新着情報

思い出すだけで疼いてしまう外国人パイロットとの乱交

この体験談は約 5 分で読めます。

フライトアテンダントになって5年、昨夜ハワイから戻ってきました。
ここ数回フライトでハワイに行く度にぐったりなのですが、その最初の時の出来事をお話します。
思い出すと今でも下半身がうずうずしてしまい、明日からのパリへのフライトでもまた期待してしまう自分が少し恥ずかしいのですが・・・。

仕事が終わってホノルルのホテルへ到着した時のことでした。
ホテルの部屋に今日のキャプテンから電話があり、「お疲れ様、よかったらランチでも一緒にしない?ご馳走するよ」と。
よくあることなので「いいですよ」といつものようにロビーで待ち合わせをした。
通常このような場合は数人で集まるのですが、今日はキャプテンのトミーひとり。
考えてみたら彼はハワイ在住のパイロットでホテル宿泊者ではないのです。

あれ?と思い、「誰が来るんですか?」と尋ねると、「君坂君(彼は別の便のパイロット)が先に言っているから合流しよう」と言われ、ホテルを出ました。

彼の車で向かった先は高級住宅街にある一軒屋。
え?これがレストラン?という素敵な建物でした。
インターフォンを押すとサーバントが出てきて、予約していることを彼は告げて私をエスコートして中に入りました。
高級住宅にあるプールの横のテーブルに君坂さんがいて手を振っていました。
それからはシャンパンを飲みながら魚介類を中心とした美味しいイタリアンを頂きながら、楽しい時間が過ぎました。

1時間半くらいが過ぎた頃、睡眠不足のフライト後のお酒は私を心地よく酔わせ、楽しい気分にしていました。
そんな時、後ろのブラインドが開き、リビングルームのような素敵な部屋がありました。
大画面にはいわゆるエッチビデオが流されていたのですが、私は別段それを気にすることもなく、シャンパンで口を潤していたときのことです。
トミーが後ろから坐っている私に抱き付いてきました。

ふざけているのかと思い、「もう、駄目」とか言って振り向くと彼は全裸。
驚いていると前から君坂さんが私を立ち上がらせ、私は全裸のトミーに後ろから抱えられ、前からは君坂さんに足を抱えられて、リビングの奥にあるベッドに連れて行かれました。

「やめてーーーぇ、やめてください」と言う間もなく、トミーにはワンピースのストラップを下ろされておっぱいを揉まれ、君坂さんにはスカートを捲り上げられ足を広げて膝で押さえられ、Tバックのパンティをずらして恥ずかしい場所を舐められていました。

トミーのペニスは20cmはある大きな鉛筆型でした。
私は彼のペニスをしゃぶり、思わず彼の感じる顔さえ見てしまうほど興奮していました。
その間に君坂さんはズキズキするほど感じている私のクリトリス・ヴァギナ・アナルを指で弄んでいましたが、突然、大きなペニスが入ってきました。

「うー君坂さん、大きーーぃ」と叫んでしまうと、「違うよ、俺はここだよ」と彼は黄色いビキニブリーフ一枚で、デジカメ片手に私がトミーのペニスをしゃぶる姿を撮影していました。

はっとして、「誰?」と叫びましたが、トミーに、「もっと気持ちよくして」と顔を抑えられ、後ろからも大きなペニスでピストンされるので感じて、「あーん、あー・・・」と声を上げてセックスに夢中になっていました。
もうどうにもならない絶頂で、トミーのペニスから射精される多量のスペルマを顔に掛けられ、犯されていたペニスは私の背中に大量のスペルマを放出していました。

私は思わず疲れて、「たばこ取って」と叫ぶと、トミーがたばことバスローブをくれました。
そして「どうだった?」と・・・。

「これはレイプですよ」と言うと、「セックス好きでしょ。いいじゃない、楽しめば」と言われ、思わず笑ってしまう自分に自分で驚いてしまいました。

バスローブを着て、リビングソファーに言ってたばこを吸って、初めて私を犯した男性の顔を見て驚きました。
これもまた同僚の黒人クルーで、男性が5人もいたのです。
みんなでシャンパンを片手に休憩しながら、「なぜ私なの?」と聞いたら、他にもこのようなパーティに参加している女性クルーは2名いて、まだ入社2年目の子と先輩ベテランクルーでした。
よく見るとそこに流れているビデオは先輩ベテランクルーと3人の男性がセックスしているビデオで、彼女は何度もこのような会に参加しているそうです。
私はトミーと食事をしながら、時々エッチな話も冗談半分で話していたのですが、彼が私のことを気に入り、半年がかりで計画したということでした。

そんな話をしている時も周りの男性におっぱいを触られたり、足を触られたりしていました。
私はピルを飲んでいるし、クルーなら6ヶ月点検でHIV検査もまめにしているから安心なので、生出しOKを伝えると、みんなが大喜びとなり、シャンパンを飲みながら、常に2人か3人の男を同時に相手をして、疲れるとプールに飛び込んで汗を流し、また食べてはセックス。
5人の男に、何度犯され何度射精されたかわからない状態でした。
そんな中で、自分の中に出された誰のものかわからないスペルマの逆流を、男性全員に見られることにすごく興奮して、思わずまた濡れてしまうという感じでした。

夜11時すぎまでそんなことを繰り返しましたが、トミー以外のみんなが帰り、私は疲れ果ててトミーに抱かれてそのままベッドで眠りました。
翌日は昼過ぎにトミーのペニスの挿入で起こされ、彼に時間をかけてセックスをされ、「ボクにはアナルもさせて?」と言われて、初めてのアナルセックス。
彼の誘導が上手なのか、これもすごい快感でした。
これが最初の私の出来事でした。

それからはトミーとはなぜかフライトが増えて、彼とフライトする時や彼と会うタイミングの時はいつも彼とセックスするようになって1年が過ぎています。
明日からのフライトは彼と一緒で、またパリで乱交計画があるようです。
それを考えると興奮してしまうのですが、今晩はトミーの滞在ホテルで、まずは二人だけのセックスです。

彼とはノーブラなのが明らかによくわかる服装で会うようにしています。
スタイルも変わりました。
1年前は168cmでバストDカップ、ウェスト63cm、ヒップも86cmという体型でしたが、今はFカップ、ヒップも90cm、ウエストは60cmと引き締まり、自分の体型がいやらしくなっていることを実感しています。

沢山吸われているからか、乳首は少し色が濃くなり乳首が大きく突き出してきました。
仕事でない時はノーブラで外出して、男性の目が乳首に行くと思わず見せ付けたくなってしまいます。

トミーはそんな私を見て楽しんでいるようで、わざとミニスカートで落ちた物を取らせたり、他の男の視線を集めるようなことをしてきます。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セックスフレンド

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン