新着情報

海の家で鬼畜レイプ魔の共犯にされた

この体験談は約 4 分で読めます。

これは、10年前に実際に起こった話です。
俺は専門学校の夏休みを利用して短期のアルバイトを探していた。
免許を取り立てという事もあり、車に乗れる仕事を中心的に探していた。
そんな時、見つけたのが製麺工場の配達の仕事だった。

この工場は蕎麦屋やラーメン屋だけではなく、ゴルフ場やホテル等にも麺を納品していた。
そして俺の担当は100件近くある海の家への配達だった。
工場のロゴの入ったバンに乗り、朝8時から夜6時まで、昼の休憩以外は工場と海の家の往復だった。
そしてしばらくして事件は起こった。

その日は暑かった事もあり、海の家も大繁盛だったらしく、納品が終わったのは8時頃だった。
ようやく仕事も終わり、帰り支度をしていると、工場に一本の電話が・・・。
どうやら俺の担当の海の家の一つが次の日の朝に急な予約が入ったらしく、今日中に持って来て貰えないかと・・・。
社長は困っていたが、俺が「帰宅しながら納品して行きます」と伝えるととても感謝された。
俺は自分の車に麺類を積み、その海の家へ向かった。

海の家というのは泥棒の用心の為、大抵夜は1人か2人泊まり込んでいる。
道が混んでいた為、11時近くにその海の家に着いた。
しかし明かりは付いているが周りは全てシャッターが閉まっていた。
裏口の扉の所で大声で呼んでも誰も出てこない。
鍵も掛かっている。
仕方なく工場に電話しても、もう帰宅したらしく留守電。
表に回ると、一ヶ所シャッターが僅かに開いている。
悪いとは思ったが、麺を中に置いて帰ろうとシャッターを開けた。

そこには全裸の男女6人が・・・。

女3人は全く動かず、男3人は一斉にこっちを見た。
1人は女にペニスを入れたまま、1人はビデオカメラを持って、1人は椅子に座り腕を組んで・・・。
唖然として言葉を失っていると、椅子に座っていたヤツが言った。

「誰だ、お前!!」

「いや、製麺工場の者です!今日中に納品しろと・・・」

「お前ら、聞いているか?」

「あ!そういえば、ジジイが言っていたかも!」

「だから、お前はバカなんだよ!」

「まあ、いいやお前!シャッター閉めて、こっちに来い!」

「麺そこに置いて脱げ!」

「エ!いや、ハイ??」

「いいから全部脱げよ!見られたから、お前が警察行かないように共犯にしてやる」

それでも戸惑っていると、頭を叩かれケツを蹴られ、最後は無理やり脱がされ、女の子達の前に連れて行かれた。

「ほら!どれでもいいから、やれよ!」

いくら童貞ではないとはいえ、ビデオカメラを向けられ、男3人に見られながら出来る訳もなく・・・。

「早くやらねーと、お前の全裸の写真ばら撒くぞ!」と男がカメラで撮りだした。

「まず、キスしろ!」

3人の顔を見ると高校生位で、みんなギャル系だが結構可愛い。
そのうちの1人に仕方なくキスをすると、物凄く酒臭い。
おっぱいを揉みながら乳首を舐めていると、だんだんペニスも大きくなっていった。

「おう、いいぞ!お前デカいな!いいぞ、ほら!入れろ!」

「あの、コンドームは・・・?」

「いいんだよ生で!そんなデカチンが入るゴムなんてねーよ!ギャッハッハッ」

病気をうつされるのは怖かったが、そのまま挿入しようとした。
しかし、女のアソコは濡れていないため入らない。
その時1人の男が立ち上がり、日焼け用のオイルを手に取り、女のアソコと俺のペニスにふりかけた。
そして何とか先端を差し込んだ。
しかし女のアソコは小さいらしく、なかなか入っていかない。
少し進むたびにミシッミシッと何かが裂けるような音がする。

「すげー!エグいな、お前の!早く全部入れろー!」

俺は腰に力を入れ、思い切りペニスを押し込んだ。
さすがに酔い潰れた女も目を見開き、イヤイヤと首を振り泣き叫んだ。
ペニスを膣の奥まで入れると、グチュグチュと彼らのと思われる精液が逆流してきた。
女のアソコは自ら出る愛液と彼らの精液と日焼け用オイルで泡立ち始めた。

「ギャハッハッ!なんだあれ!気持ちワル~」

「出す時は顔にかけろ!その方が高く売れるからな!」

言われるがまま激しく腰を振り、泡まみれのペニスを抜き、女の顔めがけて射精した。
女は荒い息で何か俺に言っていたが、しばらくするとまた眠り始めた。

俺が黙って服を着ていると男の一人が話し出した。
話をまとめると、彼らは昼間この海の家で働き、可愛い女がいると、食べ物や飲み物をサービスし彼女らに気に入られる。
そして夜、ここで花火をやるから来るように誘い出す。
花火をやりながら酒を飲ませ、最後にアルコール度数の高い彼ら特製オリジナルカクテルを飲ませ、泥酔させる。
最初に兄貴分の2人が女を犯し、最後に弟分がやる時にカメラとビデオで撮影して後輩の中高生に売りつける。
まさに鬼畜としか思えない奴らだった。

俺は免許証をカメラに撮られ、携帯番号を控えられた。

「もう共犯者のお前はそんな事はしないと思うが、もし警察に行ったら・・・分かるよな・・・」

それから女たちを水を掛けて起こし、警察に行ったらビデオと写真をばら撒くと脅して海の家から追い出した。
兄貴分の男が、「お前も、もう帰れ!お疲れ!」と言って冷蔵庫からコーヒーをくれた。

その後も、夜になると彼らから電話が掛かってきた。
女子大生2人の時は凄かった。
1人はいつものように泥酔していたが、もう1人は相当酒に強いようで、特製カクテルを飲ませても全く酔わず、3人がかりで手足を縛ったらしい。
そして俺が呼び出され、言われるままに抱こうとしたら腕を噛みつかれ、血だらけになった。
それでも奴らは女の口にタオルを巻き、俺に犯させた。
ちなみにそのビデオが一番売れたそうだ。

そんな日々がしばらく続き、秋が来て、海の家も終わった。

奴らは最後に、今まで撮ったビデオのダビングテープをくれた。
結婚した今でも、そのテープを大事に保管し、時々鑑賞している。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

恋愛横町

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン