新着情報

過去最高に興奮した妻のセフレ話[前編]

この体験談は約 5 分で読めます。

結婚して3年目になる妻がいます。
妻とは同じ大学でしたが、学生の頃から付き合っていたわけではなくて、就職した後、お互いに27歳の時に再会し、30歳で結婚しました。
妻は大学時代には凄くモテていて、当時の僕には高嶺の花でした。
妻の周りにはイケメン達が常にいました。

僕は親が経営している会社を継がなければいけなかったので、学生時代は勉強一筋で、ひたすら国家試験に合格する為に勉強していました。
そして27歳の時に昔の仲間と飲んでいると彼女が現われて、そこから連絡をとるようになりました。
やはりこの位の年になるとイケメンだとかは関係無くなってきていたのか、社会的地位がある僕に対して彼女は興味を持ち始めたんだと思いました。
僕はそれでもいいと思っていました。
少し残念だったのが、妻の方が身長が高くて顔の釣り合いもとれていないから、端から見たら典型的な『金でイイ女をモノにした奴』って感じでした。

そして更に大きな悩みは、セックスの相性が全然良くなかった事です・・・。
最初は妻も我慢していたのか分かりませんが、結婚して1年もするとセックスレスになりました。
もちろん僕はエッチがしたいと誘うんですが、妻はいつも「体調が悪い」とか、「アソコが痛い」とか理由を付けて断られます。
それでしばし喧嘩もしたんですが、なんとか3年続いています。

ある時、会社の部下が「うちの嫁さんからショックな事聞いちゃったんですよ!」と悩みを打ち明けられました。

良く聞いてみると、嫁さんの経験人数が結婚前は3人と言っていたのに、実際は10人だったらしいって事でした。
しかもその中の一人は黒人だったらしいです!
僕はその時は笑ってしまいましたが、僕の妻もそうだったらって考えたらすごく苦しくなりました。
そして同時に、若干興奮している自分にも気がつきました。

僕も昔、妻に過去の事を聞いた事がありました。
その時は妻も3人と言っていました。
さらに詳しく聞きたかったんですが、その時は格好つけて聞きませんでした。
ちなみに僕は妻で2人目ですが、格好つけて10人と言っています。

僕はどうしても妻の昔が知りたくなって、その夜、妻に聞いてみました。
でも、ただでさえセックスレスなのに、妻が下ネタに付き合ってくれるはずありませんでした・・・。
諦めきれない僕は、週末に食事に行って、お酒を飲ませまくって聞き出そうと思いました。

そして週末、予定通り妻を食事に誘い、いい感じに酔わせて家に帰りました。
お風呂から出た後、ベッドに入った妻を追いかけて、背中から抱きつく感じで妻に話し掛けました。

僕「なあ、昔の話、聞かせてくれよ!」

妻「またその話?もう忘れたって言ったでしょ!そんなの聞いてどうすんの?」

僕「いいだろ?興奮するんだよ!なあ、本当に3人だけなのか?本当はもっといるんじゃないのか?」

妻「バカじゃないの!知らないわよ!もう寝るから」

僕「いいだろ少しぐらい!怒らないよ!そういうんじゃないんだ!ただ聞きたいだけだから!」

妻「何なの?聞いてどうするの?意味ないわよ昔の事なんか」

僕「お前がエッチさせないから、それをオカズにするんだよ!」

妻「は?何言ってるの?それ本気?」

僕「しょうがないだろ?」

妻「・・・昔の事だから怒らないでよ」

僕「分かってるよ!当たり前だよ!むしろ興奮するんだよ!」

妻はセックスレスの罪悪感があったみたいで、オナニーのネタにするって言ったら話してくれるようになった。
自分に向けられる性欲が他に向けられる事になるから協力したのかもしれない。
そして何より、僕が怒るのではなくて、『興奮するから』ってのが理由だったからかもしれない・・・。

僕「で?本当は何人なんだよ!」

妻「・・・本当に怒らないでよ!もう過ぎた事なんだから・・・。たぶん・・・20人ぐらい・・・わかんないけど」

僕「ええええ!全然違うじゃん!」

妻「だから!怒らないって約束でしょ!」

僕「わかってるわかってる!違うよ!ビックリしただけだよ!それって全員彼氏なの?だったら期間短くない?」

妻「・・・全員彼氏じゃないわよ・・・彼氏は5人ぐらいかな?・・・たぶん」

僕「ちょっとちょっと、えっ、あっ、あとの15人は何?どういう事?」

妻「もういいでしょ?知らない、忘れたから、もう寝よ」

僕「いやいや、そこが一番聞きたいんだよ!頼むよ!」

妻「若気の至りよ!皆してる事でしょ!・・・だからナンパとか色々あるでしょ!もー」

僕「じゃあ、一晩限りってのもあるのか?なぁ?」

妻「・・・昔でしょ!もう忘れてよ!バカ!」

僕「もっと詳しく聞かせてくれよ!」

妻「・・・だから、ナンパだって!友達がオッケーしちゃったら断れない空気もあるでしょ?そういうこと!」

僕「でもお前もオッケーしなきゃヤラないだろ?え?」

妻「酔っぱらってたから覚えてないよ!」

僕「ちゃんとゴムしたのか?」

妻「知らないわよ!そんなの毎回ちゃんと出来ない時もあるでしょ!」

僕「まさか中出しとかもあるのか?」

妻「覚えてない!あるんじゃないの?」

僕「そこを詳しく教えてくれよ!」

妻「・・・もー、『外に出して』って言っても勝手に出されるんだからしょうがないじゃん!」

僕「お前それで怒らないの?」

妻「出しちゃったんだからしょうがないじゃん!」

僕「お前ひょっとして、セフレとかっていたのか?」

妻「・・・昔ね、若い時だけよ・・・」

僕「本当か?その時は彼氏いたのか?」

妻「・・・いた時もあるかも・・・」

僕「彼氏ともエッチして、そいつともエッチすんのか?」

妻「そうよ!バカなこと聞かないでよ!」

僕「でも彼氏は好きなんだろ?罪悪感はないのか?」

妻「・・・彼氏は好きだったけど・・・セフレは・・・違うとこが好きなの・・・」

僕「何だそれ?どっちも好きなのか?セフレはイケメンか?」

妻「全然イケメンじゃないよ・・・どっちかっていうとカッコ悪いし・・・」

僕「じゃあ何でセフレになってたんだよ!」

妻「・・・エッチが上手かったの!もういいでしょ!」

僕「何なに?ホントに?それ教えてよ!」

妻「もー・・・だから、彼氏より全然エッチが良くて、私がハマっちゃったの」

僕「そうなの?何が良かったの?デカいの?」

妻「・・・おっきいよ、すごく・・・あと色々知ってるから、一日中イカされまくったし・・・」

僕「イカされまくった?お前一度もイッた事ないって言ってたじゃん!」

妻「もー色々言わないで!もう話さないよ!」

予想外の過去を持っていた妻に驚きは隠せませんでしたが、それ以上に興奮してしまいました。
僕はセフレとの話に興奮し過ぎて、いつの間にかパンツを下ろして自分でシゴキながら話を聞いていました・・・。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即アポスケジュール帳

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン