新着情報

俺と親友と超美乳な彼女の寝取られ3P[中編]

この体験談は約 9 分で読めます。

しばらくの間、2人が舌を絡める音だけが部屋に響き渡っていた。
2人は中腰になってお互いの身体に向かい合っている。
景子は親友君のチンコをパンツの上から形が分かるように擦っていて、親友君は右手で景子の胸を揉みながら、左手で景子のクリトリスらへんを、パンツの上からゆっくり円を描くように触っている。

俺はその様子を見ながら無意識のうちに自分のチンコを弄りだしていた。
さっきの入り交じった変な気持ちは、もう目の前で起こっている出来事を処理するための燃料になっているとしか思えない。
『あーもう!』って叫びたいんだけど、それを我慢して飲み込んでいるこの状態が気持ちよくてたまらない。

親友「なにこれ、めっちゃ濡れてんじゃん」

親友君の一言で、景子が身体を一瞬くの字に折り曲げた。

景子「・・・ちょっと、やだ、パンツの中はダメ・・・」

親友君はパンツの脇から指を入れて直接景子のアソコを触っていた。

親友「もう脱いじゃいなよ、パンツ汚れるよ」

それに負けない景子は、「まだ王様に命令されてないもん」と微かな抵抗。
でもそう言いながら、景子も景子で親友君のパンツの中に手を入れて、明らかにチンコを握っている。
それを見ている俺、完全にドキドキしすぎて無口状態。
あまりにも非現実的すぎて、AV観てるときと同じ感覚に陥っているのが分かった。

親友「王様、次どうする?」

親友君が俺に向かって言った。
もはやゲームの意味がなくなっている。

俺「じゃ、じゃあ、続けて」

俺の一言で、一気に景子は体勢を崩して親友君に身体のバランスを預けた。
景子は、「あ、あ、ちょっと、それヤバい」とか言いながら、親友君の手がパンツの中に入ってきていることへの抵抗はそこにはもうなかった。

そこからは、もうあっという間だった。
親友君が景子のパンツを脱がそうとすると、景子は黙って自分からパンツを脱がしやすいように足を浮かせた。
親友君はパンツを脱がせながら景子の乳首を舌先でチョロチョロっと舐めている。

景子は、「あ、あ、あ、ヤバい」って声を漏らす。

明らかに気持ちよくなっているのを隠せないでいる。
親友君はやっぱり器用で、右の乳首と左の乳首と交互に舌を転がしながら、右手で景子の腰を抱いて、左手で手マンをしていた。
さっきまでキスの音が響いていたこの部屋は、今はクチャクチャってよりもヌチャヌチャっていうエロい音が響いている。
俺の部屋は間接照明なのでちょっと暗めの明るさだったんだけど、景子のアソコから流れてくる液体が内股に沿って流れてくるのがはっきりと見えた。

(いつも俺としてるときこんなに濡れてたっけ?)

普段のSEXを思い出そうとしても、全く思い出すことができなかったのが不思議だった。

最近思い出してよくオナニーするんだけど、景子が膝立ちをしながら足をちょっと開いて、腰をくいっと後ろに引き気味にして、顔を上に向けながら親友君のおっぱい攻めを受け入れているこの時の姿が、俺の中では強烈に印象に残っていて、今思い出してもめっちゃ興奮する。
よくAVとかであるようなシーンって言えば分かるだろうか。
普段は肩よりちょっと長いくらいの髪の毛が、だらんと背中あたりまで垂れているような、あの状態のこと。

親友君の手マンはガタイほどパワー任せではなくて、どちらかというと、じっくり中のツボを刺激するタイプらしい。
実は景子は激しいのよりも、そういう優しい攻められ方が好きで、付き合い始めの頃は激しく攻める俺のやり方に対して不満だったようで、「もうちょっと優しくして。AVの見過ぎ」って怒られたことがある。
もちろん、そういうの知らないで親友君はやってるんだろうけど、景子の心の中では確実に合格点を出しているに違いなかった。
その証拠に、もうさっきから確実に甘い声が漏れている。

景子「あっ!あっ!気持ちいい!ヤバい、ちょっとコレもう我慢できないんだけど」

親友「いいよ、気持ちいいの我慢しないで」

親友君も優しく誘導。

景子「ダメ、ヤバい、イクかも・・・」

我慢できなくなってきた景子。

親友「いいよ、どうぞどうぞ」

親友君、若干手つきが速くなってきた。

景子「あー、もうダメ!イキそうっ、イクっっ、ああっ・・・イクっっ」

って声の後で、景子の足が震え始めた。
何秒か間を置いて、「お願い、指抜いて・・・」と景子。
親友君が手の動きを緩めて、そっと指を抜くと、そのまま床に倒れ込んだ。
景子の呼吸は、「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」って荒くなっている。
そうそう、これ、俺が手マンしてイカせた時と同じ状態。
ちなみにその間ずっと俺は、ギンギンになった自分のチンコを弄って見てただけ。
親友君もちょっと息が荒くなってたが、パンツの上からでも分かるくらい、親友君も物凄く勃起しているのが分かった。

何秒か何十秒か分からないけど、ある程度呼吸を整えた景子は、テーブルの上のワイングラスの中身をグイッと一気に飲み干して、「うー・・・、ヤバい・・・」とつぶやきながら、部屋の隅にあるベッドにそのまま仰向けの状態で倒れ込んだ。
あれ、飲み過ぎたかな?って、ちょっと心配したんだけど、ヤバいのはお酒のせいじゃないってことが、その後の会話ですぐに分かった。
仰向けで天井を見上げながら景子は、「王様、さっきから何やってんの?」と俺に話し掛けてきた。

「何って、見てたよ」と普通に答えてしまう俺。

景子「うそだね、ずっと一人でしごいてたでしょ、わたしチラチラ見てたよ」

冷静に突っ込む景子。
それに対して何も言えない俺。

景子「じゃあ今から私、親友君とどうしたらいい?」

俺「どうって、とりあえず続きを・・・な、親友君」

俺が親友君の名前を言う前に、親友君はベッドに歩み寄っていた。
親友君はベッドに上がる間際で自分でパンツを脱いでいて、ギンギンに硬直したチンコを景子の目の前に差し出しながら膝立ちしていた。
景子はさっきまでの俺との会話を一瞬で忘れたかのように、上半身をひねりながら身体を起こして親友君のチンコにしゃぶりついた。

なんて言うんだろう。
すごい喉が渇いている時に水を一気に飲むような、すごい寒い日の温泉の露天風呂で脱衣場から湯船までダッシュで駈けて行くような、そういうちょっと前のめりなスピード感で、親友君のチンコを自分から咥えにいった。
正直、これにはちょっと俺も驚いた。
景子がこんなに自分から欲しがる姿って、正直今まで一度も見たことがなかった。

“ちゅぱっ、ちゅぱっ、ちゅぱっ、ちゅぱっ”っていう、さっきの手マンのときとは違う音で部屋が満たされた。

ちょうど自分が居た場所からでは、角度的に景子が咥えているところが見えなかったので、ベッドの足元にあたる方へ移動して座って眺めた。
景子は俺の視線を無視して、親友君のチンコを大事そうに舐め尽くしている。
左手で玉を包み込みながらちょっと揉みほぐしつつ、右手で竿の根元の部分を軽く握っている。
舌はいわゆる裏スジのところを丁寧に、でもすごく大胆に這うようにして舐めたかと思えば、ちょっとすると今度は頭のところを口の中に頬張るようにして、咥え込む。
咥え込んだ後は強烈に吸い込む力でカリの部分を刺激しながら、頭を小刻みに上下させる。
この時、口の中では舌を思いっきり絡めてカリの周りを一周したり、尿道の入り口のところに舌をちょっとだけ入れたりしながら、適度な周期でそれを繰り返す。

全部、俺が6年間かけて教え込んだ技だ。
それを今、景子は俺ではない別の男のために全力で駆使している。
俺の胸の中でうごめく強烈な感情が心臓の鼓動にのって全身を駆け巡る。
親友君に胸を見られて興奮した時とは比べ物にならない興奮が、俺の脳みそを刺激する。
悔しいけど、俺は今、人生で最高に満たされている気分だってのを自覚していた。
人に説明してもたぶん理解してもらえない。
分かる人には分かるんだろうけど、たぶんこの気持ちは、目の前にいる親友君や景子にも、理解してもらってはいないんだろう。
そう思うと、なんだか自分が世界で一番の幸せ者なんじゃないかって錯覚すら覚えてきた。

(ヤバい、これ、ハマるかも)

しばらくの間、俺は自分でチンコを弄りながら、親友君のチンコをしゃぶり尽くす景子の姿を眺めていた。
親友君は薄っすら目を閉じて気持ち良さそうな顔をしている。
そして当たり前のように両手で景子の胸を触りまくっている。
んで時々、親友君が景子の乳首を軽く指で刺激すると、景子も、「ん・・・」と甘い声を出して感じている。
実はこれも景子が好きな乳首の攻められ方で、絶対にこれやると濡れるっていう俺的必殺技でもあるのに、親友君は難なくそれをやり遂げている。

(ん、親友君、女っ気ない割にはテクニシャンか?)とか、冷静に分析までしてしまっている俺。

だんだん首が疲れてきたのか、景子は身体を完全に起こして正座の状態で親友君のチンコを咥え直した。
その間、ずっと口からチンコを離さなかったのが景子らしくなくて良かった。

で、その体勢になったタイミングで、ほんと一瞬だったんだけど景子が俺の方を見て、目が合った。
なぜかドキっとしてしまった俺は、景子の顔を2度見したんだけど、その時はまた軽く目を閉じて、また再び、親友君のチンコを味わうような顔に戻っていた。
俺はその時、(もしかして今のが合図なのかも?)って思ったら、居ても立ってもいられなくなって、それまで穿いていたパンツを脱ぎ捨てた後に、何も言わずに景子の横で膝立ちをしてみた。
俺の気配を感じ取った景子は、それまで閉じていた目を開けて、親友君に対して少しだけ上目遣いの顔を送った。
なんてことはない仕草なんだけど、ものすごい嫉妬を感じてしまったのを覚えている。
でもすぐに親友君のチンコを口から離すと、今度は俺のチンコを左手に持って舐め始めた。
右手にはまだ親友君のチンコを握ったままで、ここで初めて、いわゆる3P状態に入ったわけだ。

そのあとはひたすらエロい世界に没頭した。
俺と親友君は、ギンギンになったチンコを景子に自由にしゃぶらせ続けた。
景子は何も言わず、一心不乱に両方の手を上手に使いながら、俺たちのチンコを交互に舐めまくる。
またAVの話で申し訳ないんだけど、よく見るあの光景だ。

ふとそこで、「なんか俺たち、すげーことしてるね」と、親友君が久しぶりに口を開いた。

「ね、俺、興奮しすぎてヤバいよ」思わず俺も本音を漏らす。

「ていうか、景子ちゃんフェラうますぎ」とニヤニヤ笑いながら言った親友君の一言に、「ほんと?てか、私も、実は、結構興奮してきて、ヤバいよ」と、景子がフェラチオの合間に言葉を紡いで返す。
その景子の言葉がさらに俺の心の中の感情を盛り上げた。

景子「ちょっと、王様、なんか、さっきより、硬くなってきたんだけど・・・」

俺「え、ばれてる?」

景子「バレバレw」

景子は笑いながら俺を見上げて言った。
で、ついにそこで親友君が次の行動に出る。

友人「景子ちゃん、そのまま王様のチンコしゃぶりながらでいいからさ、四つん這いの姿勢になってよ」

景子は最初、“ん?”って顔をしてたんだけど、親友君が何をしたいかすぐに理解できたようで、顔の正面に俺のチンコを咥えるような姿勢で、親友君の方にお尻を向けて四つん這いになった。
親友君は、景子のお尻の方に座り込んで、景子のアソコを人差し指で触りだした。

親友「景子ちゃん、さっきよりも濡れてんね」

景子は、「あ・・・」と甘い声を漏らしたあとに、「もうね、自分でも濡れすぎてるの分かる」と素直に認めた。

それを聞いて、「じゃあ、これ、いただきます」と言いながら親友君は景子のアソコに顔を近づけてクンニをし始めた。
親友君が口や舌を動かす度に、ピチャピチャピチャピチャって音が景子のアソコから漏れてくる。

景子「あああ!ダメ、そこ、気持ちいい!あああ・・・」

景子はさっきの手マンの時よりも大きな声を張り上げた。
その声をまるで無視する親友君は、ひたすら景子のクリトリスや穴の部分を丁寧に刺激し続ける。

景子「あん!ああん!ちょっと、本当にもう、あん!おかしくなっちゃうよう・・・」

「おかしくなっちゃまずいね、じゃあもうやめとく?」と親友君からいじわるな一言。

「やだ、やめないで、お願い、続けて!我慢できないの」と懇願する景子。

「ぶっちゃけ、俺ももう我慢できなくなってきたよ」と親友君。

「景子ちゃん、挿れてもいい?」と、畳み掛ける親友君。

景子「うん、お願い、挿れて欲しい・・・」

景子が消え入るような声でつぶやいた。

親友君は、「ゴムある?」と俺に聞いてきた。
それに対して景子が、「うちら、いつも付けないから・・・」って言うと、親友君がチラッと俺に目配せをした。
俺は無言で頷くと、親友君はさっきまでクンニしていた景子のアソコにチンコの先をしばらく擦りつけたあとに、そのまま生で挿れた。
その瞬間、景子の口から、「はああああぁぁんっ!」って大きな吐息が漏れた。
俺としてる時いつもそうなんだけど、景子は今のこれがたぶん一番好きなんだと思う。
挿れた瞬間に大きな声を出すのはいつものクセだ。

「うっわ、景子ちゃんの中、きっつ・・・」と思わず感想を漏らす親友君。

すかさず景子も、「ていうか、親友君の、すご、硬い・・・」って、顔を若干しかめっ面しながら、受け入れていた。

親友君はゆっくり景子の膣中にチンコを押し込みながら、徐々に徐々にゆっくりと景子の一番奥まで押し込めていった。

景子「ああああああんっ!もう、中、当たってる・・・、きもち、いい・・・」

景子の声が一段と大きくなった。
んで、そのままバックで親友君が腰を振り始めた。

景子「あぁ!あぁ!あぁ!あぁ!」

景子は言葉にもならない声を出し続けながら、喘いでいる。
でも俺へのフェラも止めてはいなかった。

後ろから人に突かれる景子の正面の顔を見るのも、もちろん俺は今が初めてだった。
バックの体勢で、下向いてもきれいな形のまま垂れている景子の胸も、やはりめちゃくちゃキレイだった。
そんな目の前の光景を見ながら、俺の中ではもうすでに心臓バックバクを通り越して、(夢でも見てるんじゃないだろうか?)って気さえしてきた。

いや、夢でもここまで凄い光景は見たことがない。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

妻会

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン