新着情報

DQNの恐すぎるスカート捲り

この体験談は約 8 分で読めます。

俺の通ってた中学ってのはあんまり悪いのは居なかったんだけど、DQN一人とその側近が異常に悪かった。
どんくらい悪いかと言うとだ、その後、高校には行かず地元の暴走族へ進学。
そして19歳の時に、ラーメンが出てくるのが遅かったという理由でラーメン屋の店主を拉致監禁(意味がわからない)、そして逮捕。
現在、右翼構成員・・・そんなところだ。

今会ったって怖いが、中学の頃なんかは体のデカさがマジ倍くらいあったから恐怖の対象だった。
普通ヤンキーつったらモテたりもするが、DQNは本気で嫌われてた。
まあでも、嫌いって態度を示すやつはいなかったけど。
当時から、気に入らないつって授業時間中に他の学校乗り込んだりしてたし。
俺は喧嘩弱かったけど絵が上手かったから、色んなものにペイントとかしてやったりして、DQN集団とはある程度距離は近かった(友達じゃないけど)。
でも怖かった。

中学くらいだと、殴るとさ、痛い!ってくらいだけど、そいつが殴ると悶えるくらい痛いんだよ。
マジ息が出来ないくらい。
腕をちょっと殴られただけでも。
だからヤンキーみたいなの何グループか居たけど、別格だった。

で、まあその日、俺は部活に行こうと歩いてたんだが、そしたらサッカー部の部室の前でDQNの側近と会ったのよ。
(サッカー部で空手やってる。将来DQNと共に拉致して逮捕w)

側近「この前ペイント頼んでたの(ヘルメット)どう?」

俺「ああ、来週には渡せるかな」

・・・とか会話してたら、部室の中からなんか女の声が聞こえるのな。
それもなんか切羽詰った感じの。

「どしたの?」って側近Aに聞くと、「あ?内緒」とか言うわけだ。

俺はそこで、DQNが彼女でも連れこんでんのかなとか思ったんだが、それにしちゃ異常な空気だから重ねて聞いたのよ。

「なあなあ、教えろよ」みたいな。

何回か聞いてたら、そいつも言いたかったんだろうけど「しょうがねえな」とか言って側近が部室のドアを開けたのよ。
そしたら、中に結構人がいて、いたやつらが目茶目茶ビビったのよ。

「うお!」みたいに、ばっ!って振り向いて俺の顔見て、「何だよ馬鹿!」みたいな感じで焦ってて。

俺、最初は部室の中暗くて見えなかったのよ。
で、皆に小突かれたりしながら部室の中見たら、DQNが女の子をおしっこさせられるみたいに両足抱え上げて窓際に立ってた。
DQN、体デカいから女の子なんか軽くひょいって持ち上げられてんのよ。

で、その子を見てまた俺はビビったわけだ。
同級生だったから。
ってのと知ってる子だったから。
クラスは違ったけど、塾が一緒だったので。
今風に言えば宮崎あおいみたいな、なんとなく賢そうだが結構明るくて人気のある子。

で、ここが重要なんだが、その子の彼氏と俺は友達ってのもあった。
彼氏は違う中学だったが塾で知り合って俺とは仲が良かった奴だった。
だからばっと見た瞬間、ヤバい!と思った。

彼女は俺が入った事に気がついたみたいだったが、それより一生懸命スカートを下に押さえつけるのに一生懸命だった。
ええと、彼女の名前は仮に『美穂子』としよう。

美穂子は完全になんていうか、膝の下を持ち上げられた格好で、片手を下から、もう片手を上から一生懸命スカートを押さえて顔は真っ赤にして下を向いてた。

DQN「なんだよ、◯◯かよ。ドア閉めろよ。おい、もう人呼ぶんじゃねえぞ」

そう言って俺の後ろでドアは閉められた。
で、やべーなと思った。
もう逃げられないし。
帰るとは絶対言えないし、相手は塾の友達の彼女。
でもやめろなんて選択肢にあるような状況じゃねえし。

なんか俺が来て白けた空気を取り戻すためにか知らんが・・・。

DQN「おい、白田!(彼女)スカート捲れって!そしたら終わりだつってんだろ?どんどん人来るぞお前!」とか言ってるわけだ。

俺は俺で隣の奴に「なに?どしたの?」とか聞くと、側近B(サッカー部、将来は見事高校に合格してDQNとは手を切る)が、何かをチクられたとかなんだとか。
良くわからないらしいが、とにかく側近BがDQNにチクって、DQNが意味もわからず切れたらしい、と。

そうしてるうちにもDQNがずっと、「ほら、スカート捲れって!あ?」とか言って彼女を揺すってて、皆はまあ、釘付けになってるわけだ。

はっきり言うと俺も見てた。
すげえやらしかったからな。

彼女は真っ赤になって首を振ってて、一生懸命チェックの制服のスカート部分を押さえてて、そういう格好だから背中は完全にDQNに任せた感じで、DQNは彼女と頬と頬を合わせるみたいにして「ほら、白田スカート捲れよ」とか言いながら「おい!おい!」とか言って抱えた膝をぐいぐい開こうとしたり、上下に揺さぶったりしてた。

上下に揺れる度に側近が「おお↑?おお↑?おお↑?おおーーー↓」みたいな感じで部屋に溜息が漏れるような感じ。

格好もなんていうか、お尻の方に手を回して、下から押さえてるのがなんかDQNのちんこ触ってるみたいになってるし、上から押さえてるので胸の形がなんとなく見えるしで。
そんなことしてるうちに・・・。

DQN「おい、白田!マジ上も皆に見せるぞ?コラ。やだったらごめんなさいってBに謝ってスカート捲れ。スカート捲るだけで良いって言ってんだろ?マジ上も皆に見せるぞ?」

で、側近C(帰宅部高校をドロップアウト後現在Hの車の修理やってる)が・・・。

側近C「やばい、白田のおっぱいやばい。見てえ!マジ見てえ!皆!見たいよな?おっぱい行こうぜ!」

・・・とか言いはじめて、で、DQNを思っきり持ち上げまくり。

DQNもDQNで、「じゃあ、胸行くか。白田ボタン外せ。そしたらスカート捲らなくていいから」とか言い始めてる。

彼女はそれ聞いてまた何回か頭振った後、「・・・もう!判った!判ったから!」って言った。

DQNはよし!みたいな顔をして「何がわかったんだよ。白田?」とか言ってる。

彼女は、「捲れば良いんでしょ?上はやだ!」って言った。

その瞬間静まり返る部室。
なんて言うか、からかう感じで、本当にそうなるって感じじゃなかったんだよ。
DQNはともかく俺的には。
たぶんそういう事したことあるDQNと側近以外は全員。

で、ちょっとシーンってなった部室で、何かもういいよって誰か言うんかなって思ったんだけど、その誰かなんか言うかなって瞬間に、DQNが彼女を抱えたままで「ほら、なに押さえてんだよ」ってもう一回彼女を大きく持ち上げた。
いくらDQNがデカいつっても重みで彼女だんだん落ちてくるからな。
その瞬間彼女が「きゃ」ってスカートをぎゅって強く押さえつけた。

DQN「おい!やるつったろ?おい、やるつったよな。C?」

側近C「やるって言いましたよ」

DQN「ほら!白田!捲れって!」

で、側近が「まくれ!まくれ!」って言いまくり。
俺らもなんとなく参加させられて「まくれ。まくれ」って感じに盛り上げ。

そのうちに彼女が諦めたのか、徐々に後ろから押さえてた手を離そうとするのな。
でも離せないで、離そうとしては、ギュって押さえるのを繰り返してた。
そのうちに後ろの手は離したけど、今度はその手を前に持ってきて両手で上から押さえるようにした。
それが、かなり図としてはエロい。
つまりDQNに後ろから抱え込まれて大股開きで一生懸命自分のマンコあたりを押さえてる図。

で、DQNがその後ろから「おい!そのまんま上にバッって持ち上げろよ!」って言ってる訳だ。

ちなみにDQNそのころ175~180cm近くあったんじゃないか。
彼女は140~145cm位だからマジ子供と大人だよな。
DQNは腹くらいの所に彼女の尻があって、それでもDQNの顔が彼女の顔に隠れないくらい。
で、上から「おい!」つってはスカート捲らせようとしてる訳だ。

そのうちに彼女はそろそろとスカートを上に上げようとするんだけど、すぐに下に下ろしちゃうってのを繰り返した。
DQNがその度に「5!4!3!2!1!」とか言うんだけど、「1」の時にちょっと上げて、で、下げちゃう。
その度に側近が「見えない!見えないって!」とか「ちょっと見えた??」とか言ってる。

そのうちにDQNが焦れて「お前、次上げなかったら罰ゲームな!5、4、3、2、1!」とか言い出して、その時は彼女も上げようとちょっと手を上げるんだけど、もちろん見えるところまでは上がらない。

で、「罰ゲーム!」って3回くらいやった所でDQNが切れた。

DQN「むかつくな!おい!」

そう言って膝の裏に当ててた手を徐々に下に下ろしてった。
下っつうか太股の方か。
その瞬間、それまで何も言わなかった彼女が「やっ」って動いたけど動けるはずもなし。

「はい、罰ゲーム!」ってどんどん手を下にしていく。

最終的には「重い」って彼女を机の上に座らせて、両脇からマンコのあたりに手をやってった。
彼女はもう首を折ってスカート抑えるだけで精一杯になってて、DQNが「罰ゲーム」って言いながら触ってる感じ。

そのうちに彼女が「あっやっあっやだっ」って言い出して、瞬間DQNが「あれ?白田濡れてね?」とか言い出した。

で、側近が「DQNさんーどこ触ってんの?」で、騒ぎ出す。

DQN「アナルだってアナル」

側近「アナル濡れねえって!」

で、盛り上がるDQNと側近。
そしたらDQNもなんかやたらと大胆に動き出した。
前から見るとDQNの手がもこもこ彼女のスカートの下で動いてるだけなんだけど、それに合わせて彼女が動いて、それを皆ではやすって感じになった。
最初のうちは「やっやぁっやっやぁっっ」って言ってるだけだったけど、そのうちに彼女が「んっやっあっやっやだっ!」って感じになって、その声に彼女は焦った感じでDQNの手を払った。

DQN「罰ゲーム、白田パンツ脱げよな」

彼女「ヤダッ!」

・・・って、今度は何度もその繰り返しになった。
もうその頃になると俺らもフル勃起状態だから成り行きを見守るだけ。

何回も繰り返してるうちにDQNがまたスカートの下から手を入れてもこもこし始めた。
今度はかなり大胆にやってるみたいで、座ってる彼女が「ヤダヤダヤダヤダ」って言いながら一生懸命手を払おうとするんだけど払えない。
で、DQNは笑いながら「おい、パンツ脱がせ!脱がせ!」とか言ってる。

そうすると側近も調子乗ってスカートの中に手を入れだして、その度に彼女が「ヤダッヤダっ」って言いながら首を振ってた。

俺らは手なんて出せんが、そのうちに彼女は机の上に体育座りの足を広げさせられた格好でスカートを一生懸命押さえていて、DQNと側近がその彼女を前後に挟むみたいにして前後から4本の手がスカートの中に入ってる感じになった。
DQNが彼女の尻を持ち上げるみたいにして、で、側近がゆっくり脱がしてる感じ。
彼女がスカートを押さえてるから、それがもこもことスカートの中で動いてた。

で、側近がゆっくり脱がすその度にDQNが「ばっかオメーはやく脱がせよ!はーやーく」とか言ってて、側近が「まだ、もーちょい、もーちょい」って感じで彼女の腰の辺りで手を動かしてる。

で、そのうちDQNが「あ、お前どこ触ってんだよ馬鹿、俺が触ってんだろ!おい!」とか言いだして、彼女の腰の周りで2人がかりで手を動かしだした。
DQNが右手を上下させるように動かすと・・・。

側近「あーすげーDQNさんくちゅくちゅさせてるし!」

DQN「馬鹿お前の手が当たんだよ!」

・・・とか言いながら3分くらい動かしてた。

彼女はスカート抑えてないとパンツ取られるからか、ずっとスカート押さえてたけど、DQNが手を上下に動かしだすと、最後には「もうっ!ヤッ!ヤダッ!あっ!」みたいに言った後、手を離して、で、側近がパンツをバッて脱がした。
その後もDQNはしばらく触り続けてた。
その時はクリじゃなくて指入れてたと思う。

彼女が弱々しく「ちょ、痛っやっ」とか言ってて、DQNが「いーから。足閉じんな」とか言ってた。

で、DQNが満足するまで10分くらい触った後、彼女は机から下りて立たされた。
DQNは指を皆に見せながら「濡れてんだろ?ほら」とか超得意げに言いながら彼女に「おい!白田謝れって。さっき言った通りに詫びいれろよ!おい!」とか脅しだした。

最終的には彼女はDQNと側近の前に立たされて、スカートを胸まで捲り上げながら「ごめんなさい」って何回も謝らされた。
あんま毛は生えてなくて、何回もスカート下ろしそうになるたびにDQNに手持たれて、結局10回ぐらい謝らされた。
で、DQNが「よし、もう行っていいぞ!」って偉そうに言って彼女は解放された。

その後側近が何か言ってたけど、DQNは「いーからいーんだよばーか!」とか言ってから「濡れてた」とか「女の濡らし方」とか色々と喋ってた。

彼女は誰にも言わないことにしたらしく、その後も塾であったけどお互い知らない振りしてた。
彼氏とも続いたみたいだけど、一回だけその彼氏が俺に「なあ、DQNって知ってる?」って真っ青な顔で聞いてきたのを覚えてる。

ちなみにその後DQNは彼女に“フェラ事件”とか起こしてるが、そっちは俺も良くは見てないし、どんな事が起こってたのか知らん。
まあ彼女は高校行って大学出て、今じゃ良い所に勤めてるって聞いたし。
そんな感じ。

DQN怖かったなあ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

乳もみま専科

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン