新着情報

大人しそうな義姉さんの裏の顔がこれやで!

この体験談は約 3 分で読めます。

父親の3回忌の法事が終わり、一足先に俺と妹が実家に戻った時のことだった。

いきなり妹が、「兄ちゃん、怒らないで聞いて」と、いつに無くマジ顔で話してきた。
何事かと話を聞くと、死んだ父親と俺の嫁が「男女関係」にあったという。

唐突にそんなことを言われたので、俺としてもどうリアクションを取ればよいのか分からず、ポカンとしていたのだが、妹の話を要約するとこうらしい。

当時高校生だった妹が学校を早退し、実家に帰宅した時のこと。
家族を「わっ!」と驚かそうと不意に玄関で思いついた妹が、抜き足差し足で家の中に入ると、何やら俺たちの寝室から睦声が聞こえてきた。
また俺がAVを見ているか、当時新婚だった妻とセックスしているのかと思い、やおら行為を覗き見してみたくなったという。

部屋の前まで行くと、どうやら妻のヨガリ声らしかったので、「兄貴と義姉さんがセックスしてる!」と思ったらしい。

新婚とはいえ、平日の真昼間から仕事もサボり、新妻とセックスしている俺の痴態を覗いてやろうと、そっとドアの隙間から部屋の中を見て、卒倒したらしい。
なんと、妻と絡んでいたのは俺たちの父親だったからだ。

(えっ!?何これ?不倫?近親相姦?)と、妹はパニックになったらしい。

「もう、その時のショックったらないよ。夕飯で何も知らない兄貴とお母さんを挟んで、お父さんと義姉さんがチラチラ目配せし合っとるし、事情を知っているんは私だけやし」

・・・と、いつこの事を俺に話そうかと思い悩んでいたらしい。

「義姉さん、週1回のスイミングの後、お父さんとホテルに行っているの知っとった?」
「知らん!知らん!そんなこともあったんか!?」

「バイトで行った配達先のビル近くで、お父さんと義姉さんが急ぎ足でホテルに入るのを見たんよ!」
「おい!マジかよ!?」

「大マジやって!シャレでこんなこと言えへんがな!んでな、私、その日の夜にカマかけて義姉さんに聞いたんよ。私も義姉さんみたいに痩せたいんで、スイミングしようかなって」
「ほんだら、なんと言っとった?」

「一応、笑顔で『スイミングはええよ』みたいな口ぶりやったけど、目が笑ってなかったわ」

最初のうちは、妹の話がどこか遠くの銀河での出来事のようだったが、ダメ押しのように一枚のDVDを見せられ、いきなり現実味を帯びた話になってきた。

「このDVDな、お父さんのパソコンから抜いた画像が入っているんよ。ショック死しんなや!」

妹の部屋で開けられたDVDには、妻と父の痴態が100枚はあろうかというほど収められていた。
父のモノを咥え込む妻の画像や、父と妻の結合部分、水着姿の妻が浴室内で父と戯れる姿など、正視するのが困難な画像の数々だ。

「お父さん、死ぬ間際もうわ言でパソコン、パソコン言うとったんの知っとる?」
「ああ、そういえばそんな事も言っとったわな」

「それでな、私どうにも気になったんでパソコンの隅々まで調べたら・・・」
「この画像があったんか?」

「そうや!義姉さんも画像のことが気になっていたんか、私やお母さんにパソコンの事、何回か聞きに来たわ!」
「それで、どうしたん?」

「そいでな、私はすっとぼけて『パソコンなんて使えへんから義姉さんに見てもらうわ』言うて、画像をDVDに落としてから義姉さんに渡したわ」
「あぁ!思い出した!!オヤジが死ぬちょっと前にカミサンがオヤジにパソコン教えてて、そのパソコンを借りたからって言うてたわ!」

「そやろ!そのパソコンの中にこの画像が隠されていたんやで!」
「カミサンは画像を消して、一安心と思ったんやろな」

「あんな大人しそうな義姉さんの裏の顔がこれやで!」
「あいつ!よりによって旦那のオヤジとハメたんかっ!!」

「どうするん?義姉さんと?」
「どうもこうもないがな!ちっとばっかお灸すえなあかんな」

それから2、3日後、妻のもとに差出人不明の手紙が届く。
中には父と妻の痴態画像数枚だけ。

その日の妻の動揺ぶりは、見ていて気の毒なほどだった。

「義父の死と同時に消えたはずの自分の不義が、今ここに来てなぜ!?」と言うところなのであろう。

これ以上は妻をどうこうする気も無いのだが、しばらくはビクビクとしていただきましょうか!!

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

コイコイ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン