新着情報

中学生でも体型は小学生並みの僕[前編]

この体験談は約 3 分で読めます。

私は中学二年生の頃、あそこに毛も生えて無く、体型も小学生並み・・・というよりも学生服を着てもお兄ちゃんの学生服を勝手に着ている小さめの小学生にしか見えませんでした。

ある夏の日、友達と話していると「お前なら、まだ女湯入れるんじゃないの?」と聞かれ、私は考えて「入れるとは思うよ」と答えました。

すると「じゃあ入って見ろよ」というような話の展開になり、中学生でしたのでそれなりにも女性に興味があり、入ってみるのも悪くはないかなと思いました。
そして、家族連れに紛れて女湯に入ることに成功しました。

湯の方では、みんなタオルを巻いていましたが、脱衣所の方ではみんなが素っ裸だったのでかなり興奮しました。
銭湯なんておばさんばっかりかと思っていましたが、私が行った場所ではそれなりに健康ランドのような場所だったこともあり、地元の女子高生や、部活帰りの女子中学生やまだ毛も生えていないような少女など、若い女性もたくさんいました。

焦ったのが、私は毛が生えていないと言っても、一応チンチンが成長していたため、勃起してしまいました。

せっかく入ったのだから、勃起をタオルで隠しながら入ることにしました。
十分に体も温まり、そろそろ出ようかなと思い脱衣所に戻ると、なんとうちの中学校で1、2を争うくらいの、誰が見ても可愛いというようなクラスメートの女子が入ってきました。
黒髪がよく似合い、かつ元気で、今時の女の子というような感じの子です。

嬉しい反面、非常にやばいなと思いつつ、その子の裸が見たいと思い、少し見つからないように隠れました。

その子は目が悪く、眼鏡をかけていましたが、脱衣所のせいで曇りすぐに外しました。

それが私にとって好機となりました。
着替えている時に、どれだけじっと見つめても近づいても、気付かれませんでした。
そのおかげで、私は成長してから未だ誰にも見らていられないだろう恥部を、まじまじと見ることが出来ました。

あまりにも興奮を誘う身体だったので、触りたいなぁとは思ったんですが、触ることは流石に出来ませんでした。
ですが、彼女が湯船に向かうのを確認してから、周りの人に見られないように彼女のパンティーを盗みました。
彼女はミニスカートを穿いてきていましたが、お構いなしに取りました。

私は取ったことがバレないように、バックの中に入れずに、トイレでトランクスの下に直に穿きました。
はじめて穿く女物のパンティーはとてもいい匂いで、私のチンチンをよりいっそう堅くしました。

私は、彼女がアタフタするところを見たかったので、もう一度湯船に浸かることにしました。
そして、彼女が上がる直前に、私は着替えを済ませました。

そして二度目の鑑賞会です。

白い肌がほんのり紅くなり、その裸体の美しさは見事としか言い表しようがありませんでした。
そして彼女が服を着ようとした時、パンティーが無いことに気付きました。
哀れにも彼女は裸のまま近くを探し始めました。

クラスメートの男子が穿いているとも知らずに・・・。

そして仕方なく彼女は、ミニスカートにも関わらずノーパンで帰ることを余儀なくされました。
夏の5時なのでさして暗くなく、もしスカートが捲れたら周りの人に見られてしまう明るさです。
彼女は自転車で来ていたため、サドルに跨がったのですが、そのときにも、可愛らしいお尻を拝むことが出来ました。

そして私は遠くからこう叫びました。

「ノーパンのお姉ちゃん、立ち漕ぎしてるとお尻見えちゃうよ~~」って。

すると彼女は慌ててスカートを抑え、数人が見ている中を一生懸命ペダルを漕いで行きました。

そして次の日、誰にも気付かれないように、そっと精液まみれのパンティーを彼女の机の中に入れておきました。
彼女は一体どんな気持ちだったでしょう・・・。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ご近所無料出会い掲示板

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン