新着情報

今もあの時のことを思い出して・・・

この体験談は約 7 分で読めます。

私は28歳のOLです。

1ヶ月ほど前の日曜日、郊外に住んでいるお友達に会うため、久しぶりにバスに乗りました。
始発のバスターミナルから乗車して1時間の予定。

バスの後ろ側の席に座りました。
私の後から乗り込んできたちょっとヤクザ風のがっしりとした体格の中年の男性が、他の席がガラ空きなのに、迷う様子もなく私の隣りに座ったんです。
その日はたまたまミニのタイトスカートを穿いていたので、とっても嫌な感じでした。

そしてバスが発車して5分も経たないうちに、その人が平然と私の太ももを撫でてきたんです。
突然のことで、そして恐怖と嫌悪感で声も出せないでいると、その人が囁きかけてきたんです。

「あんたスタイルいいな。バスに乗る前から見てて、あんたがバスに乗ったんで俺も乗ったんだ。少しさわるだけだからな」と低音の怖い声で。

身を固くするだけで何も言えなかった。

パンストの上から太ももから足首のところまで全部撫でられて、それから太ももの内側を掴むように撫でられて・・・。

(どうしてこんなことに・・・。)

嫌悪感で鳥肌が立ちました。

そして「少し脚開けや」と言われて、恐怖のあまり言う通りにすると、手でミニスカートをずり上げて、パンティとパンストの上から私のあそこを撫で始めたんです。
周りに乗客はいないし、怖くて声も出せなくて、されるがままでした。

そのうち胸もさわってきて、そして耳を舐められて「あんた、ほんとにいい女だー。あー、たまらねーよ。俺もうビンビンだぜ」と卑猥なことを言って・・・。
そして「俺のチンポ触れよ」と言って無理矢理私の手を・・・。

恥ずかしいけど、びっくりしました。
ズボンの上からだけど、信じられないくらい大きくて、そして固くて・・・。
それを言われるままにさすったり握ったりしているうちに、自分でも不思議だったけど、少しだけ変な気持ちになってしまって・・・。

すると、その人がパンティとパンストの上からクリトリスの辺りをさすりながら「どうだい。いいだろう。少し感じてきたんじゃないのか?どれ、ちょっと立ちな」と言いました。

(どうしてこんなことになっちゃったんだろう・・・)

とにかく怖くて、言われた通り立ち上がると、いきなりパンストとパンティを膝のところまでずり下げたんです。

小さい声だけど「イヤ!」と言うと、そのまま手を引っ張られて座らされて、手であごを強く掴まれて、「痛い目見たくなかったら、黙って言う通りにしな。気持ちよくしてやっからよ」と言われたので、怖くて頷いてしまったんです。

そして脚を大きく広げられて、指でアソコを弄られて、クリトリスを摘まれて・・・。

「ほうら、もうこんなに濡れてるじゃねーか。さあ、俺のも直接しごいてくれや」と言って、ズボンのジッパーを下げて、上着で隠すようにあれを出したんです。

初めてみるほど黒くて、亀頭が光っていて・・・。
本音を言うと、思わず見惚れてしまって・・・手を導かれて、その熱くなったものを握りました。

本当に手で握りきれないほど太くて、そして長くて固くて・・・。
今度は、彼が添えた手を離しても、自分から手を動かして、ゴツゴツしたあれをしごいてしまいました。

その間も、あそこを指で愛撫されて・・・胸を揉まれて・・・耳を舐められて・・・。
見た目は怖いけど、愛撫はとってもソフトで優しいの。

彼の指が私の中に入ってきた時には、もう私のアソコから、とってもいやらしい音がでるほどヌレヌレになって・・・恥ずかしいくらい感じ始めて、彼のものをしごきながら「あぁーん」と甘い声を出してしまったんです。
気がつくと、パンティとパンストがこれ以上伸びないほど、自分から大股を開いていました。

すると突然彼が私のあそこから指を抜き「さあ次で降りるぞ」と突然言ったんです。

何が何だかわからないまま、パンティとパンストを履き直しました。
彼も自分のものを窮屈そうにしまいました。

彼は「さあ」と私の手を引いて立ち上がり、前の方へどんどん歩いて行きます。
そして二人分の料金を払って・・・。

あの時、どうにかすれば逃げることができたと思います。
でも、何もしなかった。

(どうして・・・。)

きっと心のどこかに「この人について行ってみたい」という気持ちがあったんだと思います。

バスから降りるとすぐタクシーに乗りました。
そして街の方へ逆戻りして・・・。

タクシーに乗っている間も、彼はスカートの中に手を入れて私のアソコを・・・。

気がつくとホテル街の前。
手を引かれたまま素直に彼とホテルの中に入りました。
部屋に入ると、いきなり抱きしめられて口づけ。

「さあ、舌を出して」と言われて素直に舌を出して・・・。

強く抱きすくめられて、タバコ臭い舌を絡められて、そして強く舌を吸われて・・・。
この時にはもう「ああ、私はこの人に犯されてしまうんだ」と言うより、「この人に抱かれるんだ」と思って観念していました。

「あんたみたいな若くてイイ女抱くの久しぶりだぜ。たまんねえ。ほら、チンポビンビンだ」という、下品で乱暴な言い方にも変な気持ちになって・・・。

口づけして、首を舐められながら服を脱がされ、ブラとパンティとパンスト姿でベッドに寝かされました。
そして彼は裸になってベッドへ・・・。

パンストを脱がされる時は、自分から腰を上げてしまいました。
そのとき目に入った彼のチンポは、ものすごく大きくて、そしてびーんと真上を向いていて・・・。

わざとなのか、ブラとパンティを脱がさないまま、体中を舐められました。
脇の下や手足の指の一本一本まで。
その頃になると、見た目とは違う彼の優しい愛撫に、自分でも恥ずかしいくらい愛液が溢れ出してくるのがわかりました。

ブラを外され、乳首を強く吸われた時には、自分でも信じられないくらい「アハーン」という甘い声を出してしまったの。

彼は何度も何度も「あー綺麗だ。最高だぜ。俺のものだ」と言いながら顔を下半身のほうに・・・。

脚を広げてパンティの上からあそこを見て「おーすごく濡れてるじゃねーか。嬉しいぜ」と。

・・・恥ずかしかった。

「さあ、見せてもらうぜ」と言ってパンティに手を・・・。

また自分から腰を上げて協力してしまったの。
明るい照明の中、大股開きにされて、そして指で広げられてアソコを見られました。
見られていることにもとっても感じちゃって・・・。

「おー、綺麗じやねーか。あんた、あんまり遊んでねーな。何人とした?」と聞かれ、恥ずかしさの中で小さな声で「二人です」って本当のことを言ったんです。

「そうかい、嬉しいぜ。たっぷり可愛がってやるからな」と言って、アソコに舌を。

体がとろけそうでした。

舌と指を使ってアソコの周りや表面、そしてクリトリス、そして中・・・。

「ああーん。あはーん」と、恥ずかしいくらい甘い声を出して、声がだんだん大きくなって・・・。

気がつくと、自分から大股を開いて、彼の髪を鷲掴みにして、そして腰が浮き上がって・・・。
その後、四つん這いにされて、お尻を高く突き上げて、後ろからアソコを舐められて、そしてお尻の穴まで舐められて・・・生まれて初めて・・・。

「さあ、チンポしゃぶってくれや」と言われて、言われる通り彼のものを握って、少し嫌な臭いがしたけど、彼の言う通り袋を揉みながら、舌をたくさん出して根元のほうから舐め上げました。

そしてカリを舐めって、大きな亀頭にキスをして、透明な液体が出てくる亀頭の先を吸って、そして全体を口に含んでしゃぶって・・・。
でも彼のものが大きくて全部はしゃぶれなくて、本当にあごが外れそうになりました。

そして「ああ、これが私の中に・・・」と思うと、子宮のあたりがジーンと痛くなって、また熱い愛液が溢れ出してきたんです。

「ああいいぜ。たっぷり濡れてるじゃねーか。さあ、はめるぞ」と彼が言って、大きく開いた私の股間にあれをあてがった時には、急に怖くなって腰を引いてしまったけど、彼に「さあ、いい娘だ。天国味わわせてやるからなー。さあ、脚広げて」と言われて、観念して自分から、また大きく脚を広げました。

彼のものが入ってくる。
大きくて、固くて、長くて、そして熱くて、時間をかけて彼のものが全部私の中に入るまで、とっても痛かった。
でも、彼がゆっくり突きはじめると、だんだん下半身から快感がこみ上げてきて、突かれるスピードが早まるたびに、快感もどんどん高まって・・・。

「あああ、はあーん、ああーん」と声が止まらなくなって。

私の中が、全部彼のもので埋まっているみたい。

彼も「あー最高だ。たまんねー締まりだぜ。おまえいい女だー」と言って、更にピストンの速さを上げて・・・もう私は達していました。

今までに味わったことのないような強烈な快感に浸って、頭の中が真っ白になって、体が震えて・・・。
後ろから突かれ、彼の上になって、何度も絶頂を迎えました。
体位を正常位に戻して彼がスピードを速める頃には、気が変になるくらい感じて、体が一つになっているところからは「クチャッ、クチャッ」と卑猥な音が聞こえて、体全体が切なくなって、恥ずかしいけど、口からよだれまで垂らしてしまったの。

本当にたまらなく気持ちよくて、彼に掴まろうとした時「ああーいいーたまんねー。もう出る。出るぞー」と言いました。

「あっ大変ゴム付けてない」と思ったけど、焼け付くようなピストンの快感に負けて、彼にしがみつきました。

それと同時に、私の中の奥深くに突き刺さった彼のものが一段と大きくなって、彼が「うっ」と呻くと同時に、子宮に熱い精子がどくどくと注がれるのがわかりました。

精子が注ぎ込まれる感覚に、私もたまらない快感を覚えて、またイッてしまったの。
セックスが終わった後、優しく髪を撫でてくれたのが嬉しかった。

そして、その後また2度精子を注ぎ込まれました。
一度に3回もセックスしたのは初めて。

2回目と3回目の時、彼は私のあそこの周りに媚薬クリームという物を擦り込んだの。
本当に生まれて初めてでした。
気持ち良くて、気持ち良くて、体全体が溶けてなくなってしまいそうで、自分の体が空中を漂っているような感覚。
本当に大声で叫んでしまいました。

セックスがこんなにいいなんて・・・こんなに気持ちいいなんて・・・。

恥ずかしいけど、3回目に彼に精子を注ぎ込まれた時は、気が狂うほどのあまりの気持ち良さに、我慢していたおしっこをたくさん漏らしてしまいました。

彼とは、呆気なくホテルの前で別れたまま。
実はもう一度彼に会いたくて、同じバスターミナルに何度か行ってみたけど、結局会えませんでした。
心配していた妊娠もしてなかったけど、本心で彼にもう一度会いたい。
彼の女になりたいの。

今この投稿をしている最中も、あの時のことを思い出して、恥ずかしいくらいパンティーを濡らしています。

あんなセックスをまたしてみたい。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即アポスケジュール帳

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン