新着情報

ウザい彼女を先輩達に寝取らせた

この体験談は約 8 分で読めます。

僕は外大の3回生です。
彼女の真弓は20歳で、同じ大学の2回生です。
同じ大学のサークルで知り合い交際が始まりました。

彼女は身長153cmと小柄ですが、まあまあ胸もあります。
女優の広末涼子に似た感じの美人でした。
交際し始めて2ヶ月目、彼女が19歳の誕生日の時に初めてSEXしました。
真弓は処女でした・・・。
僕は嬉しくて、それからはデートの度にSEXしていました。
初めの2、3回目は痛がっていましたが、彼女もSEXの気持ち良さに目覚めたみたいです。
最近はイク感覚も知って、積極的に僕に求めてきたりします。

フェラも教えました。
僕の短小12cmチンポでもそれなりに調教しました。
どこでもSEXしていました。
真弓はドスケベ女になっていきました。
僕が悪いのですが・・・。

それに凄いヤキモチ妬きで、僕が他の女の子たちと仲良く話しているだけで「浮気しているの?」とか「あの子誰?」とか、しつこく何回も電話してきたりする面倒くさい女になっていました・・・。
僕の行動をいちいち確認する真弓にうんざりして、別れたくなってきました・・・。
先輩や他のサークル仲間には真弓と交際している事は内緒にしています。

大学近くの居酒屋で4回生のサークルの送別会がありました。
お酒も進みそれなりに盛り上がったのですが・・・。
先輩たちは未だ就職も決まらず、イライラしている空気がありました。

僕は真弓を1次会で帰らせました。
2次会でカラオケボックスに行く事になりました。
僕は強制的に連れて行かれました。
2次会は男の先輩3人と、下級生は僕だけです。
先輩達の不満の空気を読んで、サークルの他の女の子も1次会でみんな逃げるように帰ってしまいました。

先輩の一人、ケンジ先輩が僕に怒りました。

ケンジ「女の子みんな帰ったじゃないかよ、誰か呼べよ」

僕「はい、真弓なんかどうです?」

もう一人の先輩のタクマ先輩が「真弓ちゃんなら良いね」と上機嫌でした。

僕はこの際、真弓を先輩に差し出して別れるきっかけにしようと、良からぬ事を思いつきました。
真弓に電話するとすぐにカラオケボックスに来ました。
先輩達は僕と真弓との関係は知りません。

真弓「コンバンワ、私なんかでいいんですか?」

笑顔で来てくれた彼女の服装は1次会の時とは違いました。
凄くセクシーな白のワンピース姿。
白くてむっちりした生脚を露出させています。
僕はセクシーな真弓が来たことで、これで先輩達の機嫌良くなるだろうと心の中でほくそ笑みました。

真弓を見て先輩達が同時に「オオー」と喚起の声を上げました。

「真弓ちゃんよく来たね、嬉しいよ。ココ座って!」

先輩が笑顔で誘導しています。
ケンジ先輩とタクマ先輩の間に真弓が座りました。
先輩たちは超上機嫌です。
僕はもっぱらホスト係なので、カラオケの曲を入れたりお酒を注いだりしていました。

真弓も先輩達にだいぶん酒を飲まされていました。
真弓は少しハイになっていました・・・。
歌も何曲も歌っていました。
まるで僕の存在を忘れているみたいでした。
調子に乗って一気飲みとかもさせられていました。

真弓が股を開き気味にだらしなくなっていくと、太股が露わになりパンチラ状態に。
Vゾーンが見え隠れし始め、白の下着だと確認できました。
先輩達の目が、真弓の股間部分に注目しているのを見ると何だか面白かったです。

真弓「酔っちゃった」

甘えた声でふらふらと立ち上がりました。

タクマ「真弓ちゃん大丈夫」

タクマ先輩は真弓の肩を持ち、支えていました。
先輩は嬉しそうに抱き寄せながら、お尻の部分を触っています。

真弓「大丈夫れすぅ」

そう言いながら先輩達の間に座りましたが、本当に酔ったみたいです。
タクマ先輩にもたれ掛かりました。
先輩はすかさず真弓を抱き寄せました。
真弓は嫌がりもせず、まるで恋人のように首を傾げてタクマ先輩の肩にもたれてしまいました。

ケンジ「真弓ちゃん可愛いねー」

タクマ「俺、真弓ちゃんの事好きだったんだ」

真弓「頭がぐるぐる回るよー」

相当酔っている様子です。

タクマ「肌綺麗だねー」

タクマ先輩が真弓の腕を擦り出しました。
すかさずケンジ先輩も太股を「肌スベスベ」と触っています。

真弓「あん、先輩こそばゆいですぅ」

一応手を払いましたが、タクマ先輩は今度は真弓の股間部分を指で優しくツツーと愛撫しながら、「チューしよ」と真弓にキスを迫っていました。
なんと真弓は簡単にキスされていました。

真弓「うはぁ、んん、ちゅ、いゃ、レロレロ、んちゅ、あふっっ」

それを見たケンジ先輩も興奮してしまい、俺も俺もと2人共キス攻撃をしていました。
真弓も舌を出していました。

“もう真弓は2人にお持ち帰りされるのは間違いない”と僕は思いました。

もう一人のボブ先輩は黒人ですが、口数が少ない優しい先輩です。
ボブ先輩には個人的にもお世話になったので、本当に真弓を差し出したいのはボブ先輩でした。

真弓がトイレに行きました。
その時、僕は先輩達に言いました。

僕「皆で真弓を輪姦しませんか?」

タクマ「ここでか?」

僕「僕のマンションの部屋でどうです?」

この際、場所も提供する事にしました。
そこは真弓と僕がSEXしまくった場所でもあります。
先輩3人が揃って「うん」と頷きました・・・。

ふらふらしながら真弓がトイレから帰ってきました。
皆でタクシーに乗って僕のマンションに行きました。

2人の先輩はもう狼状態でした。
部屋に入るなり2人で真弓の服を脱がし出しました。

真弓は「あー駄目だよー裸だよー」と言うだけで抵抗しません。

タクマ先輩がビンビンのチンポを真弓の口元に持っていくと、真弓は条件反射的に自分から咥え出しました。
そう仕込んだのは僕ですが(笑)

タクマ「この子、相当エッチだよ。自分から肉棒咥えたよ、完璧処女じゃないよ」

ケンジ先輩が指マンし始めました。
指を奥まで2本挿れてグチュグチュ掻き回しながら・・・。

ケンジ「指こんなに挿れても大丈夫だから、完璧処女じゃ無いわ」

ケンジ「オマンコもうビチャビチャだよ、カラオケのキスの時からおかしかったもんな」

真弓「あん、あん、あん、アソコ気持ち良いよぉぉ」

ケンジ「彼氏誰だろな?羨ましいよな」

タクマ「真弓ちゃん、おちんちんおいしい?」

真弓「おいしいょおいしいよぅぅ、ムチュ、レロッ、ジュパァ・・ジュブッ・・レロッ」

僕のベッドの上で先輩達は真弓にやりたい放題です。

僕はボブ先輩に「先輩も参加して下さいよ」と言いましたが、ボブ先輩は「後で・・・後で良い」と遠慮がちでした。

僕は先輩達に真弓を苛めて遊んでいる玩具(バイブ)を貸しました。

ケンジ「お前、いいもん持ってんじゃん」

真弓を玩具で攻めています。

真弓「あはぁ~気持ちいいぅソコッ、ショコをジュブジュブってしてぇ~」

とうとう真弓が「おちんちん挿れて欲しいよぉー」と言い出しました。

ケンジ「変態だよこの子、相当ヤリマンだよ~」

タクマ「さっきも自分からチンポを喉の奥まで咥えて来たもんな」

先輩達がジャンケンをしています。
タクマ先輩から挿入しました。
タクマ先輩のチンポは僕と同じ位の大きさです。

真弓がお尻を突き出しています。
ワンワンポーズです。

ケンジ先輩が真弓の口元にチンポを持っていくと、真弓はすかさずパクっとフェラしています。
タクマ先輩が挿入しました。
生でした。

タクマ「挿ったよー、気持ち良い?」

パンパンパンと頑張って突いていました。

真弓「あぅぅ~きもひいぃ、きもひいぃ」

色々な体位でタクマ先輩に犯されています。
真弓は顔に出されていました。
次はケンジ先輩が正常位で挿入しました。
ケンジ先輩の方が少し長いチンポでした。

真弓「大きいのぉ駄目だよぉ」

ケンジ「真弓ちゃんは彼氏いるの?」

真弓「いるよぉ」

ケンジ「彼氏より気持ち良い?」

真弓「深いよぉー、奥まで届くよぉー、オッパイももっと揉んでぉ~」

僕は大興奮でした。
タクマ先輩が真弓のオッパイを揉んでいます。

真弓「気持ちひぃよぉ、もっともっとぉ」

ケンジ「高速ピストンだー」

ケンジ先輩がガンガン激しく突いています。

真弓「ああっイクぅのぉ、ひくのぉひっちゃうよぉ~」

ケンジ「あ、俺イクッ!間に合わねー、うっ(ドクドク)アッ、ゴメン」

真弓「中に出てるぉー、駄目だぉー赤ちゃん出来るよぉ~」

真弓は中出しされていました。
股間から先輩の精液が垂れています。
僕でさえ中出しした事のない真弓の子宮が汚されていました。

タクマ「中出ししたのかよ?」

ケンジ「気持ち良過ぎてな」

タクマ「悔しいから、俺ももう一発しよ」

真弓に乗っかかりました。

真弓「中出し駄目だぉー怖いよぉ」

タクマ「外に出すから大丈夫」

ケンジ先輩がすかさずお掃除フェラをさせています。

ケンジ「この子、相当な変態だよ、彼氏にだいぶ仕込まれてる」

「その彼氏は僕です」と言いそうになりましたが黙っていました。

タクマ先輩も結局、中出ししていました・・・。
僕は真弓が中出しされた事よりも布団が汚されたのが嫌でした。

ケンジ先輩がボブ先輩に「お前もしろよ」と言うと、ボブ先輩も見ていて興奮したようです。
巨大な勃起チンポを真弓の口に咥えさせました。
ケンジ先輩のチンポよりも一回り太く、長くそそり勃っています。
太さは5cm以上ある感じで長さは20cm位です。
さすがに黒人のチンポです。

真弓「お口にぃ入んないひょぅ」

亀頭部分だけ舐めていました。
それほど太いです。

ボブ「おう、気持ち良い、真弓さん上手」

ボブ先輩も感じてくれているようです。

真弓「もう疲れたよー眠たいよぉ」

少し酔いが醒めてきました。
ケンジ先輩とタクマ先輩が片方ずつ真弓の脚を抱えて左右に大きく拡げました。

ケンジ「ほら最後、大きいのあるから」

ボブ「大丈夫かな?入るかな?」

タクマ「無理矢理突っ込めー」

真弓「そんなの無理ぃ挿んないよぅぅ」

ズブズブズブとボブ先輩の巨大チンコが真弓の中に飲み込まれて行きました。

真弓「んはぁ~あ~大きいよ、お腹一杯だよぉぅぅ」

タクマ「おい全部入ったよ、ヤッパリ相当だよこの子は・・・」

ケンジ「おいボブ、ガンガン突いてやれ」

ボブ「大丈夫かな?壊れないかな?」

ボブ先輩がガシガシ突き始めました。
ボブ先輩と真弓のSEXはまるで大人と子供のSEXみたいでした。

ケンジ「ボブのチンポ、良いでしょ?」

真弓「あーあーあー大きい、大きひぃ、壊れるぅ、オマンコ壊れるぅ」

タクマ「真弓ちゃん、ボブに挿れられちゃったらガバガバにされちゃうね」

真弓「ガバガバ、やだぁ、やだけどぉ気持ちいいぃ~オマンコ気持ちひぃぃ~」

ケンジ「あーあ、ボブに挿れられたら真弓ちゃんのオマンコガバガバで使えないよな」

タクマ「今日子ちゃんもボブに嵌められて彼氏と別れたもんな。真弓ちゃんの彼氏も可哀相」

真弓「あー凄いよぅ凄い奥くるよぉぉ、お腹やぶれちゃうぅぅ、でも気持ちひぃようぅぅ」

ケンジ「ボブに奥まで完全に伸ばされたよな。たぶん彼氏としても満足出来ない体にされてるよな」

タクマ「真弓ちゃんも?もう彼氏じゃ満足できないね?」

真弓「出来ないひぉう、ボブが良いよぉ、ボブのチンポ良いっ、ボブのおチンポ良いひょ!」

ケンジ先輩が真弓の胸を揉みタクマ先輩がフェラさせています。
ボブは激しく突いています。
僕は見ているだけでした。

真弓「ボブのが奥にくるひょぅ、子宮潰れるよぅぅ」

さっきまで真弓は呂律が回らなかったのに、酔いが醒めたのか今ではハッキリ感じ出しています。

ケンジ「ボブに中出しして貰えよ」

真弓「駄目、中は駄目ー」

ボブ「真弓ちゃん、彼氏と別れて俺と付き合おうよ。だから中で出して良いでしょ?」

真弓「付き合うの?ホントに?」

ケンジ「良かったじゃん、付き合ってくれるんだって」

タクマ「一杯中出しして貰いな。赤ちゃん出来たらボブと結婚したらいいやん」

真弓「うん、じゃそうする」

ボブ「出すよ真弓ちゃん中に」

真弓「あん、出して!真弓の中に奥に精液注いでー」

そのセリフを聞いた時、僕は悲しくなりましたが、ボブ先輩に挿入された真弓のマンコは既に緩いので、ボブ先輩にこれから真弓の面倒を見てもらいます。
今では真弓はボブ先輩の彼女です!

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ラブシャッフル

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン