新着情報

親友のセフレになってた彼女[前編]

この体験談は約 7 分で読めます。

ちょっとマジで信じがたい話を投下しちゃってイイでしょうか。
今でもあり得ないと思ってるし、夢見てたんじゃないかって思ってるんですが。
それじゃ遠慮無くいきます。

俺には高2の時から付き合ってた彼女がいました。
彼女はバスケ部のマネージャーで、俺なんかが付き合えるレベルじゃないぐらいモテてた。
美女と野獣とまではいかないにしても、まぁ~そんなレベルだと思う。
いつも髪を結わいてたけど、解くと井川遥に似てる。
当然先輩達からも告白されるほどだったし、実は処女だって知ってガクブルだった。
俺も童貞だったから、初めての時はかなりキツかった。
3年になる前の春休みに初エッチしました。

じゃもうちょい細かく書いておきます。
163cmで普通体型、脱ぐとちょいムチな体型で抱き心地が良い。
もっと大きく見えたけど、確か胸はDカップだったかな。
性格はサバサバしてて強気な面もあるが、ホントはMっ気が強いらしい。
らしいってのは最近知った事だから、しかも他人によって。
名前は『ハルカ』って事にしておきましょう。

高校時代はお互いに暇を見つけては、ウチか彼女宅でエッチしてた。
今思い出しても子供のエッチだったなぁ~と思います。
キスして互いに舐め合って、ゴムつけて腰を振るってだけ。
だからハルカをイカせるどころか、本気で感じさせてたかさえも不明。
つーか、演技だったんだろうなって思う。

そんな俺達も無事大学に進学し、同じ都内だけど違う学校に通い出した。
俺は相変わらずバイトもせずタラタラと過ごしてたけど、ハルカは居酒屋のバイトを始めた。
初めてのバイトで楽しいと週4とかで働いてて、俺はもっぱら親のスネかじり。
週末はバイトがあるからと平日に会って、ウチやラブホでエッチしてた。
まぁ高校時代と大きく変わるわけでもなく、至ってノーマルなエッチだったが。

大学に行き始めて新しい友達も数人できた。
その中で1番気が合ったのがシンジっていうヤツ。
パッと見はフツメンなんだけど、三枚目の性格で女ウケもイイ男。
男に対してもイイやつだったから、仲良くなって飲みに行ったりするようになってた。
一緒にスロット行ったりして、勝った方がゴチったり、負けた時はチビチビ宅呑みしたり。

モテるヤツなので合コンの誘いもたくさんあったけど、やっぱり経験数が少ない俺は場に馴染めず・・・数回行ったが迷惑かけるので行かなくなってた。
シンジは「気にすんなよ」と誘ってはくれるが、他のメンツが迷惑そうにしてたもんで。

何がキッカケだったか、3年の頃にはシンジと自分の性癖を話すようになってた。
恥ずかしくて言えなかったけど、俺は本気で喘ぎまくってる姿を見るのが好き。
ハルカが本気で狂ってる姿を見た事が無かったからだと思う。
女が恥じらいを捨てて、自分の欲求のままに男を求めたり感じまくったりする姿です。

シンジは普段からは想像できないけどSっ気が強いらしく、「イジメまくりたい」と言ってた。
アナルも好きらしくて、「アナルでイク女とヤリたい」とかも言ってた。

俺「お前ならすぐ見つかるだろ」

シンジ「そうでもないんだよ、やっぱ根っからの好き者って少ないんだよ」

俺「好き者っていうかドMだろ?」

シンジ「アタシMなのぉ~とか言うけど、実はそんなたいした事無いヤツばっかりだし」

俺「そんなもんかぁ」

シンジ「だから今度は人妻でも狙おうかなって」

俺「出会い系とかで?」

シンジ「そうそう」という感じで、いつも似たような会話をしてた。

シンジは3年の夏に、突然独り暮らしを始めた。
聞いてみると、親戚のコネがあるらしく、そこに内定したらしい。
羨ましいヤツだと思いつつ、当然のようにその部屋が溜まり場に。
駅からちょっと離れた古いマンションだったけど、リフォームしてあって中は超綺麗。
間取りはなんて言うのかな、玄関入って細い廊下があって、左に小さなキッチン、右にユニットバス、突き当たりの扉を開けると6畳の洋間があり、その左側に8畳の洋間がある。
洋間の襖みたいなのは取っ払ってて、一見10畳以上の広いワンルームっぽい。
リフォームしたからだと思うが、8畳間には壁一面のクローゼットがある。

その部屋で飲む事が多く、時には泊まっていく事も多かった。
でもシンジはモテるから、女もちょこちょこ連れ込むんです。
羨ましいな~といつも言ってたんですが、4年のある時、面白い事を言ってきました。

シンジ「最近見つけた女でマジ超変態がいるんだよ」

俺「マジかよ!どんな女?」

シンジ「見た目は超可愛いんだけど、隠れドMちゃんでさ」

俺「合コンで見つけたのか?」

シンジ「そんな感じ。彼氏がいるからっていうんで初めはガード堅かったんだけどな」

俺「口説き落としたのか?彼氏がいるのに」

シンジ「全然余裕だったよ、しかも『セフレでイイ』とか言ってるし」

俺「写メとか無いのか?あったら見せてくれよ」

シンジ「残念だけど無いんだわ、でも動画ならあるぜ?」

得意気に携帯を見せてくれたんだけど、どうにも画像が粗いし音が割れてる。
ローターでオナニーしてる箇所のアップしたムービーだった。

俺「顔が見えねーじゃん!」

シンジ「顔だけは嫌がるんだよ、だから映らないようなとこだけ」

俺「しかも声が割れまくっててウルセー感じだな」

シンジ「でも喘ぎまくりだろ?俺の命令で目の前でオナニーしてんだぜ」

俺「確かにヤバいな、この女、マジで可愛いのかよ」

シンジ「あぁーお前に見せてやりてーよ」

俺「つーか見せてくれよ」

その日はその女の話で盛り上がり、2人で変態プレイの話をしながら酒を飲んでた。

俺「頼むから見せてくれ!動画でも写メでもイイから」

何度も頼む俺に負けたのか、シンジはある提案をしてくれた。

シンジ「じゃーさ、お前が隠れてて、オナニーさせるのを見るってのはどうだ?」

俺「マジで?スゲーじゃん!それ!」

シンジ「そこのクローゼットなら隠れられるし、中から見えるだろ?」

中に入ってみると下向きに隙間が開いてて、上の方から見ればどうにかベッドが見える。

俺「ちょっとツラいだろ・・ここじゃ」

シンジ「そうか?それなら台とか乗ればOKじゃね?」

ジャンプを何冊も束ねてガムテで巻きまくり、それに乗ってみると良く見える。
酔っ払ってゲラゲラ笑いながら、高さ調整をして同じモノを4つ作って足場を確保した。

シンジ「中から撮影とか無理?」

シンジに言われたので、デジカメで撮影してみた。

シンジ「問題は女の位置だな。位置さえあえばバッチリじゃね?」

俺「マジウケるぅ~~」

2人でワクワクしながら大笑いした。

「女が来るぜ!」と言われたのは次の土曜日だった。
シンジと2人で部屋で待機していると、何も知らない女がやってきた。
事前にトイレも済ませてた俺は、一応ペットボトルとデジカメを持ってクローゼットに入る。
俺が入ったのを確認したシンジが女を出迎えたみたい。

女「ごめぇ~ん、遅くなっちゃったぁ」

シンジ「イイよイイよ、気にすんなよ。それよりノーパンで来たか?」

女「もぉ~スースーして怖かったしぃ」

シンジ「もう濡れてんじゃね?見せてみろよ」

女「やだぁーだめぇ~もぉ~」

音を気にして音楽をかけてるせいで、2人の声が若干聞こえる程度だった。
それでも女が甘える声になっていたのは分かったし、「はぁ~ん」っていう声も聞こえてた。

シンジ「今日の為に買っておいたんだよ」

女「なにがぁ?また怪しいもんでしょ~」

シンジ「お前が好きそうなもんだよ・・・ほら」

女「やだぁー!なにこれぇ~太くない?入るの?」

シンジ「もう入れる事考えてんのかよ、変態だな」

女「だってぇ~~」

2人は普通のカップルのような会話をしてた。
会話の内容はエロかったけど、無防備過ぎる女の口調にもう俺は興奮してた。
一応クローゼットの中でシコるのは禁止と言われてたから、手を突っ込んでイジるだけ。

女「これヤバいってぇ~」

シンジ「お前ならアナルにコレ入れれるだろ」

女「ちょっとぉ!コレは無理ぃ~」

2人は遠くでイチャついてるように思えた。
早くしろよ、と願っていると、シンジが動き出した。

シンジ「どれ、スカート捲ってみな?濡れてるか確認してやるから」

女「えぇ~~濡れてないよぉ」

シンジ「イイから立てって、どれどれ、ん?何だこれは?これで濡れてないのか?」

女「今濡れたの!」

シンジ「本当は電車で興奮しまくってたんだろ?ん?どうだ?」

女「だめぇんっ・・・いやっんっ・・・あんっ・・・」

(おぉ!始まったか?)

音楽がうるさくてハッキリ聞こえないけど、女が喘ぎ出してるらしい。
俺が気になってシンジは声をデカく出来なかったんだと思う。
聞き取れない箇所もあったけど、ノーパンで来た女を苛めてるみたい。
手マンが始まったのか、女が軽く喘ぎ出してるのが聞こえてきた。

シンジ「じゃー今日はまずこのオモチャから遣うか?」

女「もうぉ?」

シンジ「何するんだよ?してもらい事あるのか?」

女「うん・・・」

シンジ「なに?」

女「キスしたい・・・」

シンジ「いつものオネダリは?」

女「ケンイチ君、たくさんキスして下さい」

シンジは嘘の名前を教えてるらしく、思わずそこで笑いそうになった。
でも遠くでジュルジュル音が聞こえたり、女の「んぁんっ」みたいな声も聞こえてきてた。
どのくらいだったか、ちょっと長めのキスだったと思う。
途中「ケンイチ君、舌を下さい」とか言ってて、またもや笑いそうになってた。

2人のキスとかイチャイチャが続き、何気に立っているのが疲れ始めた時でした。
シンジの「オナニー見せろよ」という声が聞こえた。

シンジ「違うよ、それでだよ、そう」

女「恥ずかしいよぉ・・・」

シンジ「いつもしてんじゃん」

女「えぇ~・・・でもさぁ~・・・」

シンジ「俺がガン見しててやるから」

女「やだよぉ~恥ずかしいもん」

シンジ「しょうがねーな、最初だけ目隠ししてやるよ」

女「うん・・・」

なんじゃそりゃ!って会話でした。
女も目隠ししたらオナニーできるんかい!とツッコミたくなった。
しかもこっちは頑張って隠れて撮影しようとしてるのに、顔が見れないのかよ!って。
でもしょーがないからとりあえず始めてくれって思った。
シンジも同じ気分だったんだと思う。

諦めたように目隠しをさせ、ベッドに連れてきた。
女は横向いてるし目隠しが髪の中だから全く分かんない。
よりによってバンダナでヤルなよ・・と舌打ちしたくなった。
そうは思っていても、内心はドキドキ、興奮しっぱなし。
よく見えない所に立ってる女の洋服を、シンジが脱がせている。
それを覗く様に見ながら、デジカメを確認した。

やっと女が視界に現れ、思わず息を呑んだ。
ハルカに似たちょいムチの体で、胸も綺麗で最高に興奮する体型。
シンジの誘導でベッドに横になり、俺の方に向かって脚を広げてきた。
思わずデジカメでの撮影を忘れたほど興奮してた俺は、目の前のパイパンに目が釘付けに。

AV以外でパイパンの女なんて見た事すらない。
割れ目パックリのスジマンで、手には渡されたバイブが握られてる。
チラッとシンジがこっちを見てきたので我に返り、デジカメで撮影を始めた。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Secret Number

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン