新着情報

自転車に乗れないほど酔ってた女子大生

この体験談は約 7 分で読めます。

久しぶりに夜遅くに電車に乗った時のこと。
終電まで1時間ぐらいあったので駅はそんなに混んでいなかった。
座って電車を待っていると、一目で酔っ払っていると解る女がホームに下りてきた。
明らかに千鳥足、ホームの壁にもたれるように立っていたが、崩れるように地面にしゃがみ込み、近くの人に手を貸されるほどだった。
年は19~22歳ぐらい学生といった感じだった。

しばらくして電車が来た。
俺とその女は乗り込んだ。
電車は終点の駅に到着。
俺はその駅で乗り換える予定だったが、女はここで降りるのか、フラフラとした足取りで改札口の方へ向かっていった。
後を追いかけようか迷った。
後を追いかければ確実に終電に乗り遅れる可能性がある。
迷った挙句、女の後をつける事にした。

女の後を追って階段を上るが、女の移動は遅く、女の歩幅に合わすことができない。
女を一旦追い越し、改札口近くのトイレで様子を見る。
その後、女が無事改札口を出たことを確認して、俺も改札口を出た。
降りた駅はそれなりに栄えている町だが、さすがにこの時間帯は繁華街方面以外は静かになっていた。

(女はどうやって帰るのだろう?タクシーや家族の迎えで帰るようならアウトだな)

そう思っていたが、繁華街とは逆の住宅街へ歩いていった。
100mほど歩いたところで駐輪場に辿り着いた。

(しまった自転車か!?)

距離をとって女を観察する。
自転車は奥に入っており、女も酔っているせいで上手に出せないようだ。
駐輪場は女一人だった。
思い切って声をかけることにした。

俺「自転車が奥に入っているね。手伝おうか?」

女はかなり酔って辛そうだったが、それでも愛想良くしようと努力しながら、「奥に入っちゃって・・・」と作り笑いで答えてくれた。
隣の自転車を退かそうと女と場所を移動する時、試しに女の背中から腰にかけてを触ってみた。
自然で特に抵抗もない。
警戒心も無いようだ。

自転車を無事出すと女は、「ありがとうございます」と弱い声で礼を言い自転車に乗り込むが、ペダルを足にかけた途端バランスを崩してしまう。

「危ない!」と手を沿え、尻に触る。

俺「だいぶ酔っているね、自転車には乗らないほうがいいよ」

俺は自転車を置いていくことを提案したが、女は荷物もあるから押していくと聞かなかったので自転車を押して帰ることにした。
確かに前かごに荷物を載せ、両手で自転車をしたほうが幾分歩行も楽な様子だ。

「僕もこっちの方向だから送っていくよ」と女に伝えた。

手はさりげなく女の腰から尻ぐらいの微妙な位置に回している。
女は「大丈夫です」とは言うものの、俺の「送っていくよ」という言葉を拒否するほどの元気はなかったようだ。

歩きながら女の情報を聞き出した。
・18歳、短大1年生。
・親元を離れて学生アパートに住んでいる。
・今日はバイト先の飲み会だった。
・ちなみにバイト先は喫茶店だが、個人でやっているような喫茶店なのでバイトはみんな同じ学校の子らしい。
・彼氏はいる。上京してから初めてできた。
・身長160cmぐらい、ややぽっちゃりか?
・ぽっちゃりの割りに胸は特に大きくもなくBぐらい。
・服装も普通。
・学生らしいというか、極端におしゃれでもないが、極端に個性的でもない。
・髪はセミロング、肩より少し長い程度。
・顔は特に可愛いわけではないが、十分やれるレベル。

(学生アパートか?家まで行けるかもしれないが、友達とか出てきたら面倒だな・・近くにホテルでもあれば入るか・・・)

女の腰から尻辺りに手を回し、擦りながら介助するような感じで歩いていった。
時折、背中を押してやったり、話に合わせて肩を揺すったりしていると、歩きながら話すも辛いのか、だんだんと前傾姿勢になってきた。
近くにホームセンターが見えてきた。
コンビニ2つ分ぐらいの大きさしかない小さな店だ。
駐車場はガラガラだったが、奥で自販機が光っていた。

俺「だいぶ酔っているみたいだから、少し休んでジュースでも飲もうか?」

女は大丈夫というが、危ないからダメだと言い、自転車をホームセンターの自転車置き場に置いて自販機まで連れて行った。
ここまで来るとしっかりと尻に手を当てて自販機まで連れて行った。
酔っているのか、尻に触られている感覚が麻痺してきたのか、大胆に手を動かしても拒否する素振りがない。
自販機の周りを見渡すと、少し離れた所にコンテナの倉庫やダストボックスがあるのが気がついた。
ちょうど中で作業がしやすいように『コ』の字型の配列になっており、中に入れば周りから死角になりそうだ。
女をそこに連れて行った。

そこ畳1畳ぐらいの広さだった。
月が出ており、自販機の明かりもあったのでそれほど暗いということもなかった。
歩いてコンテナの方へ行く時は判らなかったが、座ってコンテナにもたれてしまえば外から頭も見えない程度だった。
女は座ることを軽く躊躇ったが、「とにかく一回座ろう」と強引に言えばそれ以上逆らうことはなかった。

畳一畳ぐらいのちょうどちょうどよい狭さのため、女の隣に密着するように座った。
女は、「飲みすぎた・・・」などと言って辛そうだったので、「大丈夫?」と言いながら太ももを擦ってみた。
ちなみにスカートでしたので生足です。

女は「大丈夫・・・」と言うが抵抗はなく、「僕も疲れたから擦って」と俺の太ももからチンポにかかるように女の手を置くが、残念なことに女の反応はなかった。

女の足は酔っているせいか温かかった、擦りながら次第に股間の方へ徐々に手を上げていった。
徐々に女の股間付近に手を上げていく。
初めて股間に小指が触れた時、女は少し反応したが、寝て早く楽になりたいという欲求が勝ったのか抵抗はない。
しばらく女の股間(足の付け根辺り)をマッサージ。
徐々にパンツの中に小指から入れていく。
毛が当たる感触がした。

3分ほどそうしていたか?
女が、「大丈夫・・・」と体を横に向けようとしたことをきっかけに、パンツ越しにオマンコの上に手を置いた。

俺「マッサージすると楽になるからね」

パンツの上からオマンコを触った。
体が反応してきたのか、触っているうちにパンツ越しに濡れているのが分かってきた。

「熱いね、汗かいたから服脱ごうね」とパンツを下ろそうとした。

女は無言で手で押さえて抵抗するような素振りも見せたが、構わずパンツを下ろした。
パンツは無地、水色系。
靴が邪魔で上手に脱がせれない。
何とか片足だけ脱がせる。
足を閉じようとするので女を仰向けに脱がせ、股の間に体を入れて足を開かせた。

左手の親指でクリを刺激しながら、右中指で穴周りを刺激。
久しぶり触った若い子の体。
少し触っただけなのにびっくりするほど濡れている。
右指を挿入する。
挿入の瞬間、体が少し仰け反るように反応するが、指はしっかり奥まで入り込んだ。
上京してから彼氏ができたと言っていたので、もしかしたら処女かと期待したが、右指がスムーズに入るところを見ると処女じゃないようだ。
まだ中はしっかり開発されていないのか、中で指を動かすと時折顔をしかめるように反応する。

(もう大丈夫そうだな・・・)

自分のズボンを下ろす。
オマンコの濡れ具合は万全だが、一応ゆっくり入れたほうが良さそうだ。
オマンコからクリにかけてじっくりとチンポを擦りつけ、チンポに愛液を馴染ませる。
反応を見ながらゆっくり挿入。
亀頭が入り、竿が入るにつれ女の表情が歪む。

「大丈夫だよ」と声をかけながらゆっくり挿入。

何とか奥まで全部入る。
女の体に体重を預け、腰を密着させながらゆっくり動かす。
女は顔を歪めながら、腰が動くのに合わせて「んっ、んっ」と反応する。
1分ぐらい慣らし運転のようにゆっくりと動かす。
地面がアスファルトのせいか膝が痛い。
女の反応が落ち着いてきたので、女に預けていた体を起こし、ゆっくりと、しっかり腰を動かしていく。
女は何が起こっているのか把握できていないのか、自然にSEXを受け入れ、感じているように見える。

正常位で突く。
奥まで突くたびに女が、「んっんっ」と反応する。
大きな声を出されたら嫌だなと思っていたが、そんなタイプではないようだ。
しかし若い体は半端ない。
若い頃は感じなかったが、普段30代の女を相手にしていると違いがよくわかる。
濡れ方も多いし、濡れてる割にマンコの締まりがしっかりある。

「んっんっ」と反応するたびに絞められるのがよくわかる。

こちらも我慢の限界だ。
せっかくなので中に出そうとも考えたが、さすがに可哀想なので最後は口に出すことにした。
最後の1分ぐらいは、女が起きるのを覚悟の上で思いっきり腰を振った。
女はさらに激しく「あっあっ」と声を出そうとするので、パンツを口に挟み、「もうすぐ終わるからね。静かにね」と耳打ちする。
女は納得したのか軽く頷いた気がした。
そして最後の瞬間は素早く腰を抜き、女の口へ。
手で口を開けて発射!
反射的に吐き出したが、女は横に向いたまま余韻に浸っているようだった。

久しぶりに濃いSEXをした。
こちらも余韻に浸りたかったが、早めに済ましたほうが良いと思い、パンツを穿かせて仰向けに寝かせた。
口に付いた精子も拭き取ってあげたかったので、彼女のカバンから何か拭くものを探してみた。
ティッシュと一緒に携帯も見つけた。
待ち受けは彼氏の写真だ。
普通の彼氏だ。

“濃いSEX”と書いたが、たぶん時間にしたら挿入時間は5分程度。
興奮して早く出た分、他人の彼女と言うシチュエーションも相まって、すぐさまチンポが回復してきた。
乳も見ていなかったのでシャツを捲り、ブラをずらそうとするがなかなか上手くいかない。
一度横にしてホックを外したら、上手くずらすことができた。
乳は小さいが、ピンク色で良い乳首だ。

女に「起きれる?」と聞き、何とか立たせてみた。
酔いとSEX後でフラフラだったが、なんとか引き上げた。
ダストボックスがちょうど胸の辺りで、もたれかかる事ができる高さだった。

そのまま後ろからパンツをずらし、立ちバック。
すんなり入ったが女が立ってられない。
ダストボックスを掴み、女を挟み込むように固定する。
女はずるずると落ちようとするが、下から押すように突き上げ何とか体勢を保つ。
ちなみに尻の弾力が半端なかった。
が、あまりにも体勢が辛いのと、道路から顔が見える恐れがあることから、刺したまま地面へ。
地面に付いた瞬間、俺が刺していたチンポがさらに置くまで突き刺さったのか、女は反射的に抜こうと腰を上げようとしたので、反動をつけてもう一度俺のチンポを深く突き刺した。
さすがにこの時は、「痛い!・・」と声が出てしまった。
酔っぱらい女相手に騎乗位は無理があったので、横バックで乳を揉みながら尻にフィニッシュした。
女の体がすごく熱かったのが印象的だった。

その後、女の尻の精子を拭き取り、何事も無かったかのように、「帰るよ」と女を送って行った。
女は泥酔というより熟睡モードに入っていたので、さらにフラフラとした足取りだった。
ホームセンターから100mほど歩いた、誰かのアパート前の自販機まで連れて行くのが精一杯だった。

俺「ここで寝ていいよ」

そう言うと自販機の横で、自販機にもたれかかるように座り込んだ。
そこで別れた。

しばらく歩いて振り返ると、自販機の横でしっかり休んでいたので安心した。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Love Treatment

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン