新着情報

友達と野外露出遊びをして犯された私

この体験談は約 4 分で読めます。

18歳、胸は一応Eカップ。
男性に視姦される遊びで、本当に犯されてしまった時の事を話します。

私は仲間内と、『男性にたくさん見られた方が勝ち』という遊びをやっていました。
セクシーで露出的な格好をして、より多くの視線を集めたら、負けた人からジュースを奢ってもらうことが出来るんです。

あの日も、その遊びをしました。
私はブラウスを第4ボタンまで開けて、胸元から黒とピンクのブラを露出させ、スカートはギリギリまで短くして、パンツはTバックにしました。
そのTバックはフロント部分も含めて全て紐で出来ていて、体育座りとかでパンチラをするだけで、まんこも丸見えになっちゃう物です。

ちなみに2人の友達は、それぞれ丈の短いTシャツ+ローライズのジーンズと、網状のトップス+ダメージジーンズでした。
ローライズの子は、お腹が20cm程度露出され、腰からは紐パンの紐が見えていました。
Tシャツの上からも乳首が勃っているのが分かり、胸もたぷんたぷんと揺れていたので、たぶんノーブラでした(悔しいけど私より巨乳)。
網状の子に至っては、網トップスの下にはタンクトップなどは無く、水色のブラだけが見えており、上半身はほとんど全裸のようなものでした。
ちなみに網状のトップスは、おへその辺りまでの丈で、おへそがギリギリ直に見えていました。

この遊びをするのは2回目です。
みんな1回目よりも大胆な格好になっていました。
この遊びのルールを軽く説明します。

・場所は自由だけど、あまり遠くへは行かない。
・スマホで動画を撮影してグループに上げる(どんぐらい見られてるかを報告するため)。
・負けたら2人にジュースを奢る。

早速みんな四散して行きました。
私は人の多い繁華街に向かいました。
歩いていると、何人かの男性がチラチラと見てきました。
胸元を見る人や股間を見る人もいて、私は早速動画機能を点けました。
お腹の辺りからスマホの角度を少し上向きにして、胸が隠れないように撮りました。

そろそろ良いかなと、撮影を止めました。
長かった気がしたけど、実際は20秒程度でした。
それを上げにグループに行くと、すでにひとつの動画が上げられていました。
とりあえず自分の動画を上げてからそれを見てみると、網状の子の動画で、すれ違う男性がみんな視線を向けてきます。
これが“ブラチラ”と“モロ見せ”の違いなのでしょうか。

見終わると、もう一個動画が上がっていました。
ローライズの子です。
この動画には、まず胸が映し出されていました。
ちょっとオーバーに歩いているのか、結構たぷんたぷんと揺れています。
カメラが男性達を映し出しました。
視線は矢となり、その子の胸に突き刺さっているようでした。

ヤバいです。
このままでは負けてしまいそうなので、私は少しだけスタイルを変えることにしました。
まずブラウスを第5ボタンまで開け、ブラを丸出しにして、さらに両肩を出しました。
次に左のブラ紐をわざと落としました。
ブラが落ちそうですが、あまり気にしていませんでした。
さらに場所を裏路地に変え、道の脇で脚を開いて体操座りをしました。
前から見れば、無防備なまんこが見えちゃってるはずです。

向こうから男性が歩いてきました。
私はここぞとばかりに脚を開いて、まんこを見せつけました。
男性は私を見るや驚いた様子でした。
だけど、ここから悲劇が始まったのです。
男性がいきなり走ってこっちに向かって来たのです。
私は怖くなって立ち上がりました。
その時に気づいたのですが、左の乳首は完全に見えちゃっていました。
急いでブラ紐をかけ直し、ブラウスのボタンを止めていると、男性に抱きつかれて地面に押し倒されてしまいました。

(犯される!!)

頑張って暴れましたが無理でした。
ブラウスはビリビリに破かれ、ブラはずらされて、乳首を出されちゃいました。
気付くと男性はちんちんを取り出して、私のまんこに入れようとしていました。
次の瞬間、まんこに熱いモノが入ってきました。
私のパンツは、ちんちんの侵入からまんこを守ることも出来ませんでした。
あんなのでは穿いてないも同然だったんです。

それからの記憶はありません。
気付いたら男性は居なくて、まんこからは白い液体が垂れていました。
盗られてしまったのか、ブラとパンツは見当たりませんでした。

私はおかしくなってしまったのか、ビリビリのブラウスを脱ぎ捨て、Eカップのおっぱいを揺らしながら短すぎるミニスカ一枚だけで家へ帰ろうとしました。
案の定、無事に帰ることは出来ませんでした。
背後からいきなり複数人の男性に襲われてしまいました。
あんなミニスカだけだと全裸も同然だったのです。
しかもギリギリ見えない短さが、よりエロく見せたのかも知れませんでした。

とにかくあの時の私はまるで『犯して下さい』と言っているようなものだったと思います。
なので、襲われても文句は言えません。

私はたちまち押し倒され、おっぱいを揉まれながら、丸出しのまんこを犯されちゃいました。
ちんちんに突かれる度に、私のEカップのおっぱいはたぷんたぷんと揺れてしまい、余計に男性を興奮させてしまいました。
結局4人に犯されちゃいました。
顔やおっぱいにもぶっかけられ、そのまましばらくは、呆然と路上に寝っ転がっていました。

その後は出来るだけ人目につかない様に、裏路地を使って家に向かいました。
なので20分毎ぐらいに犯されてしまい、まんこからは血が出ていました。
家に着いたのは深夜の1時頃になってしまいました。

もう嫌です。
あの日以来、外に出るときは出来るだけ肌を露出せず、男性を誘惑しないようにしています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セクフレ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン