新着情報

携帯に送られてきたロリ顔女子高生の痴態

この体験談は約 4 分で読めます。

大学3年の夏に経験したトラウマ的な出来事です。

大学1年の時、バイト先(個別塾)で担当してた生徒(当時16歳の高1)にやたらアドレスを聞かれ、それから3ヶ月後には塾に内緒で付き合うようになってました。
都内三大バカ高(って自ら言ってました・・・)の生徒だった彼女は、ロリ顔で小柄(150cm弱)、細身体型の割に胸はそこそこあってC~Dカップ。

最初は外見の可愛さで付き合ったようなものでしたが、半年過ぎた頃には大切な存在に思え、それなりに真面目に付き合っていました。
と言ってもアホキャラのせいか、はたまたガードが甘いせいか、高校の友達や彼女のバイト先の男から言い寄られることが多く、「告白されちゃった♪」と笑顔で話す彼女を見てはイラッとして口論になることがしばしばありました。

そんなことを何度か繰り返し、大学3年の夏は倦怠期真っ最中でした。
そんなある日の深夜、見知らぬアドレスから一通のメールが届きました。
メールには『あなたの彼女、浮気してますよ』とだけ書いてあり、いたずらかと思いましたが少し気になり、『あなたは誰ですか?』という旨の返信すると、『◯◯(彼女の名前)と同じクラスの者です』との返事。

その日は高校のクラス会とやらで、彼女は八王子の貸しコテージに泊まりで行っていた日の夜ということもあり、(これは何かありそうだな・・・)と嫌な予感を覚えた僕は、『どういうことなのか?僕のアドレスをどうやって知ったのか?』と詳しい内容を聞き出しました。
すると、『今、泥酔した状態である男と外に出て行ってて、アドレスはコテージに放置していった彼女の携帯を見た』と、リアルな内容でした・・・。

(泥酔状態で男と外にいる・・・)

倦怠期とはいえ、その状況を想像すると冷静ではいられず、『浮気ってどういうことですか?』と聞くと、『隠れて動画撮ったんですけど見ますか?良ければ送りますけど・・・』という返事が来ました。

浮気現場の動画・・・。
できれば見たくないし、彼女を信じたい気持ちもある・・・。
しかし、そんな気持ちを抱えつつも真相を知りたいという気持ちが勝り、『送って下さい』と打ってました。

届いた動画(約20分)には想像以上の彼女の醜態がありました・・・。
動画には、一見悪そうな金坊主の男がコンクリの地面(駐車場らしき所)に両足を伸ばした状態で座っており、その足の上に騎乗位的に跨がっている彼女の姿がありました・・・。
彼女は完全に泥酔しているようで自らの身体を支えられず、男が手で支えて何とか体勢をキープしているといった感じ。

(コレは騎乗位でエッチしてるってことか・・・)

そう思って見ていたのですが、挿入はまだだったようで、男の足から一旦離れ、男は座った体勢のまま足を軽く開き、その間に彼女が入って男のパンツを脱がし始めました・・・。
そして、そのまま男の股間に顔を埋め、顔が上下に揺れるように・・・。
その様子を見て、言い様のない憤りを感じつつも、あり得ないその光景から目を離せずにいました・・・。

彼女は、普段自分にしてるようなまったりフェラではなく、最初から抜きにかかってるかのような激しいフェラをしており、男は彼女の長い髪を邪魔にならないように片手で押さえ、ふんぞり返って気持ち良さそうにしていました。
そしてわずか2~3分後、男は彼女の頭を掴んで深めに咥えるように誘導し始め、そのまま彼女の口の中で果てていました。
ここまででも十分衝撃的な映像でしたが、その後更にあり得ない光景が・・・。

男が果てた後、彼女は道に吐き捨てるや甘えるように自ら上に覆いかぶさり、男は『困った奴だなー』といった風に髪の毛を撫でていました。
そして数分後、彼女は男のモノに涎を垂らして扱き始め、勃った頃合に攻守逆転で男が彼女を地面に寝かせてパンツを脱がし、ゴムも付けずにそのまま彼女の中に覆いかぶさり、腰を振り始めました・・・。

音声はほとんど聞こえないものの、彼女は『もっと身体を密着させて』と言わんばかりに両手を男の背中に回して抱きついており、積極的に男を受け入れてました・・・。
そして・・・、正常位で必死に腰を振ってる光景の途中で動画は切れてました・・・。

動画を一通り見終わり、言いようのない気持ちを抱えていると、『どうでしたか?』とのメールが来ました。
そのメールを受け取った時、動画を送ってきた人と彼女と行為をしていた男は組んでいて、遊びでやってるのでは・・・と感じました。

その後、彼女に会って話を聞くと・・・。

「悪いとは思うけど、(泥酔していて)ほとんど何も覚えていない・・・」
「金坊主に少し気があった・・・」
「部活ばかりでかまってくれない◯◯(僕)も悪かったんじゃないか・・・」

そんなことを言ってきました・・・。

倦怠期とはいえ好きな気持ちはあるし、“泥酔状態による一夜の過ち”ということで許そうかとも思っていたんですが、言い訳じみた言葉を聞いて呆れ、その場で別れることにしました。
今は過去に起こった出来事として、こうして話せる位になりましたが、最近の高校生は大丈夫かと不安になる今日この頃です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

エクスプレス

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン