新着情報

他人棒に痙攣する彼女を見て、僕は射精した

この体験談は約 7 分で読めます。

僕も彼女も都内に通う二十歳の大学生です。
彼女を仮に『彩』とします。
彩と僕は中学・高校・大学とずっと同じ学校に通っており、彼氏彼女の関係になったのは高校一年の夏。
彩の方から告白をしてくれました。

彩は小柄で、黒髪が綺麗な女の子。
ジブリの映画に出てくるヒロインみたいな地味で質素な可愛さがあり、出会った頃から僕の憧れとなっていました。
告白された時、過呼吸で失神したのはいい思い出。

二人で初体験を済ませたのは高3の冬。
お互いが大学受験を推薦で通過してすぐのことです。
初めての性行為はたどたどしく気恥ずかしいものでしたが、盛りのついてしまった僕たちは、それからも頻繁に肌を重ねるようになりました。

二人の日常を反転させるきっかけは些細なものでした。
高校卒業間近、二人とも性的な事柄に敏感になっており、話のノリで『AV鑑賞』を僕の部屋ですることになりました。
近所のレンタルショップに二人でいきましたが、恥ずかしさに負け、AVコーナーには入れず・・・。
代替品に、とあるVシネを借りて帰りました。

ところがこのVシネの内容が屈折しており・・・。
あるカップルが拉致され、彼氏の目の前で彼女が犯されるシーンの入った(むしろそれがメイン)、いわゆる『寝とられモノ』。
最初は嫌がっていた彼女が次第に喘ぎ声を出し、果てには彼氏の目の前でイッてしまう場面を見た時、恥ずかしながら僕は完全に勃起をしていました。

それとなく彩の方をこっそり見ると、彼女は完全に画面に釘付けとなっていました。
僕の視線に気づかない彩は、自分の口から漏れる吐息を殺そうともせず、「・・・ハァハァ・・・」という音が僕の耳にずっと響いていました。
肩で息をしながら彩は、「このビデオ凄いね・・・」と一言。
僕もこの倒錯の世界に完全に魅了されてしまっており、二人ともおかしな精神状態になっていたのだと思います。

「ねぇ、私がキミの目の前で知らない男に抱かれたら・・・興奮する?」

彩が不意に呟やいた一言に、僕は画面を見ながら首を縦に振っていました。

「彩のこういう姿・・・見てみたい」

僕の返事を聞くや否や、僕を押し倒し、唇に吸い付いてくる彩。
その日はいつもより激しく二人で抱き合いました。

その後の展開はあっという間でした。
後日、インターネットで夫婦の交換や貸出を行っているサイトを見つけ、二人で書き込み。
彩の打った文面は『彼氏の目の前で私を抱いて下さい』でした・・・。

書き込みに対する返信はすぐに届きました。
多くの返信の中から顔写真や住所を見て、最終的に倉田さんという、30代の男性を選び、彩に返信を打たせました。
二人の願望を伝えると、倉田さんからは、「場所を用意するから、すぐにでもしよう」という返事が。
僕たちのようなカップルと付き合いを持ったことが数回あるとのことで、非常に手慣れた感じでした。

翌週末、僕と彩は倉田さんと都内で待ち合わせをし、倉田さんの車でホテル(ラブホではなく、少し高級な感じ)へ向かいました。
倉田さんは決して顔立ちの整ったタイプではなく、普通の人といった感じでしたが、女性の扱いは僕とは比べ物にならない程上手く、ホテルに着く頃には彩も少しリラックスが出来ているようでした。

倉田さんの取った部屋に入り、奥にある大きなベッドを目の当たりにすると、これからそこで行われる行為を想像してしまい、心臓が痛いぐらいに高鳴ったのを覚えています。
ベッドに三人で腰掛け、僕と彩は二人で見たDVDのこと、その後のセックスがいつも以上に燃えたこと、そして、自分達もそういう行為を行ってみたいことを、包み隠さず話しました。
倉田さんは僕たちのことを見ると笑顔で、しかし冷たく、「二人とも真性のMだね。二人を興奮させてあげるから、絶対に逆らっちゃだめだよ」と言い放ちます。
僕が彩を見ると、彩は無言で頷いていました。

途端に空気が変わり、倉田さんは彩を引き寄せキスをしました。
彩にとって、僕以外の男とキスをするのは初めてのことです。
しばらく唇を重ねた後、倉田さんが彩の口に舌を入れ始めます。
僕はただ、それを黙って見ていました。
いつの間には彩は倉田さんの背中に手を回し、二人はねっとりと舌を絡め始め・・・。
彩の顔は見たこともないほど真っ赤に硬直していました。

長い長いキスの後、倉田さんは彩の服を脱がせ始め、僕にも裸になるよう指示を出しました。
全裸になった僕はベッドから下ろされ、近くにあった椅子へと移動。
倉田さんの持ってきた手錠を足と後ろ手に嵌められ、身動きがとれない状態にされてしまいました。

「君はそこから動かないように」

倉田さんの指示に僕が頷くと、それがまるで一つの合図であるかのように、倉田さんと彩の交わいが始まったのです。
二人は激しく舌を絡め合い、抱き合い、それをただただ眺める僕。
倉田さんは彩の足を開かせ、股間に顔を埋めると彩は、「ひぁ」という甲高い声を上げました。
おそらく倉田さんの舌が彩のクリトリスを舐め回し続けているのだと思います。
彩はだらしのない顔で天井を見つめ、ただただ喘ぎ続けていました。

居ても立ってもいられず、僕は何かにすがるように、「彩、彩・・・」と声を掛けます。
わけのわからない感情が僕を襲い、股間の膨張も物凄いことになっていました。

「彩、彩、気持ちいい?気持ちいい?」と呟く僕にも対し、彩はこちらを向きながらハッキリと「気持ちいい。気持ちいいよぉ・・・」と返事・・・。

僕と彩のやりとりを聞いていた倉田さんは、口を彩の股間から離して彩に、「入れたい?」と語りかけました。
彩が、「入れたいです、入れて下さい・・・」と言うと、倉田さんは彩の目の前に自分のモノを持っていき、「その前に、しゃぶってるところを彼氏に見せてあげなよ」と一言。
ギンギンになった倉田さんのモノは僕のとは比べ物にならない程大きく、彩は言われる通りにソレを口に咥えました。

中学の頃、僕の憧れであった彩。
高校に入り、僕の恋人となった彩。
その彩が、僕の目の前で、僕以外の男にフェラチオをしている。
これまでの思い出と興奮が混ざり、僕の中で一気に爆発しました。
フェラをしている彩と目が合った瞬間、僕は自分で触ってもいないのに、射精をしてしまったのです。
突然の快感にビクビクと身体を震わせている情けない彼氏を見ながら、彩は他人への奉仕をし続けました。

倉田さんは僕の垂れ流しになった精子を見て、「◯◯君、興奮するのはこれからだってば」と笑っています。

倉田さんは彩を押し倒すと、僕の倍はあるんじゃないかと思う程に膨張したペニスにゴムを付け、彩のアソコに宛てがいました。
彩は虚ろな目をしたまま、倉田さんを受け入れようとしています。
倉田さんの、「入れたい?」の問いに黙って頷く彼女・・・。
それを見た倉田さんの口から出てきた言葉は僕をさらに惨めにさせるものでした。

「彼氏の口から、俺と彩ちゃんが一つになるようにお願いさせてよ。そうしたら、彩ちゃんのこともっと気持ちよくさせてあげるから」

彩は僕の方を向くと、「◯◯、倉田さんにお願いして・・・」と呟くように言いました。
戸惑う僕に対し、彩は「早く・・・。もう我慢できない・・・」と懇願するように追い打ちをかけます。

僕が肩で息をしながら、「彩、本当にいいの?入れたいの?」と聞くと、彩はすかさず、「入れたい!倉田さんのオチンチン入れたいの!」と泣きそうな声で叫びました。

彩との会話のやり取りで、僕はまたもや勃起をしてしまっていました。
頭の奥が痺れ、完全におかしくなっていたのでしょう。
僕は狂ったように、「倉田さんお願いします。彩に倉田さんのを入れてあげて下さい。お願いですから、彩をめちゃくちゃにしてあげて下さい。お願いしますお願いしますお願いしますお願いします!」と、懇願し続けました・・・。

彩の華奢な身体に、倉田さんのペニスがめり込んでいきました。
彩は身体を仰け反らせながら、「ア・・・アッ・・・ア・・・」と、声にならない声をあげています。
正常位の体勢で、倉田さんと彩はとうとう一つになりました。

倉田さんが少しずつ腰を動かしながら、小さな声で、「気持ちいい?」と呟くのが聞こえ、彩は目を見開きながら、「き、きもちいぃ、きもちぃです」と連呼・・・。

強弱を織り混ぜて彩を突く倉田さんと、倉田さんの全てを受け入れる彩。
二人は腰を振りながら互いに舌を絡め合い、僕はそんな二人の行為をただ呆然と眺めていました。

彩は、ペニスをパンパンに膨らませている僕に少しだけ顔を向け、倉田さんの下で喘ぎながら「変態・・・へ、変態」と呟きました。
他人に犯される彩の口から出た、僕への軽蔑の言葉。
この一言で僕は自分が完全に、愛する人を寝取られる快感に目覚めていることを自覚しました。

もっと蔑んで欲しい。
もっと目の前で乱れて欲しい。
僕の大切な彩を、僕から完全に奪い取って欲しい・・・。

愛し合う倉田さんと、彩を見ながら、僕の脳はその感情に支配されていったのです。

そんな僕の心境を察知したのでしょう。
倉田さんは彩を起こし、四つん這いの格好にさせ、僕の方へ向けました。
彩の後ろに回り、バックから再びゆっくりと挿入が再開・・・。
倉田さんのペニスが入る瞬間、僕は彩の顔が快楽でだらしなく歪むのを目の当たりにし、また、彩は全裸で椅子に縛り付けられている情けない僕を見ていました。

「へ、変態・・・変態。倉田さんの・・・気持ちいぃ。ねぇ、◯◯・・・見えてる?私、今◯◯じゃない男の人にっ・・・お、犯されてる。あっ・・・あぁっ・・・あ・・・きもち・・・いぃ。変態、◯◯の変態!」

バックから激しく突かれながら、彩は延々と僕を罵り続けます。
その一言一言に僕の身体は敏感に反応し、僕のペニスは我慢汁でぐちゃぐちゃになっていました。

倉田さんの腰の動きが激しさを増してきました。
倉田さんの動きに合わせて、彩の身体も大きく前後に揺れ続けます。

「な、なんか変・・・ぁ・・・ぁっあああああ!」

彩が突然絶叫をあげ、力なくベッドに崩れ落ちました。
うつ伏せになり、お尻だけを突き上げた格好の彩を、倉田さんはお構いなしに突き続けます。

「俺も・・・そろそろイクわ・・・」

倉田さんの呟きに対し、彩は半開きの口から涎を垂らしながら無言で頷いています。

「あああ!」

二人が声をあげると同時に、倉田さんは彩からペニスを引き抜き、手際よくゴムを外しました。
髪を掴まれ、無理やり倉田さんの方を向かされ、ペニスを口に咥えさせられる彩・・・。
倉田さんは身体を大きく痙攣させ、彩の口に精液を送り込んでいました・・・。
数十秒の後、倉田さんは彩の口からペニスを引き抜くと、「全部飲みなさい」と、彩に命令。
彩はなんの躊躇いもなく倉田さんの指示に従いました。
初対面の男の精液を飲み込む彩を、僕は放心の状態で見続けていたのです。

「彩ちゃん・・・彼氏にご褒美あげないとね。その口で、今すぐキスをしてあげなさい」

倉田さんは冷たく笑いながら、彩に話しかけます。
彩の口には、倉田さんの精液が残されており、普通であれば到底受け入れることの出来ない提案・・・。
しかし、この背徳的な快感の最中にあった僕と彩に、倉田さんの命令に抗う術は残されていませんでした。
虚ろな目でこちらへ歩いてくる彩。
彩は両手を僕の頬にそっと添え、優しく、優しく、口づけをしてきました。
僕は当たり前のようにそれを受け入れ、いつの間にか二人は舌を出し、絡め、激しくディープキスをしていました。
僕と彩は、出会ったばかりの男の精液を、互いの口で共有したのです。

「すごい、すごいよ君たち。本物の変態カップルだねぇ」

倉田さんから投げられた軽蔑の言葉に、僕も綾も興奮で身を震わせていました。

この快楽の虜になってしまった僕と綾は、その後もこの行為を繰り返し、次第にそれはエスカレートしていきます。
現在も進行中の話ですので、また皆さんにお話を聞いて頂けたら大変幸いです。

誤字・脱字・乱文・乱筆、申し訳ございませんでした。
支援頂きました皆様、お付き合い本当にありがとうございました!

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

快楽園

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン