新着情報

ロリ巨乳の可愛い子に逆ナンされたんだが・・・。

この体験談は約 7 分で読めます。

現在社会人2年目で24歳の男です。
1年ぐらい前の冬の話です。
会社から資格を取るように言われ、休みの日は近所のスタバで昼から夕方ぐらいまで勉強していました。
そのスタバは駅の近くにあって、休日は学生や若い社会人が多く利用していました。

夕方17時頃でしょうか、そろそろ帰って夕飯の仕度をしようと思い、店を出ました。
駅前の道を歩いていると、後ろから声を掛けられました。

「すみません・・・、ちょっといいですか?」

見ると、スタバで近くの席にいた女の子でした。
実はその子、スタバにいた時からちょっと気になってたんです。
というのも、着ているニットの盛り上がり方がやばい!
ロリ顔で巨乳って反則だろ・・・推定EかFはありそうでした。
20代前半で、背は低め。
ちょっとロリっぽくて可愛らしい子でした。
薄手のニットにスカートという格好。
後で聞いたんですが、22歳で社会人1年目でした。

実は俺、容姿にはちょっと自信があって、背は180センチで細マッチョ。
顔も結構良くてそこそこモテるんですw
だから声掛けられるのも慣れてて、あ~またかみたいに思ってました。

俺「どうかしました?」

女の子「あの・・・、もしよかったら連絡先教えてもらってもいいですか?」

相手の女の子(仮に『まなみ』にします)は恥ずかしげでしたが、こっちはこういうのには慣れたもんですw
けど慣れてる感じが伝わるのはまずいかなって思って、びっくりした感じで応えました。

俺「は、はい。俺なんかでよかったら・・・」

そう言って、お互いのLINEを交換しました。

俺「急に声掛けられたんで、びっくりしましたよ(笑)」

まなみ「ごめんなさい、スタバにいた時から気になってて」

俺「もしよかったら、晩飯どうですか?家に帰るところだったんですが折角だし」

まなみ「本当ですか?ぜひお願いします!」

いきなりの展開にビックリですが、これはチャンスです!
このまま飲みに行って、ホテルに連れ込んでやろうと思いました。
逆ナンなので余裕ですねw

ただ、俺には悩みがあって・・・実はアレがめっちゃ小さいんです。
長さで言うと10センチぐらい?
仮性包茎だし、太さも全然ありません。
しかも身長が高いだけに、余計に小さく見えちゃうんです。
この容姿のおかげで、女遊びはよくする方なんです。
経験人数でいうと20人ぐらい。
クラブとかでお持ち帰りする事もあるのですが、いかんせん粗チンなので、セフレとかは出来た事がありませんでした。
だからといって、この目の前の可愛い子を逃す理由は無いですよね。
どうせ一晩だけだろうけど楽しめりゃいいや~って思ってました。

そんなわけで2人で駅近くの居酒屋へ。
奥の向かい合わせの席に通されます。
程々に飲みつつ、会話を弾ませます。
まなみは都心の旅行会社で働いているそうで、住んでるのは俺の家とはちょっと遠いのですが、同じく資格試験があるとの事でスタバで勉強していたそうです。
そこで俺を見つけたってわけ。
最初は緊張してたのか口数が少なかったまなみですが、飲むと饒舌になります。

俺「彼氏とかいないの?」

まなみ「いたら声掛けないでしょwもう1年位いないよ~」

俺「じゃあご無沙汰なんだww」

まなみ「ちょww何の話?」

そんな感じで若干下ネタを交えつつ話していました。
まなみは背が低いので必然的に上目遣いになりますが、それがちょっとエロいw
しかも胸の盛り上がり方もヤバいww
上から谷間が見えちゃいそうで、勃起寸前でした。
しかもまなみ、ボディタッチが多い!
いつの間にか、向かいに居たのが隣に座ってるしw
腕とか太ももとかに触れられながら、会話してます。
こんなんだから下ネタトークがさらに加熱して・・・。

俺「ご無沙汰なんだったら普段どうしてるの?彼氏いないんでしょ?」

まなみ「まーねー、分かるでしょw」

俺「今日みたいに男捕まえてんの?w」

まなみ「ちょっとwこういうのはたまにしかしないよ!」

たまに逆ナンする女の子って、絶対ビッチでしょ!w
さらに、どんどんきわどい内容に・・・。

まなみ「前にエッチした人が忘れられないぐらい良かった。すっごいデカくて、長さが20センチぐらいあった。奥まで突かれて狂っちゃいそうになった」

なんていう下劣な話をするまなみw
それを聞きながら俺は自分の短小が憎くなりました・・・。
けど、見栄張って・・・。

俺「20センチもないけど大きさに自信はある。今もセフレが何人かいる」

なんて言っちゃいました。

まなみ「すごー!上手なんだね!」

俺「やっぱ男はでかくないとねー!」

・・・俺、涙目w

そうこう話してるうちにお会計。
長居してても仕方ないしねw
居酒屋を出た後はすんなりホテルについて来てくれました。
駅の裏手にあるホテルの一室に入ります。

まなみ「広いねー!いい感じの部屋じゃん!」

やけにテンションの高いまなみ。

まなみ「じゃあ私先にシャワーもらうねー」

バスルームに行ったものの、3分ぐらいで出てきます。

まなみ「ねーねー、お湯が出ないよー」

そう言いながら下着姿で脱衣所の扉を開けて出てくるまなみw
やっぱり巨乳でした!
ブラしてるのでスゲー谷間できてましたw
もうギンギンです!
といっても短小ですが・・・。

結局お湯は出ないようで、体を洗わずベッドへ行く事に。
まずは俺が上になってキス・・・。
まなみは吐息を漏らしながら舌を絡めてきます。
動きがめっちゃエロいw
下から俺の頭に手を回し、髪をくしゃくしゃしてきます。

まなみ「キス好き~もっとして!」

まなみはまだ飲んでる時のテンションが残っているせいか、ハッキリとした口調で言います。
キスをしながらシャツの上から胸を揉みます。
これがすっごい気持ちいい!
色白ですべすべしてて最高の揉み心地でした!

俺「すげえ!何カップあるの?」

まなみ「Fだよ~おっぱい好きなんだねw」

俺「当たり前じゃん!こんなに綺麗なの初めてだよ」

本当にまなみのおっぱいは今まで見てきた中でも最高でした。
ブラを外しても全く垂れておらず、小さな乳首が上を向いていました。

まなみ「舐められるの恥ずかし~」

そう言いながら、乳首を舐めてる俺の頭を掴んで胸にどんどん押し付けてきます。

まなみ「んっあっ・・・んっ」

乳首や、鎖骨、耳の辺りを舐めると、凄く感じてる様子。
そんな様子を見て、俺のチンコもギンギンです。
おっぱいに顔を埋めながらまなみの脚を撫でます。
脚も凄くすべすべしてて気持ちいい。

するとまなみの方も、俺の腕や背中、お尻の辺りをさわさわしてくるようになりました。
ここで俺はトランクス1枚に。
お互いに激しく絡み合っている状態です。
まなみの脚の間に俺の膝を入れ、際どい部分に触れていきます。
するとまなみはビクッと仰け反ったような反応をし、相当感じているのが分かりました。
大事な所にはギリギリ触れずに、じわじわと感じさせていきます。

俺「凄い感度いいんだね」

まなみ「やだw恥ずかしい」

言い終わらないうちに、膝で思いっきりまなみのアソコに触れます。

俺「んっああ!!・・・ちょっといきなり・・・」

そう言って身体をくねくねさせています。

まなみ「膝使うのエロいよ・・・禁止だからね!」

じゃあ、膝がダメなら・・・と手でパンツの上からアソコを触ります。

まなみ「うあっ!ああぁ!ダメえぇぇ」

まなみのパンツはもうぐっしょり。
ここからはパンツをずらし、一気にクリを攻めていきます。

まなみ「あ、あっ!あっ!あ!いい!!あぁ!あぁぁ~!凄い、凄くいい!ああぁ!」

巨乳を揺らしながら喘ぐ姿は凄くいやらしい!
クリを重点的に攻めた後、いよいよ指をいれ、イカせにかかります。

「あぁ!凄い!いい!!イクううう!あああイク!!うあっうっうっう・・・」

ゼイゼイ息をしながら、ぐったりとしているまなみ。

俺「凄いイキやすいんだね」

まなみ「はぁはぁ・・・、うん、そうなの・・・」

肩で息をしながらまなみが答えます。

俺「気持ちよかった?」

まなみ「うん・・・、凄くよかった・・・」

さて・・・この流れだと次は俺が受身になる番なのですが・・・。
見栄を張ってしまったため、やはり粗チンを見せるのは恥ずかしいww
そんな事を考えていると息子はしょんぼりと完全に小さくなってすっぽり皮を被ってしまいましたw

すると、まなみが起き上がってきて「凄い気持ちよかったよ~。さすが何人もセフレいるだけあるね」とトローンとした声で言ってきます。

経験人数20人弱で、場数を踏んでるだけはあって前戯には自信があったのですが、チンコの大きさはどうしようもない・・・。
そうこう考えてるうちに、まなみが抱きついてきてキスされます。
長くていやらしいキスの後、まなみが俺の眼を見て言います。

まなみ「今度は私が気持ちよくしてあげるね」

俺「う、うん・・・」

いよいよ白状する時が・・・。

まなみ「じゃあ、自慢のアレを見せてもらおっかな~」

まなみは俺のトランクスに手をかけ、一気に下へおろしました。

まなみ「・・・え?」

まなみのポカンとした顔・・・。
沈黙が辛い・・・。

まなみ「なんか、思ってたより可愛いね(笑)」

俺「あの・・・、えっと・・・」

まなみは黙って、俺のチンコに手を触れます。
みるみるうちに勃起していきました。

まなみ「あれ?自信あるんじゃなかったの?何これw」

俺のチンコを手の中で弄びながら言いました。

俺「ごめん・・・、さっきの嘘で・・・」

まなみ「何それw見栄張ったの?」

ニヤニヤしながら俺の方を見つめてきます。

まなみ「背高いからおっきいかなって思ったのに・・・、こんなだったなんてwウケるww」

俺「ごめん・・・」

まなみ「見栄張らなくていいのにwそれにしてもちっちゃいねwこんなの見た事ないww」

さんざん笑われた挙句、手だけでイカされちゃいました。

まなみ「ちっちゃい上に早漏だなんてwまじヤバいねww」

結局その日は何とか回復して1回中に入れたものの、またも早漏で5分も経たず撃沈。

「さすがに早過ぎww前戯上手いのに勿体無いww」

そう言われこの日は終了。

ホテルを出る時に、「期待してたけど全然だった。面白かったけどww連絡はしてこないでねww」と言われ、まなみは帰っていきました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

おねだりワイフ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン