新着情報

後輩の童貞君2人にセックスを教えながら3Pしちゃった

この体験談は約 5 分で読めます。

17歳の後輩2人に、「エッチの仕方を教えて欲しい」って頼まれて、OKして3Pしちゃいました。
2人の男の子におっぱいを犯されて、おまんこがジ~ンとしてしまいました。
2人とも赤ちゃんみたいにおっぱいに夢中で吸い付いて可愛かった。

A君のおちんちんをフェラチオしている間、B君の顔に乗っておまんこを舐めてもらった。
すぐにA君が射精してしまったので、B君と69をしました。
B君もすぐに射精してしまい、おまんこが切なくなったので生でやっちゃいました。

初めにA君とやりました。
A君に、「好きな体位でやって良いよ」と言うと、「後ろから・・・良い?」と言われ挿入されました。
A君のは少し小さめだったけど私の入り口もキツめなのでちょうど良いくらいでした。
A君はゆっくり腰を動かして私のおまんこを味わっていました。

A君「先輩の暖かいし柔らかい・・・身体もムチムチしてて気持ち良い」

私「A君のも硬くて気持ち良いよ・・・それと結構上手いよ」

B君が寂しそうだったので、「こっちにおいで」と誘い、B君のおちんちんをしゃぶりました。
A君も慣れてきたのか腰の動きが速くなり、私もA君が出たり入ったりすると気持ちよくなりました。

A君「先輩のおっぱい揺れてエロいよ・・・あぁ凄い」

私「んっ・・・んぁ乳首つまんじゃ・・・あっ!」

A君「先輩の大きなおっぱい・・・乳首もこんなに硬い」

私「A君凄い・・・もっとしてぇ」

B君「・・・あっ!!」

いきなりB君が射精をしてしまい、顔にいっぱい掛けられてしまった。

私「あぁ~ベトベト・・・口に出して欲しかったなぁ」

B君「ごめんなさい、我慢できなくて」

私「良いよもう一回出して」

B君「ハイ!」

A君「先輩のまんこ・・・トロトロ」

前の口も後ろの口もいっぱい掻き回されて、エッチな音が出てた。

B君「あぁ・・・もう出そうです」

私「ん?良いよ口にいっぱい出して」

B君「あぁー!!」

一気にドクっ、ドクって出てきた。
勢いが凄くて口からこぼれちゃったし、少し飲んじゃった。
ドロドロでゼリーみたいなのもあって熱かった。

A君「先輩!そんなにまんこ締め付けたら・・・あっ・・・俺もイクよ」

私「うん良いよ、私もイクから」

A君「あぁイク、イクイクッ」

私「来て来てー」

A君「あっ出る」

私「あっ、え?中に出してる・・・?ぃやぁ膣内に・・・いっぱい・・・あぁ熱い」

A君にしっかり中出しされました。
正直予想外でした。
生でやってるし、最後は外に出してくれるのかと思っていました。
でもA君が全部出し切るまで繋がったままでした。
初めての中出しを後輩のA君に奪われてしまいちょっとショックでした。
ちゃんとA君は謝ってくれました。
それに中出しって気持ち良いってことに気づきました。

私「1回も2回も同じだから全部中出しで良いよ」

2人「マジ?良いの?」

私「その代わり、妊娠したら2人とも責任取ってよね」

2人「ウン」

私「それでB君は、私にエッチするのと、されるのどっちが良い?」

B君「されたい・・・です」

私「分かった、寝て。私がエッチしてあげる」

B君「あぁ、入る・・・あぁ」

私「B君のA君のより太くて・・・あっ、なかなか入んない・・・あぁ、まだ根元まで」

B君「凄いキツい・・・先輩のまんこ凄い締まってる」

私「あ~ぁ入った!B君の太くて奥まで届いてるよ、分かる?当たるでしょ」

B君「当たってる」

私「凄い・・・、じゃ動くよ」

B君に乗っかってB君を犯してあげました。
動くとB君は凄く気持ちよさそうにしてくれました。
私が動いてる間、B君におっぱいが大きくなるように揉んでもらいました。
乳首が気に入ったみたいでずっとコリコリしてました。
そのせいで乳首がカチカチになっちゃいました。

B君「あっ・・・!!」

私「えっ?もうイッちゃったの、早いよ・・・まだ私、気持ちよくなってないのに」

B君「でも先輩のまんことおっぱいが気持ちよくて」

私「B君すっごいエッチだね。イッたのにまだ硬くて大きいよ?もっとしたいんでしょ、凄いエッチなおちんちんだね」

そして私がイクまでB君とエッチし続けた。
その間にまた射精されて、ドロドロになりながらB君と交尾した。

私「ああぁ!B君いい・・・凄いの・・・奥に当たってるの」

B君「先輩も凄い・・・こんなの凄い・・・お尻が柔らかい」

私「B君ってすっごいエッチ、私に2回も中出しして子供作る気満々ね」

B君「だって先輩が・・・」

私「本当に出来たらB君パパだよ、それで私がママ」

B君「ママ?」

私「そう、ママになるの・・・頑張ってパパ」

B君「ママ・・・ママァ・・・あぁママー、ママのまんこが」

私「あっパパイク・・・パパ、私イク・・・イク」

B君「ママ・・・パパもイク、一緒にイク」

私「ああぁ!!・・・あっ!」

B君「あっ出る」

私「パパのいっぱい出てる・・・熱いよ」

B君「ママ!!」

騎乗位で連続3回中出しされたので、いっぱい精子が出てきておまんこがドロドロになった。
B君はしばらく疲れて動かなかった。
私もB君との子作りで疲れていたけどA君に無理やり犯された。

A君「うわぁ先輩のまんこ、Bのでドロドロだ、確実に妊娠したんじゃない?先輩アナル貸してね」

私「嫌っ、やった事ないし」

A君「こっちの処女は俺のものね。Bと本気でSEXするんだもん、もう我慢できないよ」

私「嫌だ、入れないで・・・あっ!!」

A君「あっ!すげー超キツい、俺も先輩と本気でSEXしたい」

私「嫌っ、動かないで抜いて」

A君「いいよ抜くよ」

私「あぁ!!!・・・凄いっ・・・嫌」

A君「抜くよ?」

私「あっ、ダメ、抜かないで。続けて」

A君「先輩も気に入ったの?」

私「ウン・・・凄くいいの」

初めてのアナルなのに気持ちよくってハマってしまいました。
ちょっと変態なのかな?

私「あっあっあっ!・・・激しい・・・あぁ」

A君「凄い・・・もうイキそう・・・先輩イクよ」

私「凄い、私ももうダメ・・・限界」

A君「あぁ・・・!!!出てる」

私「はぁぁ・・・あぁぁぁ!!!」

A君にアナルの処女も奪われて、しかも中出しされて、その後も2人に輪姦されました。

後日談。
A君は新しい彼女と仲良くやっています。
B君とは月1で、安全日にエッチを中出しで教えてます。
私にも新しい彼ができて、ゴムかアナル中出しで仲良くしています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

秘密の園

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン