新着情報

超優等生が企画する乱交パーティー

この体験談は約 5 分で読めます。

今から10年前、俺が高校2年の時の話。

俺は中学時代からバリバリのヤンキーで、当時工業高校に通っていた。
何の不満も無く女にモテたい一心でツッパっていた。
中学時代から女に不自由する事は無く、勉強もしないで単車と女と楽しい日々を送っていた。

夏休みに入ったある日、近所の幼馴染の美緒(仮名)と家の前で遇った。
彼女は中学から『K』だか『W』だかの私立の中学に通い、更に高校はその上の女子高に入ったらしい。
小学校の時から勉強スポーツ何でもこなし、入った高校も偉く偏差値が高いらしいと噂にはなっていた。

俺はわざわざ23区のど真ん中まで通っている美緒を、『ご苦労なだね、俺みたいに東京の田舎で遊んでるほうがどれだけ楽か』と逆に馬鹿にしていた。
そんな美緒も、近所なのでよくすれ違う俺を蔑んだ目で見ていた。
小学校以来、口も聞いてなかったと思う。

そんな美緒がいきなり、「隆(俺)久しぶりだね、今度の火曜日空いてない?いきなりで申し訳ないんだけど、私の友達たちと遊ばない?」と話し掛けてきた。

小学校の時から美人だった美緒だが、高校生になって更に美しくなっていた。
俺は突然の事にパニック気味だったが、まとめると・・・。
・美緒のクラスメートがヤンキーと遊びたい。
・条件は清潔でカッコ良くて口が堅いこと。
・俺は合格で、後2人連れて火曜日15時に代々木の駅前で待ち合わせ。

約束の日、俺は厳選して連れて来た友達の浩志、秀樹と3人で代々木の駅前に来た。
すると美緒が一人で出迎え、友達のマンションに案内してくれた。
途中で飲み物や食べ物を買い、高級そうなマンションに入った。
今日は友達の両親がいないから遠慮しないで遊んでいって、とのことだった。
その時点で俺たち3人は相当興奮していた。
そしてオートロックをくぐり、部屋へと通された。

玄関でこのマンションの住人の真希と、もう一人の友達恵子が出迎えてくれた。
美緒も可愛いが、後2人も相当可愛かった。

リビングに通されて、美緒が「合格でしょ!」と言った。
すると後の2人も頷いて、「合格」と言った。
なにか見下されているようで気分悪かったが、俺たちはもしかしてこの可愛い3人とヤレるかも!みたいな気持ちが先行して、ヤンキーとしてのプライドは既に無くなっていた。

皆でお酒を飲んだり、タバコを吸ったりして盛り上がった。
彼女たちは暴走族の話や喧嘩の話にも興味津々だった。
俺たちにしてみれば、進学校のお嬢様たちがタバコや酒を飲み、キャミソールにミニスカートみたいな格好をして俺たちと遊んでいるほうが不思議だった。

夜になり、女子がコソコソ作戦会議を始めた。
会議が終わるとほろ酔い気味の美緒が、「真希は隆、恵子は浩志君、私は秀樹君が気に入っちゃった」と発言した。
するとそれまで並んで座っていた女子たちがバラバラになり、それぞれ気に入った男子の横に座って抱きついてきた。
そしてそのまま雰囲気に呑まれるままキスをして始まってしまった。

美緒が、「絶対に皆ゴムだけはしてね」と、テーブルの上にコンドームを20枚位広げた。

変な世界だった。
今日知り合った真希の上に乗り、俺は一生懸命腰を振っている。
周りを見ると、優等生で地元では憧れられている美緒は秀樹の上に乗って大きな喘ぎ声を出しながら腰を振っているし、恵子は浩志の股間に顔を埋め一生懸命咥えている。
俺は美緒の姿にどうしようもなく興奮していた。

皆それぞれ1回戦が終わった。
真希は俺にベッタリまとわりついて離れなかった。
皆満足気だったが、真希は特に俺から離れようとしなかった。

すると恵子が、「真希、相当良かったみたいだね!私も隆君としたいな!」と言った。

真希は不満そうだったが、「じゃあしょうがないけどシャッフルしようか」と言って俺から離れていった。

美緒が、「皆で一緒にシャワー浴びない!」と提案して、皆で大きなお風呂に案内されてシャワーを浴びた。
全員がお互いの体をまじまじ見る。
女子より男子のほうが照れくさそうだった。

サッパリしたところで、俺は恵子、真希は秀樹、美緒は浩志でカップルになり、また始まった。
俺が恵子の股間に顔を埋めていると、俺の尻と柔らかい女子の尻が擦れあった。
ふと後ろに目をやると美緒が大きくお尻を突き出し浩志にフェラをしている。
あまりにもパックリしたアソコが俺の後ろに突き出されているので、俺は思わず指を入れた。

すると美緒はものすごく大きな声で喘ぎ、「隆・・・イッちゃうからやめて・・・」と声にならない声で言う。

すると恵子が、「今は私だけの隆君だよ!」と半分怒って言った。

女子3人の大きな喘ぎ声が響く中、2回戦が終わった。

そしていよいよ俺と美緒がカップルになった。
美緒は俺の胸に顔を埋め、「小学校の時、ヤンチャな隆が好きだったんだよ」と告白された。
俺は凄く嬉しかったが、これから美緒とセックスすると思うと少し複雑だった。
美緒の両親も知っているし、地元では有名なマドンナだ。

(俺みたいなヤンキーがヤッていいんだろうか?)

そんな悩みも美緒にキスされて吹っ飛んでしまった。

とにかく俺は頑張った。
美緒に馬鹿にされないよう、一番ねちっこく攻めた。
美緒も俺を喜ばせるために69の時とか一生懸命やってくれた。
そして3回戦目が終わり、美緒が耳元で、「隆が一番上手だったよ」と囁いてくれた。

皆一巡してようやく落ち着きを取り戻し、また全員でシャワーを浴びた。
全員一度服を着直し、男女別々のソファーに座りビールを飲んだ。

浩志「お前ら頭のいい学校通ってるのに凄いな!」

真希「私たちみたいな進学校の女は全員処女で勉強ばかりしてると思った?」

男子全員頷くと、女子一同大爆笑しだした。

恵子「うちの学校、皆遊びまくってるし、進学校だからって処女探すほうが都内じゃ難しいよ!」

美緒「勉強は勉強、彼氏は彼氏、セックスはセックス、ちゃんと分けなくちゃ。ちなみに全員彼氏いるからね!」

さらリと言う。
俺たちだって全員彼女はいるが、同じ東京でも23区と都下ではこうも違うのかと愕然とした。
3年になると皆受験で本当に忙しいらしく、2年の夏休みまでに遊びまくるのが定番らしい。
それでも元々天才的な頭脳を持っている彼女たちは難なく一流大学に入るそうだ。
乱交パーティーなんてしょっちゅうやってるし、カッコいい男とのセックスは大好きらしい。
逆にこの3人はまだ大人しいくらいで、クラスメートはもっと色々遊んでいるみたいなことを言ってた。

女子たちの今回のテーマは『昭和のヤンキー』だったらしく、「それなら私の地元にいる」と美緒が言って、俺に白羽の矢が立った(かなり複雑だったが・・・)。
絶対に口外だけはしない約束で俺たちも楽しんだ。

結局朝までヤリ続け、惜しまれながらもお別れをした。
メアドも交換しようとしないし・・・。
(男子は未練たらたらだったww)

その後、近所で美緒と会うと、会釈はしてくれるが一切今日まで話す事も無い。
楽しい夏の乱交パーティーだった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

sexual

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン