新着情報

お母さんが僕の同級生と赤ちゃんプレイをしてた

この体験談は約 8 分で読めます。

これは今から2年前の僕が高校性の時の話です。
母は24歳で僕を産み、子育てが一段落した後、法科大学院に入り、司法試験に合格し弁護士をしています。
息子の自分が言うのも何ですが、とても41歳には見えないくらい美人でスタイルが良く格好いい母親です。
学校の参観日に来た時など、クラスの友達から冷やかされることがよくありました。
同級生のお母さんの中にも若々しくしている人も結構いるのですが、母は同級生から見ると他のお母さんにはない妖艶さがあるらしいのです。

同じクラスの祥平は、何度も母のことをオカズにオナニーしているとよく言っていました。
祥平は見た目ジャニーズ系で女の子からもよく告白されたりするのですが、同世代の女の子よりも年上の女性に興味があるらしく、いつもインターネットで熟女動画を観てオナニーするそうです。
そして最近は、射精する瞬間は私の母のことを思い浮かべるそうです。

特に先日、参観日に母が着てきた黒のタイトスカートと白のブラウス、そのブラウスのボタンが横に引っ張られるぐらい大きなおっぱいが忘れられないらしく、その母のおっぱいに吸い付きながら手で射精させてもらうことを想像してオナニーをしてるそうです。
その時、母は裁判所から直接来て、暑かったせいもあり、白のブラウスに薄っすらと汗をかいていて、レースの黒のブラジャーが少し透けていたのを憶えています。
たぶん母は大きな胸をなるべく目立たなくさせるために仕事の時はタイトなブラを着けていたと思うのですが、それが透けて見えると逆に胸の大きさが強調されてなんだかいやらしく見えました。
腰も足も細いのに、胸とお尻は母親らしいボリューム感があり、何とも言えない大人の女性の匂いがしてきそうなその母の姿は、男子高校生には刺激が強かったと思います。
息子の自分でも、ちょっとドキッとしてしまうのは確かでした。
自分の母親をオナニーの対象としているという話は、あまり気持ちいいものではありませんでしたが、所詮男子高校生同士のよくあるエロ話の一つと割り切っていました。

そんなことがあってから3ヶ月ぐらい後のことだったと思います。
たまたま具合が悪くなり、学校を早引きして一人で家で寝ていたら、母が誰かと一緒に家に帰ってきました。
仕事柄、依頼人が家に来ることもあったので気にしていませんでしたが、何か様子が変な気がしたので、そっとリビングを覗いてみると、なんと祥平が母と並んでソファーに座っていました。

(なぜ祥平がここに?)

そんな疑問とともに、あれだけ母のことを言っていた祥平が、ここ最近は冗談でも母の話題をしなくなっていた事を思い出し、悪い予感がしました。

「ねえママ、お耳が痒くなってきちゃった、お耳こちょこちょして」

祥平が普段聞いたこともないような赤ちゃん言葉を使い、しかも母のことを「ママ」と呼んでいます。

「いいわよ、ママのお膝にトンしてごらん」

母もまるで自分の赤ちゃんに話し掛けるようです。
祥平は母の膝の上に、母の方を向いて頭を乗せました。
母はそんな祥平を愛おしい眼差しで見つめ、テーブルの上に置いてあった耳かきを取って、祥平の耳に当てていきます。

「祥ちゃん気持ちいい?」

「うん、ちゅごくきもちいい。ママ、いつもみたいにお耳もぺろぺろして」

「いいわよ、ちょっと待って」

そう言うと耳かきを横に置き、祥平を少し膝の方へ母から離すように押しやりました。
母は体を前屈みにして祥平の顔に近づき、唇を祥平の耳元まで持っていきました。
母のちょっとぽてっとした唇から、先が尖った小さいけれど厚みのある舌が出てきて、祥平の耳をぺろぺろと舐め始めました。
最初は耳たぶ、それから周り、そして耳の中を念入りに舐めています。
祥平は耳が性感帯なのか相当感じるらしく、「うんーうんー」と女の子みたいな声を漏らし始めました。

「祥ちゃん可愛い」

母の声に耐えられなくなったのか、祥平は「ママ」と言いながら左手は母の腰に回し、右手は母のあの大きな乳房を掴んで手を動かし始めました。

「もう祥ちゃんったら、いたずらしたらダメよ」

母は冗談ぽく叱りますが、そのまま祥平がしたいようにさせています。
だんだん母も感じてきたのでしょうか、足がバタバタと動くようになり、ミニスカートの膝が開くようになってきました。
祥平もそれに気づいたのでしょうか、腰に回していた左手を今度は母のスカートの中に入れ始めました。
そうこうしていると本気で感じ始めた母が自ら祥平の手を受け入れるべく膝を開きました。

僕は、その時、あっと驚きました。
母はガーターベルトに、母の大事な部分だけがやっと隠れる小さな真っ赤なTバックのパンティーを着けていました。
たまに母の洗濯物を見ることがありますが、こんなセクシーでいやらしい下着は今まで見たことがありません。
興奮した祥平は母の膝から下り、ソファーの下に膝立ちになり、スカートを完全に母の腰までずり上げ、そのいやらしい下着をガン見しています。

「祥ちゃんそんなにじっと見たら、ママ恥ずかしい」

「ママ、今日もこんなにいやらしい下着を穿いてくれたんだね」

祥平は本当に嬉しそうにしています。

「そうよ。ママ、祥ちゃんがエッチな下着が大好きだから、祥ちゃんのために穿いてるの、でも今日一日穿いてたから、ちょっと汚れちゃって恥ずかしい」

「そんなことないよ、その方がママのいい匂いがしてすごくいいよ」

そう言うなり祥平は、赤いパンティの母の大事な部分が当たっている場所に鼻を擦り寄せ、くんくんと犬の様に嗅ぎ始めました。

「ああ、ママのいい匂いがする」

祥平が歓喜の声を漏らし、母も満更でもなさそうにうっとりしています。
祥平はその後、数分もパンティーの匂いを心ゆくまで嗅いだ後、今度はパンティーの布と股の際の部分を念入りに舐め始めました。
直接母の大事な部分を舐めているわけではないのですが、母も相当気持ちいいのでしょう、「あーん、あーん」と、途切れ途切れに声を出しています。

「祥ちゃん、ママのパンティ濡れちゃう」

「だってママのパンティ美味しいんだもん。もっと舐めたい」

さらにベロベロと舐め続けます。
それを10分ぐらいした後、「ねえ祥ちゃん、ママがいつもみたいにしてあげるからこっちにおいで」と母が上体を起こして祥平を抱き寄せます。

「うんママ、早く早く」

祥平はソファーの上に目を輝かせて仰向けになりました。

「ちょっと待っててね、いい子だから」

そう言うと、母は着ているブラウスのボタンを外し始めました。
ブラウスを脱ぐと、パンティとお揃いの真っ赤で、カップの部分が総レースでできているセクシーなブラに包まれた大きなおっぱいが現れました。
いつも仕事用で胸を締め付けているブラとは全然違います。
スカートも取り去った母の下着姿は圧巻で、外国人モデルの様なボリューム感と、熟れた女の生々しさを感じます。

ここで気づいたのですが、自分も完全に勃起しており、パンツに先走り汁が出てくるのがわかりました。
母親を見て、ここまで興奮する自分が信じられませんでした。

母はもう一度祥平を膝枕します。
祥平は膝枕される前にパンツ以外を残し、全て脱いでいました。

「祥ちゃん、今、ママのおっぱいあげるからね」

母はブラの左のカップを下げるようにしておっぱいを出そうとしてます。
祥平は待ちきれないのか、口を尖らせて、おっぱいに吸い付きたいと懸命にアピールしています。

「さあ、祥ちゃんの大好きなおっぱいですよ。いっぱい、いっぱい飲んでね」

母が大きなおっぱいがを露わにしていきます。
その乳房はとても大きいのですが、若いグラビアアイドルなんかとは違って子供を産んでいるので、さすがに少し垂れています。
でも、物凄く柔らかく、触ったら乳房の中に手が入り込むのではと思える弾力を持っているように見えます。
そして乳首は、父をはじめ、それ以前に関係のあった男たちに吸われ舐められ、指で転がされて、さらに子供を産んで、その子供(自分ですが)に飲ませて育てただけのことはあり、女性の人差し指の先ぐらいの大きさでぷっくりとしています。
本当に吸いやすそうです。
また乳輪も大きく、乳首同様少し濃いピンクになっています。
その乳房と乳首は、ただ大きい若い女性とは違い、本当に卑猥で、むちゃくちゃに揉みしだきたく、思いっきり甘えたいと思わせるものでした。

母が祥平の頭を抱きかかえるようにし、胸を祥平の顔へ持っていった瞬間、祥平はその乳首に勢いよく吸い付きました。
口の中で、もぐもぐもぐもぐと、まるで赤ちゃんが母乳を飲むのと同じよう吸い付いています。

「そう祥ちゃん、上手になったわね、最初は強く吸ったり、歯を立てたり、ママちょっと痛かったのに本当上手になったわね、可愛いわ、おーよしよし」

「ママーおっぱい美味しいよ、ママのおっぱい大好きだよ」

「そうよ、いっぱい飲んで大きくなりなさい。ママのオッパイは祥ちゃんのものよ。はい、今度はこっちのおっぱいも飲んでね」

母は右側のカップも下にずらし、おっぱいを出して準備しています。
その間も祥平は左の乳首を口から離しません。
右のおっぱいが完全に露われた瞬間、祥平は左の乳首を離し、新たな乳首に必死に吸い付きます。

「ほらほら大丈夫よ、ママのおっぱいはどこにもいかないから、ずーっと祥ちゃんのものよ」

さっきまで祥平が必死に吸っていた左の乳首はまだ祥平の唾液がいっぱい付いていて、色も赤みが増し、祥平に吸われる前より間違いなく一回り大きくなっていました。
母はまるで赤ちゃんが吸った後のように、その吸われた乳首をブラジャーのカップの布の部分でちょんちょんと綺麗に拭き取ります。
拭き取ってしばらくすると、祥平がまた吸い付きます。
その繰り返しが、その後、何度も続きました。

「ママー、ママー、僕おちんちんからしーしーしたくなっちゃった」

そんなことを祥平が言い出しました。

「まあー、祥ちゃんしーしーしたくなっちゃったの、じゃあ今ママが、しーしーさせてあげるね」

母はそう言い、祥平のパンツに手を持っていきました。
それまで気づきませんでしたが、祥平のパンツの中身は明らかに大きくなっていました。
母が祥平のパンツを下げると、そこから物凄く大きな男性器が飛び出してきました。
それはインターネットで見たことのある黒人並のサイズでした。
今、赤ちゃんになりきってる変態男のちんちんとしては滑稽なくらいの大きさでしたが、そのアンマッチがこの状況をよりいやらしくさせていました。

「おーよしよし、祥ちゃんのおちんちん苦しそうだねー、ママが今楽にしてあげるからね、ほーら力抜いて、全部ママの手にあずけてごらん」
「ママのお手手気持ちいいよ」

「もっと気持ちよくしてあげるから、いつもみたいにどうして欲しいか言ってごらん」
「ママー、もっと、ぎゅっとママの手で握って、強くしたり、弱くしたり」

「わかったわよ、ママ、祥ちゃんの言うこと何でも聞いてあげる、ママ祥ちゃんの大きなおちんちん大好きだから」

母は、母の手では収まり切れないほどの祥平のモノを、強弱をつけて何度も繰り替えし握ったり離したりしました。
その間も祥平は恍惚の表情を浮かべながら、母の乳首を吸い続けていました。

「ママー、おちんちんからしっこ出ちゃう」

祥平が我慢の限界を訴えてきました。

「祥ちゃんどうやって出す?どうして欲しい?」

母が祥平に尋ねます。

「ママのパンティーの中に出したい」

「いいわよママも、ママのパンティーに出して欲しい」

母はパンティを脱ぎ、その脱いだパンティのちょうど大事な所が当たっていた部分を祥平の亀頭の先に当てて擦り始めました。
パンティーのその部分は、母の愛液で白く光っていました。

「ママー、ママーもうだめー、イクよー」

懇願するように祥平が泣き叫びだしました。

「祥ちゃん、いっぱい、いっぱい出しなさい、いっぱい祥ちゃんの精子出して、ママのパンティを汚して」

母がそう言った直後、祥平の体が弓なり反り、まるでストップモーションの様に一瞬止まったかと思うと、ガク、ガク、ガクと3度腰が浮き上がりました。
祥平の亀頭の先から放たれた精子は、第一弾が母のパンティへドピュッと、第二弾はパンティの横からおっぱいにベチャッと、そして第三弾はあまりにも勢いが強く母の顔へビュッと飛び散りました。

「ママー、ママー」と叫びながらも祥平は母の乳首を咥え続け、最後は乳首をぎゅっと噛んだのでしょう、母が一瞬ぷるっと震えたのが分かりました。

それから僕は、この光景を思い出しながら、現在まで何度も、「お母さん」と叫びながらオナニーをするようになってしまいました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

愛玩関係

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン