新着情報

金玉揉みが気持ちよすぎて美人女医にぶっかけた

この体験談は約 3 分で読めます。

以前、股間というか金玉に違和感を覚えて、ネットで調べたら『精索静脈瘤』っぽいので、泌尿器科行った。

そしたら泌尿器科に超癒し系の美人の女医(30代)が出てくるんだよw
女優で言うと竹内結子に似た感じの、タレ目でほんわかとした優しい感じの美人。
合コンなら飛び上がる程喜ぶけど、泌尿器科でこの癒し系美人の女医って・・・。
これからされる事を想像して、俺オワタと思ったよ。

それでさ、一通り問診あって、それから、「ズボンとパンツ脱いで、そこに上がってください」って言われてさ。
下半身露出で診察台の上に乗って、膝立ちになった格好で、「股、広げて下さい」ってんだよ。

それで、やわやわとキンタマ揉まれたよ。
なんかタマ本体の形を確かめるみたいにさ。

それから、「お腹に力入れてください」って言われて、ちょい踏ん張ったら、またキンタマ丁寧に揉まれて、「ああ、左側にありますね」って言われてさ。

そんとき、もうあれだけ丁寧にキンタマ触られたら、チンポフル勃起ですよ。
加えて、なぜかチンポギリギリに先生の手がかすめるのよ。
そんで、チンポがすげえカチカチになって我慢汁が出て、タラタラになっちゃったわけ。

それでも触診は続いて、俺ってば我慢できなくて、先生に向かって射精しちゃって。
ものすごく気持ち良くて大量に射精したから、先生の顔とか白衣に飛び散っちゃってさ。

俺、恥ずかしくて、「すみません、すみません」って先生に必死に謝ったよ。

でも先生は冷静に、「よくあることだから気にしないでください、それよりも、左側の方が睾丸へ行く血管の分岐が長いので、静脈瘤は左側に多いんですよ」って言ったよ。

触診が終わって、先生はしばらく着替えとかで時間取られてた。
その後服を着て、椅子に座って説明受けてるときに、またフル勃起状態になっちゃってさ。
どうにも収まりがつかなくなっちゃったのよ。

そんな俺の状態を無視して、先生は冷静に、「手術してもいいし、しなくても片側だけなら特に問題ない」とか、「精子の運動がどう・・・」とか話してるわけよ。
で、精子の運動性が云々って言われたから、もしかしたら・・・と期待して、「精液検査を受けたい」って言ったのよ。
先生ってば、「わかりました、精液検査ですね。射精直後で正確でないかもしれませんが、希望するならいいですよ」って言ってくれてさ。

内心ガッツポーズ状態ですよ。
もう俺、エロ小説の読みすぎ、エロビデオの観すぎでさ。
てっきり、美人の先生が手コキで抜いてくれると思ったわけよ。
でなくても、看護婦がやってくれると信じてたさ。

そしたら、冷静に容器を渡されて、個室に案内されてさ。
センズリこいて、ここに出せっての。

でも俺ってば、抜かなきゃ収まりつかない状態だったし。
しゃーなしに、先生にキンタマ触ってもらった感触を思い出してコイたよ。

これがまた、極限状態だったせいか、すげえ気持ちいいんだよ。
それで、ほんの1分ほどでドバドバ大量に射精してさ。
快感で腰が抜けそうになったよ。
検査結果なんかどうでもよくなってたな。

なんだかんだ言って最後はセンズリになっちゃったけど、この体験は今までで最高だよ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

FREE LOVER

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン