新着情報

スノボに行った別荘でエロ猿どもの宴を目撃

この体験談は約 6 分で読めます。

この前、友人達と泊まりでスノボに行ってきました。
男3人と女2人だけど、カップルが1組。
だから俺と友人と女の子の3人で、一緒に滑ったりしてた。
友人は結構格好良いから、俺はダメだな~って思ってた。
滑ってる時も休憩してる時も、2人で楽しくやってたし。

5人で1軒の別荘を借りて、そこで2泊する予定だった。
初日、滑り終わってからは皆ヘトヘト。
夕飯は外食になって、酒やツマミを買って別荘に戻った。
いつ寝てもいいように、初めに風呂に入った。

お風呂から出て再認識したけど、女の子2人ともマジで可愛い。
2人とも24歳だけど、ノーメイクで十分イケてた。
2人共、某会社の受付やってるから、可愛いのは当然か。
俺はカップルの彼氏の方と付き合いが10年ぐらいだから、かなり仲が良い。
酔った勢いで喋ってたけど、彼女は酔うとかなりエロくなるらしい。
だから今回のスノボはちょっと期待してたりもした。
別に俺に何かあるわけじゃないって分かってたけど。

20時ぐらいから飲み出した。
疲れもあるから1時間もしないうちに、まず女の子1人が爆睡。
2階に連れて行って寝かせて、4人で飲みを再開。
コタツだったから、横になったりして飲んでた。
彼氏はキッチンに頭を向けて横になってたから、俺は階段に向かって寝てた。
酒の弱い俺はその後すぐに酔い始めて、そのまま夢の世界へ。
3人が喋ってる声が聞こえる中、ほろ酔いで寝てた。

どのくらい寝てたのか分からないけど、トイレに行きたくて目が覚めた。
ムクッと起き上ってみると、起きてたのは彼女と友人Aだけ。
彼氏はキッチンに頭を向けたまま爆睡。
イビキをかきながら。

階段の下にトイレと風呂がある。
戻ってきてコタツに入ったら、やっぱりすぐに寝ちゃったらしい。

次に目が覚めたのは、ヒソヒソ声で。
ん?と思って目は閉じたまま聞いていると・・・。

「ダメだってば」

「大丈夫だって」

「起きちゃうってば」

「イビキかいてっから大丈夫だって」

そんな押し問答が聞こえてきた。

声の主は彼女と友人A。
何してんだぁ~?と思って薄目を開けてみると、目の前には彼女のケツが。
薄いスエットパンツだから、パンツのラインがクッキリ。
目の前にケツじゃん!と思ってよく見てみると、何か様子が変だった。
彼女はAの方に顔を向けて寝ている。
その向こうにAの肩が見えて、彼女の方に向かって寝てるみたい。
そこで2人がヒソヒソ喋ってるようだった。

「起きたらヤバいってば・・・ンクチュッ・・・クチュッ・・・」

(何だよ!このクチュクチュ音は!)

どう考えてもキスしてる音で、しかも舌を絡ませてる音じゃん!

(何でAと彼女が?)

少し頭がパニくったけど、とりあえず起きる事もできずそのまま待機。
舌を絡ませるクチュクチュ音と、ジュルジュルと唾液を吸う音が聞こえる。
彼女の頭もウネウネ動いてたし、その頭をAが触ってるのも見えた。
こりゃ~ヤバいぞと。
俺の横には彼氏が寝てるってのに、何やってんだと。
酔うとエロくなるとか言っても、いくらなんでもヤリすぎだろと。
小心者の俺の心臓はバクバクでした。

「もぅ・・・ダメッ」

「イイじゃん・・・クチュックチュッ・・・エロいキスだな・・・」

「もぅ・・・アッ・・・ダメッ・・・触っちゃダメッってばっ・・・アッ・・・」

ありえないだろ。
いくら何でも、小声でもやりすぎだろ~と。

体勢から想像すると、やっぱりオッパイを揉み始めたっぽい。
目の前のケツがクネクネ動いてて、俺まで我慢できない感じ。
だって目の前のケツが、クネクネ動くんだよ。
しかも力が入ってるのか、喘ぐ声と連動してケツの割れ目も閉じたり開いたり、突き出してきたりとか目の前で・・・。
でも俺からしたら友達の彼女だし。
ど~しよ~ってマジで思ってた。

初めは目の前のケツと声にドキドキしまくりだったけど、だんだんAに対して怒りが込み上げてきた。
俺は何度か飲んだぐらいの付き合いだったし、昔から仲が良いわけでもない。
彼氏の方が一応仲が良いみたいだけど、詳しくは分からない。

(何なんだ?コイツは!)ってドンドン怒りが込み上げてきた。

どうしようか悩んだ末に俺は、「う~ん」と伸びをしながら声を出した。
目を閉じてたから分からないけど、ガサガサッと動く音がした。
俺はわざと、「あぁ~~~~あ」と大きなあくびをした。
モゾモゾと動いて、頃合いを見て今起きたフリをして起き上がってみた。
見てみると、彼女はソファーに寄り掛かって座って俺を見てる。
Aは動かなかったのか、彼女の方に頭を向けて横になってた。

彼女「おはよぉ~、よく眠れた?」

笑顔で彼女が話し掛けてきた。
内心ドキドキしてるんだろうなって思いながら、「そ~だねぇ~」と答えた。

「イビキかいて寝てたよ」とAが言った。

かいてねぇ~し!
っていうか、俺はイビキかいてるって言われた事ね~し。

「そう?疲れてたからかな~」と言っておいた。

タバコに火を付けてお茶を飲みながらアレコレ考えてた。
これで俺が上にあがったら、またAはちょっかい出すだろうし。
誘いに乗る彼女もどうかって話だし。
ど~するかなぁ~と思ってると、いきなりAが立ち上がった。

A「じゃ俺は先に上で寝るよ」

俺「あぁ~おやすみ~。俺も少ししたら行くわ」

彼女「おやすみ~」

彼氏は俺の横で爆睡してる。

俺「じゃ~彼氏を連れて上に行こうか」

彼女「そ~だねぇ~、ここじゃ風邪引くし」

立ち上がって彼氏を起こして運ぼうとしたが、彼女は結構ヘロヘロ。
見た目以上に酔っ払ってるらしい。
彼氏も、「うぃ~~」とかニヤニヤして真面目に歩かない。
俺だって酔っ払ってるから、彼女と両サイドで担いで運んだ。
階段がマジで怖かったけど、何とか部屋に入れた。

部屋に入ってみると、居ると思ってたAが居ない。
ちゃっかりもう1人の女の子がいる部屋に入って行ったようだ。
ムカついてたから別にいいかと思った。
チラッと彼女の顔を見たが、彼女は別に意識してない感じだった。

女の子2人が1部屋で、男3人が1部屋の予定だった。
女の子部屋はベッドが2つ。
男部屋はベッドが2つとソファーベッドが1つ。
仕方ないから、俺はソファーベッドで寝る事にした。
彼氏が奥に寝て、彼女はその隣。

やっとこれでゆっくり眠れるな・・・と、ほっとした。

電気を消して暗くしたら、速攻で眠気に襲われた。
ウトウトしていると、ゴソゴソ動く音が聞こえてきた。
ん?と思って目を開けると、ちょうど彼女が彼氏のベッドに入って行く姿が見えた。

(何なんだよ~この女は!!)

ホント呆れてイライラしてきた。
さっきまで彼氏の友達とジャレあってて、今度は俺がいるのに彼氏とかよって。
さすがにヤラね~だろ~って思ってたけど、やっぱりゴソゴソ動いてる。
でも彼氏のイビキは続いてて、彼女がちょっかい出しても起きないみたい。
俺も眠かったからそこからちょっと意識が飛んだ。

ハッ!と目が覚めると、なんと・・・彼女はフェラ中。
布団で隠してるっぽいけど、音が丸聞こえ。
ジュッポジュッポ、鳴りまくり。
っていうか、それよりもっとビックリしたのは、隣からの声。
壁が薄いからもうハッキリ聞こえちゃってた。

「アンッ!アッ!アッ!」

デカい声で喘ぎまくり。
その声の中、目の前ではフェラ中。
でも彼氏のイビキは継続中。

(何なんだよ!こいつらは!ここはエロ猿どもの宴か?)と。

友達の彼女を寝取られてるわけでもないから、黙って寝たふりを続けた。
彼氏のチンコが勃起しないのか、彼女は結構舐めてた。
目が暗さに慣れたのと、雪明かりで部屋は結構明るかった。
俺はモロガン見状態。
しばらく舐めてた彼女が動いた。
笑える事に彼女はスエットパンツを脱いでてパンツ姿。

でも布団で俺に見えないようカバーしながらゴソゴソ動いて、とうとう始まっちゃった。
彼氏の上に跨がって、そのままたぶん入れちゃったみたい。
ケツの方を布団で隠してたから、結合部は見えなかった。
でも彼女がゆっくり腰を擦りつけてる動きは丸見え。
生々しかった。
彼女が上に乗って腰を動かしてるのに、彼氏のイビキは継続中だし。
隣の部屋からは断続的にデカい喘ぎ声が聞こえてくるし。

その声に彼女も興奮してるのか、ハァハァ吐息だけ聞こえてた。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

High Pace

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン