新着情報

グラドルの卵だった爆乳女に聞かされた業界エロ話

この体験談は約 4 分で読めます。

彼女ではないが、セフレのA美からされた告白。
A美は、165センチ、Gカップのムチムチ感たっぷりの体で、見た目は目力の無い爆乳の岩佐真悠子。
胸が本当にデカく、キャミなんかを着ると胸の所だけが異様にパンパンに膨らんでて、見ているこっちが恥ずかしいくらい。

そんな容姿だったから、グラドルの卵として芸能事務所に入ってた頃、ある一時期に都内のマンションをあてがわれ、社長に肉便器として飼育されてた事をカミングアウトされた。
なんでもピルを飲まされていたので、いつも社長に好きなように生ハメ、中出しされて、出された後は、いつも社長の命令でマンコに指を突っ込まされ、中出しザーメンを使ってオナニー。
そうやってオナニーすると、ザーメンの生あったかさとヌルヌルした感触が物凄くいやらしくて興奮し、いつの間にかザーメンでオナニーするのが癖になっていたらしい。

そのうちA美の性癖に気づいた社長が男を何人か引き連れて来るようになり、バイブでオナらされてる真っ最中に何人分もぶっかけられたり、カリだけハメられて手コキで中出しされた。
クリトリスをカリで擦られながら射精されたり、乱交モノのAVよろしくマンコをザーメンで汚され続け、そうやってぶっかけられたり中出しされたザーメンを使ってオナニーするのがたまらなく気持ちよかったらしい。

さらにA美のマンコは『生オナホール』と呼ばされ、気づいたら知らない男の人に向って「生オナホールをいっぱい使ってください」と、自分からおねだりするくらい変態になっていた。
知らない男どもにオナホールで激しくチンポをしごかれ、たっぷり中出しされ、何回もイキきまくっていた。
そうやってどんどん堕ちていく自分がたまらなく気持ちよかったみたい。

結局マンションでの囲われ生活は3ヶ月ちょっとで終わったらしいのだが、今でもその社長からは連絡があるようで、もしかしたら今でも社長とその取り巻きに呼び出されて、肉便器扱いされ散々中出しされてるのか?と考えてしまう。

A美に告白された衝撃的な内容は他にもあるが、一番はビデオ撮影の話。
社長の連れて来た知らない男どもに代わる代わる中出しされる一部始終をビデオに撮られ続けた。
その間中ずっと、自分にされている恥ずかしい事、いやらしい事をカメラに向って実況中継させられた。
知らない男に生ハメされて身悶えしながら隠語を言わされた。

「A美のオマンコに知らない人のオチンポが入ってます」だの「知らない人のオチンポでオマンコ凄く気持ちいいです」だの、生中継させられながらイキまくったみたい。

もちろん、中出しされている真っ最中もカメラを見つめたままでの生中継を強要され、「今、A美のオマンコにいっぱい中出しされてます」だの「オマンコの中でザーメンがドクドクしてます」と言う。
狂いたくなるくらい恥ずかしい事を何度も言わされながらも、自分の中でチンポがビクビクしながら射精し続ける感触に背筋がゾクゾクするくらい興奮してしまって、イッてしまった。

中出しされた直後に次の男に生ハメされると、ザーメンがローションのようになって、マンコの中とチンポがヌルヌルで物凄くいやらしい感触になり、興奮しまくった。
次第にもう何もかも全部どうでも良くなって、自分から「A美の肉便器にいっぱい中出しして下さい!」とおねだりしてしまった。
そうやって何人も連続で生ハメされて、中出しされ続けて数えきれないくらいイキきまくった。
そんな様子を最初から最後までずっとビデオで撮られ続けて、それからしばらくの間、社長とセックスする時は必ず、A美が自分から中出しを哀願するシーンを繰り返し流され、言葉責めされながら犯されていた。

その話を俺にする時のA美は、社長との色々な事を思い出すのか、物凄くうっとりした表情になっていた。
たぶん俺が知らないだけで、A美は今もこれから先も、社長にいいように使われる肉便器のままなのだと思う。

俺も目の前でA美にその話を聞かされた時はめちゃくちゃ興奮して我慢出来なくなり、その場で無理矢理A美のパンツを脱がせて、前戯もキスも何もせずにオマンコにカリだけ押し込んだ。
そして、「こんな恥ずかしい事されたのか?」と問い詰めながら手コキしてしまった。
途端にA美も思いっきり興奮しだして、俺のカリが刺さってる所やクリトリスを指で弄ってビクビクしだした。
さらに、「ここに俺君のオチンポが刺さってる!俺君のオナニー凄い興奮するぅ!」と喘ぎまくり、ついには、「俺君のオナニーでA美の中にいっぱい出してぇぇぇ!・・・」と泣きそうな顔でA美に哀願された。
だから手コキしたまま思いっきり、本当に思いっきり、A美の中に好き放題ドクドクドクドク射精してしまった。

射精してる間ずっとA美に、「あっ!あっ!・・・俺君のザーメン凄いドクドクしてるうぅ・・・」と悶えられた。

さらに俺の中出ししたザーメンで、クリトリスやオマンコをヌルヌル弄ってオナニーしながら、「俺君のザーメン・・・ヌルヌルしててうっとりしちゃうぅぅ・・・」と、とろ~んと気持ち良さそうな顔で言われた。

その時の様子が忘れたくても忘れられないくらい目に焼き付いてるんだ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

既婚逢い

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン