新着情報

ヤリチンの友達にセックスを覗かせてもらってた

この体験談は約 8 分で読めます。

高2の夏のこと。
彼女いない暦=年齢の俺は、同様の経歴の友人らとツルみ、無気力で自堕落な学生生活を送っていた。
そんな俺たちが口を開けば当然、「彼女が欲しい」「セックスしてー」ばかり。
日常的にそんな愚痴をこぼす俺たちに、都合よく彼女なんて出来るわけもなく・・・。

だが、そんな友人グループの中でも一人だけ例外がいた(彼を仮に『A』とします)。
Aは同性の俺から見てもなかなかのイケメン。
相当モテていたらしく、女性経験もかなりあったよう。

そんな彼は事あるごとに、付き合っている女子と行った性行為の内容を俺たちに詳細に話して聞かせていた。
おそらくAは優越感を満たすために、そういった事をしていたのだろう。
俺たちとしても初めのうちは悪い気はしてなかった。
セックスには興味津々だったわけだし。

しかし、「昨日は2回連続でヤッちまったよー」とか「騎乗位って結構腰が疲れるんだぜ」とか延々と聞かされているうち、少しずつ俺たちに共通の感情が芽生え始める。

嫉妬の入り混じった羨望だった。
ここまではどこにでもあるような話だが、ここから事態は少し異常なものとなってくる。

ある日学校で、Aと一番親しかった友人のBが、Aの居ない時に俺にあることを持ちかけてきた。

B「Aのことなんだが・・・いいか?これはお前にしか言わないからな」

開口一番釘を刺され、俺はよくわからないまま「ああ」と曖昧に頷く。
そして俺は、Bの次の台詞にひっくり返ることになる。

B「なんかAが、『彼女とのセックスを間近で見せてやる』とか言ってるんだけど」

俺「はぁ・・・?」

マヌケな声が出た。

B「と言うか・・・俺はもうすでに一回、見せてもらってるんだけどさ。それで、もう一回見に来ないかって言われてるんだよ。その時は誰かもう一人呼んでもいいって。お前どう?」

俺「(どう・・・、って)」

B「いやぁ、ありゃいいぜ!彼女、超可愛いし、おっぱいもすげーし、マジエロいし、何より至近距離で・・・」

俺「それってさ、どうなんだよ倫理的に・・・」

とか何とか言いつつも、結局俺は、Aと彼女とのセックスを見ることを希望した。
だってセックスには興味津々だったわけだし・・・。

「じゃ、Aに行くって伝えといて」とBに言い残し、俺は帰宅。

決行は次の日曜と言われ、その日まで俺の胸はドックンドックン。

日曜日、俺とBはAの家に向かった。
出迎えたAの一言目は、「お前らも物好きじゃのう」だった。
一番の物好きはお前だ!

Aの自室に上がり、さっそく俺はAからこの後の段取りについて教えられた。
まず、後30分したらAの彼女が来るので、俺とBはそれまでにクローゼットの中に隠れる。
Aと彼女は、部屋に入るなりすぐにセックスを始める。
クローゼット内は暗いが二人が入れるスペースはあり、座椅子が用意してあるため長時間いても疲れることはなく、行為中はCDで音楽を流すので少しばかりの物音なら何も心配はない。
扉には格子が組み込まれていて、細い隙間から二人の様子を覗くことが出来る。
ティッシュの使用もご自由に。
でも事前に箱から出しておくこと(紙擦れの音が出ちゃうから)。
行為の後は、Aが彼女にシャワーを勧めるので、その間に俺たちは部屋を出る。
その後、Aは彼女をひとまず帰らせ、それに合わせて駅前の喫茶店で待ち合わせ。
以上。

俺「てか、彼女に秘密で覗くのかよ、俺たちは・・・」

A「当たり前だろ、バレたら困る。それより、彼女がもうすぐ来るから、隠れておいてくれよ」

今さら罪悪感が湧いてきたが、俺たちは言われた通りクローゼットに潜伏した。
狭いクローゼット内でBと二人、楽な座り方を模索しているうちに、ピンポーンと呼び鈴が鳴る。
それを合図に心臓の鼓動がドッと大きくなる。
部屋の扉が開き、Aが彼女を部屋に導き入れる様子が見えた。

そこでまず驚いたのは、彼女、ウチの学校の制服を着てやがる。
そして顔は・・・、俺は驚愕した。

彼女、見たことがある!
・・・と言うか、俺の部活の先輩だよ!

それほど親しいわけでもないが、何度も会話したし、一緒に練習したりしたのに・・・。
凛々しくも優しかった俺の先輩・・・。
いつの間にかAの彼女になってしまっていたのか!
基礎練中、俺は先輩の豊満な胸が揺れるのを眺めているのが好きだった。

(・・・そんな先輩が・・・)

かなりショックではあったが、それとは裏腹に、“これから先輩の裸が見られる”という期待で、俺は早くもギンギンに勃起してしまう。

Aは先輩をベッドに座らせた。
ちなみにクローゼットはベッドの目の前。

先輩「もぉ、部屋に着くなりすぐなの?」

早くも後ろから抱き締め身体を弄るAに先輩はそうこぼすが、嫌がっている様子はない。

A「だって先輩と二人っきりになったら・・・誰だって我慢できないッスよ」

先輩「A君ってほんとエッチだよね。・・・クラスの子に嫌われないの?」

先輩は、「んっ」と短い吐息をこぼし、俺の見たことのない艶っぽい顔でほくそ笑みながらAを見つめる。

A「俺は先輩の前じゃないとエッチにならないッスよ」

そう言ってAは俺たちの方をさりげなく一瞥してから先輩と唇を重ねた。
見せ付けているつもりなのだろうが、なんだかもう色々と心が・・・ギリギリする。

(Aは自分の彼女が俺の先輩だってこと、知っているのだろうか?)

先輩「んもぉ・・・A君可愛いんだからぁ・・・」

だんだんと二人のキスが激しくなっていく。
舌と舌が少しずつ絡み合っているのだろうが、俺の位置からは微妙によく見えない。
ただ重なった二人から、“ぺちゃ・・・くちゅ・・・”と、ぬめった水音がするのが聞こえるだけだ。
俺はこの異常な状況に耐えられなくなってきて思わず顔を逸らした。

すると俺のすぐ隣で、二人をじっと凝視し、早くも股間を弄っている男が一人。
薄暗い中だが、Bのチンコが明らかに俺のより大きく見えるという、どうでも良い事実にさらに凹む。

Aはキスをしながら先輩のブラウスのボタンを外し、ブラのホックに手をかけた。
ぼろんっとたわわな胸が露わになる。
・・・が、やはりここからだと良く見えない。
だが背中から微かに横乳がこぼれているのが見える。
脱いでもかなりの巨乳のよう。

先輩「ねぇA君、今日も激しくして欲しいな・・・?無理やりするみたいに・・・」

先輩はそう告げてAの指をいやらしく舐めた。

A「先輩、レイプみたいにされるの好きですもんね?」

Aはそう囁くと乱暴に先輩をベッドに押し倒し、おっぱいに顔を埋めて揉みしだく。
手のひらに収まらない大きな胸がAによって乱暴に揉まれるたび、先輩の口から可愛い声が漏れる。

A「先輩、マジ淫乱ッスね、こんなだらしない乳で感じて・・・」

Sっ気に火がついてきたのか、Aは先輩の乳首を摘み、ぎゅう・・・と上に引っ張った。

先輩「きゃふぅっ・・・!」

先輩から甲高い声が上がる。

先輩「許して・・・淫乱な乳の彼女でごめんね・・・ごめんなさいぃ・・・」

A「彼女?何言ってんの、『俺のおもちゃ』の間違いッスよね?」

台詞も含め、よく仕込んだものだとは思うが・・・、間近でこういうのを見るとさすがに・・・。
Aは先輩の身体を裏返し、尻をこちらに向けさせた。
大きくてムチムチの先輩の尻。
こちらからだとスカートの中の白いショーツがモロに見える。

A「こんなに濡らして、先輩一人だけ楽しむなんてひどいッスね」

太ももの間に指を這わせ、Aは彼女の大切な部分を撫でるように刺激する。
先輩は堪えるように、「くぅんっ・・・」と小さく鳴く。

A「ほら、俺も楽しませて下さいよ。ね、先輩?」

Aは先輩の顔の目の前でチンコを取り出し、さらにそれを先輩の頬にぐいっと押し付けた。

A「これ好きでしょ?」

先輩「うん・・・」

A「じゃあ、いつもみたいに言わないといけないことあるッスよね?」

先輩「・・・あ、あなたの立派な・・・お・・・おちんちん、淫乱マゾの私に・・・しゃぶらせて下さい・・・」

A「よくできました、っと」

Aは先輩の鼻を摘んで顔を上げさせ、口の空いた隙にチンコを彼女の口内へ押し込んだ。

A「ほらほら先輩、ちゃんと舌使って下さいよ」

Aは腰を使って先輩の喉奥にチンコをねじ込み、先輩も舌を使ってそれに応えている・・・ようだ。
相変わらず尻がこちらに向いている今の状況では、先輩の舌技まではよく見えない。
しかし、密かに憧れていた先輩が目の前で友人のチンコをしゃぶっているのは紛れもない事実。

“じゅぷっ、じゅぷっ・・・”と、音ばかりがこちらに届いてくる。

A「お味の方はどうですか、先輩?」

隙に「うん、すっごくトロトロで・・・美味しい・・・」

いつの間にか先輩の尻がくねくねといやらしく動いていた。
Aもそれに気付き、フェラチオをさせたまま先輩の尻を撫で、おもむろにショーツを下ろした。

(・・・!)

目と鼻の先で突然露わになる先輩のマンコ。
じっくりと観察する暇もなく、すぐさまAの指がその湿った穴に滑り込んでいく。

先輩「んんーっ・・・ふぅん・・・っ!」

こもった声を上げながら先輩は尻をくねらせる。

A「もうビショ濡れじゃないですか。じゃあそろそろハメてあげますよ、先輩」

Aは挿入部分がこちらからよく見えるよう、先輩の身体をある程度傾けてバックから挿入を始めた。
フェラチオで十分に濡れたチンコが、先輩のマンコに“ずぷぷ・・・”と、微かな音を立てながら沈み込んでいく。

(・・・って、ちょっと待てA!)

俺はあることに気付いて叫びだしそうになった。

(Aの奴、ゴムをしていない・・・!)

A「ほぉ~ら、俺の生チンコ、先輩の奥まで入っちゃったッスよ」

先輩「んはぁっ、生ぁ・・・すごいっ、ゴツゴツするぅ・・・奥までぇっ・・・!」

A「ほら、何か俺に言うことがあるんじゃないの?前に教えましたよね?」

先輩「はひぃ・・・おちんちん嬉しい・・・っ!乱暴にっ、乱暴にっ・・・おまんこしてくださいぃっ!」

もう我慢できなかった。
Aが思いっきり先輩の尻に腰を打ちつけたのと同時に、俺は自分のチンコをがむしゃらにしごいた。

“ぱちゅっ!ぱちゅっ!ぱちゅっ!・・・”

打ち付けられるたびに先輩の大きな尻が鳴き、先輩は全身を震わせ、蕩けただらしない表情を真っ赤に染めながらAのチンコで大いに喘ぐ喘ぐ。
『乱暴に』との要請通り、Aは一瞬たりとも腰を休めることなく、先輩の肉壷の奥の奥まで大いに楽しむ。
時折、Aは先輩の尻をスパーンっとしたたかに打ち、「先輩のマンコってだらしないから、こうしないとすぐ緩んできちゃいますよ」と先輩の耳元で呟く。
そしてその度に先輩は軽くイッてしまうらしく、「A君のおちんちんでもっとイキたいっ!イカせてぇっ!もっと叩いていいからぁっ!」とAをさらに煽る。

そんな二人の獣じみたセックスを前にしながら、俺はというと一心不乱に自分のチンコをしごくことしか出来ない、異常な時間だった。

一度Aはチンコを抜きかけて、閉じかけたマンコに思いっきり奥までチンコを捻じ込む。

先輩「ぁああんんんっ・・・!!」

先輩が背筋を反らせて一際大きな嬌声を上げた時、俺は一度目の射精を迎えた。

後のことはもう、ぼんやりとしか憶えていない。
射精後も俺のは若さ故かすぐに復活し、賢者タイムで自己を顧みる暇もなく、目の前の情事にまたもや釘付け。
Aは体位をバックから騎乗位、さらに正常位へと変え、様々な角度や動きから先輩の気持ち良い場所を犯し尽くした。
また二人のセックスはさらに激しさを増していくばかりで、Aの言葉責めもエスカレート。
先輩の方も快楽をすっかり受け入れ、隠れていたマゾの本性を存分に発揮するようになっていく。

A「先輩はチンコなら誰のでも好きな淫乱なんですよね?」

先輩「はいっ、おちんちんならなんでも好きですっ!誰のおちんちんでもしゃぶりますっ!ハメハメしますっ!」

卑猥な言葉の前に、俺は耐え切れなくなって二度目の射精。
背筋に電気が走るような射精を初めて体験した。

先輩「またイッちゃうっ・・・!おちんちん好きっ、すごいぃ・・・っ、イク、イク、イクぅぅ・・・っ!!」

もしこのクローゼットの扉が開いていたら、俺の精液はきっと先輩の顔まで飛んでいただろう。

A「おらっ、思いっきりザーメン出してやるから、だらしないマンコ締めろよっ!」

先輩「はいっ、いっぱい締めますぅっ・・・!んふうぅううっ・・・!!」

こうしてやっとのことAも達し、ひとまず終了。
ハイになっていたAのことだから、もしや中出しまで?・・・と思ったが、外出しで残念な反面ホッとする。

先輩「私でいっぱい出してくれて・・・ありがとうA君、それにしてもおちんちん元気すぎだよ・・・」

大きく肩で息をしつつ、先輩はAの萎れかけたチンコの鈴口に唇を当て、残った精液を吸い出した先輩はちょっとエロすぎる。

その後は、段取り通り、二人がシャワーに行っている間にBと二人で部屋を抜け出す。
Bの足取りはフラフラで、まるでこんにゃくが歩いているかのようだった。
聞けば3回も出したと言う。
お互い抜け殻同然。
俺たちはひとまず指定された喫茶店に行き、先程の感想を言い合うこともなく、ただぐったりとしていた。

しばらくしてA登場。

A「さっきのどうだった?引いたかな?ごめん、ヒートアップしすぎちゃってさぁ・・・」

俺「いや逆、最高にエロかったよ・・・でもエロすぎて枯れた・・・」

うんうん頷くB。

A「じゃあさ、またちょくちょく見に来てよ、俺やっぱ見られてた方が興奮するわ~!」

Aは将来大物になると、疲れた頭で俺は思った。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即会い急募 セフレQQ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン