新着情報

友達の彼女をレイプした私と、友達にレイプされた私の彼女

この体験談は約 5 分で読めます。

大学生の時に先輩の家へ行った時の話です。
先輩と私と、私の彼女の美紗と、友達の貴司と、その彼女の奈央。
5人で飲んでました。

先輩は面倒見が良く、週末になると誰かが飲みに来てました。

飲み始めて二時間が経ち、ビールや酎ハイが無くなってきて、私と彼女の美紗と貴司で行くことになり、貴司の彼女の奈央は酔っ払って寝ているので、先輩と一緒に留守番です。

コンビニは、歩いて10分の所にあります。
三人で買い出しに出て、仲良く話をしながら歩いてると私は財布を忘れたことに気づいて、彼女と貴司には「ゆっくり歩いてて、すぐに追いかける」と伝えてすぐ引き返し、マンションに着きました。
この時点で先輩のマンションから出発して五分くらいでした。

ドアを開けて部屋に入ると、先輩も、貴司の彼女の奈央もいません。
奈央は別の部屋で寝ていたので、しょうがないけど、先輩はどこに?

そしたら奈央の声が・・・。

「や・・やめて下さい」

「アイツらは20分くらい帰ってこないから諦めなよ」

私は奈央が寝ていた部屋へ近付き、少し襖を開けた。

奈央は上半身裸でミニスカートだけの姿にされ、先輩は下着だけになり馬乗りになっていた。

奈央はまだ酔っていて抵抗は弱くて、先輩の思うがままでした。
先輩は奈央の乳房を形が壊れるくらい揉みながら、片方を吸いまくってました。

「痛い・・あ・イヤ」

そして無理やり奈央を起こしてペニスを咥えさせた。
奈央の頭を片手で前後しながら、空いた手で乳房を揉んでいた。

そして・・・。

「◯◯、見ているの知ってんだぞ。お前の彼女もされたくなかったらこっち来て押さえろ」

私は先輩の豹変が怖かったのと、奈央と出来るかも?とで、すぐ中へ入り奈央の両手を押さえた。

「◯◯君助けて」

奈央が助けを求めていたけど、奈央から目を逸らすと、先輩はそのまま挿入した。

「イヤー・・」

「人の女を犯すのは最高だ」と言いながら、先輩は腰を動かした。

奈央は「ウー」と泣き出したが、「奈央の泣き顔もそそるね」と、先輩は奈央にキスをしながら腰の動きを早めると「おーイク・・出すぞ」と叫び、奈央の中に出した。

先輩は奈央のマンコから流れ出て来る自分の精子を見て、満足そうな顔を見せ、「次は◯◯だ。奈央は俺のを綺麗に掃除するんだ」と、バックの体勢にするとフェラをさせていた。

私は奈央の後ろに行き、奈央のマンコに挿入した。

「ん・・・んー」と奈央は嫌がるが、入れてみるとすごい気持ち良かった。

私は夢中で腰を動かした。

「アン・・ヤダ」と奈央も感じ始めている。

私は必死になりすぎて気が付かなかったが、先輩はフェラをやめてタバコを吸いながらこっちを見ていた。

「奈央。ビデオを流されたくなかったら今度から俺の便所だ」と奈央に言うと、頭を横振っていた。

「ま~お前次第だ。◯◯。早くしないと貴司やお前の彼女帰って来るぞ」

(そうだ。そろそろ帰って来る。)と、私は貴司と彼女の事を思い出した。

そして奈央の乳房を揉む。

「◯◯君・ア・・アン・中は・ダ」

奈央の言葉なんか耳に入らない。
そしてクライマックスに入り、思いっきり奈央の尻に腰を押し付け、いっぱい出してヤった。

その時、先輩は笑いながら「◯◯。またヤりたくなってきたから時間稼ぎして来い」と言うと、私を退かし、まだショックで動かない奈央を仰向けにして挿入した。

「イヤ・・イヤ」と言う奈央を横目に服を着ると、ドアを開け走った。

もう美紗と貴司に会ってもいいくらいだ。
貴司にあったらどんな顔をすればいいんだ。

先輩に脅されたとはいえ、貴司の彼女の奈央を犯したんだ。

もうすぐコンビニだ。
あれ?コンビニにもいない。
他に道は無いはず・・・。

引き返すことにした。

そういえば公園がある。
あそこで休憩をしているかも?

私は急いだ。
先輩がいるマンションに貴司達が先に着いたら?と思うと・・・。

公園に着いたが誰も居ない。

公園を出ようとした時・・・。

「美紗ちゃん、こんな格好◯◯に見られたら嫌だろ?早く終わらそうよ」

まさか・・・。

こっそり近付くと暗闇の中から男の物を・・いや、貴司に無理矢理フェラをさせられている美紗がいた。

散々抵抗したのだろう。
力が入らない。

「ムグ、ング・・ン」

美紗は辛そうに貴司のペニスを喉深く突きつかれていた。

「ほんと胸でかいね。◯◯が帰った時にチャンスだと思って行動に出て良かった」

貴司は片手で美紗の胸を揉みあげていた。
そして美紗を立たすと木にもたれかかせ、無理やり美紗の顔を持ちキスを始めた。

「イヤ・・ン・・ンーン」

ピチャピチャと唾液が絡み合う卑劣な音の中から美紗の抵抗する声が聞こえた。

美紗は一生懸命貴司を押すしぐさをみせるが、貴司の力には勝てないようで、貴司はキスをしながら美紗の胸をTシャツを捲りあげ揉んでいます。
その時、耳を疑うような発言を貴司がしました。

「美紗をヤるチャンスくれたの、先輩なんだぜ」

私はこれでハッキリしました。
私と先輩が貴司の彼女である奈央とヤったのだから何も言えません。

「んー・・」

貴司は舌を入れて、美紗は息苦しくしてます。
美紗が息ができないのをいいことに貴司は唾液を流し込みます。

「ンー・イ・・ヤ・ンー・・」

美紗は涙を流し、汚い貴司の唾液を飲んだ。
貴司は美紗を後ろ向きにすると、短パンをパンティーごと下げて、「美紗は◯◯には勿体ないよ、今度から俺のセフレにしてやる」と言い、唾液を美紗のアソコにつけた。

「無理矢理こんなことしても私は◯◯の彼女だから・・アンタなんか・・・」

美紗の私に対しての気持ちに涙が出た。
脅されたとは言え、後悔ばかりだ。
奈央ちゃんも、美紗と同じ思いだったかも?と思うと・・・。

貴司は「勝手に言ってろ」と言い、容赦無く美紗のアソコに一気に突き刺した。

「イ・・痛い」

まだ濡れきってなかったのか、美紗が一瞬叫んだ。
貴司は乱暴にも美紗を付く。

「イヤー・・痛い」

美紗の声が聞こえないのか?
それでも荒々しく突く貴司。

あまりにも大きい美紗の声に、貴司は美紗の口を塞ぎ、腰の動きを早め、中で出した。
そして、美紗の光景をデジカメで撮った。

美紗に近づき何やら言うと美紗は頭を横に振ったが、美紗の髪を持ち、もう一度言うと美紗に服を整えさせ、二人は移動を始めた。
そして先輩のマンションへ入って行った。

私は恐る恐るドアを開けて入ると「◯◯助けてー」とか「話が違うじゃない」とか、美紗の叫ぶ声と「早く咥えろ」とか、怒鳴り声やドカドカ音がしてました。
そして静かになったと思ったら「んーん」とフェラをさせられているであろう美紗の声に、パンパンと肉同士が当たる音と先輩の「美紗、締まりいいね」と言う言葉が聞こえた。

どのくらいの時が経ったのか・・・。

先輩が目の前にいて、「奈央も貴司も帰ったぞ。お前の彼女、当分借りるぞ」と言い、また部屋へ消えて行った。

そして部屋を覗くと、全裸でもう気力だけで、先輩に犯される美紗だった。
そして開放されたのは、飲み会を始めた日から翌々日の朝だった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

貢ぎ盛り

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン