新着情報

温泉施設で働く妻の秘密を覗いてしまった

この体験談は約 5 分で読めます。

街外れに温泉施設が出来た。
施設内には風呂が3種類と、サウナ・マッサージ・ゲームコーナ・憩の場が設置されている。
客は、家族連れやご老人が多く見られた。
開店当時は賑わっていたが、最近は人気が少なく、特に平日は老人の溜まり場だそうだ。

長年勤めた会社も不景気になり、家内は会社を辞めた。
私42歳、家内38歳、子供もまだ中学生と高校生とお金がかかる年頃。
家のローンもあるので私1人の収入では厳しい状況だ。
家内も仕事を探したが、こんなご時世、正社員などなかなか見つからず、半年が過ぎていた。

そんな時、友人の勧めもあり、温泉施設で働く事になった。
時給も他より良く、家内の友人も働いているという事で安心していた。

仕事初日、妻はリビングのソファーに座っていた。

私「どうだった仕事」

家内「思ったより大変!」

私「内容は?」

家内「マッサージ!風呂にいるでしょ!」

私「大丈夫なの?」

家内「何が・・・エッチな事考えてる?」

私「まぁ、何となく」

家内「大丈夫よ!ほとんどお年寄り・・・って言うかマッサージする人いないから、掃除がメインよ」

私「そうなんだ」

家内「久々の仕事でしょ!それでもって初めての仕事だからなかなか大変!」

そんな感じで、家内は仕事をスタートしたんです。

しかし1週間が過ぎた頃、家内がやたらと溜息をつくようになりました。

私「どうしたんだ?最近よく溜め息つくなぁ」

家内「ん~最近マッサージとか垢スリするお客さんがいるんだけど・・・エッチなんだよね」

私「エッチってお前!何されてるんだ!」

家内「服装がさぁ、短パンにポロシャツなんだけど、お年寄りでもお尻触って来る人もいるんだよねぇ」

私「マジかよ!」

家内「友達には、まぁちょっとくらい我慢が大事って言われるんだよね」

私「まぁ仕事だから・・・少しは我慢だけど」

家内「まぁお年寄りだから仕方ないんだけど・・・大丈夫」

家内は私に黙っているのが辛かったのか、その後は溜め息をつく事も減りました。
しかし私は、家内が毎日何をされているのか気になって仕方ありませんでした。

仕事を初めて1ヶ月を過ぎた頃でしょうか。
朝いつもの様にゴミを捨てに集積場に向かうと、妻の友人の旦那と会ったんです。
いつもは頭を下げる程度でしたが、その日は彼が近づいて来ました。

友人「旦那さん!奥さん大丈夫ですか?」

私「何がです」

友人「聞いていないんですか?」

私「はぁ?」

友人「私の嫁は辞めましたよ!あんな事されるんじゃねぇ」

私「何の事でしょうか?教えてください」

そうして私は家内の仕事場の話を聞く事になったんです。
初めは老人が多く、中にはエッチな客がいて、お尻を撫でたり胸を触って来たりする客もいたそうです。
まぁそんなのは可愛い方で、中には短パンの隙間から手を入れてくる客も・・・。
家内も友人の奥さんも直にマンコを触られる事も多かった様です。
マッサージ担当の従業員は40代後半が多く、30代は家内と友人の奥さん2人だった事も理由の一つかも知れません。

そんな時、ガラの悪い客が来るようになり、いつも指名で2人が選ばれたそうです。
彼は強引で、マッサージしていると腰のタオルを外し、立ったチンポを出すそうです。
「そこも揉んでくれ」と言われ、断ると強引に手を引かれマッサージさせるそうです。
彼は毎日来てはマッサージをするようになり、家内達の体を触り、終いには直に胸やマンコを触る様になった様です。

さすがに主任(50歳)に言うと、「触られるだけいいじゃない!お客さんだし我慢しなさい!」と全く話にならなかったそうです。
更に上の人に相談したところ、「時給上げるから我慢して」と言われ、友人の奥さんは辞めたそうです。

その頃にはその客は、無理やりチンポを擦らせ、精液を出す始末。
「俺のチンポ見たんだ!お前らも見せろ!」と服を何度も脱がせられそうになっていたそうです。

友人「本当に奥さん大丈夫なんですか?彼ヤバいですよ!」

そう言うと、彼は帰って行きました。
私は、家内はなぜ何も言わないのか気になり、まずは確認しようと思いました。

数日後、私は会社を途中で切り上げ、家内の働く施設に向かいました。
平日とあって客は少なく、風呂には数人の老人がいるだけでした。
午後3時位になると、殆ど客が居なくなり、風呂には私一人になっていました。
その時、ドアが開き30代半ばの腕に入れ墨の入った男性が入ってきました。
男性は湯船に浸かり体を洗うと、マッサージ室の方へ向かって行きます。

風呂からちょっと奥にマッサージ用の個室が3室並んでいました。
ちょっとすると、ガラガラとドアが開き、女性が入って来るのが見えました。
家内でした。
強張った顔で用具を持ち、奥のマッサージ室に入って行きました。
私も家内を追う様にそっと奥に進みました。

家内が一番奥の部屋に入ると、私は隣の部屋に隠れました。
部屋には荷物を置く棚とマッサージする為のベッド(板状にクッション材が敷いてある程度)が設置されています。
天井の方は壁もなく隣と繋がっていたので、ベッドに立ち、上から覗いてみました。
隣の部屋には、全裸の男と家内の2人がいました。

男「今日も来たぞ!気持ち良くしてくれ」

家内「はい!」

ちょっと震える手で、彼の肩の辺りからマッサージを始める妻。

男「もっと強く頼むよ」

男は上向きに寝返ると、チンポを擦れと言わんばかりに腰を上げた。
家内は観念したように男のチンポを握り前後に擦り始めました。
男は家内の短パンに手を這わせ、サイド部分から指を中に入れ始めニヤリと笑みを浮かべました。
マンコに達した頃には、もう片方の手で家内の胸を揉んでいます。
男に早くイッて欲しいのか妻の手の動きは早く、必死な感じでした。

男「俺に早くイッて欲しいのか?だったら、体見せてもらわないとイケないなぁ」

家内は諦める様に短パンとポロシャツを脱ぐと、下着も脱ぎ捨てました。
そして全裸で彼の横に立つと、またチンポを擦り始めました。

家内「早くお願いします」

そう言って擦っています。
男はマンコに指を入れ、激しく動かし始めました。
妻は必死に我慢していたようでしたが、だんだん感じてきたのか腰がクネクネし始めました。
男の指使いが上手いのか?
妻は手の動きを止め、ベッドの隅に手をつき「うっ、ア~」と声を出しています。

男「舐めてもいいんだよ!」

なんと家内はチンポを咥えたんです。
男は慣れているのかなかなかイク様子もなく、家内の方が先にイカされそうな勢いでした。

男が起き上がると、妻に・・・。

男「欲しいんだろ!他に客がいない今がチャンスじゃないか?」

家内はドアの向こう側を確認すると、ベッドに横になりました。
男は家内に跨がり、マンコにチンポを入れました。
激しく突かれ、喘ぎ始める家内。
家内はなんと、男の精液を体内で受け止めていました。

家内「そろそろ時間です」

家内は急いで体を洗い、服を着ると急いで風呂から出て行きました。
衝撃的な出来事に、私はしばらくその場に立ち尽くしていました。

家内は、相変わらず仕事について何も言って来ません。
勿論辞めるとも・・・。
今もまだ、施設でマッサージを続けている家内です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ご近所無料出会い掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン