新着情報

バイトの面接でマネージャーに

この体験談は約 5 分で読めます。

私のバイト先は絶対おかしいです、というか、アレは違法なんじゃないかと今では思います。
(もうそこのバイトは辞めましたので・・・)

初めてバイトをしたとき、私はまだ高校1年生でした。
うちには父がおらず、母だけの働きでは子供3人を養うことは難しかったのですが、それでも母は私たち3人をみんな高校に上げてくれました。
私も家計が苦しいことは分かっていたので、兄同様に高校入学と同時にバイトをすることにしました。

私のバイト先は近所にある全国チェーンの薬屋さん(薬以外もたくさん売ってます)で、私も高校に上がるまではよく買い物に行ったお店です。
そこでバイトをすることに母はすぐに賛成してくれたので、私はすぐ働くことに決めました。
そのお店は高校生の、しかも女子が多く働いていることで有名でした。

面接の日、集合時間は何故か夜の10時頃でした。
夜10時ちょっと前に裏口からお店の中に入りました。

「あの、今日面接をしに来た橘佳織ですけど・・・」

「あぁ、はいはい。面接ね。ちょっと待ってね」

そのまま10分ぐらい座って待っていると、奥から背広を着たマネージャーさんっぽい人が来ました。
その人は私を立たせて、舐め回すようにじろじろ見てから・・・。

「佳織ちゃん、今何歳だっけ?」
「え、高1で15歳ですけど」

「ふ~ん、高校でバイトは禁止されてるんじゃないの?いいの?」
「あ、あの、私の家、父がいなくてそれで・・・あのっ、だめですか?」

「いや、いいんだよ・・・そういう理由ならね。じゃぁ、ちょっと仕事をしてもらうから制服に着替えてこっちに来てくれるかな」
「はい!」

私はほぼ採用が決まったものだと思って、更衣室でお店の制服に着替えました。
着替え終わってお店の中に入ると、マネージャーさんはレジの前で待っていました。

「佳織ちゃん、もし働いてもらうとしたらレジになるけどいいかい?」
「はい、働かさせていただけるなら」

「よし、じゃぁ今からレジのやり方を教えるからね」
「はい、ヨロシクお願いします!」

「じゃぁ、まず・・・」

レジだけに明かりのついた薄暗い店内で、私はマネージャーさんにレジのやり方を教えてもらってました。

「違う!何度言ったら分かるんだ。こんなに物分かりの悪い女は初めてだ!」

「・・・すみません」

「オレが言う通りにやればいいんだよ、ほらこうやって・・・」

その瞬間、マネージャーさんは私の背後に回り込んで、私の背中にぴったりくっつき私の腕を掴んできました。

「え、ちょっと・・・あの・・・」

「佳織ちゃんが出来ないからだろ、そんなことよりしっかり覚えろ!」

「はい・・・」

マネージャーさんに背後から抱きつかれた状態でやっていると、後ろから段々と私のお尻の間に押しつけられているものを感じてきました。

「ちょっと・・・、何か・・・」

「ん?・・・よし、ホラできた。最初からそうやればいいんだ」

「あ、はい!ありがとうござます!!」

はぐらかされた感じがしたけど、出来た喜びと安堵でほっとしました。

「じゃぁ、次の仕事は・・・」
「はい」

「・・・まぁ、いい。しばらくレジの練習をしていてくれ。オレが客をして相手をするから」
「はい、ありがとうございます」

しばらくカチャカチャ練習をしていると、マネージャーさんはお酒を一本持ってきました。

「コレ下さい、あと・・・」

「はい・・・?」

「佳織ちゃんも貰おうかなぁ・・・」

そう言って、にやりと笑ってきたのです。
マネージャーさんは私の背後に再び回って、抱きついてきました。

「ちょっと、マネージャーさん、やめてください!」
「うるさいなぁ、こういう客が出てきたら佳織ちゃんはどうするかを試してるんだよ?コレもまだ面接の間だよ・・・」

「え・・・、でもそんな・・・」
「働けなくてもいいのぉ?お母さん、大変なんでしょ?高校生を雇ってくれる店なんてあんまりないんじゃないかなぁ?」

「・・・」

私は黙って必死に抵抗してました。
母を助けたかったから。

「じゃぁさ、もし客にこうやって胸を揉まれたらどうする?」

マネージャーさんは本当に揉んできました。

「・・・ん~?お客様を怒らせないようにしなきゃいけないねぇ。ほら、でも仕事を欠かしちゃいけない。ちゃんとレジはやりながらだよ」

そう言って後ろから、左手で私の腕ごとお腹のあたりで押さえながら、右手で胸の弾力を楽しんでいるようでした。

「・・・すみません、レジ出来ないです・・・」
「だからぁ、そうなったらどうするの?」

「・・・」
「無口だとドンドンやられちゃうよ~?」

(だって、どうすればいいのよ。抵抗しちゃいけないし・・・もし抵抗したらせっかく見つけたバイト先が・・・)

「ん?ん~??乳首が立ってるんじゃないの?佳織ちゃん?」

つんつんと、マネージャーさんは触ってきます。

「どぉれ・・・」

その時マネージャーさんの手が、上から服の中に入ってきました。

「ひゃっ、やめてください!やっ、ん、だめ・・・」
「だってさぁ、乳首立ってるってコトは気持ちいいんでしょ?ほら、ん?」

「やん、はぁ・・・やだ、助けて、やだよぉ・・・」
「助けを呼んだって、誰もいないから。分かってるでしょ?」

この時初めて、夜の十時という時間に面接をやると言われた本当の理由を知りました。
マネージャーさんの手はどんどん下までいって、ついに私の下半身まで来ました。

「まだレジやってないじゃん。早くしてくれないかなぁ」
「・・・はい」

「泣いたってだめなんだよ、働くってコトは厳しいんだからね。それが出来ないなら雇えないよ」
「はい、すみません・・・」

私は泣く泣くお酒を手に取りました。
その時、ついにマネージャーさんの手が私の秘部に触れました。

「っ、はぁ・・・」

「ん、ここがいいの?もぅべちょべちょだもんねぇ」

そう言って濡れ濡れの私のクリを擦ってきます。

「どれ、加速するか・・・ん、くちゃくちゃ音がする」

マネージャーさんの卑猥な言葉に私はされるがままにぼーっとしていました。

「ん、はぁっ、やだ、ん~っやだイッちゃう・・・」

「佳織ちゃん、イッたら雇わないからね?」

その言葉に私は我に返って必死にイクのを我慢しました。

「いくぞ」

そう言って、マネージャーさんはおまんこに指を入れてきて、私をよがらせ、ついにイカされました。

「イッちゃったね、佳織ちゃん?雇わないよって言ったのに・・・でも雇って欲しい?」

ぼーっとしてほてった体のまま、私は静かに頷いたのを覚えています。

その後はもぅされるがまま。
生でやられました。
だけど、私は母を助けたい一心で“面接″に耐え抜きました。

やっと合格を貰ったのは、面接が始まって4時間後。
家に帰ることも出来ず、母には友達の家に泊まるとメールをして、マネージャーさんのお家に連れて行かれて更にやられました。

「佳織ちゃんは締まりがいいね、ウチの店のどの女よりも・・・」

そう言った気がします、確かに。

その後で知ったんですが、その店への面接ではみんなそんなことをやられているみたいです。
私は結局、高校を卒業するまでの3年間、そこでバイトを続けて、マネージャーさんの相手をさせられました。

つまらない話ですよね、すみません。
でも聞いて欲しかったんです、やっと私は開放されたんだと思ったから。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

主婦ペットプラチナ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン