新着情報

宅配業者を装った二人組の男にアナル処女を奪われた

この体験談は約 3 分で読めます。

宅配業者を装った男達に犯されました。
その日は、体調が悪くて学校を休んでいたのですが、宅急便が来たみたいなので、パジャマのままで玄関を開けた途端に押し入られました。

男達は二人組でした。
抵抗する間もなく口にガムテープを貼られ、手には手錠を掛けられました。
男達は私の下半身からパジャマと下着を下ろし、一人が後ろから脚を開かせ、もう一人が私の股間に顔を埋め、クンニを始めました。

クリを吸われ、膣を弄られたりしました。
もう一人にはお尻の穴の中まで舌を差し込まれました。
怖くて抵抗できなくて、恐怖と嫌悪感で一杯だったのですが、初めて自分以外の手であそこを弄られ、舐められ・・・。
二人がかりで執拗に責められて、勝手に濡れてしまうのが自分でも分かりました。

最初の男が、「突っ込むぞ」と言うので身体を動かして抵抗すると、もう一人の男に肩をがっちり掴まれ、動けなくなったところで膣に指を突っ込まれました。
わざと音を立てるように激しく掻き回されて、痛くて悲鳴を上げると、指が引き抜かれて、代わりに男のアレが入ってきて・・・。
男は私の腰を後ろから掴んで、「加奈子ちゃんの処女マンゲット~」って言いながら奥まで突っ込んできました。

(なんで私の名前を知ってるの?)

前の男は私の顔を舐め回しながら・・・。

「加奈子ちゃんレイプされちゃったね~、加奈子ちゃんのマンコにチンポ入ってるのわかる?」

私が泣いているのもかまわず後ろから奥まで突かれ続け、痛くて怖くてポロポロ流した涙を正面の男に舐めとられ、臭い唾液で顔をベトベトにされました。
そのうち後ろの男が、「種付けしてやる、加奈子ちゃんのマンコに精子出してやるぞ」って言って。
意味もわからないうちに膣内に射精されました。
中に出されてから「いやだぁぁぁぁぁ!!!」って悲鳴を上げたけど遅くて。

次の男は耳元で、「俺は膣内では出さないから」と言うので、少しほっとしたのですが、「膣じゃなく別のところだけどな」と笑いながら言うので、私は口に入れられるのかと思ったのですが、男たちは前後入れ替わると私にお尻を突き出させました。
男は私の膣内を指で弄り、その指をお尻の穴に入れる行為を繰り返しました。
そして、「もういいだろう」と男が言うと、お尻にペニスを無理やり入れたのです。
お尻でするなんて知らなかったのでパニックになって、腰を引いて逃げようとすると、もう一人の男に押さえつけられて動けないようにされて、男が言ったように膣ではない穴に精液を出されてしまいました。

その後は家の中で場所を変えながら犯されました。
最後は私の部屋のベッドの上でした。
二人で前と後ろの穴に同時に入れられ、何回射精されたのかが分からなくなった頃、男達は出て行きました。

私はしばらく放心状態でしたが、気がつくと壁のあちこちに写真らしいものが貼ってありました。
近づいて見ると、私が男達に陵辱されている姿が写っていました。

玄関の扉には、『今度は5人で犯しに来る』というメッセージが貼ってありました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

主婦ペットプラチナ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン