新着情報

自慢の妻を酔わせて同僚に・・・

この体験談は約 13 分で読めます。

つい一昨日の事です・・・。

久々の連休中だというのに、俺はサービス業の為その日も当たり前のように仕事に行った。
取引先との新規事業の綿密な打ち合わせも終わり、何とか仕事も終えて、明日が休み(交代制)の俺と同僚のKとで飲みに行った。

色々仕事のグチや上司の話をしながらワイワイやっていたが、やはり男2人で飲んでいると社内の女性社員の下の噂話や、どの女とやってみたいだとかエロい話になるものだ。
そのうちにKが「なんだかんだ言ってもS(俺の名前)の嫁さんが一番可愛いし、超フェロモン出てるよ」と始まった。
Kが俺の嫁さんを誉めたり羨ましがったりするのは今に始まった事では無く、結婚式(去年)にKを呼んだ時に初めて妻を見てから、何かと言うと「Sの嫁さん凄い綺麗だ」とか、「一回でいいからデートさせて」とか、「家に呼んでよ」とか、しつこいくらいに何度も俺に言ってくる。
あんまり何度も聞いているとウザイ時もあるが、綺麗だと言ってくれるのは悪い気はしない。

ちなみに妻は25歳で、俺より7つ年下で優香に似ているとよく昔から言われている。
まあ優香ほど巨乳ではないが、スタイルは良いし色白で色っぽく、一応自慢ではある妻だ。

以前、Kにいたずらで妻のセミヌードの写真を見せた事があり、その時のKの興奮の仕方は半端ではなかった。
話は戻るが2人で飲みながらKは「Sの嫁さんを想像しながら何度かオナニーをしちゃった事がある」とか、「もっとエッチな写真を見せて欲しい」とか、「金払ってもいいからやらせてもらいたい」など、酔ってエロエロ状態が爆走して来た。
俺も酔って妻とのエッチの内容や、妻の好きな体位などを話したりしているうちに興奮してきた。

以前、妻の例の写真をKに見せた時も同じように心の中では興奮している自分がいた。
それからは妻が友達や同僚に抱かれる事を想像すると異様な興奮をする事を知った。

飲み始めてから3時間を過ぎ、俺は「どうする?たまには家で飲む?」と聞いてみると、Kは目を丸くして「えっ!?Sの家で?嫁さんは?」Kは一瞬びっくりしていたが、妻が今日は実家にでも遊びに行っているのかと思ったらしい。

俺が「もちろん居るよ。でも全然大丈夫だよ」と言うと、Kは「行く行く、絶対行く!ほんとにいいの?」と、えらい興奮の仕方だった。

早速車で家に向かい、俺も何か起こる事を想像して勃起していた。
向かう途中コンビニに寄り、Kが3人で飲もうと両手に大量の酒類の入った袋をぶら下げて戻ってきた。

Kが「嫁さんに電話入れとかないでいいのか」と聞いてきた。

妻には敢えてKを連れて行く事を言わなかった。
何故ならこの時間なら妻は風呂を出て必ずノーブラでいるからである。
Kにその事を話すと大興奮していた。

そんなこんなで家に着いた。

いつも通りインターホンを鳴らし、妻が玄関のドアを開けながら「おかえり~♪」と顔を出す。
すると直ぐにKに気付き、「えっ?」という顔をした。
今日は日中、夏日和で夜も暖かかった為、妻の格好は大きめのピンクのシャツ(パジャマ)一枚で、下は素足だった。
ただTシャツではない為、ノーブラは分かりずらい。

Kが俺の背後から顔を出し、「こんばんは~」と挨拶すると、妻は「あっ、こんばんは」と言いながらも、突然の来客にニッコリ微笑むも顔が引きつっていた。
やっぱり勝手に同僚を連れて来た事に怒ったかなぁ?と思ったが、こっそり聞いてみたら部屋を片付ける時間が欲しかっただけらしい。
根が明るく優しい妻は、その後もいやな顔を見せることなく振舞ってくれた。

「着替えた方がいいよね?」と妻が俺に聞いてきたが、「別に上司でもないし気を使うヤツじゃないからそのままでいいよ」と、俺は言った。

妻は「ならいいかな!」と言って、とりあえずKに上がってもらい、妻は軽く薄めの化粧を済ませ、風呂上がりでまだしっとり濡れた髪のままKを通した部屋の周りを片付けだした。

雑誌やリモコン、クッションなどを前屈みになって拾っている妻の後ろ姿をジロジロとKは舐めるように見ていた。
妻の大きめのシャツの裾も膝上あたりなので、前屈みになると後ろが結構際どい。
そんなイヤラシイ目でKに見られているのも知らずに妻は急いで片付けている。
そんな光景を俺は着替えながらチロチロと見ていた。

俺もKの向かいに腰を下ろすと、買ってきた酒を広げて再び飲みだした。
妻も適当にツマミを作り始めた。
妻がキッチンに立っている姿は2人の座っている位置からはよく見える。

Kが「Rさん(妻の名前)も一緒に飲みましょうよ」と声をかけ、俺も「コンビニで買ったツマミもあるから、もういいからこっちに座れよ」と言うと、「はいは~い♪」と、もう一品ツマミを持って俺の隣に腰を下ろした。

改めて3人で乾杯をして、妻も少しずつ飲み始めた。
Kは俺の妻とこうして飲める事が余程嬉しいらしく、ギャグを飛ばしたり、テンションも高い。
妻も酒は結構好きで、結婚前、付き合っている頃はよく俺や友達と飲みに行った。
結婚してからはあまり機会もなく、また、家で飲む事もあまりなかった。
久しぶりの酒に妻も上機嫌で美味しそうに飲んでいる。
Kはやたらと妻に酒を注ぎ、ガンガン飲ませている。
前に俺から妻は酒が入ると理性を失い、そんな時のSEXは最高だよと聞いていたからだ。
Kは理性を失った妻を見て楽しみたいと思っているに違いない。
俺もKの前で淫らな妻を見てみたいと思い、妻にどんどん飲ませた。

妻は壁に寄り掛かり、段々座り方もだらしなくなり、時折チラチラとライトグリーンのパンティーが見える。
会話も段々下ネタになり、妻の性感帯などの話になってきた。

妻は「も~やだ~何を言ってるのぉ」なんて、まだ理性があり、恥ずかしさがあるようだ。

さらに2人で一気などをさせてガンガン飲ます。

「俺がこいつ俺とやってる時よく耳元で『Kがお前とやりたがってるとか裸を見たいとか言うんだよ』と囁くと、凄い反応の仕方で感じるんだ」などと、妻の本当の恥ずかしい話をKに話した。

Kは俺の妻がアブノーマルな気がある事を知り大興奮。
妻は否定していたが、もうわざと見せているんじゃないかと思う程パンティーがモロ見えになってきている。

俺が「Kはお前の大ファンなんだから、ちょっとおっぱいだけでも見せてあげてよ」と言うと、笑いながら「恥ずかしいよ、やだよ~」と言いながら、酔って目はトロ~ンとしている。

俺が「それじゃボタンだけでも少し外して、サービスサービス!」と言いながら、2つほど勝手に外すと妻は特に抵抗もなく「も~」と可愛く怒っていた。

勿論ノーブラだ。

胸の下までボタンの外れたシャツの間から妻の形の良いおっぱいの谷間が見え隠れする。
妻が動くとおっぱいの先の方まで見えそうになる。
妻の意識はもう半分くらいないだろう。
チロチロと横目で妻を見ていたKも、そんな妻を察し直視で妻の胸元やパンティーをジロジロと見ている。
妻の言葉も呂律が回ってなかったりして、他人にこんなに酔った妻を見せるのもこれが初めてだ。

Kが「Rさんて凄い色っぽいですよねぇ。こんなセクシーな格好のRさんと飲めるなんて夢みたいだ」などと言いながら、妻に酒を注ぎながら身を乗り出して胸元を横から覗き込んでいる。

俺は同僚の前でこんな無防備な姿になっている妻を目の前にして極度の興奮を覚えた。
余りにもジロジロと覗き込むKに対して最初は多少ムッとした気持ちもあったが、俺も酔っているせいか、今はもっと妻の身体を曝け出したい、妻がKに抱かれるのを見たいと思えてしまう。

俺は妻の下半身をもっと見てもらう為、テーブルを前に出し、俺とKは妻の方へ移動し、妻を挟み3人で壁際に並んで座った。
妻の隣に座るとリンスのいい匂いがする。

「Rさんの足はこうして近くで見ると綺麗ですね」とKが言う。

妻は「エステれ処理してるんでしゅ」と、殆ど舌が回っていない。

俺が妻の太もものあたりを撫でながら「そうだろ、綺麗だろう」と妻の反応を見る。

妻は「エヘッ」と笑うだけで何も嫌がらない。

「Kも触ってみなよ」と俺が言うと、Kは嬉しそうに「Rさんいいですか?」と妻に聞く。

妻は「・・うん・・」とポワ~ンとしながら言った。

俺は妻のそんな反応に頭が真っ白になってしまいそうなくらい興奮した。
Kも妻の右足を擦りだす。

暫らく2人で妻の左右の太ももの辺りを撫で回し、俺は「ビキニラインの方も処理してるのか?」と妻に聞きながらシャツの裾をたくし上げ、ライトグリーンのレースのパンティーを曝け出した。
色気のある可愛らしいパンティーで、中央の部分がレースで毛が薄ら透けて見える。
妻の目は殆ど閉じていて、壁に寄り掛かったまま足を前に投げ出している。
その両脇で俺とKは妻の足を撫で回す。
凄い光景だ。

妻は俺以外の男を前に自分の下半身が下着一枚だという状況が分かっているのか、酔い潰れて分からないのか、何の抵抗も無く、嫌がる素振りも無い。
Kは妻のビキニラインや、柔らかい内腿の辺りを目をギラギラさせて大胆に触りまくる。
少しならと言った筈の妻はもう頭を前にうなだれたまま何も言わない。
俺はもう何をしても大丈夫だと確信したので、Kの前で妻にキスをして舌を絡ませた。

妻も無意識なのか、目を閉じつつも舌を絡ませ「・・んっ・・んっ・・」と息が漏れる。

アルコールの匂いがプンプンしている。
Kに目でお前もやってみろよと合図すると、Kは「いいのか?」と言いながらも、妻の肩を抱き寄せ、妻の唇に貪り付いた。
昔からあれ程強く妻に感情を持っていただけに、ジュルジュルと妻の唾液を堪能し、唇の周りまで舐めまくっている。
激しく長いキスだ。
妻は嫌がることなくKに寄りかかり、抱きつくような格好になっている。
時々腰もくねらせている。
Kとキスを続ける妻の背後から俺は妻のシャツをゆっくりと脱がせにかかった。
ツンと上を向いた形のよい大きめのおっぱいが徐々にプルンと剥き出しになる。
子供を産んでいない妻の乳首はピンク色で可愛らしい。
妻の身体は酒で火照り薄らと赤みを帯びている。
とうとう妻はパンティー一枚という格好だ。

俺はKの手を取り、妻の胸にあてがうとKの息は荒くなり、やがて妻の首筋まで舐めだした。
妻のおっぱいは鷲掴みにされ、荒く揉まれて激しく形を変える。

妻は「・・ん~・・」とか、「はぁ・・はぁ・・」と息が漏れ始め、さらに腰をくねらせて足もモジモジさせている。

感じている・・・。
妻は確かに俺の目の前で俺以外の男よって感じているのだ。

妻の意識は虚ろで、冷静な判断は出来ないのか、エッチな気分になって許してしまっているのか、それともKがここに居る意識が無くなっているのか、それとも夢と現実が解らなくなっているのか、どちらにしても妻はパンティー一枚という俺以外に見せた事のない身体をKに抱かれて、そして吐息を漏らしているのだ。
Kの舌は妻の耳や首筋、脇の下、そして胸の方へ妻の綺麗な肌を唾液の跡を付けながら這ってゆく。
俺はそのまま後から妻の膝を抱え、妻の足をM字形に広げた。
すると妻のパンティーの布一枚だけの恥ずかしい部分がモロに見えた。
妻のその恥ずかしい真ん中の部分をよく見ると、ポツンと縦長に濡れた染みがいやらしく付いていた。

「Rさん濡れてるよ」とKが言うと、妻は「いや~ん、恥ずかしいィー」と小さな声で言いながら足を軽く閉じた。

どうやらなんとなく状況は解るのかもしれない。
それでも俺は再び妻の足を広げ、Kがパンティーの上から染みの付いた部分に指を滑らすと「・・あぁーん・・」と可愛い声を出し、何の抵抗もしなかった。
そのまま優しく指で擦ると、妻は「・・はぁ・・はぁ・・」と息が荒くなっていた。

Kが「Rさん気持ちいいんですか?」と聞いたら、妻は頭を少しコクッとさせた。

妻が感じている事を認めたのである。

俺は大興奮して妻のパンティーの両脇をクイッと釣り上げ、超ハイレグにしてあげた。
すると妻のアソコはコンモリ盛り上がって、染みが強調された。
さらにパンティーの前の部分を束ね、イヤラシイ姿にしてあげた。
束ねた両脇からは恥ずかしそうに陰毛が出ている。
Kは飛び出した陰毛をサラサラと撫でたり摘んだり、頬を擦りつけたりしてたっぷり感触を味わった。
次は盛り上がった妻のアソコに再び手を伸ばし、プヨプヨと押してみたり摘んだりして、布一枚下の妻のアソコの具合を焦らしながら楽しんだ。
妻は腰を浮かせたりくねらせたりしてやらしく悶える。
再び指を押し当て気味に前後左右に刺激を与える。

すると、妻のアソコはピチャピチャと音を立てた。

「・・はあ・・はあ・・ん・んーん・・」と妻はさらに悶えた。

妻の可愛らしい乳首がツンと立っている。
Kは手の動きを続けながら妻のおっぱいに吸い付いた。

俺はわざと妻に「今、Kがお前のイヤラシイ姿を見ながら恥ずかしい所を刺激してるんだぞ」と言うと、「・・ああ~・・だめぇ~・・はぁ~んっ」と、もう完全にKに身を預けている。

パンティーの染みは大きく広がっていく・・・。

Kは妻の下半身に頭を移動させ染みの付いたアソコに自分の鼻を押し当て、妻の匂いを楽しんだ後、パンティーの上からベロベロと舐めはじめた。
Kが顔を上げ、妻のアソコを生で舐めたいと言ってきた。

俺は妻の耳元で「Kにもっと舐めて欲しいか?」と聞くと、妻は吐息混じりに「・・うん・・」と答えた。

俺は興奮で頭がカーッと熱くなった。

「なら自分で言いな」と妻に言うと、「・・もっと・・な・舐めて・・下さい・・」と小さな声で囁いた。

Kが「何処を?」と意地悪に聞く。

妻は「・・アソコを・・」
Kは「アソコじゃ解らないよ」と問い掛ける。

妻はモジモジしている。

Kが「言ってごらん」と言うと、妻は「イヤァーン、ウゥーン」と言葉にならないうめき声を出した。

Kは少し強い口調で「どこを舐めて欲しいのか、さあ言いなさい」と言った。
妻はその言葉に押されたのか、ついに「・・お・・おまんこ・舐めてぇー・」。

俺も妻の口からこんな言葉を聞いたのは初めてだった。

「Kさんに、おまんこをいっぱい舐めて欲しいの・・」

俺の興奮もピークに達した。

俺は乱れた妻をもっと見たい。
俺以外の男に感じて喘ぐ妻をもっとたっぷり見たいと思った。
妻の綺麗な肌を俺の目の前でKに楽しんで欲しいと思い、妻をそっと後に寝かせると、俺はKの肩をポンと叩き、目で合図を送り、少し離れて鑑賞する事にした。
一応、中出しだけはするなとKに忠告した。

Kは急いでトランクス一枚になると横たわる妻の上に覆いかぶさり、再び激しく妻の唇を貪るように舌を絡ませ合い、妻の胸を揉みまくる。

妻は「・・んっ・んっ・」と声を漏らし、両腕はKの背中に廻っている。

Kは自分の膝を妻の股の下に割り込ませていく。
妻はKの足にアソコを押しつけるように腰を動かしだす。
妻の両方の胸は激しく揉まれ、乳首をチロチロと舐められている。
妻は昔から乳首が非常に感じやすく、舐められると物凄く悶える。

妻は「・・はぁ~ん・あぁ~うっ・・あぁぁ~」と可愛くすすり泣いた。

Kは自分の股間に妻の手を導き、トランクスの上からKのモノを握らせた。
やがてKはトランクスを脱ぎ、妻の顔の前に硬くなったペニスを突き出した。
Kのそれは悔しいが俺のモノを遥かに凌ぐ大きさで、カリが張っていて赤黒く光っていた。
先端からは汁が滴っている。
妻は躊躇いも無くペニスの付け値の辺りから先端までまったりと舌を這わしだす。
そして、袋を片手で優しく包み込み、もう片方の手をKのモノに添えると妻はゆっくりと舌で包むように口に含みだす。
そしてジュパッジュパッと生々しく音をたてながら上下する。
Kのモノが妻の唾液で艶やかに光っている。
俺は唾を飲み込み、見入る。

妻が俺以外のモノを美味しそうに口に含んでいる。
Kも本当に気持ち良さそうな顔をしている。

Kはそのまま頭を妻の下半身の方へ動かし、シックスナインの形になった。
妻はそのままフェラチオを続けている。
まだパンティーを着けたままの妻の股の間からKの顔が覗く。
妻の愛液とKの唾液でビショビショのあの部分は妻の肉襞にぴったり貼りつき、妻のアソコの形が解るようだった。
そして、Kの指がとうとうパンティーの脇から妻の敏感な部分へと入り込んでいった。

「・・あん・・」

妻のお尻がピクッと震えた。

ああ、Kは指の腹の部分で妻の濡れたアソコの肉質や体温を直に感じているんだろう・・。

俺はたまらなくなり自分のペニスを扱きながら固唾を呑んだ。
Kは指で刺激を与えると言うよりは、憧れの妻のアソコを楽しんでいるようだ。
Kは指を抜くとパンティーの端を摘んで横にずらした。

息を呑むK。

そして遂にKの目の前に妻の一番恥ずかしい生のあの部分が現われた。

「Rさんのおまんこ丸見えですよ」

Kが言うと妻は「ひゃっ・・恥ずかしいぃ・・」と手で隠す。

「舐めてもらいたいんでしょ」とKが妻の手を除けて、一気にパンティーをはぎ取った。

「・・あぁっ・・」

これで妻の身体を纏っている物は何も無くなった。
25歳の妻は今、赤子のように全裸で全てを俺の同僚に曝け出している。

Kは剥き出しの妻の部分を指でなぞりながら・・・

「Rさんのおまんこはとても綺麗ですよ。想像していた通りだ・・」
「・・いや・・あぁ~ん・・」

「肉襞がまったりしていて、指に絡みつくよ」

妻は「・・はぁー・・うぅー・・んっ・・」と声を漏らしている。

溢れだす妻の愛液を4本の指の腹で延ばすように全体的に円を描く。
ヌメヌメと妻の部分がイヤラシク光つている。
そしてKは俺の大切な妻のさらに隠された場所をじっくりと観察したくなり、柔らかな花びらを左右に開き顔を近付ける・・・。

サーモンピンクの粘膜が剥き出しになり、膨らんだクリトリスがぽつっと少しだけ顔を出している・・・。

「あぁ~Rさんのここはこんなに綺麗で艶やかで、いい匂いがする・・」

Kはそう言いながら艶やかな粘膜からクリトリスまでをスーッとひと舐めした。

体を仰け反らし「ああぁーー、イィー」と、妻は歓喜の声をあげた。

俺の全身に電気が走ったような瞬間だった。

俺を心から愛してくれ結婚を受けてくれた妻・・・。
無邪気で眩しいいつもの笑顔と、今、目の前にあるKに感じている妻の顔が入り交じる。
妻は確かに今、俺以外に見られた事のない場所をKに舐められている・・・。
それもKと妻は全裸でお互いのモノを舐め合っている・・。
ピチャピチャとイヤラシイ音をたてながら・・・。

さらにKの口元は激しくなり、ズーッズーッと肉襞を吸い上げるように舐めたり、舌先でクリトリスを転がしだす。

そうされると妻の口の動きは止まり、Kのモノを口に含んだままで声にならず「んんーーーっんんーーーっ」と喘ぐ。
Kは一旦口を妻のアソコから離すと、妻を仰向けに寝かせたまま妻のお尻を持ち上げ、身体をくの字に曲げると妻のお尻を鷲掴みで押し広げた。
そうすると妻のおまんことお尻の穴が丸見えになった。

Kは天井を向いている妻のおまんこをさすりながら、お尻に顔を近付けると、自分の唾液を妻のアナルにダラッと垂らした・・・。
そこを人差し指でなぞり、妻のその部分の感触も味わいだした。
俺でもした事の無い行為を妻はなんの抵抗もなく許している。
いや、むしろ妻は目を閉じて気持ちよさげな顔で悶えている。
Kはそのまま人差し指を妻のアヌスに入れていった。
もはや妻は完全に理性を失い、何かに取り憑かれたような顔で口を開いて首を大きく振りながらシーツにしがみついて喜んでいる。

妻を思いのままにできると感じたKは、ついに妻を仰向けに寝かせ、白い太腿を大きく開いた。
そして妻の両足の間に自らのからだを置いた。
いきり立ったKの息子はテカテカと光って、その挿入の瞬間を待ち構えている。

なぜか俺の手は震えていた。

Kは右手の中指と人差し指で妻のひだをゆっくりと開いた。
美しく濃いピンク色に潤った妻のひだは、ヒクヒクと大きく痙攣し、まるで何かを求めているように蠢いていた。
今までに感じたことのない深い興奮に包まれながら、俺は必死になって自分のものを右手でしごいていた。
心臓が飛び出すのではないかと思ったほど俺は興奮してその瞬間を眺めていた。

妻はたまらず「ああぁーー、お願い、は・・はやくしてぇー!」としがみついた!

そして、次の瞬間、まだ挿入されてもいないのに、Kのいきり立ったものがあそこに触れただけで妻は大きな唸り声を上げながら腰を激しく振り出した。

俺は興奮で頭が再びカーッと熱くなった。
勝ち誇ったかのような顔で、Kは笑いながら腰をおろしていった。
そして、ゆっくりとKの肉棒は妻のピンクのひだの中に入っていったのである。

一瞬、「ゥオー」と声にならない声で、妻は目をむきながら叫んだ。

そして妻の中に全てが入り込んだとき、腰を大きく振り上げながら妻はしぼるような声で「ああぁーー、イィー」と歓喜の声を発したのである。

Kは徐々にその動きを早めていった。
妻はKの背中にしがみつきながら体を密着させ、無心で腰を突き上げている。
興奮しきったKはますます腰を激しく振り出した。
俺は興奮の中で、ただ唖然とそれを眺めているだけだった。
Kは妻の首を抱きかかえ、激しく腰を振りながら言った。

「ど・・どうだ、気持ちいいか!」

妻は両足をしっかりとKの体に巻きつけながら首を上下に振りながら「イ・・イィー」と大きく叫んだ。

Kは続けて「どこが気持ちいいのか言ってみろ!」と激しい口調で言った。

だが妻は答える余裕もなく、ただただ無言で必死に腰を振り続けた。
激しい顔で悶えていた妻が、やがて歓喜に包まれたような顔つきになって硬直してきた。

それを見逃さなかったKが再び「ど・・どうだ、おまんこ気持ちいいといってみろ!」と叫んだとき、妻は首を激しく振りながら狂った淫乱女ような顔で「ああぁーーイ・・イィー、お・おまんこイィー、おまんこが気持ちイィーの、も・・もっとーしてぇー」と叫んだ。

俺もKも、もう爆発寸前だ。

Kが「出すぞ!」と叫んで最後の激しいピストン運動を送っているとき、妻は激しく腰を振りながら完全に気が狂ったかのように「おまんこイィー」「ああぁーおまんこイィー」を大声で連呼していた。

俺はそんな妻を眺めながらなぜか無性に愛おしくなり、妻を激しく抱きしめたいような衝動に駆られた。
激しく自分自身をしごいていると、まるで自分が挿入しているかのような快楽に襲われた。
そして、ついに俺は果てた。
妻とKも激しく抱き合いながら最後の時を迎えようとしていた。

妻が大きく「イクぅー」と叫んで大きく体を反らせた後、二人は動かなくなった。

Kはしっかりと中出した。

妻の下半身はKの下でヒクヒクと痙攣を繰り返していた。
しばらくしてKは激しく妻の唇を求めた。
激しく唇を重ねる二人は、まるで以前から愛し合う恋人同士のように見えた。
俺は、なぜかその中には入ってはいけないよな雰囲気を感じ、しばらくはじっと二人を見つめていた。

それはまるで映画のシーンでも見ているかのような美しい眺めだった。
俺は感動した。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ミドルラヴ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン