新着情報

輪姦されちゃったコスプレモデル

この体験談は約 6 分で読めます。

いまだに思い出して、オナする話です。

コスプレモデルのバイトをした時の話です。
ただのマンションに連れて行かれた時から、なんか変だなと思って、逃げようかと思ったけど部屋に入って、照明の機材にプロ用(?)のカメラがあったので、チョット安心した。

奥に通されると、『I”s(アイズ)』のコスを渡され・・・

「じゃ着替えて」

当然のように言い、目の前に椅子に座る。
ここで変に恥ずかしがると、変な空気になりそうだったので、平然と着替えを始めました。

「ここで着替えるの?」

ワザとらしい・・・。

「違うんですか?」

「いや、何処でも良いけど」

結局、目の前で着替えが終わるのをずっと観られて、終わるとジュースを出されました。

「チョット待ってね、直来ると思うんだけど」
「一人じゃ無いんですか?」

「うん、たくさん居た方が盛り上がるし、効率が良いでしょ大丈夫バイト代は、人数分出すから」
「女の子も来るんですか?」

「いや、来ないよ。女の子は君だけ、大丈夫、怖くないから」

結局、5人になって撮影が始ました。

普通に撮影が始まり、いろんなポーズを要求され、みんな普通なので安心し始めた頃に徐々にお約束の際どいポーズの要求になってきたけど、パンチラ程度は覚悟していたので出来る限り平然と要求に応える。

最初から部屋に居た男が「じゃ、そろそろ・・・」って感じで五人で相談を始めて、次々と違う部屋に消えて行く。

最後に残ったのは、最初の男。

「これからはマンツーマンで、それぞれ好みも違うから、よろしく」

関係ない話をしながら撮影が進められ、窓辺に連れて行かれて両手を窓に付いた。
お尻を突き出したポーズ(完全にパンツが見える格好)でいろんな角度で撮られる。

何時の間にか自然に太腿や腰を触られて、文句を言うか迷っている内にバックの体位のような格好をさせられて、お尻をいやらしく触られた。

「何触ってるんですか、触らないで下さい」

「ごめんごめん、触ってた?大丈夫、大丈夫、ついね。じゃ、自分で捲ってくれる?」

私は、しょうがなくお尻を突き出すようなポーズで、スカートを自分で捲った。

「良いよ。やらしいね、やらしいよ、彼氏がほっとかないでしょ」

「・・・・・・」

男は違う部屋に行き、帰って来た手には、リボンのような紐を持っていて・・・

「チョット良い、チョットだけだから、大丈夫、大丈夫、チョットだって。フリだから」

ソファーに移って背中で腕を縛られて、体操座りからM字開脚で何枚も撮られて、そのまま押し倒され、上からも撮られ、その最中に胸を揉んできた。

「止めてください」

「凄い、大きいね、デカイのは解ってたけど、凄いよ。やらしい身体だな」

抵抗出来ない・・・。
他の人に助けを求めようとすると、口を塞がれた。

「内緒、内緒、こんな所観られたら、どうなるか解る?な、呼ばない方が良いだろ」

私が黙ると腰から腕を入れて、直に胸を触りながら私の顔を撮る。

好き勝手に身体を触り撮影されても、動じない振りをしていると、指を口に入れて・・・

「もっとやらしい表情してよ、彼氏の前じゃしてるんでしょ」

私の口に入れていた指を舐める。

「チョット、何してるんですか」

「おいしいよ、最高だよ、ほら、舐めてみ」

また、私の口に戻す。
予想のできない行動に抵抗するスキもありませんでした。

「間接キッス~、こっちも間接キッス~」

私の口からアソコに指をもって行き、とても嬉しそうでした。

「でも、布越しじゃキスになら無いよね」

膝を立たすと、パンツの横から中に指を入れられました。

「うわ、スゲ濡れてるじゃん。やらしいな、実は待ってた?もう言ってよ。ハイハイお待たせしました、そんなやらしい子の為に良いモンあるんだ」

また違う部屋に行き帰って来た時には、ローターを持っていました。

「コレ知ってる、知ってるよね、やらしいもんね」

「うるさい」

私のパンツの中に指を入れて、アソコを撫でながら・・・

「凄いよ、これ。普通じゃないよ、どうした、興奮してるでしょ」

「うるさい、してない」

自分の唾を付けると、ローターを私の中に押し込んだ。
その違和感と余りの事に呆然としていると、パンツとスカートを元に戻して、私から離れてカメラを構える。

私が私の中の違和感に呆然としてる間も、その姿も撮られて続けていました。

「良いよ、やらしいね、どんな感じ?それって何か知ってるよね?」

その言葉に反応して男の方を見た時、やっと馴染み始めた違和感がその存在を私の中でアピールし始めました。

「どう、気持ち良い?」
「気持ち良く無い」

「動いてる?動いてない?」
「知らない」

スカートの中に腕を入れて、私のアソコに手を当てる。

「ちゃんと動いてるじゃん、駄目、痛い?」

感じたら負けるような気がして、気持ち良いと思われたくない、でも振動が身体中に響く。
気にしないように、すればするほど意識がそこに向かう。
シャッター音が聞える、私が感じてる所を撮られてる。

「やらしいよ、気持ち良いって言ってみな、もっと気持ち良くなるから」

「気持ち良く無い」

「今やらしい顔してるよ」

顎を上げられキスされると、アソコの振動が強くなった。
凄い嫌なのに気持ち良い。
そのまま耳、首、胸元とキスされて、身体の感覚がアソコに集中していく。
声が出ちゃって我慢出来ない、他の人にも聞かれる事も、もうどうでも良くなってました。

何がなんだか訳が解らなくなって意識がもうろうとしながら、目を開けると・・・

「もしかして逝ちゃった?気持ち良かった?」

「うるさい」

「逝って無いなら、またスイッチ入れるけど」

そう言われて気付いた。
違和感はまだ痺れる私の中にありました。

「逝った?気持ち良かった」
「しらない」

「逝ったね、じゃ舐めてくれる?自分だけ気持ち良くなるのはズルイよね。そんな子じゃ無いよね」
「何でですか!って言うか私、まだ縛られたままなんですけど」

「大丈夫、手は使わなくても俺は気持ち良い人だから」

目の前に差し出された、ソレを舌を精一杯出して先のほうを舐めていると・・・

「もしかして、下手?もう少し気持ちを入れて欲しいな、撮って良い?」
「駄目」

「じゃ舐めてよ、撮るから」
「駄目だって、帰るよ」

「もう良いや、入れよ。ゴムするから大丈夫、大丈夫」
「駄目だって」

私の中のローターが振動を始めた。
振動が始まると何も考えられない。
されるがままに押し倒され、ローターを入れたままのアソコに入れて来ました。

ローターが奥まで来て、背骨を直接振動させるような痺れが身体中を麻痺させます。
出し入れされ奥に届くたびに、振動が激しくなって意識が遠のくのが幸せで、夢中になって・・・

「もっとして!」と言ったあとに、恥ずかしくて我に返ると、最初は優しく抱きかかえるようにしてくれていたのに、床に投げ出されるように腰だけを持ち上げられ、激しく腰をぶつけられていました。

名前も知らない男に、腕を縛られて激しく犯されてる私って・・・レイプされてるみたいと思うと同時に快感が数倍になった気がして、そのまま逝ってしまいました。

訳のわからない叫び声で記憶がつながります。
気を失ってたのかも・・・。

奥にまで入れたままのアレが大きくなるような感覚のあと、私の中で魚を思わせる物が動き、途切れ途切れに頭の中を白くする。

「おい、終わったぞ。次だれだ、休ませずに行けよ」

その言葉の意味も解らず、投げ出されたままの体勢で床に転がる私に、誰かが近付いてきてローターを貫きます。
私の身体の一部を、出されるような感覚がして、その誰かとの記憶はありません。

入れ替わりに部屋に入ってきた男に、無雑作に入れられ、抵抗しようとすると「大丈夫、ゴムはしてるから安心して」と、その男が動きはじめ、バックの体位にされた時から、また記憶がありません。

次に記憶があるのは、正常位で入れられながら、両方の胸に男の人の頭があって片方の乳首が痛かった時からです。
コスはスカートが残るだけでした。

「あ、気が付いた。一瞬、死んだかと思ったよ」

知らない男です。
5人の中に居たのか記憶にもありません。

意識がはっきりするのと一緒に快感も戻ってきて、乳首の痛みも気持ち良くなっていきます。

「気持ち良いっしょ。今、生だから。ゴム切れちゃってさ、ごめんね。大丈夫、大丈夫。良いよね。どうせ、もう三人目だし」

最初の男だ、生臭いアレを無理やり口に入れられても、抵抗する気はもうありませんでした。

「それより君、洩らしちゃって大変だったんだぜ。まあ、それから生なんだけど」

そう言われれば、お尻の下が気持ち悪くて嫌な感じでした。

そのまま記憶に残らない男に、記憶に残る初めての中出しをされました。

「俺ちょっとトイレ行ってくるわ」と言って部屋を出て行った男が、ニヤニヤしながら帰って来ました。

「面白いこと思いついた」

バックの体位で突かれていた私を別の男から奪い、そのまま挿入してしばらくすると私の中に出しはじめました。
最初はキレギレだった奥を刺激する感覚が徐々に連続的になって、直感的に壊れると思った時から記憶がまた途切れて・・・。

気が付いた時は、男に抱かれてベッドの中で。

男を起こさないように逃げて帰りました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ヴァージンマダム

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン