新着情報

妻のエッチなコスプレショー

この体験談は約 5 分で読めます。

妻の麻衣(30歳)はアニメオタクで、コスプレが趣味なんです。
家の中には多くのアニメ主人公の衣装があり、それを着て成りきるのが好きな妻はコスプレのイベントにも出掛ける程です。
妻との出会いもアニメがきっかけでした。
職場に派遣されて来たのが妻で、色々話をしている内にお互いアニメ好きな事で意気投合し、付き合うようになりました。

当時は、アニメ鑑賞が休日の楽しみでしたが、やがて妻が衣装を作り始め、出来上がった衣装を試着してはその出来栄えを評価するようになりました。
妻は「衣装を着ると主人公になった気分」と、決めポーズや口調を真似ていたので、私もそんな妻を写真に収める様になっていたんです。

やがて妻が28歳、私が31歳で結婚すると、妻はますますアニメのコスプレにハマり、休日や仕事帰りに衣装を作る事が多くなりました。
時には専門店で購入し、衣装は増える一方です。

ある休日、妻が衣装を着て気分が盛り上がっているとき、私の後輩が遊びに来たんです。
お互い急な来客に驚きましたが、とりあえず部屋に入ってもらうことにしました。
後輩も妻の衣装に驚いた表情で、「何?どうしたの?」と言っていました。
何だか気まずい雰囲気の中、後輩に事情を説明すると・・・。

後輩「へぇ~凄く似合ってますよ!エヴァの綾波レイですよね。本物みたい」

妻「本当ですか?嬉しいわ。他の人に認められるなんて・・・」

すっかり上機嫌になった妻が寝室に向かい、新たな衣装に着替えて現れたんです。

後輩「色々あるんですか?こっちもそっくりですよ」

私「趣味がエスカレートして、もう数十着はあるんだよ」

後輩「そんなに・・・もっと見てみたいなぁ!」

妻「本当?じゃ見てもらおうかな?」

次々と衣装を変えて後輩に見てもらう妻でしたが、やがて妻が着替えて来たのは『らんま1/2』の衣装で、チャイナ服の短めの裾にスリットが大きく入り、太腿が露わになっていました。
しかも、胸元も大きく開き谷間が露出しています。
後輩も妻の姿に驚きながらも携帯で写真を撮っていました。

後輩「らんまですよね!凄く似合ってますよ。思わず写真撮っちゃいました・・・(笑)」

妻「そんなに似合ってますか?何だか凄く嬉しいわ!」

後輩「他にもあるんですか?」

妻「色々あるんだけど・・・じゃ、オリジナルも見せちゃおうかなぁ?」

そう言って上機嫌な妻が2階に上がって行きました。

私「そんなに褒めるなよ!そうじゃなくても衣装が増えて大変なんだから・・・」

後輩「そうなんですか?でも凄い趣味ですね!奥さんスタイルも良いし、凄く色っぽいよなぁ」

私「あ~なると止まらないんだよなぁ・・・根っからのアニメオタクだから・・・」

後輩「もっといやらしい衣装もあるんですか?」

私「まぁな!ってお前なぁ・・・マジでヤバいのもいっぱいあるんだけど・・・さすがにそれは」

後輩「マジっすか?・・・見てみたいですよ!良いでしょう、誰にも言いませんから・・・」

私「本当に言うなよ!変な目で見られるから・・・」

後輩「分かりました・・・」

そんな事を言っていると妻が下りて来る足音が聞えました。
リビングのドアが開くと、目の前に現れたのは妻オリジナルキャラ“小悪魔”でした。
頭に付けた角バンドに黒い首輪、背中にコウモリの羽を付けた黒い水着風の衣装。
股間からV字に伸びる布が胸の一部を覆うだけで、胸の大半とお腹の肌がすっかり露出しています。
アソコを覆う布も小さく、毛を全て剃っている妻だから毛こそ出ませんが、凄い姿でした。
後輩も言葉を失い、妻の姿に魅了されていました。

妻「ちょっと恥ずかしいんだけど・・・小悪魔のイメージで作ったの?」

後輩「す、凄く似合ってますよ・・・色っぽくて可愛い小悪魔ですね・・・思わず見惚れちゃいましたよ」

妻「そんなに見られると、恥ずかしいわね」

そんな妻に携帯を向け写真を撮る後輩が、「ポーズとってもらっていいですか?」と言うと、妻は喜びの笑みを浮かべ、ソファーでポーズを取り始めました。
後輩に乗せられた妻は、次々といやらしいポーズをとり、四つん這いでバック姿まで写真に収められていましたが、お尻に食い込んだ布は小さく、マンコの肉が食い込んでほとんど見えている状態でした。

後輩を見ると、股間が大きく腫れ上がり、ズボンが大きく盛り上がっていたんです。
正直、私も妻の姿に興奮していました。
2人でこっそり楽しむのも悪くありませんが、私以外の男にいやらしい目で見られる妻の姿は、異常に興奮するものがあります。
以前にもコスプレ会場で、妻は多くの男性の視線を浴び、カメラやビデオに収められていました。
男性たちは股間を大きく盛り上がらせ、妻を性の対象として見ていたのは明白でした。

後輩「小悪魔さん!もっと足広げてこっちを振り向く感じになってもらっていい?」

妻「え~いいわよ・・・こんな感じ」

明らかに生地がマンコの筋に食い込み、アナルの筋まで見えているんじゃないかって感じです。

私「おいおい!もうヤバくない」

後輩「もう少しだけ・・・先輩今度おごりますから・・・」

私「本当だな!絶対おごれよ」

後輩「分かりました!じゃ良いんですね」

私「少しだけサービスしてやれよ」

後輩が妻のお尻に近付き、カメラのシャッター音が響く中、後輩は満足げな表情で妻のいやらしい姿に釘付けになっていました。
そんな時でした。

“ビリビリ・・・”

妻「何?何の音?」

後輩が目をパチクリさせながらカメラを向けた先には、妻の陰部の布が破れすっかりマンコとアナルが丸見えになった姿だったんです。

妻「えっ・・・やだ!恥ずかしい姿見られちゃったわ」

後輩「最高の物を見せてもらいましたよ」

慌てた妻がアソコを手で覆い隠していましたが、それがまた厭らしい姿でした。

後輩「もっと見せて下さいよ」

妻「そんなに見ないで・・・やだ~」

私「お前!そう言いながらもアソコからエッチな汁が溢れてるじゃないか?」

妻「そんな事言わないで・・・もう」

そう言いながら妻は2階へ上がって行ったんです。
あまりの出来事に後輩も茫然と見惚れ、しばらく口を開く事はありませんでした。
着替えを済ませた妻が1階へ下りて来て、何事もなかったかのように夕食の準備を始めていましたが、後輩ともども最高に興奮した一時でもあったんです。

後輩が帰った後に妻を抱きながら、「見られてどうだった?」と聞くと・・・。

妻「ん~、ちょっと私も興奮しちゃった・・・」

私「あいつが触れたらどうした?」

妻「え~許したと思うけど・・・あなたはそうして欲しかったの?」

私「分からないけど・・・でも異常に興奮したのは確かかな?」

妻「そうなんだ」

私「今度来たらどうする?」

妻「どうするって・・・?」

私「またコスプレ姿を見せて・・・触らせちゃう?」

妻「その時に考えるわ・・・でもエッチな事になったら・・・いいの?」

私「その時考えるよ!」

そう言いながらも私は後輩に悪戯される妻を想像し、股間はさらに大きくなっていました。
妻のマンコに差し込むとすっかり濡れまくっていて、ジュポジュポと音を響かせ肉棒を咥え込んでいました。

数日後、私は後輩のおごりで夕食と酒を御馳走になりました。
その席で、「また奥さんのコスプレ姿見せて下さいよ」とお願いされたのは言うまでもありません。
後輩は妻のマンコ画像で何度も抜いているそうで、今も携帯に写真が収められていると言っていました。

私「なぁ、お触りさせたら何おごる?」

後輩「マジすか?触ってもいいなら・・・キャバクラ代くらい払いますよ」

私「キャバクラかぁ・・・最近行ってないしなぁ・・・。でも絶対内緒だからなぁ・・・誰にも言うなよ」

後輩「分かってますよ」

また後輩を招いて、妻のコスプレショーを行う予定です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

奴隷の巣

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン