新着情報

隣の高校生のオナニーを覗きながら

この体験談は約 4 分で読めます。

隣に住む高校三年生との体験です。

彼の見た目は大柄な体型で、ちょっとぽっちゃり形ですがスポーツマンに見えます。
顔はちょっと子供っぽく、優しそうで真面目に見えます。
彼とは朝の時間ちょくちょく挨拶したり、簡単な会話をしてて、お互いの名前ぐらいは知ってる関係です。
しかし、さすが盛んなお年頃の高校生です。
胸元がちょっと開いている洋服を着ているときなどは、ちらちらと胸の谷間を覗いてきます。
そこで、たまにわざとボタンを一個外して谷間が良く見えるようにしたりして遊んでいます。

私は34歳になるOLです。
体型は割りとグラマーですが、着痩せするタイプでお尻も大きめで安産型です。
胸は柔らかく、下を向くと垂れ下がり、ぶらんぶらんする感じです。
乳輪は少し大きめで、乳首は興奮してくると2センチぐらい立ってきて、色も赤黒くなり凄くいやらしい感じです。
あそこの毛は薄めで、足を閉じていても前からクリちゃんが丸見えになり、ビラビラも大きく垂れ下がっていて、ちょっとでも足を開くといやらしく丸見えになり、興奮すると赤く充血してお汁が滴り落ちてきます。

隣の家には高校生が住んでいて、ちょうど彼の部屋からお風呂場が見える位置にあります。
私の家は二階にリビングや脱衣所、お風呂がある間取りで、すぐ隣の家の窓にはカーテンはありますが磨りガラスではなく透明な窓です。
そして1メートルぐらいの距離にお風呂の窓があり、閉めていても磨りガラス越しにシルエットが見えてしまいます。
なのでいつも窓は閉めてあり、透けて中が見えないようにブラインドが閉まっています。
そのためか、彼の部屋の雨戸はいつも開いていて、お風呂場から覗くとレースのカーテン越しに部屋の中が良く見えます。

仕事から帰宅して部屋の掃除をしていたときです。
脱衣所の窓を開けて換気をしていた時、彼の部屋の電気が点きました。
何気に彼の部屋を見ていると、レースのカーテンが開き、窓が少し開きました。
窓際にはベッドがあり、彼の足が少しだけ見えています。
そのまま彼の部屋を覗いていると靴下とズボンを脱いだみたいです。
彼は今、下着だけの格好のようでした。
しかし着替える様子がなく、彼の足だけが見えている状態です。

その時、私は無性に彼の下着姿が見たくなり、部屋の電気を消して、お風呂場に急いで移動しました。
そして窓を少し開けて彼の部屋を覗くと、そこにはなんとトランクス1枚でベッドに仰向けに寝ている彼の姿がありました。
しかも左手には雑誌を持ち、右手で股間をトランクスの上から擦っています。
完全にオナニーしている所です。

私は予想外の展開にビックリして慌てて窓から離れてしまいました。

(まさか彼がオナニーしているとは!)

ビックリしたのも束の間、急に体が熱くなり胸が高鳴ってきました。
普段何気に接していた彼が今、手の届きそうな所であそこを握っているのです。
そう思うと急に興奮してきて全身が敏感になり、あそこが濡れてくるのがはっきりと分かりました。

私は窓に近づき、隙間からそぉっと覗きました。
彼は投稿雑誌を見ながらオナニーしているようです。
表紙には“覗き”とか“素人露出”などの活字と投稿写真などが見えます。
彼に目を移すと、パンツの上からあそこを握り、上下に擦る彼の姿があります。
あそこはすでに大きくなっていてパンツの上からでも形が分かります。
私は彼のモノから目が外せません。
すると今度はパンツの中に手を入れ、あそこを擦り始めました。
手を上下するたび、ちらちらとあそこが見え隠れしています。
私も我慢できなくなり、下着の中に手を入れ乳首を摘み、捻るように摘んだり、引っ張ったりして体を刺激しました。
すでに乳首は勃起状態でとんがっています。

すると、彼はとうとう下着を脱ぎ始めました。
そこにはお腹に付きそうなぐらい反り返り、ビクンビックンと波打つ彼のあそこが見えます。
子供っぽい見た目とは違い、あそこはとても大きく見えました。
彼は右手であそこの根元を握り、ゆっくりと手を上下し始めました。
彼は仮性包茎のようで、手を上下するたびに先っちょが皮から出たり入ったりしています。
その光景がとてもエロチックに見え、私の興奮も我慢ならないものになっていました。
私は左手を下着の中に入れ、中指をワレメに沈み込ませました。
あそこはもうびしょびしょです。
パンツもブラも脱ぎ捨て、とうとう全裸になってしまいました。
彼の先っちょからも、ぬるぬるとした愛液が出てきています。
私は立ったまま足を少し開き、あそこを人差し指と中指で大きく捲り、ビラビラを弾くように刺激しています。
びちびちと音がしてきて彼に気付かれないか心配でしたが、そんなこともうどうでも良くなってしまいました。

もう私は止まりません。
左手で開いたあそこに、右手の中指を入れていきました。
クチョクチョと音がしてあそこのニオイが鼻についています。
彼の手の動きもだんだん速くなり上下のスライドも増えています。
私は声だけは出すまいと必死で堪えながらも、右手の中指と薬指で中の物を掻き出すように弄り、左手はとうとうクリちゃんを刺激し始めました。

その時、彼はあそこを強く握り、思いっきり皮を剥きました。
その瞬間、先端からドクドクと白い精液が出てきて、強く握ったあそこをもう一度激しく一回しごいた途端、さらに凄い勢いで精子が出てきました。
それを見ながら私はクリちゃんを強く摘み、指を奥深く突き立て、全身を痙攣させながらイッてしまいました。
私はその場でへたり込み放心状態になりましたが、あそこに深く突き立っている指を抜こうとした瞬間、さっきの衝撃の映像が脳裏に蘇り、さらに私のあそこに彼のアレが入ってくるのを想像しながら、もう一度全身を震わせながらイッてしまいました。

こんな私のすべてを見られながらオナニーしたらどれだけ興奮するか試してみたくなり、今度、私のすべてを彼に見せつけてみようかと思っています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セーフセックス学習会

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン