのか?」

妻「当たり前でしょ」

私「出されたいって思った?」

妻「それより、早くするならしてって感じになった」

私「入れられたら出されるって思わなかったのか?」

妻「そりゃあ生でされたら出されるでしょ」

私「そういう時って嫌とか思わないのか?」

妻「とうとうやられる、中に精液いっぱい出されるって思ったらちょっと興奮した」

私「ちょっとか?」

妻「すごく」

私「元カレにも中に出されたのか?」

妻「あの日はちょっと危険かもしれなかったから・・・」

私「どこに出したんだ?」

妻「口」

私「顔射か?」

妻「うーん、ていうか中に出されそうになったから急いで咥えてあげた」

私「お前、俺のだって飲んでくれないくせに」

妻「飲んでないわよ、出させてあげただけよ。でもチョー不味かった、アレだけは飲むのはだめね」

私「中に出されるのはいいのかよ?」

妻「中は気持ちいいわよ、中で暖かいのがジワッジワッてきた時、ああ、やられちゃったって感じになる」

私「Dとは何回したんだ?」

妻「3、4回かな」

私「そんなに・・・」

妻「4時くらいまでしたのに、起きたらすでに私の股の間にいるのよ、あの人。ボーっとしてるのに30分くらいあそこを舐め続けるのよ、ちょっと気持ち悪かった」

私「でも、結局入れられたんだろ?」

妻「そうだけど・・・でもさぁー、自分の精液がいっぱい入ってるあそこを舐めるのって気持ち悪くないの?」

私「俺は嫌だな」

妻「私も自分の中に入ってたおちんちん舐めるのって好きじゃないかも」

私「入れてもいい?」

妻「ダーメ、このまま出してみてよ、見ててあげるから。ねぇーどういう話に興奮するの?中に出されるところ?」

私「まず、落とされる瞬間だな。この人としてもいいかなって思って身体を許すところとか、身体を触られたり、エッチな話を聞きながら、お前自身がこの人のモノを入れられてみたいって思う瞬間。それと他の男のモノを入れられて悶え狂うお前の姿と、中に出されるのをわかっていながら他の男に抱きついて出されるのを待っている姿を想像するのがたまらないよ」

妻「ふーん、Dさんのおちんちんすごかったよ、あそこの中身を全部引きずり出されるかと思っちゃった。それでね、時々抜いて入れてくれないの、私が『早く入れてって10回言うまで入れてあげない』って言うのよ、私、何を叫んだかわからないくらい乱れちゃった」

私「もう少し早く擦ってよ」

妻「興奮してきた?Dさんのおちんちんが目に浮かんで、あれが私の中で暴れてるって想像しながら今から出されるって思ったら私、Dさんの体中引っ掻いてイッちゃった。それでね、イッたらDさん、『おちんちんが締まる締まる』って言うの、そしたら急にあそこがコリッコリッてしてきて、前よりおちんちんの引っ掛かりが良くなってきて、私をギュューーッて抱き締めてくれた途端、あそこの中にジワァーッて熱い液体が出るのがわかって、そしたらDさん、『痒くなる痒くなる』って言いながらおちんちんをすごい勢いで擦ってくるの。あれ病み付きになりそうだったのよ。・・・あははは、とうとう出ちゃった。気持ち良かった?ちょっと待って、舐めてあげるね」

妻は丁寧に私のモノを舐めてくれました。
妻と一緒にシャワーを浴びながら、「お前、Dともう一回してみたいんだろ?」と聞くと、「あなたこそ、私がDさんとするとこ見たいんでしょ?」と聞き返してきました。

「今度、別の部屋に隠れて見てようか?」と聞くと、妻は「それよりさぁー、私がどこかのお店で口説き落とされるのを他人の振りで見ているのはどう?」と・・・。

とうとう妻に主導権を取られてしまいました。
でも私は、心からそれを望んでいたんだと思います。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

愛玩関係

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン